ルパン三世 (タイトー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルパン三世
ジャンル 固定画面アクションゲーム
対応機種 アーケード
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人、または2人交代制
稼働時期 1980年4月
システム基板 スペースインベーダー基板
売上本数 不明
その他 同名漫画・アニメ初のテレビゲーム化
テンプレートを表示

ルパン三世(るぱんさんせい、LUPIN III)は、1980年4月にタイトーにより開発・発売されたアーケードゲームコンピュータゲーム。ジャンルはアクションゲームである。

モンキー・パンチの漫画・アニメ『ルパン三世』を題材にした初のテレビゲーム作品であり、『スペースインベーダー』のアーケードゲーム基板流用作品の1つである。

フィーチャー(ゲーム概要)[編集]

登場キャラクター[編集]

ルパン
プレイヤーキャラクターで、色は黄色。シルクハットやマントを着用した外見はアルセーヌ・ルパンに近い。
銭形警部
ドゴール帽をかぶり警棒を持つなど、デザインは昔のフランス警察に近い。ルパンの軌跡をしつこく追いかけてくるが、T字路でルパンが急に曲ると見過ごして直進する(これは当時のタイトーの『スペースチェイサー』のミサイルに似ている)。
警備員
フィールド内をランダムに歩き回っている。
フィールド下部を左右に行き来するだけで、上下には動かない。停止して鼻をかぐ仕草では効果音も出る。
  • キャラの色は原則として黄色である。詳細は後述。
  • 敵は当初1体ずつしか存在しないが、面クリアが進むと犬2匹 → 警備員2人 → 銭形警部2人と増えていく。

ゲーム進行[編集]

  • 迷路状のフィールドが登場する。フィールドの壁は十手ワルサーP38などを並べた、当時としては小粋なデザインとなっている。迷路は一種類だけで、何面進んでも変わらない。
  • 現金袋がフィールド上部に8個あるので、ルパンを真下に移動させてレバーを上に動かすと現金袋を取れる。同時に2個まで取れるが、この場合動きが遅くなる。
  • 敵の追跡から逃れる手段として、ボタンを押すことによりワープが可能。ただしワープ先は完全なランダムでなく、フィールド内の決められた8ヶ所だけであり、またTIMEとは別に存在するBONUSが500ポイントが減る。ワープは4回行うとBONUSがゼロとなり、その面ではもうワープできない。
  • ルパンが地下金庫の隣に来ると、運んできた現金袋が地下金庫にたまり、ルパンはどこかにワープする。この時のワープではBONUSは減らない。
  • BGMには4種類あり、TIMEが減るにつれ変わっていく。なおBGMが変わるTIMEの減少基準値に異なるものが存在するが、基板にバージョン違いがあるか、ディップ(内部)スイッチで切り替え可能かは不明。
  1. BGMなし - 2か3の状態で、現金袋を持つまではこの状態。
  2. ゲームオリジナルのBGM - 開始当初。
  3. ルパン三世 (TV第2シリーズ)』(いわゆる「新ルパン」)で有名なルパン三世のテーマ - TIMEが中盤まで減るとこれに変わる。
  4. せわしないオリジナルのBGM - TIMEが残り少なくなるとこれに変わり、敵も一気に六体フル登場する(この辺は『平安京エイリアン』と同じ)。
  • 現金袋を8個全て地下金庫に持ち込めば一面クリアで、BONUSが残っていればスコアに加算される。

バグ[編集]

  • ルパンと銭形が接近し過ぎたまま歩くと、画面にドットが残る。これはインベーダー基板のグラフィック機能が1つのビットマップだけで、スプライト (映像技術)を使用していないからである。
  • 地下金庫に着いた瞬間ワープボタンを押すと、プログラムが地下金庫によるワープとワープボタンによるワープを混同し、ルパンがあちこち勝手にワープし続けたり、現金袋の位置や数が乱れる。

フィーチャー以外の要素[編集]

デモ画面[編集]

これまでのゲームと比べて、デモ画面がやや多めに散りばめられているのが特徴の一つである。

  1. ゲーム開始時 - 金庫のあるビルに、ヘリコプターからロープを垂らしてルパンが降りていく。隣のビルにはTAITOの看板がある。
  2. 何面かクリアするたびのコーヒーブレークデモ - ルパンが不二子に会いに行くシーンが登場する。初期の段階では不二子に殴られて終わりだが、面が進むと相思相愛となり、足元に子供が出現、数が増えていく。
  3. ミス時 - ルパンが鉄格子の中に放り込まれ、鉄の扉が閉まる音がする。
  4. ゲームオーバー - 手錠をされたルパンが銭形に引かれ、警察署に連れて行かれる。

2と4のBGMは電話の保留音などでもよく聴かれる、知名度の高い曲(J. S. バッハ: パルティータ第1番より「メヌエットII」)が使われている。

視覚効果[編集]

  • デモ画面が日本語版は「ルパン三世」、英語版は「LUPIN III」と出る。著作権も「(C) NTV」が表示されている。
  • インストラクションカードやアップライト式筐体は「新ルパン」のアニメ絵で飾られている。

バージョンによる違い[編集]

オリジナル版
工場出荷時から『ルパン三世』として作られたもの。キャラクターの色は全て黄色だが、地下金庫の隣だけは緑になる。
インベーダー基板改造版
画面の色配置が『インベーダー』と同じままになっている。またBGMの音質がオリジナル版より低く、ゲームオーバー時はオリジナル版とまったく異なる『ヴォルガの舟歌』がかかる。
MAME
ルパンは黄色だが、他のキャラクターには黄色以外の固有色が付いている。外部リンクのKLOVの掲載画像もMAME版である。これは『タイトーメモリーズ』(『ルパン三世』は未収録)のインベーダー基板流用ゲームにも同じ傾向が見られる。
インベーダー基板改造版その2
キャラクターの色は全て紫で、サウンドも一部異なる。近年出回っているもので、同様の改造基板は『ルナレスキュー』なども存在する。

移植[編集]

  • MZ-80K/C版 - 「I/O (雑誌)」に投稿掲載。すべてBASICで書かれている。アーケード版との違いはキャラクタグラフィックを使っている事、敵キャラに違いがなくすべて"@"である事など。こちら掲載記事にもモンキー・パンチの漫画絵が添えられていた。

外部リンク[編集]