仁義なき戦い 代理戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
仁義なき戦い 代理戦争
Battles Without Honor and Humanity: Proxy War
監督 深作欣二
脚本 笠原和夫
出演者 菅原文太
小林旭
渡瀬恒彦
川谷拓三
金子信雄
田中邦衛
梅宮辰夫
音楽 津島利章
撮影 吉田貞次
編集 堀池幸三
配給 東映
公開 日本の旗 1973年9月25日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 仁義なき戦い 広島死闘篇
次作 仁義なき戦い 頂上作戦
テンプレートを表示

仁義なき戦い 代理戦争』(じんぎなきたたかい だいりせんそう、Battles Without Honor and Humanity: Proxy War )は、1973年昭和48年)9月25日東映で公開された日本映画。『仁義なき戦いシリーズ』の第三弾。

概要[編集]

集団心理劇を描いた第一部から、情念の物語である第二部を経て、再び本作では集団心理劇が描かれた。その脚本の構成とダイナミックな演出は高い評価を得、1973年のキネマ旬報ベストテン第8位に選ばれた(第一部は2位に選出されている)。脚本を担当した笠原和夫は本作を「日本でも一、二位を争う群像劇になったと思う」と語っている。

物語は第一部終了後の1960年(昭和35年)~1963年(昭和38年)を描いているため、厳密に言えば第一部の続編は第二部でなく本作の第三部である。

あらすじ[編集]

昭和35年。広島最大の暴力団、村岡組の跡目候補である杉原が殺された。同じく村岡の舎弟分である打本が次の跡目に擬されるも、優柔不断な性格から杉原の仇を討たないため周囲が推さなかった。広島を注視していた呉の山守は、現在は膝下より離れ一家を構えた広能が村岡組と親しいのを利用しようと、呉の長老である大久保に働きかけると強引に傘下に戻した。山守と側近である槇原から利用された人間が死んできた過去を熟知する広能は、保身のため打本を担ごうとする。

打本と村岡組幹部の松永、武田、江田、それと広能は「打本を兄貴分、広能たちを弟分」とする兄弟盃を交わす。次に広能の橋渡しで神戸の大組織、明石組の舎弟頭相原と打本の五分兄弟盃が実現した。打本はさらに直接、明石組長の舎弟分になろうと相原を蔑ろに運動。広能は相原に対して面目を潰す。自身の利害損得がやくざの倫理より優先する打本に広能は意見をするが、逆に食って掛かられ幻滅を味わう。打本の盃外交は村岡組長の心証を悪くさせ、その引退時に跡目は組内から立てず子分と縄張りを山守の預りとする。広能は内心は不満だが村岡と山守の橋渡しをさせられる。武田逹からすれば重し代わりに山守を担ぐものだが、跡目から外された打本はショックを受ける。さらに盃を直した山守組の披露宴の席では相原の前で山守から辱しめられ悔し涙を流す。慰めようとした広能に対しても、山守に付いて裏切ったと信じる打本は聞く耳を持たず両者は決裂した。

組長となった山守は幹部たち(武田は入院中)を前にして、岩国で継続中の浜崎組(槇原の舎弟)と小森組(打本の舎弟)の喧嘩に介入し、小森と打本を叩くよう命令を出す。手打ちに動いている打本は明石組と繋がり、浜崎の背後には山口の豊田会が見える中での参戦は誰もが得策と思えない。同意が無いと山守は怒り、あるいは泣きだす奇矯な振るまいを見せ、幹部たちは真意を掴めないまま了承した。散会後に広能は山守の狙いは寄せ集めの組で槇原を頭に統一戦線を張り、結果として自身の求心力を高めるものと読み解いてみせるが広能たちも打本との盃を名目にして腰を上げない。

老獪な山守からすれば部下の腹は折り込み済みで、既成事実を積み重ね打本を追い詰める構図を作りあげようと運動する。打本組幹部の早川は山守に切り崩された。山守組内部では仁義に外れた組長の行動に呆れながらも、その方針に従はざるを得ず盃を解消する。孤立し、喧嘩の手打ちも失敗した打本は指を詰める形でケジメをつけ逃亡。打本が頼った明石組は山守組に圧力を加える。明石組の威光で岩国の喧嘩も手打ちとなり、明石組長の舎弟分として打本は復権。早川も再び打本に乗り換えた。

立場が逆転した山守は若頭に武田を起用する。武田は明石組と対抗できる大組織の神和会と山守が盃を交わす戦略を打ち出す。明石組から打本との盃を復活させるように要請されている広能は、反対する武田に対して山守と槇原のもとではスジがバラバラであり明石組と断交しても身内から粛清される危険があると主張。組内部の利害の衝突は下に伝わり暴発が起こった結果、窮地に追い詰められた広能は神和会の盃で事前工作に動き明石組との断交にも同意した。決着をつけるため関係者が待合に集められるが、破談した瞬間に明石組から殺される危険を抱えて交渉が始まる。

相原は、打本がケジメをつけた以上は盃を戻すべきとのスジ論に加え喧嘩になっても神和会からの協力はないと揺さぶりをかけるが、武田は広島への内政干渉と反発、明石組は撤退すべきと主義を曲げない。打本に至っては広能とは盃を戻したくないと我意を張り、部屋の明かりが消え混乱と緊張が頂点に達したとき大久保が現れた。呆気にとられる広島側に、大久保は山守に呑ませると宣言して劇的に盃が復活。散会の後に武田は渡世とは一線を引いている大久保を明石組が担ぎ出したのは広能の仕業だと気がつくが、広能の真意は山守の責任を自身に取らせる点にあった。

