大塚康生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおつか やすお
大塚 康生
別名義 鈴木 一
生年月日 (1931-07-11) 1931年7月11日
没年月日 (2021-03-15) 2021年3月15日(89歳没)
出生地 日本の旗 日本島根県鹿足郡木部村[注 1]
職業
ジャンル アニメーション
主な作品

作画監督・キャラクターデザイン
ルパン三世 (TV第1シリーズ)』(テレビ)
未来少年コナン』(テレビ)

ルパン三世 カリオストロの城』(映画)
テンプレートを表示

大塚 康生(おおつか やすお、1931年7月11日 - 2021年3月15日[1])は、日本のアニメーターキャラクターデザイナー島根県生まれ、山口県育ち[2]。演出を担当する際には、鈴木一というペンネームを用いることがある。晩年は日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員、テレコム・アニメーションフィルム顧問であった。

来歴[編集]

1931年、島根県に生まれる。小学2年生のときに山口県山口市に転居した[3]。戦前から終戦直後にかけての少年時代に機関車米軍軍用車両などのスケッチに熱中し、やがて絵で生計を立てたいと思うようになる[3][4]

旧制中学を卒業後、1951年に山口県庁に就職するも、翌年には漫画家を目指して上京を決意[4]厚生省の採用試験を受けて合格し[注 2]関東甲信越地区麻薬取締官事務所に配属される[3]

アニメーションに興味を持ち、関連書を読むなどして独学していたところ、東映アニメーション映画の制作を始めるという新聞記事を目にする[3]。そこで東映と合併することが決まっていた日動映画社の入社テストを受けて合格し、同社が東映に吸収合併されたことで、1956年に東映動画に第1期生として入社を果たす。そして日本初のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』(1958年公開)で第2原画を担当する[3][5][6]。長編第2作の『少年猿飛佐助』で原画に昇格してからは多くの作品で怪物やアクションを手がけ、そのジャンルのエキスパートという評価を得ていく[3]

1965年、東映動画10作目の長編となる『太陽の王子』で初めて長編映画の作画監督に任命されると、演出[注 3]として当時まだ無名の新人だった高畑勲の起用を申し出て、反対する上司に認めさせる[3]。さらに新人動画に過ぎなかった宮崎駿をメインスタッフ(場面設計・原画)に昇格させた[7]。異例の人事であったが、大塚の人柄とリーダーシップにより、奥山玲子小田部羊一ら他のスタッフもこれを受け入れた[7]。しかし、『太陽の王子』の制作は労使紛争もからんで遅れに遅れた[7]。1968年に『太陽の王子 ホルスの大冒険』と改題してようやく公開されるが、興行成績は振るわず、多くのスタッフが降格処分となった[7]

1968年暮れ、『ルパン三世』に参加するために、東映動画を退社した元同僚の楠部大吉郎が設立したAプロダクション(現・シンエイ動画)に移籍する[3][5]。楠部に大塚を推薦されたAプロの親会社・東京ムービー藤岡豊のスカウトによるものだった[8]

1971年、Aプロでテレビアニメ『長くつ下のピッピ』の企画が持ち上がると、スタッフとして東映動画の後輩である高畑・宮崎・小田部を誘って移籍させる[3]。この企画は頓挫したが、4人は代わりに中編映画『パンダコパンダ』を制作した[7]。同年、『ルパン三世』第1シリーズがスタートするが、視聴率が低迷。途中で演出[注 3]大隅正秋(現・おおすみ正秋)が降ろされ、大塚の依頼により高畑勲と宮崎駿が替わって演出[注 3]を務めた[3]

1973年、『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』の作画監督を小田部羊一と共同で務める。次作『侍ジャイアンツ』まで半年以上時間が空いたので、MAX模型に請われて一時Aプロを退社して同社企画部長に就任(1974年倒産)[注 4][9]

その後、高畑・宮崎・小田部の3人はテレビシリーズ『アルプスの少女ハイジ』(1974年)を制作するためにズイヨー映像へ移籍したが、高畑に『ハイジ』の企画を打診した大塚自身はシンエイ動画に改組されるAプロに残留した[7]

