ルパン三世 霧のエリューシヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルパン三世 霧のエリューシヴ』(ルパンさんせい きりのエリューシヴ)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第19作。2007年7月27日日本テレビ系の『金曜特別ロードショー』にて放送された。視聴率は17.0%。ルパン三世生誕40周年記念作品である[1]

概要[編集]

登場人物やシナリオ・フォーマットなどは、『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』第13話「タイムマシンに気をつけろ!」をベースとしているがリメイクというわけではなく、作品の随所に過去のシリーズ作品に対するオマージュがちりばめられたオリジナル作品となっている。本作の舞台である北海道浜中町は原作者モンキー・パンチの生まれ故郷である[2]

本作最大の敵である「魔毛狂介」は第13話に登場した悪役である。テレビシリーズのゲストキャラクターがテレビスペシャルに登場することは初めてだが、本作品はテレビシリーズの設定を取り入れたオリジナル作品であり、魔毛も別設定として同一人物ではない。

TVスペシャルシリーズで初めて「おわり」というテロップがエンディング後のいわゆるエピローグシーンで流れた作品でもある。また、同シリーズでは初めてハイビジョン放送に対応した[3]

例年行動を共にすることが多いルパンファミリーだが、今回は過去にタイムスリップしない不二子はストーリーにあまり関わらず(出番も少ない)、不二子の先祖に当たるお不三が彼女に代わって活躍する。

あらすじ[編集]

2007年夏、北海道浜中町霧多布岬近くの海底でサルベージをしているルパン一行。目的は「白きたまゆら」なる秘宝だ。ところが、その途中で例によって銭形警部が現れ、不二子を置いてけぼりにしたまま水上チェイス、カーチェイスを始める事になってしまった。ルパン一行の車が道路に上ったところで、その怪異は起きた。周りの車の運転手が次々と消えていく。ワケも解らぬまま、ルパン一行は岬の灯台にたどり着く。

そこで待ち構えていたのは、魔毛狂介と名乗る怪しげな男だった。魔毛の介入により、ルパン一行と追ってきた銭形は白い光に飲まれ、気がつくと戦場のど真ん中にいた。

そのドサクサでルパンたちは捕まってしまい、女性像をかたどった城に連行されてしまう。その城が、サルベージ作戦のときに不二子に見せられた古文書に書いてあった物と同一である事にルパンが気づいたとき、ルパンたちを連行してきた兵士が二人そろって消えてしまう。再び現れた魔毛はルパンの子孫・ルパン三十三世に恨みがあり、その恨みを晴らすために先祖であるルパンを殺すのだと告げる。そして、ここが500年前のまだ北海道が蝦夷といわれていた時代である事を告げ、再び姿を消した。その後のドタバタでその城の主である「シャイン家」の女王・イセカと知り合ったルパンは、彼女の首飾りこそ宝のヒントだと睨み、夜遅くに城に侵入する。ところが、そこにはすでに先客がいた。

不二子にそっくりなその女の名はお不三。職業も不二子と同じく盗賊であった。お不三の事が気になったルパンは彼女と共同戦線を張る事を提案。お不三もそれを受け入れる。

一方、魔毛もまたルパンと同じ物を狙って暗躍を続けていた。魔毛は自分以外の者が時を支配するのをおそれていたのだ。ルパンは一計を案じ、魔毛のタイムマシンを奪い盗ろうとするが寸前で失敗してしまう。

頭にきた魔毛は、シャイン家と敵対している「ノース家」の宰相・オビタキに接近し、シャイン家を倒すための武器―その時代には存在しない機関銃を渡してしまう。彼の最終目標は、城もろとも宝を葬ってしまうこと。それに気づいたルパンたちは、城が落ちる前に宝を見つけようとするが、見つからずルパンはある秘策を練る。

ゲストキャラクター[編集]

