大塚康生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおつか やすお
大塚 康生
生年月日 (1931-07-11) 1931年7月11日
没年月日 (2021-03-15) 2021年3月15日(89歳没)
出生地 日本の旗 日本島根県鹿足郡津和野町
国籍 日本の旗 日本
職業 アニメーターキャラクターデザイナー
ジャンル アニメーション
テンプレートを表示

大塚 康生(おおつか やすお、1931年7月11日 - 2021年3月15日[1])は、日本のアニメーターキャラクターデザイナー島根県出身。

来歴[編集]

東映動画アニメーター第一期生。東映動画スタジオ以前は日動映画に通い森康二大工原章らの指導を受け[2]、日本におけるアニメの創成期から第一線で活躍し、宮崎駿高畑勲と組んで『太陽の王子 ホルスの大冒険』『ルパン三世』『パンダコパンダ』『未来少年コナン』『じゃりン子チエ』などを手がける。演出を担当する時には、鈴木一というペンネームを用いることがある。

麻薬取締官事務所勤務という異色の経歴を持つ[注 1]英語中国語にも堪能であるという[4]。東映動画では、直属の上司として新入社員・宮崎駿の指導育成に当たった。他にも指導を受けた人材は枚挙にいとまがない[注 2]

宮崎と組んだ『未来少年コナン』や『ルパン三世 カリオストロの城』などが代表作として知られる[5]。「アニメーターは演技者である」とつねづね公言しており[6]、作画監督を務めた作品ではいずれもダイナミックなアニメートに才能を発揮していた。

本業以外では、軍用車両に造詣が深く、ジープマニアとしても有名である[5]。田宮模型(現・タミヤ)初代社長である田宮義雄の息子の1人が東映動画に勤務しており[7][要ページ番号]、その縁から田宮模型のジープ型ラジコンカー『ワイルドウィリス』のデザインを手がけたり、ミリタリーミニチュアシリーズで兵士フィギュアのポーズ監修を担当したり、ミニ四駆のボディを実車をデフォルメしたものにするようにアドバイスを与えたりしている。一時はアニメーター廃業を決意し、プラモデルメーカーのMAX模型に勤務したこともあった[8]

『MVJ』(Military Vehicle Journal)という軍用自動車研究誌を、1989年から2000年にかけて私費で13冊発行した。これは印刷された部数が極めて少なく、書店での販売はされなかった。編集は大塚がすべて行い、内容は資料性が高く各国のアーカイブからの写真とオリジナル・イラストも多く掲載されている。

日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員でテレコム・アニメーションフィルム顧問であった。

2021年3月15日、東京都豊島区東池袋としま区民センターで開催された東京アニメアワードフェスティバル2021の授賞式で、アニメ功労部門顕彰者であり、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによって同日朝に心筋梗塞のため死去した事が明かされた[1]。89歳没。

略年譜[編集]

事柄
1931 ? 島根県鹿足郡津和野町で生まれる。
1939 山口県山口市に転居。
1946 山口県立山口工業学校土木科に入学。
1951 山口県庁総務部統計課に就職。
1952 厚生省採用試験に合格、上京[注 3]。関東信越地区厚生局麻薬取締官事務所(当時)に配属される。
1956 日本動画社に入社、練習生になる。8月に同社は東映に吸収され、新発足した東映動画に臨時採用で再入社。
1961 同僚だった橋本文枝と結婚。
1962 東映動画労働組合書記長に就任。
1968 Aプロダクション(現:シンエイ動画)に移籍。改編後も役員待遇で在籍するが、1977年に退社。
1979 東京ムービー(現:トムス・エンタテインメント)新社の子会社テレコム・アニメーションフィルムに移籍。
1991 代々木アニメーション学院アニメーター科講師を兼任。
1998 第3回アニメーション神戸特別賞を受賞。
2002 文化庁長官賞受賞。
2008 東京国際アニメフェア2008 第4回功労賞表彰受賞。
2019 第42回日本アカデミー賞協会特別賞受賞[10]
2021 3 15 死去[11]

人物[編集]

『ルパン三世』で、ルパンが乗っていたフィアット・500は当時の大塚の愛車であった[5]ルパン三世』での荒い運転描写は、大塚に車の購入を勧めた販売員が降雨直後の荒川にて、水しぶきに突っ込んだ際のスリップの立て直し実演を見せられたことが着想元になっている。『ルパン三世 カリオストロの城』で有名なカーチェイスが生まれたのは、相当痛んでいた中古の自家用車を運転中、ものすごい勢いでタイヤごと車体が吹き飛んだからである[要出典]。2006年8月16日から20日に入間市博物館で開催された「JEEPの機能美展」には、大塚の所有するFIAT500が展示されていた。

鉄道写真家南正時もAプロダクション在籍時、大塚が描いた蒸気機関車のスケッチや写真を見たことが、鉄道写真家への転向のきっかけとなった。

高畑勲Aプロダクションから日本アニメーションに移籍する際には、高畑の給与や待遇などの交渉を行なった。大塚も「日本アニメーションに対し、最高の待遇を出してくれるならという条件で高畑に移籍を説得すると言った」と後に語っている。

西崎義展から『宇宙戦艦ヤマト』に作画監督として参加しないかと誘われたことがあるが、即座に断っている[12]

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

著書・画集[編集]

単著[編集]