1977年、テレビシリーズ『未来少年コナン』(78年放送)を初演出[注 3]することになった宮崎駿の要望で、当時シンエイ動画の役員を務めていた大塚は社内の反対を押し切って日本アニメーションに出向し、全26話の作画監督を務め上げた[7]。『コナン』を終えるとシンエイには戻らず、1979年からは藤岡豊が新たに設立したテレコム・アニメーションフィルムへ移籍。そしてテレコムが『ルパン三世』の劇場版を作ることになった時に今度は大塚の方から声をかけ、宮崎にとって長編映画初監督作となる『ルパン三世 カリオストロの城』が生まれた[10]。この作品でも大塚は作画監督を担った[7]。続いて大塚は高畑勲が監督する映画『じゃりン子チエ』に参加、小田部羊一とともに作画監督を務めた[7]

その後、藤岡肝煎りの日米合作の超大作『リトル・ニモ』の企画実現に尽力するが、演出[注 3]予定だった宮崎・高畑・近藤喜文が相次いで退社し、大塚自身も途中で現場をリタイアする[11]。結局この作品は、『ニモ』として1989年に完成し、国内では不入りだったものの、アメリカではビデオが200万本のセールスを記録した[11]

1990年代以降はスタジオジブリ東映アニメーション研究所で新人指導に尽力し、代々木アニメーション学院のアニメーター科講師を務めるなど、後進の指導・育成が主な活動となった[3][6][12]

2002年、長年の功績を讃えて文化庁長官表彰が贈られる。このとき、「アニメーション作家として表彰する」との選考理由に、「作家とは演出家のことで、私は一技術者に過ぎない」と一旦は辞退したが、次に「練達のアニメーターとして表彰したい」と連絡をもらうと、態度を改めた[3]。「それなら今後いい仕事をしたアニメーターも、城の石を積んだ職人として世間に認知されるでしょうし、その第一号となったのはとりあえず喜ばしいことだと思い直しました。森康二さんやお亡くなりになった諸先輩の代理のつもりで、お受けすることにしました」というのがその理由だった[3]

2012年、宮崎駿からの依頼を受けて、映画『風立ちぬ』に登場する蒸気機関車の作画について助言するためにスタジオジブリを訪れた[7]

2019年、アニメ界と映画界での功績に対して、第42回日本アカデミー賞協会特別賞が授与された[5]

2021年3月15日朝、心筋梗塞のため死去[注 5][1]。89歳没。同年6月28日、杉並公会堂で「大塚康生さんを偲ぶ会」が開催された。有志による実行委員会(委員長は小田部羊一)が主催し、約700人が訪れた[2]

人物[編集]

日本のアニメーション草創期から第一線で活躍したアニメーター[13][14]高畑勲宮崎駿というアニメ界の2大巨頭を作画面で支えてきた人物で、後輩として東映動画に入ってきた2人の才能を見出して引き上げた師匠的存在だった[15][16][17]。『太陽の王子 ホルスの大冒険』で当時まだ実績のなかった高畑勲と宮崎駿を抜擢し、その後の2人のコンビ結成を後押しする役割を担った[7]。大塚は宮崎駿のテレビや映画の初監督作品で作画監督を務め、高畑勲を他社で制作する作品企画に誘って移籍のきっかけを作ったのも彼だった[7]。大塚について、宮崎は「アニメーションの入口を教えてくれた人」、高畑は「常に一緒に歩むわけでは決してなかったのに、私の転機には必ず大塚さんが現れて、私を別の方向に誘うのです。私がいちばんお世話になった人」と語っている[7]

代表作は、高畑や宮崎と組んで作画監督やキャラクターデザインを担当した『太陽の王子 ホルスの大冒険』『ルパン三世』『パンダコパンダ』『未来少年コナン』『じゃりン子チエ』のほか、『侍ジャイアンツ』『ガンバの冒険』など[14][16]。特に作画監督とキャラクターデザインを手がけた『ルパン三世』のテレビ第1シリーズや劇場版『ルパン三世 カリオストロの城』での仕事への評価が高く、後に続く同シリーズの礎を作ったとされる[14][18]