魔毛狂介
- 中村獅童
2854年生まれの科学者
タイムマシンの製作に成功した天才であるが、恋人であった不二子の子孫(声 - 西尾由佳理(当時日本テレビアナウンサー))を寝取ったルパン三十三世(声 - 栗田貫一[4]を恨み、祖先のルパン三世に復讐するという理由でルパン達を500年前の過去へ飛ばした。
一見すると冷酷非情な性格[5]だが、結局は激情家で子供のような性格[6]
500年前の蝦夷に様々な銃器を持ち込み、意図的に歴史を変えようとするなどその行動は過激で、時を越え、何処にでも現れる彼にはルパンも今までに無い苦戦を強いられてしまい、破るには彼のタイムマシンを強奪するしかなかったが、最終的には500年前に取り残されてしまい、その後の消息は不明である。
テレビシリーズでは現代人だったが、今回は未来人の設定で顔も異なる。劇場版第1作『ルパンVS複製人間』の宿敵マモーの名前も、魔毛狂介に由来する。
お不三
声 - 関根麻里
本作のゲストヒロイン。不二子の先祖。
最初は魔毛に唆されてシャインの城に侵入し、首飾りを奪おうとしてルパンと遭遇し、その後は一時的に手を組む事になる。無益な殺生を好まない性格であり、父の仇としてオビタキに復讐心を燃やすタカヤに「そんなことをしたって死んだ奴は生き返れない」と諭したり、オビタキを短刀で殺そうとしたタカヤを命がけで止めていた。
物語の最後で五ェ門がイセカから貰った首飾りをちゃっかりとスッており、それは後に峰家に代々伝わる宝となった。
イセカ
声 - 桑島法子
シャイン家の女王。優しい性格で、無駄な殺しは好まない。
幼少の頃ノースに連れさらわれエシカに出会ったのを切っ掛けにシャインとノースの対立の実態を知った事で、一刻も早く戦争を終わらせ、ノースと和平を結ぼうと考えていた。五ェ門が未来に帰る前、彼に自分が掛けていた首飾りを託した。
ハサマ
声 - 世古陽丸
シャイン王家に仕える身であるが、イセカと異なって主戦派であり、次元のマグナムや五ェ門の斬鉄剣を使って、ノースを滅ぼす事を望んでいる。
イセカが人の良い性格であるのをいい事に彼女の命令を無視して、ルパン達に襲撃を掛けさせているが失敗、更にはイセカを人質にして五ェ門を脅迫するという暴挙まで行うが、最終的には襲撃してきたノース軍のオビタキと激突し、地割れに巻き込まれるが、オビタキと違い崖に掴まり間一髪で生き延びた。
エシカ
声 - 石田彰
ノース家の国王。基本的に穏健派だが、オビタキのせいで戦争を止められなくなってしまった。
幼年期にイセカとの面識があり、最終的にはイセカの意思を信じ、彼女に提案を受け入れる事を宣言する。
オビタキ
声 - 渡部猛
ノース家の宰相。過激な性格の野心家で、全ての元凶とも言える人物である。
穏健派だったタカヤの父親を謀殺し、宰相の座を奪った張本人で、銭形のコルト・ガバメントを奪ってしまう。その後は魔毛に利用され、シャイン家の城に襲撃を掛けてしまい、最終的にはシャイン軍のハサマと激突するが、地割れに巻き込まれ奈落の底へ落ちていった。
タカヤ
声 - 大久保祥太郎
渡し舟の船頭をしている少年。
彼の父親(声 - 楠大典)はノース家の宰相で穏健派だったが、オビタキ率いる主戦派の裏切りによって暗殺され、母と共に砦から逃げ出す事になってしまい、母も逃亡中に凍死したことでオビタキを憎んでいる。何度もオビタキに復讐しようとするが、最終的にはお不三の言葉から復讐を止めることができた。

声の出演[編集]

登場する武器・乗り物[編集]

乗り物[編集]

フィアット500
ホンダ・カブ

武器[編集]

