クロックタワー3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クロックタワー3
ジャンル ホラーアドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
開発元 カプコンフラグシップサンソフト
発売元 カプコン
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 2002年12月12日
テンプレートを表示

クロックタワー3』(CLOCK TOWER 3)は、2002年12月12日カプコンから発売されたPlayStation 2ゲームソフト

概要[編集]

ヒューマンから発売されていた『クロックタワー』シリーズのナンバリング作品。ただし本作は、カプコンと制作会社の倒産後に権利を引き継いだサンソフトとの共同制作で開発が進められたため、河野一二三などの旧作スタッフは一切関わっておらず、過去の作品とはシステムも世界観も全くの別物となっており、「バロウズ」「シザーマン」といった一部の用語以外の繋がりは一切無い(これらの用語も過去作品から借用されただけであり過去作品との繋がりはない)。カプコンのシナリオ集団「フラグシップ」が制作の中心となり、イベントCGムービーの監督として深作欣二を起用。

従来のようなポインタでオブジェクトをクリックして進める形式ではなく、直接操作ボタンを入力して主人公を操作する。「主人公には戦う力は無く、敵から逃げ隠れしながら進まなくてはならない」というコンセプトこそ受け継いでいるものの、アクション寄りのシステムとファンタジー寄りの世界観により、作風は従来とは全く異なる。主人公も特殊な力が発動する事で戦えるようになるので、ほぼ別作品と言っても過言ではない内容である。外国が舞台だが、劇中の音声は日本語であり、字幕も無い(海外版には字幕がある)。

また、前作まではシナリオの分岐により複数のエンディングに分岐するマルチエンディング等が盛り込まれていたが、本作は完全に一本道のストーリーであり、エンディングも一種類のみである。

深作は2002年、数ヶ月東映東京撮影所のスタジオで撮影(モーションキャプチャー収録)に携わり、これを撮り終えた。これが彼の最期の作品である(『クロックタワー3』の公式サイトにその撮影風景がムービーとして置かれている)。

説明書の半分は深作を始めとしたスタッフのインタビュー的な内容となっている。また、ゲーム中のムービーやイベントシーンはメモリーカード内のセーブデータで一度でも見た事のあるもの以外はスキップする事が出来ない。

主人公であるアリッサ・ハミルトンは、ファッションモデル美波がCGモデルとなっている[1]

ストーリー[編集]

親元を離れ寄宿舎で暮らす少女、アリッサ・ハミルトンの元に、母からの手紙が届いた。久しぶりとなる母親からの連絡に心を弾ませるアリッサ。だがその内容は余りにも不可解だった。アリッサに身の危険が迫っていること、15歳の誕生日が過ぎるまで隠れているようにと諭す内容のその手紙に不安を覚えたアリッサは、言いつけを守らずに実家に帰ってしまう。それがこれから待ち受ける恐怖の引き金になるとも知らずに…。

登場人物[編集]

声優表記は「ゲーム版 / ドラマCD版」。

主要人物[編集]

