仁義なき戦い 代理戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仁義なき戦い 代理戦争
監督 深作欣二
脚本 笠原和夫
出演者 菅原文太
小林旭
梅宮辰夫
音楽 津島利章
撮影 吉田貞次
編集 堀池幸三
配給 東映
公開 日本の旗 1973年9月25日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 仁義なき戦い 広島死闘篇
次作 仁義なき戦い 頂上作戦
テンプレートを表示

仁義なき戦い 代理戦争』(じんぎなきたたかい だいりせんそう)は、1973年昭和48年)9月25日東映で公開された日本映画。「仁義なき戦いシリーズ」の第三弾。

概要[編集]

集団心理劇を描いた第一部から、情念の物語である第二部を経て、再び本作では集団心理劇が描かれた。その脚本の構成とダイナミックな演出は高い評価を得、1973年のキネマ旬報ベストテン第8位に選ばれた(第一部は2位に選出されている)。脚本を担当した笠原和夫は本作を「日本でも一、二位を争う群像劇になったと思う」と語っている。

物語は第一部終了後の1960年(昭和35年)~1963年(昭和38年)を描いているため、厳密に言えば第一部の続編は第二部でなく本作の第三部である。

ストーリー[編集]

昭和35年の広島市繁華街、白昼にやくざの杉原が殺される。所詮、ばくちのもつれによる殺しだが杉原は病気療養中の村岡組長の舎弟であり、彼の死で村岡組の跡目が空席となる。組の継承は組長から直盃(じかさかずき)を下ろされた者のみ資格があり順当にいけば村岡舎弟である打本昇[打本組]のはずだが、杉原の仇を討たないため周囲から推されずにいた。

隣接する呉市。山守義雄[山守組]は分派して組を構えた広能昌三を強引に傘下に戻す。この裏には村岡組の幹部連[松永弘、武田明、江田省一]、それに打本と親しい広能を利用して広島の情勢を見極めようとする魂胆があり山守とその側近である槇原政吉[槇原組]の腹黒さに広能はうんざりする。

一方の打本は、広能や村岡組幹部と同盟を結び[a:打本を兄、広能らを弟とする兄弟分の盃]を交わす。また、他国の神戸・明石組へも接近。神戸は打本の価値を判断し[b:明石組舎弟の相原と打本の五分兄弟盃]を交わす。直の兄貴分は二人ともてないという不文律を無視して明石組の舎弟となろうと運動する打本の姿勢に広能は幻滅する。

打本の盃外交は村岡組長の心証を悪くさせ、その引退時に跡目は組内から立てず子分と縄張りを山守の預りとする。広能は内心不満だが村岡と山守の橋渡しをつとめている。盃を直した新生山守組は披露目の式を設け山口の豊田会、岩国で抗争中の小森組と浜崎組、明石組、打本組が顔を揃える。宴の席で怪気炎をあげる山守としらける広能。この席で打本は山守に侮辱され、広能とも決裂。火種は岩国へ飛び火する。

山守は浜崎組(槇原舎弟)を応援すると幹部たちに宣言。この真意は寄り合い所帯の山守組の統制を取るために小森(とその兄貴分の打本)を仮想敵として統一戦線をはる事にあった。これに対し仲裁人にたっている打本は[b:盃]で明石とつながり、浜崎には豊田会が背後に見える以上火中の栗を拾うのは得策でない。今は組の地盤を固めるべきと松永は正論を具申するが山守に押し切られる。

命令はされても[a:盃]を交わしている以上は広能たちも腰は上がらない。膠着状態に業を煮やした山守は敵陣営を弱体化させるために打本組幹部の早川の切り崩しにかかる。動揺する早川。山守組内部でも仁義に外れた組長の行動に呆れながらもその方針に従はざるを得ず[a:盃]を水にする。孤立し仲裁にも失敗した打本は山守へ指をつめ逃亡。

絵図に見事はまり高笑いする山守。打本を裏切った早川と打本組の跡目について話始める組長の能天気ぶりに広能は「こげなことが、神戸にしれたら」と田舎やくざに身内をコケにされた以上面子にかけても明石組はケジメを取りにくると忠告した瞬間、事務所の電話が鳴る…。

現実に明石組と対峙すると山守陣営は総崩れであり、本気で戦うつもりの広能はかえって周囲から浮き上がり組内部から粛清される可能性さえあったことを敵の相原に教えられる。組織の圧力の前に岩国も手打ちがされるが、裏切った筈の早川は再び打本に乗り換えて組の若頭に選ばれている。

明石組長の舎弟として広島のやくざ社会に復権した打本と結束が緩んだ山守組は完全に立場が逆転する。憂慮した山守は病気療養中の武田を若頭に指名。武田は[c:神戸の神和会と山守組の提携]を推進するために豊田会を取持人とする工作を広能に依頼。しかし広能自身も明石組の岩井から打本との[a:盃]を復活させるように頼まれていた。