ワルサーP38
ルパンの愛銃。今回は500年前の霧多布に現れ、シャイン家の者に狙われた時に出すが、底なし沼にはまった時に落として使用はしていない。なお、落としてしまった後は、それについて一切触れずに終わっている。
S&W M19 .357マグナム(通称:コンバットマグナム)4インチ
次元の愛銃。今回は予備のカートリッジを持ち歩いていなかったため6発しかなかった。その後、次元は自分で弾頭を作り魔毛がお不三にナイフを向けタカヤが魔毛に突っ込み油断した時にナイフを撃ち落した。
斬鉄剣
コルト M1911A1 ガバメント
銭形の愛銃。しかし、ノース家のオビタキに奪われてしまい、オビタキはこれでタカヤ、エシカを殺害しようとするが、暗殺しようしてきたタカヤを阻止しようとしてきたお不三に吹っ飛ばされ、落下してしまい、一度も使用していない。こちらもP38と同じく、後にどうなったかは一切触れずに終わっている。
ナイフ
Vz 61ワルサーMPLトンプソンM1短機関銃AK-7464式小銃イサカM37(スラッグ弾)
魔毛がシャイン家とお宝を潰そうと考えノース家の者に渡した武器。64式小銃は、ほんの一瞬映っているだけであるため、非常に判り難い。

その他[編集]

  • 本作は過去に劇場版『ルパン三世 カリオストロの城』『ルパン三世 風魔一族の陰謀』『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』や、スタジオジブリ作品などを制作したテレコムアニメーションフィルムが担当。今回も短い制作期間ながらも高いアニメーション技術を誇った。キャラクターデザインもそれまでの新シリーズの焼き直しのデザインからソフトに仕上げ、どちらかといえば旧作シリーズに近い顔立ちとなっている。また、本作のアイキャッチの制作担当に大塚康生が特別参加している。
  • 全編を通してルパンが乗っていた車は前作『ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ』と同様、フィアット500であった。しかも本作では、劇場映画第2作『ルパン三世 カリオストロの城』を思わせる寝袋をルーフに積んでいた。『セブンデイズ・ラプソディ』でもテレコムの八崎健二増田敏彦らが作画監督として携わっている。
  • 本作では『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』(以下、『TV第2シリーズ』)と同様のCM前後のアイキャッチが、『TV第2シリーズ』終了以来27年ぶりに挿入された。車から落ちるという設定は同じだが、今回使っていた車がフィアット500であったこと、そしてアイキャッチ製作者が特別参加した大塚康生であったため、「アルファロメオではなくフィアット500から落ちる」という設定になっている。なお、大塚がルパンに携わったのは劇場映画第5作『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』以来12年ぶりである。
  • 本作から、これまで音響効果を『TV第2シリーズ』から担当してきた糸川幸良が降板。過去に『カリオストロの城』で効果を担当した経歴を持つ倉橋静男に交代された。
  • 双葉社から出版されている「ルパン三世officialマガジンVOL.13」では、この作品の漫画を掲載(『ルパン三世M』第7巻に収録)。同誌では『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』以降3度目のTVスペシャルの漫画化だが、魔毛が『TV第1シリーズ』の時と同一人物という設定でその続編になっているなど、アニメと内容が違う部分がある。
  • 冒頭のカーチェイスシーンで、「テレコム運送」のロゴと『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリス姫が描かれたトラックが登場する。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TVM アニメ ルパン三世 霧のエリューシヴ - allcinema”. www.allcinema.net. 2019年9月15日閲覧。
  2. ^ ルパン三世 霧のエリューシヴ”. TSUTAYA. 2019年9月15日閲覧。
  3. ^ ただし本編は4:3サイズの標準画質で制作されており、地上デジタル放送では画面両端に「ルパン三世」のタイトルロゴが描かれた黒色のサイドパネルが貼られていた。
  4. ^ 『TV第1シリーズ』のルパン三世と同じ緑のジャケットを着ている。
  5. ^ ルパンを恫喝するために無関係の人間を次々と消していった。
  6. ^ ルパンに「犯行動機」を見抜かれて喚き散らしたり、ルパンにタイムマシンを盗まれたときは、元の時代へ帰れなくなることを考えずにタイムマシンを撃ち落とそうとした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]