大和屋竺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまとや あつし
大和屋 竺
生年月日 (1937-06-19) 1937年6月19日
没年月日 (1993-01-16) 1993年1月16日(55歳没)
出生地 日本の旗 日本北海道三笠市
職業 脚本家
映画監督
俳優
歌手
著作家
ジャンル 映画
テレビドラマ
テレビアニメ
活動期間 1965年 - 1992年
テンプレートを表示

大和屋 竺(やまとや あつし、1937年6月19日 - 1993年1月16日)は、日本脚本家映画監督俳優。アニメーション脚本家・中央競馬馬主の大和屋暁は息子。

経歴[編集]

1937年6月19日、北海道三笠市幌内町に生まれる。父は炭鉱労働者、母は没落旧家の出身だった[1]

1953年、父の停年退職に伴い、一家で上京。葛飾区青砥に住む[1]

1958年、2年間の浪人生活を経て早稲田大学第一文学部に入学(専攻は日本史)。在学中は田中陽造らと「稲門シナリオ研究会」に所属し、田中の脚本で16ミリ映画『一・〇五二』を監督した[注 1]

1962年、早稲田大学卒業。日活株式会社助監督部(第8期)に入社。同期に岡田裕曽根義忠(中生)山口清一郎らがいた。主に斎藤武市の助監督を務め、牛原陽一中平康野口博志滝沢英輔らにもついた[1]

1964年、日活助監督グループの一員として若松孝二の元に出入りするようになる[1]

1965年、若松孝二監督『情事の履歴書』の脚本を曽根義忠、榛谷泰明と共同で執筆。ペンネームは3人の名前を組み合わせた「大谷泰明」。また、この年、日活を休職してボルネオシンガポールを放浪。しかし、現地で金が尽き、若松孝二に送金を仰いで11月に帰国。この借金返済のために監督することになったのが第1回監督作品である『裏切りの季節』である。プロデュースは若松孝二、公開は1966年5月[1]

1966年6月、日活を退社、本格的に若松プロに参加。また、この年、足立正生沖島勲も若松プロに参加している。一方、曽根義忠に誘われて鈴木清順を中心とする脚本家グループ「具流八郎」に参加。メンバーは鈴木清順、木村威夫、田中陽造、曽根義忠、岡田裕、山口清一郎、榛谷泰明に大和屋竺を加えた8人だったとされる[注 2]

1967年6月、この「具流八郎」名義のシナリオとしては唯一の映画化作品となった『殺しの烙印』が公開される。大和屋竺は「具流八郎」の中心メンバーとして前半部分を担当するとともに俳優としても出演(演じたのはナンバー4の殺し屋である「スタイリストの高」)。また主題歌の「殺しのブルース」(作詞:具流八郎、作曲:楠井景久)も唄った。完成した作品は批評家や若い映画ファンに熱狂的に支持されたが、当時の日活社長・堀久作は完成した作品を観て激怒。翌年の年頭社長訓示において、本作品を「わからない映画を作ってもらっては困る」と名指しで非難し、同年4月には、鈴木に対し電話で一方的に専属契約の打ち切りを通告した。日活を追われた鈴木清順は、以後、1977年の『悲愁物語』まで丸10年、不遇の時代を過ごすことになる。なお、鈴木清順解雇の知らせを受けた大和屋竺は「今までの生涯でただ一度大声を出して泣いた」という[1]。10月、第2回監督作品『荒野のダッチワイフ』が公開される。プロデュースは国映矢元照雄。製作費は240万円だった。

1968年、再び若松プロで『毛の生えた拳銃』を監督。脚本の「大山村人」は大和屋竺の変名(他にも「大山敦」「日野洸」「出口出」「宗豊」などの変名が知られている)。なお、この映画を見た東京ムービー大隅正秋がTVアニメ『ルパン三世』の脚本を依頼。以来、大和屋竺は同シリーズに脚本・監修として関わることになる。

1973年内藤誠監督の依頼で『番格ロック』の脚本を山本英明と共同執筆[3]。また荒戸源次郎のプロデュースで5年ぶりとなる新作『愛欲の罠』(原題は『朝日のようにさわやかに』。『愛欲の罠』は日活で配給される際に付けられたタイトル[3])を監督。これが天象儀館の第1回映画作品となる。