盃の復活は利敵行為だと神和会は広島へ詰問使を送り、山守は窮地に追い詰められる。しかし、山口の豊田会を含めて協議した結果、組内部の明石組シンパである広能を切り捨てるという結論が導かれ矛盾は全て糊塗された。一人だけ責任を負わされ引退するようにと勧告を受けた広能は拒否、破門され親分も兄弟分もなく敵として去っていく背中に、武田は組が無ければやくざは存在しないと説く。中立と嘯く松永も組を去った。山守組が敵となったにも関わらず、打本は広能が勝手に喧嘩を始めたと無視するが、広能を見殺しに出来ない相原は打本に早川を破門させる。対して武田は早川を戦線に嵌め込み、ここに至って戦争を生み出す力学は働き、状勢は誰の手にも止められない段階へ突入した。

広能組の倉元は槇原の命を狙うが、兄貴分の西条に裏切られ殺される。葬儀の斎場に刺客が送り込まれ、混乱の中で骨壷と中身が無残に路上に飛び散り踏みにじられた。倉元の母が慟哭する姿に身を切られる広能は、熱いままの遺骨を握りながら目の前にある怒りと悲しみを噛みしめるしかなかった。

キャスト[編集]

呉市[編集]

広能組(モデルは美能組

  • 広能昌三 - 菅原文太:このシリーズの主人公。山守組幹部。広能組組長。モデルは美能幸三
  • 水上登 - 五十嵐義弘:広能組若頭格。熱いモノは苦手。
  • 岩見益夫 - 野口貴史:広能組若衆。
  • 西条勝治 - 川谷拓三:広能組若衆。自らの不始末を詫びるため、片手を手首から鉈で切り落とす。
    • この役は当初、歌手の荒木一郎が演じることが決まっていたが、荒木が辞退したため急遽代役が必要となり、前作で捨て身の演技をして評価された大部屋俳優の川谷が大抜擢された。[1]荒木は「広島(は 怖い場所なので ロケに行くのが)が怖い」と言って辞退したと、山城新伍が後に語っている。
  • 倉元猛 - 渡瀬恒彦:広能組若衆。正式な盃は受けていない。走り方が少し変わっている。演じた渡瀬は、第一部では山守組系新開組舎弟の有田役で出演しており、本作が二度目の出演。

山守組(モデルは山村組)

  • 山守義雄 - 金子信雄:山守組の組長。広島市の村岡組長引退によりその勢力を継承して傘下二百余名、山陽道屈指の勢力を率いる。モデルは山村辰雄
  • 山守利香 - 木村俊恵:山守義雄の妻。1作目より登場。モデルは山村邦香。
  • 槙原政吉 - 田中邦衛:山守組幹部。槇原組の組長。山守の腹心で広能を嫌っている。1作目より登場。モデルは樋上実
  • 弘美 - 堀越陽子:山守の女。

独立系

  • 大久保憲一 - 内田朝雄:呉市の大物。渡世とは一線を引いているが山守にも強い影響力を持つ存在。広能の後見人の立場にある。モデルは海生逸一

広島市[編集]

村岡組(モデルは岡組)

打本組(モデルは打越組

  • 打本昇 - 加藤武:村岡舎弟分。打本組(のち打本会)組長。タクシー会社を経営する事業家。モデルは打越信夫
  • 早川英男 - 室田日出男:打本組(打本会)幹部。早川組組長。モデルは山口英弘。室田は、第二部では村岡組に対抗する大友組の幹部、中原役で出演しており、本作が二度目の出演。
  • 高石功 - 山本清:打本組若頭

神戸市[編集]

明石組(モデルは山口組

  • 明石辰男 - 丹波哲郎:明石組組長。モデルは田岡一雄。(写真と短い入室場面のみ出演でセリフなし)
  • 相原重雄 - 遠藤辰雄:明石組舎弟頭。情味のある筋目にこだわる人物だが兄弟分となった打本の人間性と実力については疑問視している。広能には胸襟を開くが広島側の明石組シンパとして利用している面もある。モデルは安原政雄
  • 宮地輝男 - 山本麟一:明石組若頭。直截な言動を取るが周囲への目配りが行き届いた器量人。モデルは地道行雄
  • 岩井信一 - 梅宮辰夫:明石組幹部。岩井組組長。広能とは兄弟分。明石組の切込隊長として山陽道にまで名前が響いている存在。原理主義者の実務家タイプ。広能とはウマが合うがヤクザの信念の問題として、仲間同士の流血沙汰を嫌う広能を批判し「山守造反」を勧告する。モデルは山本健一。演じた梅宮辰夫は最初眉毛をなくす為、眉に肌色の蝋を塗るというメイクをしていたが、汗が出ると蝋が溶けてしまうため眉毛を剃り落とす事にした。家に帰ると、当時産まれたばかりの長女・梅宮アンナがその形相に怯え泣き止まなかったという。
  • 和田作次 - 木谷邦臣:明石組若衆。岩井の舎弟。

神和会(モデルは本多会

  • 神代巳之吉 - 和田真士:明石組と拮抗する広域暴力団の神和会会長。下関豊田会長の取持で村岡組合併後の山守組と親戚の縁組を結ぶ。モデルは本多仁介
  • 伊丹義市 - 中村錦司:神和会の副会長。モデルは平田勝市

スタッフ[編集]

逸話[編集]

本作から日活の大スター・小林旭が参加。貫禄の芝居でシリーズに厚みを与えている[2][3]。劇中、「ワシゃそがいな勲章も無いしの」「ワシには家賃が高過ぎますけぇ」というセリフがあるが、それがコンプレックスになっている知性派ヤクザは、それまでのヤクザ映画には現れたことのない、まったく類型のないニュータイプのヤクザであった[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]