打本との[a:盃]は間接的に広島が明石組からの干渉を認める結果となるため武田は猛反対するが、これに対し広能は組長の山守自身が早川を抱きこんだまま神和会と[c:盃]を交わすのはスジがバラバラであり、このままでは何時殺されるか判らない。敵味方の安全保障は必要と反論する。松永や江田も己の保身が優先する中で沈黙のうちに周囲を見渡す山守と槇原。

しかし、彼らの思惑を超えて無慈悲な戦争の力学は全てを飲み込もうとしていた。

キャスト[編集]

呉市[編集]

広能組(モデルは美能組

  • 広能昌三 - 菅原文太:このシリーズの主人公。山守組幹部。広能組組長。モデルは美能幸三
  • 水上登 - 五十嵐義弘:広能組若頭格。熱いモノは苦手。
  • 岩見益夫 - 野口貴史:広能組若衆。
  • 西条勝治 - 川谷拓三:広能組若衆。自らの不始末を詫びるため、片手を手首から鉈で切り落とす。
    • この役は当初、歌手の荒木一郎が演じることが決まっていたが、荒木が辞退したため急遽代役が必要となり、前作で捨て身の演技をして評価された大部屋俳優の川谷が大抜擢された。[1]荒木は「広島(は 怖い場所なので ロケに行くのが)が怖い」と言って辞退したと、山城新伍が後に語っている。
  • 倉元猛 - 渡瀬恒彦:広能組若衆。正式な盃は受けていない。走り方が少し変わっている。演じた渡瀬は、第一部では山守組系新開組舎弟の有田役で出演しており、本作が二度目の出演。

山守組(モデルは山村組)

  • 山守義雄 - 金子信雄:山守組の組長。広島市の村岡組長引退によりその勢力を継承して傘下二百余名、山陽道屈指の勢力を率いる。モデルは山村辰雄
  • 山守利香 - 木村俊恵:山守義雄の妻。1作目より登場。モデルは山村邦香。
  • 槙原政吉 - 田中邦衛:山守組幹部。槇原組の組長。山守の腹心で広能を嫌っている。1作目より登場。モデルは樋上実
  • 弘美 - 堀越陽子:山守の女。

独立系

  • 大久保憲一 - 内田朝雄:呉市の大物。渡世とは一線を引いているが山守にも強い影響力を持つ存在。広能の後見人の立場にある。モデルは海生逸一

広島市[編集]

村岡組(モデルは岡組)

打本組(モデルは打越組

  • 打本昇 - 加藤武:村岡舎弟分。打本組(のち打本会)組長。タクシー会社を経営する事業家。モデルは打越信夫
  • 早川英男 - 室田日出男:打本組(打本会)幹部。早川組組長。モデルは山口英弘。室田は、第二部では村岡組に対抗する大友組の幹部、中原役で出演しており、本作が二度目の出演。
  • 高石功 - 山本清:打本組若頭

神戸市[編集]

明石組(モデルは山口組

  • 明石辰男 - 丹波哲郎:明石組組長。モデルは田岡一雄。(写真と短い入室場面のみ出演でセリフなし)
  • 相原重雄 - 遠藤辰雄:明石組舎弟頭。情味のある筋目にこだわる人物だが兄弟分となった打本の人間性と実力については疑問視している。広能には胸襟を開くが広島側の明石組シンパとして利用している面もある。モデルは安原政雄
  • 宮地輝男 - 山本麟一:明石組若頭。直截な言動を取るが周囲への目配りが行き届いた器量人。モデルは地道行雄
  • 岩井信一 - 梅宮辰夫:明石組幹部。岩井組組長。広能とは兄弟分。明石組の切込隊長として山陽道にまで名前が響いている存在。原理主義者の実務家タイプ。広能とはウマが合うがヤクザの信念の問題として、仲間同士の流血沙汰を嫌う広能を批判し「山守造反」を勧告する。モデルは山本健一。演じた梅宮辰夫は最初眉毛をなくす為、眉に肌色の蝋を塗るというメイクをしていたが、汗が出ると蝋が溶けてしまうため眉毛を剃り落とす事にした。家に帰ると、当時産 まれたばかりの長女・梅宮アンナがその形相に怯え泣き止まなかったという。
  • 和田作次 - 木谷邦臣:明石組若衆。岩井の舎弟。

神和会(モデルは本多会

  • 神代巳之吉 - 和田真士:明石組と拮抗する広域暴力団の神和会会長。下関豊田会長の取持で村岡組合併後の山守組と親戚の縁組を結ぶ。モデルは本多仁介
  • 伊丹義市 - 中村錦司:神和会の副会長。モデルは平田勝市

スタッフ[編集]

逸話[編集]

本作から日活の大スター・小林旭が参加。貫禄の芝居でシリーズに厚みを与えている[2][3]。劇中、「ワシゃそがいな勲章も無いしの」「ワシには家賃が高過ぎますけぇ」というセリフがあるが、それがコンプレックスになっている知性派ヤクザは、それまでのヤクザ映画には現れたことのない、まったく類型のないニュータイプのヤクザであった[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]