アリッサ・ハミルトン(Alyssa Hamilton)
- 藤村ちか / 松来未祐
本作の主人公。14歳。魔のモノを退治する宿命を背負ったルーダーの家系に連なる少女。美しさと聡明さを兼ね備えている。数奇な運命を背負うが、そのことを感じさせない、前向きで明るい性格をしている。魔のモノと対峙する際は聖水のビンを変形させて召喚した精霊の弓矢で立ち向かう。自身の使命を自覚した中盤辺りからは追跡者に対して恐怖を抱く事は少ない。
デニス・オーヴェン(Dennis Owen)
声 - 程島鎮磨
15歳。アリッサの幼馴染である少年。陽気な性格。魔のモノに捕らわれて危機に陥るが辛くも助けられ、終盤でアリッサをアシストする。特殊な力は持たないが、彼の行動が窮地を救うこともしばしばで、最終的にシザーマンへ引導を渡したのも彼である。オーバーなリアクションをとることが多い(アリッサにも言える事だが)。アリッサによれば、昔は泣き虫だったらしい。
ナンシー・ハミルトン(Nancy Hamilton)
声 - 田野聖子 / 鶴ひろみ
37歳。アリッサの母親。彼女自身も若い頃はルーダーだった。古来から続く退魔の家系の宿命をアリッサに背負わせたくない一心で実家から遠く離れセカンダリースクールの寄宿舎に通わせていた。しかし、娘のためを思って出した手紙がアリッサを危機に招いてしまう。
ディック・ハミルトン(Dick Hamilton)
声 - 谷口高史 / 古川登志夫
アリッサの祖父。ハミルトン家に入り婿の身で妻や娘がルーダーであることを誇りにしていたが、ルーダーの使命を否定するアリッサの父フィリップを対立の末に殺してしまう。
その後、愛するアリッサへの溺愛の情から徐々に精神を病んでいき、「契約の儀式」の存在を知ると共に発見した3つの紋章の謎を解く手がかりを求め、バロウズ城を探すため失踪する。そして3年間もの旅の末、バロウズ城を探し当てると同時に、自身がバロウズの血を引く直系の子孫であることを知る。自分と同じ目的を持ちつつ思惑を成し遂げられなかったバロウズの無念を察し、バロウズの魂と同化を果たし、アリッサを抹殺して魔の儀式を行い共に永久の命を得ることを画策する。闇の紳士として姿を隠し、度々アリッサの前に現れて彼女を導いていく。
娘のナンシーのこともかつてはアリッサ同様に深く愛していたものの、自身の目的を知られたことでアリッサを遠ざけられて以降、彼女のことも邪魔な存在とみなすようになってしまう。
闇の紳士(Jentlman of Darkness)
黒いトレンチコートに山高帽をかぶった、色白い肌の謎の老人。
下宿館に帰ってきたアリッサに謎めいた言葉をかけつつ様々な時代に導いてルーダーとしての戦いに身を投じさせ、やがて自身が新たな魔のモノとなることを宣言してアリッサの心臓を奪うべく、自身が作り出した闇の世界に引き込んだ。
その正体は、魔のモノになるべく先祖のバロウズ侯爵と融合を果たしたアリッサの祖父ディックである。

魔のモノの配下たち[編集]

