ユーロスペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユーロスペース
EUROSPACE
Euro Space Shibuya IMG 1622 R 20150313.JPG
KINOHAUSビル
情報
正式名称 ユーロスペース
完成 2006年
開館 2006年1月14日
収容人員 (3館合計)415人
客席数 シアター1:92
シアター2:145
ユーロライブ:178
設備 ドルビーデジタルDTS
用途 映画上映
運営 有限会社ユーロスペース
所在地 150-0044
東京都渋谷区円山町1-5
KINOHAUSビル3階(シアター1・2)
同2階(ユーロライブ)
位置 北緯35度39分33.4秒
東経139度41分42.7秒
座標: 北緯35度39分33.4秒 東経139度41分42.7秒
アクセス 渋谷駅よりBunkamura前交差点左折
公式サイト http://www.eurospace.co.jp/

ユーロスペース (EUROSPACE) は、東京都渋谷区にある映画館ミニシアター)、およびそれを運営する企業(有限会社ユーロスペース)である。

概要[編集]

ロビー

劇場は渋谷区円山町のKINOHAUSビル(旧称:Q-AXビル)3階にある。このビルの4階には名画座シネマヴェーラ渋谷」が入居しており、ユーロスペースと2館共通の会員制度が設けられている[1]。また2階にはユーロスペースが運営するライブホール「ユーロライブ」があり、映画上映・トークライブ・落語会などに使用されている[2]

2006年1月のQ-AXビル落成の際には地下1階と2階に2スクリーンのミニシアター「Q-AXシネマ」も開館したが、2008年8月に「渋谷シアターTSUTAYA」と改名後、2010年9月に閉館した[3]。代わりに2010年11月に地下1階から2階までの3フロアに映画美学校が移転し、地下1階の劇場は映画美学校試写室となった[4]。2011年4月には2階に多目的ホール「オーディトリウム渋谷」がオープンし、ミニシアターとして映画の上映が行われていた[5]が、2014年10月に閉館、翌11月より「ユーロライブ」にリニューアルした[2]

沿革[編集]

1982年、堀越謙三渋谷駅南西の桜丘町にある東武富士ビルの2階に開館[6][7]。オープニング作品は『ある道化師』であった[8]。当時はまだ日本での知名度が低かったレオス・カラックスアッバス・キアロスタミなどの作品を紹介したり[9]、『ゆきゆきて、神軍』などの話題作を上映して[8]1980年代のミニシアターブームの一翼を担った。1994年には改装で2スクリーンとなった[8]

その後、ロングランになる作品が減って観客が短期間に集中するようになってきたことから、手狭感を解消するため移転することになり[10]、新たにシネマヴェーラを開館する内藤篤、およびQ-AXシネマとともに映画館ビルを開くことになった[11]。2005年11月に一時閉館、Q-AXビルの落成に伴い翌2006年1月に現在地でリニューアルオープンした[10]。それまでの桜丘町の劇場は日本出版販売(日販)に譲渡され、2005年12月に日販が運営するミニシアター「シアターN渋谷」が開館した[10]が、2012年12月に閉館した[12][13]

有限会社ユーロスペース[編集]

有限会社ユーロスペース
EUROSPACE Inc.
Eurospace logo.gif
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0044
東京都渋谷区円山町1-5
業種 サービス業
代表者 堀越謙三
外部リンク www.eurospace.co.jp
テンプレートを表示

企業としてのユーロスペースは映画の製作・配給も手がけている。

主な配給作品に、アッバス・キアロスタミ監督『ホームワーク』『桜桃の味』『ライク・サムワン・イン・ラブ』、アキ・カウリスマキ監督『浮き雲』『過去のない男』、フランソワ・オゾン監督『焼け石に水』『まぼろし』など[14]

主な製作作品に、ウェイン・ワン監督『スモーク』、ジャン=ピエール・リモザン監督『TOKYO EYES』、レオス・カラックス監督『ポーラX』、バフティヤル・フドイナザーロフ監督『ルナ・パパ』、フランソワ・オゾン監督『クリミナル・ラヴァーズ』『焼け石に水』『まぼろし』、黒沢清監督『大いなる幻影』、塩田明彦監督『どこまでもいこう』、松岡錠司監督『アカシアの道』など[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ユーロスペース | 劇場案内”. 2012年12月5日閲覧。
  2. ^ a b 渋谷に、文化発信基地となるライブホール「ユーロライブ」開館 - 映画・音楽・寄席など”. ファッションプレス (2014年10月13日). 2015年9月15日閲覧。
  3. ^ (閉館)渋谷シアターTSUTAYA”. 渋谷文化プロジェクト. 2012年12月5日閲覧。
  4. ^ “円山町Q-AXビル「渋谷シアターTSUTAYA」閉館へ-跡に「映画美学校」”. シブヤ経済新聞. (2010年8月4日). http://www.shibukei.com/headline/7080/ 2012年12月5日閲覧。 
  5. ^ オーディトリウム渋谷 満員御礼の好発進!“エースのジョー”こと宍戸錠さんも登場!”. CINEMA TOPICS ONLINE (2011年4月22日). 2012年12月5日閲覧。
  6. ^ “ユーロスペースで「百軒店・シネマ・ウィーク」-百軒店でトークイベントも”. シブヤ経済新聞. (2010年3月17日). http://www.shibukei.com/headline/6765/ 2012年12月5日閲覧。 
  7. ^ 堀越謙三、松本正道両氏が芸術文化勲章を受章”. 在日フランス大使館 (2008年9月8日). 2012年12月5日閲覧。
  8. ^ a b c 至福の映画体験 - L-Cruise”. 日経トレンディネット (2005年5月31日). 2012年12月5日閲覧。
  9. ^ 再考!日本映画 - 第10回・(有)ユーロスペース代表取締役・堀越謙三”. キネマ旬報映画総合研究所. 2007年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月5日閲覧。 “月刊DVDナビゲーター2007年6月号より転載”
  10. ^ a b c 近藤孝 (2006年3月10日). “開館ラッシュ ミニシアター・ウォーズ : 話題 : 映画 : エンタメ”. YOMIURI ONLINE. オリジナル2006年4月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060413005942/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/topics/20060310et08.htm 2012年12月5日閲覧。 
  11. ^ KEY PERSON | 内藤篤さん(シネマヴェーラ渋谷館主)”. 渋谷文化プロジェクト. 2012年12月5日閲覧。
  12. ^ “桜丘町のミニシアター「シアターN渋谷」閉館へ-日販が発表”. シブヤ経済新聞. (2012年9月20日). http://www.shibukei.com/headline/8819/ 2012年12月5日閲覧。 
  13. ^ 福田麗 (2012年9月20日). “シアターN渋谷が今年12月に閉館へ…渋谷から続々とミニシアターがなくなる”. シネマトゥデイ. 2012年12月5日閲覧。
  14. ^ ユーロスペース | 配給作品”. 2012年12月5日閲覧。
  15. ^ ユーロスペース | 製作部”. 2012年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]