麻薬取締官事務所勤務という異色の経歴を持つ[注 6]

東映動画のアニメーター第一期生で、後から入社した新人時代の宮崎駿の指導を担当したことでも知られる[4]。それ以外にも、大塚は技術を論理的、分析的かつ平明に説いて多くの才能ある後進を育て上げた[7]。指導を受けたという人物は枚挙にいとまがない[注 7]

大塚はつねづね「アニメーターは演技者である」と公言しており[20]、コミカルで躍動感に満ちた描写で高い評価を獲得している[21]。大塚の作画の魅力は、アニメーションの持ち味ともいえるダイナミックな動きにある[13]。人物やメカがどのように動くかという"作動原理"を重視しており、例えば人の動きを描く場合、腕だけではなく腰や足の動きも描き、それに少々の少々のデフォルメを加えることでダイナミックな動きとなる[13]。人物だけでなく、メカの動きにもこだわりを持ち、例えば『ルパン三世』第1シリーズでは、当時のアニメーションでは前例のないリアルな自動車銃器時計などのディテールに徹底的にこだわり、ガンアクションでは、弾が発射されると銃身が後退して発射のショックを和らげるという細かい描写をしている[13][22]。しかし、ロボットアニメについては、「あんなものをどうやって動かすのか考え込んでしまう」と言ってほとんど参加していない[13]。また、西崎義展からSFアニメ『宇宙戦艦ヤマト』に誘われた時も、即座に断っている[13]

『ルパン三世』に参加したのは、Aプロの親会社・東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)の制作部長(のち社長)だった藤岡豊が、自らの立てた『ルパン三世』アニメ化企画のために、クルマや銃に詳しい人物として楠部大吉郎から推薦された大塚を作画監督としてスカウトしたことによるものだった[8]。演出の大隅正秋から、画面にリアリティと重みを持たせるべく、実在する自動車や銃や時計などを登場させるよう指示された大塚は、麻薬Gメン時代に押収品の拳銃のスケッチや分解掃除もしたという経験を活かし、主人公のルパンにはワルサーP38、凄腕のガンマン次元大介には破壊力抜群のコンバットマグナム、女性の峰不二子には小型で突起が少なく取り出しやすいブローニングM1910というように、各キャラクターに見合った拳銃を持たせた[8]。自動車も、一般的なアニメにありがちな、どのメーカーが作ったのかわからないものではなく、メルセデス・ベンツSSKからダットサン・ブルーバードまで、すべて実在する自動車となっている[13]。その後、視聴率が低迷して途中で大隅が降板させられると、大塚は高畑勲と宮崎駿に演出を依頼した[11]。演出の交代により、それぞれの演出意図に合わせてルパンの愛車もシリーズ前半と後半で替わっている[11]。ルパンを原作者のモンキー・パンチの設定通りの「生まれながらの金持ち」とした大隅が選んだのは高級スポーツカーのベンツSSKだったのに対し、「ルパンは泥棒だけど、結局なにも盗らない。だからカネがないはずだ」と主張した宮崎は、当時の大塚の愛車でもあったイタリアの大衆車フィアット500を選んだ[11]。大塚はいずれの演出意図にも応じて、クルマとルパンを一体化しているように描いた[11]。その後、フィアット500は再び宮崎駿と組んだ映画『ルパン三世 カリオストロの城』にも登場し、以後ルパン三世の代名詞となる[11]

多趣味な人物で、その興味は蒸気機関車から自動車、軍用車両まで多岐に渡る[23][24]

子供のころから蒸気機関車の大ファンであり、中学生時代(戦中)は山口県小郡町(現山口市)の機関庫に通った[7][25]。カメラを持っていなかった大塚は蒸気機関車の動きを自分の目に焼き付け、精密なスケッチ画を大量に描き続けた[25]。その時に機関士と交流し、運転作業から駆動系のシステムまで徹底的に観察した経験が「作動原理に基づいて絵を描く」というアニメーターの素養を無意識に鍛えることになった[7]。終戦後、興味は蒸気機関車から米軍のジープトラックに移行していった[4]