ダン・D・バロウズ
17世紀初頭のイギリスの公爵。残虐公として知られ、近隣諸国にも恐れられていたバロウズは己の体の衰えを感じ、溺愛した娘を魔の儀式の生贄に捧げようと目論んだが、15歳の誕生日の前日に馬車の事故で死んでしまい、怒りのあまり御者を殺し、諌めた者や妻の首を刎ね飛ばした末、領民にすら牙を向け大虐殺を引き起こす。後に蜂起した領民達の逆襲に逢い、逃げ込んだ時計塔の中で歯車に挟まって死亡した。後に自身の直系の子孫であるディックの肉体と一体化して甦り、新たな魔のモノと化して永遠の命を得るべくアリッサに襲い掛かる。
特大攻撃、体力吸収などを使いこなし、こちらの繋いだ鎖を断ち切る、更には体力値も桁外れと、他の魔のモノとは比較にならない強さを持つ。
ハンマー男
声 - 横山一敏 / 塩谷翼
本名リチャード・モーリス。メイの殺害犯。生前は石切り工だった。
同僚を突如ハンマーで殺害し、後に逮捕され電気椅子にかけられるが数度耐え、ようやく絶命する。殺人動機に不明な点が多く「精神分析しにくい」と言われた。
ボス戦では、ハンマーでの直接打撃の他、地面を強打して衝撃波を出す、接近してアリッサの首を絞める等の攻撃を行う。
二周目ではの付いた鉄球に持ち替えている。
硫酸男
声 - 清家利一 / 青山穣
本名ジョン・ヘイグ。ランド親子の殺害犯。生前は詐欺の常習犯だった。
一人暮らしの老人の家にお題目を着けて侵入し、金目の物を奪った後始末に老人を殺害し、証拠隠滅に硫酸で溶かすという残忍な恐慌を繰り返していた。工場に硫酸を盗みに入った矢先に警官に発見され銃撃戦の末、頭から硫酸を浴び死亡。自分の欲求のために人を殺害するのみならず、人の幸せを引き裂くことに喜びを感じる悪辣な性格。
ボス戦ではシャワーヘッド型の噴射器での硫酸噴霧による遠距離戦が得意だが、一定回数攻撃を繰り出すとポンプ内の硫酸が切れてしまい、タンクから補給する動作が生じるため隙ができる。
二周目ではスプレー型の武器になっており、噴出される硫酸の色も黄色になっている。
斧男
声 - 岡本美登
本名ハーベイ・パウエル。生前は17世紀に生きていた木こり。
幼少から「顔が醜い」といわれ、恋心を抱いていた女性に婚約を申し込んだものの、断られ罵倒されたため逆上殺害、死体を剥製にする凶行を行う。その後も殺戮を犯しつづけてきたが、農民に捕らわれ処刑された後に魔のモノの配下として復活した。以来、多くのルーダーを手にかけてきた。
魔のモノで唯一ボス戦が二回ある。ボス戦では、斧で斬りつけたり投げ飛ばしてくる。投げて来た斧を打ち返す事が出来れば大きな隙が生まれる。
二周目ではに持ち替えている。
シザーマン
声 - 竜川剛 / 岩崎征実[2]
本名ルディ(姓は不明)。シザー兄妹の兄。東洋出身の血筋で兄妹揃って孤児だったところをバロウズ公爵に拾われたらしい(詳細は不明とされている)。
その後はバロウズ家に仕えていたが、当時から動物を殺害するなどの異常性を見せており、バロウズ侯爵の乱心を機に大量の領民をハサミで殺害するようになる。その後、妹ともども蜂起した農民によって処刑されるも魔のモノの配下となって甦り、主のためにアリッサをつけ狙う。
性格は冷酷かつ残忍で、誰かを痛めつけることを快楽としており、幼稚で無邪気な残虐性を垣間見せるが、妹思いの一面もある。
クロックタワーシリーズの殺人鬼であるシザーマンがモデルだが、その容姿や手にしている凶器の形状などは大きく異なっている。
ボス戦では、ハサミで切りつけたり、衝撃波を出して攻撃する。二周目では日本刀を二本重ねてハサミのように使用する。
シザーウーマン
声 - 東幸枝
本名ジャニス(姓は不明)。シザー兄妹の妹。残忍かつ幼稚で無邪気な性格は兄と同様で、ハサミで攻撃をする。
追跡中の性能は兄と変わらないが、ボス戦では体力が全ボス中最低である反面、自動照準が機能せず、光の鎖による縛り付けが効かない(よって特大攻撃も狙えない)。その他、アリッサよりも移動速度が速い上に頻繁にワープを行ったり、広範囲をカバーする竜巻攻撃を放ったりとかなりの強敵である。
二周目では小剣を二本用いてハサミのように使用する。

犠牲者たち[編集]

メイ・ノートン
声 - 中原郁
第二次大戦中のイギリスの下町にある仕立て屋の家の少女。
早くから母親を亡くし、父と共に仲良く暮らしていたが、父が戦争に招聘されたたため、ラジオ放送を通じて自身のピアノ演奏を聴かせるためコンクール優勝を目指して努力していたものの、父の留守中に侵入してきたハンマー男に撲殺された。
コンサートホールに幽霊となって出没し血だらけの姿で泣きながらピアノを弾き続けていたがアリッサに救われ、父親のウィリアムと共に天への階段を上っていった。
ウィリアム・ノートン
声 - 中井出健
仕立て屋を営む男性で、メイにとってかけがえの無い父親だった。第二次世界大戦に徴兵され大砲の弾により死亡。その後魂となって娘と再会を果たし、共に昇天する。
アルバート・ランド
声 - 佐瀬弘幸
母親思いの青年。母とは仲睦まじい親子と近所で評判だった。玩具作りを営み、お金を貯め母親の目を治そうと働いていたが、硫酸男に目を潰された挙句、母親と共にドラム缶に入れられ硫酸を浴びせかけられて殺されてしまう。
その後、霊となって自宅の中に出没し、見えない目で母の姿を探しながら家の中をさ迷い歩いていたが、アリッサの働きで視力を取り戻し母と再会を果たして昇天した。
ドロシー・ランド
声 - 森みつえ
アルバートの母。7年間の病で目を患っている。親戚と称して入り込んできたジョンを疑うアルバートに「人を信じなさい」と諭していたことが仇となり、息子ともども殺害されてしまう。強い苦しみの念ゆえかポルターガイストを起こせる。アルバートの編んだショールを大事にしている。
アリッサが硫酸男を打ち倒しアルバートのショールを取り戻してきてくれたことで視力を取り戻し、息子と再会を果たして昇天した。