1974年、内藤誠の紹介で東映教育映画部製作の『発見への出発(たびたち)』を監督。助監督は柳町光男だった。また荒戸源次郎製作、平岡正明脚本で『朝日のようにさわやかに 食用美人篇』の企画が持ち上がるが実現しなかった[1]

1977年、鈴木清順の10年ぶりの新作となる『悲愁物語』の脚本を書く。なお、本作で主役を務めた原田芳雄と大和屋竺はかねてより親交があり、この時も大和屋竺が具流八郎名義で書いた「ゴーストタウンの赤い獅子」を『映画評論』で読んだ原田芳雄が「なんとか映画化したいと思って、大和屋さんのところに相談しに行った。清順さんは『殺しの烙印』から10年近くたってたから、そろそろどうかなって」。ところが、既に次回作が決まっており、それが『悲愁物語』だったという[4]。もしこの時、『悲愁物語』の企画が立ち上がっていなければ、鈴木清順の10年ぶりの新作は「ゴーストタウンの赤い獅子」だった可能性もある。

1984年テレビ東京で『20才のストリッパー美加マドカ 裸の履歴書』を監督。放映日は1984年5月18日。

1990年8月、大和屋竺が関った劇場用一般映画としては最後の作品となった『オーロラの下で』が公開される。戸川幸夫の原作『オーロラの下で』を舞台をアラスカからロシア革命前後のシベリアに移すなど、大幅に改変した。

1993年1月16日、食道癌のため死去。享年55歳[1]。3月、日本映画プロフェッショナル大賞特別賞を受賞。授賞理由は「映画の極北で輝き続けた異端の巨星を悼んで」[5]

1994年荒井晴彦竹内銃一郎福間健二編『悪魔に委ねよ 大和屋竺映画論集』(ワイズ出版)、高橋洋塩田明彦井川耕一郎編『荒野のダッチワイフ 大和屋竺ダイナマイト傑作選』(フィルムアート社)が刊行される。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 情事の履歴書(1965年) - 脚本(大谷義明名義)
  • 裏切りの季節(1966年) - 監督・脚本(大谷義明名義)
  • 情欲の黒水仙(1967年) - 脚本(大谷義明名義)
  • 避妊革命(1967年) - 出演
  • 密通(1967年) - 脚本(大谷義明名義)
  • 殺しの烙印(1967年) - 脚本(具流八郎名義)・出演・主題歌(「殺しのブルース」)
  • 荒野のダッチワイフ(1967年) - 監督・脚本
  • 網の中の暴行(1967年) - 脚本(大谷義明名義)
  • 犯して!犯して!大合戦(1967年) - 脚本(大山敦名義)
  • 蒼いフィルム 品さだめ(1968年)- 脚本(大山村人名義)
  • 毛の生えた拳銃(1968年) - 監督・脚本(大山村人名義)
  • 金瓶梅(1968年) - 脚本
  • 寝強犯(1969年) - 脚本(日野洸名義)
  • 処女ゲバゲバ(1969年) - 脚本(出口出名義)・出演
  • 男殺し女殺し 裸の銃弾(1969年) - 脚本(出口出名義)
  • 引き裂かれたブルーフィルム(1969年) - 脚本(日野洸名義)
  • おんな地獄唄 尺八弁天(1970年) - 脚本(日野洸名義)
  • 花弁のもだえ(1970年) - 脚本(宗豊名義)
  • 濡れ牡丹 五悪人暴行篇(1970年) - 脚本(日野洸名義)・出演
  • 叛女 夢幻地獄(1970年) - 出演
  • 野良猫ロック セックスハンター(1970年) - 共同脚本(大和屋竺、藤井鷹史
  • ネオン警察 ジャックの刺青(1970年) - 共同脚本(大和屋竺、曽根義忠)
  • ㊙湯の町 夜のひとで(1970年) - 脚本(日野洸名義)
  • 八月の濡れた砂(1971年) - 共同脚本(藤田敏八峯尾基三、大和屋竺)
  • らしゃめんお万 彼岸花は散った(1972年) - 脚本・出演
  • 八月はエロスの匂い (1972年) - 共同脚本(藤田敏八、大和屋竺)
  • セックス・ハンター 濡れた標的(1972年) - 脚本
  • 戦国ロック 疾風の女たち(1972年) - 共同脚本(大和屋竺、藤井鷹史)
  • ラブ・シンフォニー(1972年) - 監督※重延浩永井圭輔、大和屋竺の3人によるオムニバス映画。
  • エロスは甘き香り(1973年) - 脚本
  • 戦争を知らない子供たち(1973年) - 共同脚本(大和屋竺、藤田敏八、古俣則男松本正志
  • 王国(1973年) - 出演
  • 昭和おんなみち 裸性門(1973年) - 脚本
  • 番格ロック(1973年) - 共同脚本(山本英明、大和屋竺)
  • 愛欲の罠(1973年) - 監督・出演
  • 発見への出発(1974年) - 監督※教育映画
  • 大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート(1975年) - 脚本
  • 発禁 肉蒲団(1975年) - 脚本
  • 裸足のブルージン(1975年) - 共同脚本(大和屋竺、長野洋、藤田敏八)
  • 中学時代 受験にゆらぐ心(1976年) - 出演(ドラキュラという渾名の社会科教師役)※教育映画
  • 国際線スチュワーデス 官能飛行(1976年) - 脚本
  • 蛇と女奴隷(1976年) - 共同脚本(大和屋竺、佐藤日出夫向井寛
  • 不連続殺人事件(1977年) - 共同脚本(大和屋竺、田中陽造、曽根中生、荒井晴彦)
  • 青年の樹(1977年) - 脚本
  • 悲愁物語(1977年) - 脚本
  • 星空のマリオネット(1978年) - 共同脚本(大和屋竺、橋浦方人
  • 堕靡泥の星 美少女狩り(1979年) - 脚本
  • マタギ(1982年) - 共同脚本(大和屋竺、後藤俊夫
  • カポネ大いに泣く(1985年) - 共同脚本(大和屋竺、木村威夫、鈴木岬一
  • 餓鬼魂(1985年) - 脚本※オリジナルビデオ作品
  • 傷だらけの勲章(1986年) - 脚本
  • チェッカーズ SONG FOR U.S.A.(1986年) - 出演
  • ドグラ・マグラ(1988年) - 共同脚本(松本俊夫、大和屋竺)・出演
  • オーロラの下で(1990年) - 共同脚本(大和屋竺、イジョフ・ヴァレンティン・イワノヴィッチ
  • にぎやかな家族(1991年) - 脚本※教育映画