日本有数の軍用車両研究家でもある[7]。軍用車両への熱意は並々ならず、1989年から2000年にかけて自費で軍用自動車研究誌『MVJ』(Military Vehicle Journal)を13冊出版したほど[注 8][24]。田宮模型(現タミヤ)の商品企画やデザインのアドバイザーを務めたこともあり[注 9]、一時はアニメーター廃業を決意して模型会社MAX模型に勤務したこともあった[7][27]。1970年に創刊した模型雑誌「ホビージャパン」ではトラック模型に関する連載を持ち、この連載の後も、軍用車両やジープに関する連載を複数担当した[注 10][4]

ジープマニアとして有名で、同時に7台乗っていた事もある[注 11][5][6][16]。戦後、進駐軍のジープに一目惚れしてどんどんのめり込み、ジープに詳しい人とひとりひとり勝負するために世界中を旅して回ったという[12]。知りたいジープのことを調べるためだけに、紹介状のひとつも持たずにアメリカのペンタゴンに直接出かけ、それでしかるべき資料に行きあたってしまうようなこともあった[12]。鈴木敏夫によれば、世界中のジープマニアのなかでは「オオツカ」と言えば有名だとのこと[12]

大の自動車好きとしても知られ、国産スバル360が30万円台だった時代に62万円で新車を購入したフィアット ヌオーバ500に乗っていたことが知られている[18]。『ルパン三世』第1シリーズ後期や映画『カリオストロの城』では、その自身の愛車を主人公ルパンの愛車として生き生きと描き、そのメカニック知識を活かした名場面を生み出してきた[28]

宮崎駿の『紅の豚』の原案を載せた「宮崎駿の雑想ノート」や漫画『風の谷のナウシカ』の連載は、大塚が勧めたものだった[7]。1984年、模型雑誌「モデルグラフィックス」創刊時に「大塚康生のおもちゃ箱」の連載を打診された大塚が「趣味の世界を思う存分描いて欲しい」と宮崎を誘ったことで「雑想ノート」の連載が実現した[7]。また、『風の谷のナウシカ』は、アニメ雑誌「アニメージュ」に半生の回顧録「作画汗まみれ」を連載していた大塚の勧めで同誌での連載が始まった[7]

アニメーション界の中にあっては、非常に外向的な人物。英語中国語にも堪能で、若い頃から世界中を歩き回っていた[12]

鉄道写真家南正時は、Aプロダクションのスタッフだった頃に大塚と知り合い、蒸気機関車の写真とスケッチを見せ合ったことで交流が始まった。そして大塚の助言もあり、写真家へと転向した[29]

高畑勲Aプロダクションから日本アニメーションに移籍する際には、高畑の給与や待遇などの交渉を行なった。大塚も「日本アニメーションに対し、最高の待遇を出してくれるならという条件で高畑に移籍を説得すると言った」と後に語っている。

宮崎駿は、『未来少年コナン』第1話で大塚が担当したヒロイン・ラナの顔が自身の求めた「美少女」にはなっていないことに不満を持ち、以後、ラナについては自らが担当した[4]

近藤喜文は、アルバイトで講師をやっていた専門学校の生徒だった。アニメーターになる伝手を求めて学校に来ていた近藤は大塚に頼んでAプロに入社させてもらうことになった[30]

日動映画で出会ったアニメーターの森康二と大工原章、日動社長の山本善次郎、演出担当の藪下泰司はその後、東映動画の礎を築くことになった[31]。大塚は特に指導を受けた森と大工原に[32]、その後の自分のアニメーターとしての考え方や人に接する上での姿勢について強い影響を受けたという[31]

NHK連続テレビ小説なつぞら』の登場人物の一人である警察官出身のアニメーター・下山克己は、大塚をモデルにしていると言われている[注 12][33]

略年譜[編集]

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

著書・画集[編集]

単著[編集]