その他の人物[編集]

フィリップ・ハミルトン
声 - 河内浩
アリッサの父。娘に平穏な暮らしをさせたいと願いアリッサを立派なルーダーに育てようとするディックと対立していたが、彼ともみ合った末にベランダから転落し、下に転がっていた斧が頭を直撃して即死した。
リンダ・オーヴェン
デニスの姉。看護師の仕事をしている。アフリカに行っており、半年は戻ってこないらしい。

アイテム[編集]

インビジブル
一定時間、使い魔・追跡者・幽霊などから発見されなくなり、パニックメーターが増加しなくなる。
思い出の品
さまよう幽霊を成仏させる為に必要不可欠のアイテム。種類は様々。
結界石
所持していると、パニック状態の際に追跡者から攻撃を受けても、一度だけ無効にしアリッサが死亡しない。終盤に出現するトラップは当たると一撃で死亡してしまうが、結界石があれば防ぐ事が出来る。
神木の矢
戦闘時のみ使用可能。最大威力を持つ。タメずとも一撃で縛りつけが可能。
ラベンダー
気分を落ち着け、パニックメーターを最低まで下降させる。パニック状態を鎮める事ができる他、あらかじめ使って上昇しかけているゲージを下げることも可能。ただし、即座にパニック状態が解除されるわけではない。
霊木の矢
戦闘時のみ使用可能。中間クラスの威力を持つ。

ゲームシステム[編集]