劇場アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

オリジナル・ビデオ・アニメ[編集]

著書[編集]

  • 悪魔に委ねよ 大和屋竺映画論集(ワイズ出版、1994年)
  • 荒野のダッチワイフ 大和屋竺ダイナマイト傑作選(フィルムアート社、1994年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 高崎俊夫の「大和屋竺という映画作家がいた時代」によれば「血液をテーマにしたアヴァンギャルド映画で、血液銀行、屠場、デモ、血を売る人々の群れなど、血に関する赤のイメージがめまぐるしく氾濫する圧倒的な迫力篇」という[2]。また「大和屋竺聚成」によればタイトルの『一・〇五二』は「血液沈降速度」を表しているという[1]
  2. ^ ただし、「大和屋竺聚成」によればメンバーは固定していなかったとされ、後には大原清秀、鈴木岬一、前田勝弘なども参加している。
  3. ^ 脚本は大和屋竺と吉川惣司の連名であるが、実際は吉川一人の執筆である。打ち合わせは2人で重ねていたものの、吉川一人で書き上げたものが初稿としてプロデューサーに提出された。その後、吉川は大和屋に直しを打診したがそのままでいいと了解を得たため、吉川の大和屋への敬意から連名クレジットとなった[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 大和屋竺『荒野のダッチワイフ 大和屋竺ダイナマイト傑作選』フィルムアート社、1994年6月、大和屋竺聚成。
  2. ^ 高崎俊夫 (2012年11月1日). “大和屋竺という映画作家がいた時代”. 高崎俊夫の映画アットランダム. 清流出版. 2021年12月24日閲覧。
  3. ^ a b 木全公彦 (2013年6月23日). “触媒としての二人の映画人”. 映画の國. マーメイドフィルム. 2014年7月20日閲覧。
  4. ^ 原田芳雄『原田芳雄 風来去』日之出出版、2012年7月、妖術使い、清順。
  5. ^ 第2回(1992年度)日本映画プロフェッショナル大賞”. 日本映画プロフェッショナル大賞. 2021年12月24日閲覧。
  6. ^ ルパン三世officialマガジン』vol.7、双葉社、2007年。吉川惣司インタビューより
  7. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]