  • 大塚康生 『作画汗まみれ』徳間書店〈アニメージュ文庫(P-001)〉、1982年12月1日。ISBN 978-4196695042 
  • 大塚康生 『大塚康生16歳の車の画帖 終戦直後の日本の路上にて』徳間書店、1987年7月。ISBN 978-4194034843 
    • 『ジープが町にやってきた 終戦時14歳の画帖から』(増補改訂版)平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2002年7月。ISBN 978-4582764390  - 上記の改題、増補改訂
  • 大塚康生(英語) 『ジープ・太平洋の旅』ホビージャパン、1994年8月。ISBN 978-4894250390 
  • 大塚康生 著、大塚康生 編 『大塚康生のおもちゃ箱』(自費出版同人誌)、1996年。 
    • 上記書籍は自費出版同人誌(私家版)。2002年頃に再販された形跡がある[39]
  • ミリタリー 4×4 グラフティ、1998年(私家版) - 詳細不明
  • 大塚康生 『リトル・ニモの野望』徳間書店、2004年7月22日。ISBN 978-4198618902 
  • 語り手 大塚康生 『大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽』聞き手 森遊机、実業之日本社、2006年1月31日。ISBN 978-4408612553  - 森遊机はインタビュアー
  • 大塚康生 『大塚康生の機関車少年だったころ』南正時 責任編集、クラッセ〈KLASSE BOOKS〉、2016年4月。ISBN 978-4902841206 
  • 大塚康生 『大塚康生 ルパン三世 作画集』トムス・エンタテインメント監修、双葉社、2012年3月28日。ISBN 978-4575304077 
  • 大塚康生 『大塚康生画集 「ルパン三世」と車と機関車と』玄光社、2020年7月31日。ISBN 978-4768313763 

共編著[編集]

出演[編集]

  • 映画『紅い眼鏡』(押井守監督、1987年) - タクシー運転手役(声は永井一郎が担当)
  • ジブリがいっぱいCOLLECTIONスペシャル『大塚康生の動かす喜び』(DVD、2004年)
  • ドキュメンタリー『飄々〜拝啓、大塚康生様〜』(短編映像、2019年8月3日公開[40]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現:津和野町
  2. ^ 当時は東京都への人の流入が制限されており、定職がない者の転入届は受理されなかったため。
  3. ^ a b c d e 現在の監督に相当。
  4. ^ 一部の報道での「模型メーカーを起業した」という記事は誤り。
  5. ^ 同日、東京都豊島区東池袋としま区民センターで開催された東京アニメアワードフェスティバル2021の授賞式で、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによって明かされた。
  6. ^ ただし取締官ではなく補助職員であり、指紋の採取や拳銃の整備などを担当していた[19]
  7. ^ 著名な人物として、杉井ギサブロー月岡貞夫木村圭市郎芝山努小田部羊一椛島義夫近藤喜文川尻善昭田中敦子うつのみや理貞本義行滝口禎一、横堀久雄、田中達之、柳沼和良、西見祥示郎辻野芳輝青山浩行板垣伸など。
  8. ^ 印刷された部数が極めて少なく、書店での販売はされなかった。編集は大塚がすべて行い、内容は各国のアーカイブからの写真とオリジナル・イラストも多く掲載されていて資料性が高い。
  9. ^ 田宮模型初代社長である田宮義雄の息子の1人が東映動画に勤務しており[26][要ページ番号]、その縁から田宮模型のジープ型ラジコンカー『ワイルドウィリス』のデザインを手がけたり、ミリタリーミニチュアシリーズで兵士フィギュアのポーズ監修を担当したり、ミニ四駆のボディを実車をデフォルメしたものにするようにアドバイスを与えたりしている。
  10. ^ その際、同好の士である宮崎監督を編集部に紹介し、宮崎は同誌にイラストを寄稿するようになった[7]
  11. ^ その後、北海道のチョコレート会社の社長に譲った。
  12. ^ 下山の元警察官という設定は大塚の麻薬Gメンという前職を反映していると言われる[3]
  13. ^ これは当時東京には定職のない転入者が規制されていたことから、上京するために厚生省の試験を受けて合格したという経緯による[34]
  14. ^ a b c 小田部羊一と共同。
  15. ^ 映画では「監修」とクレジットされていたが、大塚が参加した時点で作画作業のほとんどは終わっていた。
  16. ^ 第1話から第26話まで。
  17. ^ テレコム作画回に一部参加。
  18. ^ 講談とアニメを合体させたアニメ講談で、演芸番組「花王名人劇場」枠内でオンエアされた[38]

