叶精二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

叶 精二(かのう せいじ)は、男性、日本の映像研究家、高畑勲・宮崎駿作品研究所代表、亜細亜大学・早稲田大学[1]・大正大学・東京工学院講師。

アニメーション作品全般、特に宮崎駿高畑勲大塚康生近藤喜文の関わった作品研究を中心に活動している。

ディズニーピクサー、イルミネーション等アメリカのスタジオ、フランスなど海外スタジオ制作による長編・短編作品・作家の研究、人形アニメーションの取材・批評なども多数担当している。

概要[編集]

1990年代から、高畑勲・宮崎駿作品研究所名義で同人誌を多数発行。

1997年、『「もののけ姫」を読み解く』のメインライターとして注目を集め、『「ホーホケキョ となりの山田くん」を読み解く!?』『「千と千尋の神隠し」を読む40の目』など多くの特集誌・雑誌・書籍に寄稿。

著書に『日本のアニメーションを築いた人々』、『宮崎駿全書』、「『アナと雪の女王』の光と影」、共著に『王と鳥 スタジオジブリの原点』など。

2002年より亜細亜大学講師として講義「アニメーションの世界」を担当。

2007年より東京工学院・テクノスカレッジ アニメーション科で講義「アニメーション概論1」「アニメーション概論2」を担当。

2013年より朝日新聞社の報道サイトWEBRONZAのライターとして連載や取材記事を担当。

2014年より早稲田大学・文化構想学部 表象・メディア論系/文化研究科で講義「アニメ・マンガ論」を担当。

2016年より大正大学・人文学科で講義を担当。


著作[編集]

共著[編集]

出典[編集]

  1. ^ フィルムアート社「宮崎駿全書」早稲田大学シラバス詳細照会

外部リンク[編集]