  • 大塚康生『作画汗まみれ』徳間書店〈アニメージュ文庫(P-001)〉、1982年12月1日。ISBN 978-4196695042
  • 大塚康生『大塚康生16歳の車の画帖 終戦直後の日本の路上にて』徳間書店、1987年7月。ISBN 978-4194034843
    • 『ジープが町にやってきた 終戦時14歳の画帖から』平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2002年7月、増補改訂版。ISBN 978-4582764390 - 上記の改題、増補改訂
  • 大塚康生『ジープ・太平洋の旅』ホビージャパン、1994年8月(英語)。ISBN 978-4894250390
  • 大塚康生『大塚康生のおもちゃ箱』大塚康生、(自費出版同人誌)、1996年。
    • 上記書籍は自費出版同人誌(私家版)。2002年頃に再販された形跡がある[14]
  • ミリタリー 4×4 グラフティ、1998年(私家版) - 詳細不明
  • 大塚康生『リトル・ニモの野望』徳間書店、2004年7月22日。ISBN 978-4198618902
  • 語り手 大塚康生『大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽』聞き手 森遊机、実業之日本社、2006年1月31日。ISBN 978-4408612553 - 森遊机はインタビュアー
  • 大塚康生『大塚康生の機関車少年だったころ』南正時 責任編集、クラッセ〈KLASSE BOOKS〉、2016年4月。ISBN 978-4902841206
  • 大塚康生『大塚康生 ルパン三世 作画集』トムス・エンタテインメント監修、双葉社、2012年3月28日。ISBN 978-4575304077
  • 大塚康生『大塚康生画集 「ルパン三世」と車と機関車と』玄光社、2020年7月31日。ISBN 978-4768313763

共編著[編集]

映画出演・映像・ドキュメンタリー映画[編集]

  • 紅い眼鏡』(押井守監督、1987年) - タクシー運転手役(声は永井一郎が担当)
  • 『大塚康生の動かす喜び』(DVD、2004年)
  • 『飄々〜拝啓、大塚康生様〜』(短編映像、2019年8月3日公開[15]

大塚をモチーフとした人物[編集]

なつぞら』(2019年度上期NHK連続テレビ小説)では、大塚をモチーフにした人物として、警察官出身の下山克己(演・川島明)が登場している[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし取締官ではなく、補助職員であった[3]
  2. ^ 著名な人物として、杉井ギサブロー月岡貞夫木村圭市郎芝山努小田部羊一椛島義夫近藤喜文川尻善昭田中敦子うつのみや理貞本義行滝口禎一、横堀久雄、田中達之、柳沼和良、西見祥示郎辻野芳輝青山浩行板垣伸など。
  3. ^ これは当時東京には定職のない転入者が規制されていたことから、上京するために厚生省の試験を受けて合格したという経緯による[9]

出典[編集]

  1. ^ a b 山崎伸子 (2021年3月15日). “鈴木敏夫プロデューサー、大塚康生が今朝逝去と明かす…TAAF2021授賞式で哀悼の意捧げる”. MOVIE WALKER PRESS. ムービーウォーカー. 2021年3月20日閲覧。
  2. ^ 1975年発行「アニメレポート No.5」
  3. ^ 大塚 2013, p. 20.
  4. ^ ジブリの仕事のやりかた。 - 宮崎駿・高畑勲・大塚康生の好奇心。 - 第6回 宮崎駿と高畑勲の教師。”. ほぼ日刊イトイ新聞. 糸井重里 (2004年7月). 2021年3月16日閲覧。
  5. ^ a b c 小原篤 (2021年3月16日). “アニメーター大塚康生さん死去、ルパン三世の作画監督”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP3J3FLCP3JUCVL003.html 2021年7月8日閲覧。 
  6. ^ キャラクターも演技者であれ 大塚康生×上田文人対談 ~もっと上手くなりたい!動かす力~(2010年9月)
  7. ^ 田宮俊作『田宮模型の仕事』文藝春秋〈文春文庫〉、2000年5月10日、増補版。ISBN 978-4167257033
  8. ^ 『大塚康生インタビュー』(実業之日本社、2006年)p.154
  9. ^ 大塚 2013, p. 21.
  10. ^ 日本アカデミー賞公式サイト”. 日本アカデミー賞協会の運営する公式サイト。日本アカデミー賞の概要、歴史の他、歴代の全受賞者受賞作品のデータを掲載。. 2019年1月19日閲覧。
  11. ^ 【訃報】アニメーター・大塚康生さん 逝去”. アニメージュ編集部. 2021年3月15日閲覧。
  12. ^ 大坂直樹 (2016年5月5日). “宮崎駿の"師匠"の原点は蒸気機関車だった”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年3月16日閲覧。
  13. ^ テーマ1:「名探偵ホームズ」(其の1)”. テレコム・アニメーションフィルム公式サイト. テレコム・アニメーションフィルム. 2012年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月13日閲覧。
  14. ^ 幻の同人誌「大塚康生のおもちゃ箱」がついに再版!”. 高畑勲・宮崎駿作品研究所. 2021年3月20日閲覧。
  15. ^ 「飄々〜拝啓、大塚康生様〜」
  16. ^ 近藤正高 (2019年7月11日). “『なつぞら』麒麟・川島明 実在モデルは高畑勲&宮崎駿の“育ての親”だった”. 文春オンライン. 文藝春秋. 2021年3月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]