出典[編集]

  1. ^ a b 山崎伸子 (2021年3月15日). “鈴木敏夫プロデューサー、大塚康生が今朝逝去と明かす…TAAF2021授賞式で哀悼の意捧げる”. MOVIE WALKER PRESS. ムービーウォーカー. 2021年3月20日閲覧。
  2. ^ a b 谷祥子 (2021年7月30日). “<月刊ジブリパーク> 宮崎駿監督作品など作画 故大塚康生さんの人柄しのぶ”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/319120 2022年2月3日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 近藤正高 (2019年7月11日). “『なつぞら』麒麟・川島明 実在モデルは高畑勲&宮崎駿の"育ての親"だった”. 文春オンライン. 文藝春秋. 2022年3月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 【訃報】アニメーター・大塚康生さん死去、「ルパン三世」「未来少年コナン」などで活躍”. GIGAZINE. 株式会社OSA (2021年3月15日). 2022年3月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 日本のアニメ100周年記念 「これからのアニメとこれまでのアニメ」”. アニメNEXT_100. 日本動画協会 (2020年3月12日). 2022年3月14日閲覧。
  6. ^ a b c アニメーター・大塚康生さん逝去 関係者やファンから追悼の声相次ぐ”. ねとらぼ. アイティメディア (2021年3月16日). 2022年3月14日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 叶精二 (2021年8月27日). “『風立ちぬ』から『君たちはどう生きるか』へ: 宮崎駿と盟友・大塚康生の58年”. nippon.com. 公益財団法人ニッポンドットコム. 2022年3月14日閲覧。
  8. ^ a b c 近藤正高 (2019年7月11日). “『なつぞら』麒麟・川島明 実在モデルは高畑勲&宮崎駿の"育ての親"だった (3)”. 文春オンライン. 文藝春秋. 2022年3月14日閲覧。
  9. ^ 【追悼】大塚康生 友人が目撃したその模型愛・晩年の素顔 (3)”. アニメージュプラス. 徳間書店 (2021年5月4日). 2022年3月14日閲覧。
  10. ^ "手描き感"を大事にした新TVシリーズ「ルパン三世」の魅力 友永和秀総監督インタビュー (1)”. アキバ総研. カカクコム (2015年9月22日). 2022年3月13日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g 近藤正高 (2019年7月11日). “『なつぞら』麒麟・川島明 実在モデルは高畑勲&宮崎駿の"育ての親"だった (4)”. 文春オンライン. 文藝春秋. 2021年3月16日閲覧。
  12. ^ a b c d e 「ジブリの仕事のやりかた。宮崎駿・高畑勲・大塚康生の好奇心。」 第6回 宮崎駿と高畑勲の教師。”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2004年7月22日). 2022年3月14日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g 大坂直樹 (2016年5月5日). “宮崎駿の"師匠"の原点は蒸気機関車だった”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年3月16日閲覧。
  14. ^ a b c “アニメーターの大塚康生さん死去 「ルパン三世」第1シリーズなどの作画監督 アニメファンに衝撃走る”. 産経新聞社. (2021年3月16日). https://www.iza.ne.jp/article/20210316-7SK6KTNLMNIY3MNBUNM6IMAWNY/ 2022年3月14日閲覧。 
  15. ^ 大坂直樹 (2016年5月5日). “宮崎駿の"師匠"の原点は蒸気機関車だった (3)”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年3月16日閲覧。
  16. ^ a b c 小原篤 (2021年3月16日). “アニメーター大塚康生さん死去、ルパン三世の作画監督”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP3J3FLCP3JUCVL003.html 2021年7月8日閲覧。 
  17. ^ 高畑勲&宮崎駿を支えたアニメーター、大塚康生とは 「じゃりン子チエ」美術監督・山本二三が明かす製作裏話”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2021年11月1日). 2022年3月14日閲覧。
