番格ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
番格ロック
監督 内藤誠
脚本 山本英明
大和屋竺
出演者 山内えみ子
誠直也
鹿内孝
山谷初男
初井言栄
音楽 キャロル
撮影 稲田喜一
編集 祖田富美夫
配給 日本の旗 東映 (東京撮影所)
公開 日本の旗 1973年9月25日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

番格ロック』(ばんかくろっく)は、1973年に製作された日本映画

概要[編集]

東映の配給製作による東映東京撮影所作品。東映京都撮影所制作『仁義なき戦い 代理戦争』の併映作品として同時上映された[1]

1973年の池袋を舞台に、番長と同格の実力を持つ山内えみこ演じる主人公の番格がスケバングループの抗争の中で少年院時代から因縁のあるライバルの総番長と対決。勝利するも総番長はヤクザによってを薬物漬けにされ、主人公が復讐に乗り出すというストーリー[2]

内藤誠監督によるスケバン映画だが、脚本の大和屋竺からの提案でヒューバート・セルビー・ジュニアの『ブルックリン最終出口』の雰囲気を目指した[3]。その結果、『女番長』シリーズ等、従来の東映スケ番映画とは異質のニヒルなムードを持つ作品となりカルト的人気を誇った[1][4]。映画監督の中野貴雄は「女性ハードボイルド映画の傑作」と絶賛している[2]

ストーリー[編集]

封印作品化[編集]

2011年にDVD化寸前までいくものの、出演しているキャロルの元メンバーでキャロルの権利を所有する矢沢永吉の事務所から強硬な反対があり、見本盤まで完成したDVDは発売中止となり、上映会も中止となった[5][6]。映画評論家の野村正昭は「『番格ロック』DVD化、上映中止には断固抗議! 阻止した某氏には撤回かつ猛省、そして謝罪を要求する」と述べている[7]

本作のサード助監督を務めた脚本家の佐伯俊道によれば、本作の主題歌にジョニー大倉のソロパートが多いことに不仲の矢沢が嫉妬。揉め事を避けたい東映が自主規制したのが「真相」であるという[8]。監督の内藤誠は「わけも分からない理由で発売中止」になったが、岡田茂が社長だった時代の東映なら、岡田の一言で解決したのにと慨嘆した[9]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 樋口尚文『ロマンポルノと実録やくざ映画 禁じられた70年代日本映画』平凡社新書、2009年、pp.131-133
  2. ^ a b 中野貴雄「番格ロック」『映画秘宝EX 鮮烈!アナーキー日本映画史1959~1979』洋泉社、2012年、p.147
  3. ^ 内藤誠『偏屈系映画図鑑』キネマ旬報社、2011年、pp.94-95
  4. ^ 寺岡ユウジ「色川武大のコードを踏まえて 内藤誠[監督]インタビュー」『キネマ旬報』2011年12月上旬号、p.68
  5. ^ 『映画秘宝』2011年12月号。内藤誠インタビュー
  6. ^ 内藤誠『偏屈系映画図鑑』キネマ旬報社、2011年、pp.133、186
  7. ^ 「REVIEW 明日泣く」『キネマ旬報』2011年12月上旬号、p.102
  8. ^ 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第十九回 I'm just Lonely Boy」『シナリオ』2013年12月号、p.192
  9. ^ 内藤誠『偏屈系映画図鑑』キネマ旬報社、2011年、p.186
  10. ^ Movie Walker

外部リンク[編集]