  18. ^ a b 追悼! ルパンとフィアット──故・大塚康生氏を小川フミオが振り返る”. GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン (2021年3月23日). 2022年3月14日閲覧。
  19. ^ 大塚 2013, p. 20.
  20. ^ キャラクターも演技者であれ 大塚康生×上田文人対談 〜もっと上手くなりたい! 動かす力〜”. ねとらぼ. アイティメディア (2010年9月2日). 2022年3月14日閲覧。
  21. ^ 大塚康生さん死去 「カリオストロ」作画監督、89歳”. JIJI.COM. 時事通信社 (2021年3月16日). 2022年3月14日閲覧。
  22. ^ 藤原よしお、叶精二. “【アニメ化50周年】『ルパン三世』がなぜフィアット500に乗っているのか知っていますか? 1stシリーズの作画監督、故大塚康生さんの思い出”. ENGINEWEB. 新潮社. 2022年3月14日閲覧。
  23. ^ 美術監督・山本二三が語る、大塚康生や高畑勲と過ごした40年前のアニメの現場”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年11月1日). 2022年3月14日閲覧。
  24. ^ a b 『大塚康生画集 「ルパン三世」と車と機関車と』 日本アニメの巨匠の技巧”. KAI-YOU.net. 株式会社カイユウ (2020年7月31日). 2022年3月14日閲覧。
  25. ^ a b 大坂直樹 (2016年5月5日). “宮崎駿の"師匠"の原点は蒸気機関車だった (2)”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年3月16日閲覧。
  26. ^ 田宮俊作 『田宮模型の仕事』(増補版)文藝春秋〈文春文庫〉、2000年5月10日。ISBN 978-4167257033 
  27. ^ 『大塚康生インタビュー』(実業之日本社、2006年)p.154
  28. ^ “アニメーターの大塚康生さん死去 「ルパン三世」第1シリーズなどの作画監督 アニメファンに衝撃走る (2)”. 産経新聞社. (2021年3月16日). https://www.iza.ne.jp/article/20210316-7SK6KTNLMNIY3MNBUNM6IMAWNY/2/ 2022年3月14日閲覧。 
  29. ^ 小原篤 (2012年10月22日). “機関車を撮って描いて動かして”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/showbiz/column/animagedon/TKY201210210081.html 2022年2月28日閲覧。 
  30. ^ 「ジブリの仕事のやりかた。宮崎駿・高畑勲・大塚康生の好奇心。」 第7回 才能を育てる方法。”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2004年7月23日). 2022年3月14日閲覧。
  31. ^ a b 近藤正高 (2019年7月11日). “『なつぞら』麒麟・川島明 実在モデルは高畑勲&宮崎駿の"育ての親"だった (2)”. 文春オンライン. 文藝春秋. 2022年3月14日閲覧。
  32. ^ 1975年発行「アニメレポート No.5」
  33. ^ 近藤正高 (2019年7月11日). “『なつぞら』麒麟・川島明 実在モデルは高畑勲&宮崎駿の“育ての親”だった”. 文春オンライン. 文藝春秋. 2021年3月16日閲覧。
  34. ^ 大塚 2013, p. 21.
  35. ^ 日本アカデミー賞公式サイト”. 日本アカデミー賞協会の運営する公式サイト。日本アカデミー賞の概要、歴史の他、歴代の全受賞者受賞作品のデータを掲載。. 2019年1月19日閲覧。
  36. ^ 【訃報】アニメーター・大塚康生さん 逝去”. アニメージュ編集部. 2021年3月15日閲覧。
  37. ^ テーマ1:「名探偵ホームズ」(其の1)”. テレコム・アニメーションフィルム公式サイト. テレコム・アニメーションフィルム. 2012年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月13日閲覧。
  38. ^ アニメ様365日 第89回『東海道 四谷怪談』”. WEBアニメスタイル. 株式会社スタイル (2009年3月19日). 2022年2月28日閲覧。
  39. ^ 幻の同人誌「大塚康生のおもちゃ箱」がついに再版!”. 高畑勲・宮崎駿作品研究所. 2021年3月20日閲覧。
  40. ^ 「飄々〜拝啓、大塚康生様〜」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]