ボタンは全て初期設定のもの。

しゃがみ
□ボタンを押すとしゃがみこみ、そのまま移動すると匍匐前進する。狭い場所を潜り抜ける際に使用する。物陰に隠れる際にも有効だが、敵の攻撃を避ける用途には使えない(しゃがんだだけでは避け難い上、例え避けても近くで武器を振るわれてはパニックメーターが上昇する)。
癒し
主に死体の近くに幽霊が浮遊している。近付くと襲って来て、掴まれるとパニックメーターが上昇する。その幽霊にとっての「思い出の品」を渡す(本来あるべき場所に戻す)と、成仏し常用アイテム或いは矢が貰える。一部はキーアイテムであり、進む為に癒しを行う部分もある。
追跡者の出現条件
従来の作品は「時間経過」、「特定のイベント」、「出現ポイントをクリックする(操作方法が違う為、今回はこの条件は無い)」であったが、本作はこの他にも「使い魔に触れる」「缶などを蹴って音を出す」でも出現。
パニックメーター
旧作のRSIシステムに代わる新システム。アリッサのパニックの度合いを表すメーターで、魔のモノや幽霊の攻撃を受けたり[3]、隠れている最中に近づかれると上昇する他、イベントで上昇する場合もある。満タンになるとパニック状態に陥ってしまい、「周囲が薄暗くなり視界が制限される」「勝手に走り出したり立ち留まったりして制御しづらくなる」という制限がつく他、隠れている最中にMAXになった場合は外に勝手に外へ飛び出してしまう。この状態で追跡者や幽霊に攻撃されると殺されてしまう。逆に言えばパニックにならない限りいくら攻撃されても死ぬ事は無い。パニック状態の解除にはラベンダーが必要。結界石があればパニック状態中に攻撃を受けても1度だけゲームオーバーを回避できる。
逃走状態
主人公が追跡者に追跡されている状態。従来のシリーズとは大きく異なり、この状態でも謎解きやフラグ立ては通常通り行える。その為、危険ではあるが追われながらの調査も可能であり、一部それを強いられる場面も存在する(もっとも、何かを調べたりアイテムを使用している最中は敵の動きも止まるが)。隠れポイントか回避ポイントを利用するかで解除出来るが、追って来ない場所まで逃げ切る、死角に潜んで敵が消えるのを待つ、と言った回避も可能。しかし追跡者の出現頻度はかなり高く、移動速度も旧作とは比べ物にならない速さであり、更に主人公も決して足が早い訳ではないので前作までの感覚で逃げることはできない。
従来のシリーズにあったRSIシステムは無く、敵の攻撃を受けてもパニックメーター(後述)が上昇するだけで死ぬ事も負傷する事も無い。パニック状態で攻撃を受けた場合のみゲームオーバーとなる。
回避ポイント
魔のモノを撃退できるが、1回しか使えない。光っているポイントを○で調べる。基本的に敵を撃退する事ができ、中には直接的な効果が現れないものもあるが、前作までのように失敗するポイントは無い。
隠れポイント
従来のように隠れて敵が去るのを待つ場所。敵が近くにいるとパニックメーターが徐々に上昇してしまい、満タンになるとアリッサが恐怖のあまり飛び出してしまう。敵の見ている前で隠れると発見されてしまい、一気にパニックになってしまう。何回でも使用できるが、アリッサのステータスをよく見て使用する事が重要。ただし、『2』のようにポイントによって見付かる可能性が高い低いという事はなく、基本的に隠れる瞬間を見られなければ見つからない。また、敵が聖水で怯んでいる隙に隠れれば発見されずに済む可能性は高まる。
使用ボタンは回避ポイントと同じ。また、パニックメーターの状況に関係なく追跡者を何度でもやり過ごせるポイントも存在する。
聖水
「追跡者や徘徊する幽霊を怯ませる」「封印を解く」「魔法陣を起動させる」「使い魔を祓う」などの効果を持つ。△で使用。ボスを倒すことで入手するキーアイテム『クローバーのペンダントのかけら』によって強化される。最大3段階で、使用回数は5回まで。「聖なる水」「裁きの炎」「清き風」「奇蹟の光」の順にレベルが上がり、追跡者や幽霊をひるませる効果が長くなる。
補充は、精霊のビンかライオンの水汲み場で行う。後者はセーブも行える。
戦闘
各ブランチ(章)の最後はアリッサのルーダーの力が覚醒し、追跡者との戦闘となる。
戦闘は三人称視点のフィールドで行われ、弓矢を構えると視点が一人称に切り替わり、自動的に矢のパワーが溜まっていく。 △(特殊矢はR1)で矢を発射して相手にダメージを与え、敵の体力ゲージを〇にすると勝利となる。
「矢の溜め」は6段階あり、最大まで溜めた矢を命中させると、ボスは光の帯に繋がれた状態となり移動が制限される。何本か鎖を繋いでから攻撃を放つと特大攻撃となり大ダメージを与えられる。○×□はいずれも押すとしゃがみ、一部の攻撃を避ける事ができる。パニックメーターは無く、一般的なアクションゲームのように体力ゲージが表示される。
使い魔
ブランチ1の後半から出現する紫の蛾の様な外見をした生き物。触れると足止めを喰らい、更に追跡者を呼ばれる。聖水で祓える。インビジブルを使えば、触れても追跡者は出現しない。
ゲームオーバー
今作のゲームオーバーは従来と違って「パニックメーターが満タンの時に攻撃を受ける」「ボス戦で敗北」といった場合に発生する。また、一部の落下判定のある場所で落下、ある場所の即死トラップに引っ掛かるといった形でもゲームオーバーとなる。コンティニューを選んだ場合、最寄のコンティニューポイントか最後に立ち寄ったセーブポイントからの再開となる。
二周目
クリアデータをロードすると再び最初からスタートとなる。隠しコスチュームが解禁され、敵も強力になっている。追跡者は移動速度が一周目に比べて速く、武器も変わっている為に攻撃力が上がっている(正確には上がっているのはパニックメーター上昇率。戦闘時の攻撃力自体は変わっていない)。二周目をクリアしてもクリアデータをセーブする事は出来ないので、三周目以降は存在しない。なお、隠しコスチュームは日本版と海外版で異なる(日本版ではセーラー服やサンタ衣装だが、海外版では鎧やカウガール、女王様風の衣装等)。

キーワード[編集]

ルーダー
古代から魔のモノを退治する宿命の元に闘争を続けてきた戦士たち。ヨーロッパの各地に能力を伝える家系が存在しており、ハミルトン家もその一つである。
能力に覚醒するのは女性のみかつ10代の少女に限られる。力が絶頂になるのは15歳の時で、20歳になると完全に失ってしまう。
魔のモノの配下に殺された被害者の思い出の品を手に入れることで、被害者の無念の心を受け止めてルーダーのパワーに変換し、精霊の弓矢を召喚して戦う能力を持つ。裏を返せば被害者の遺留品を手に入れなければその持ち主である被害者を手にかけた魔のモノと戦うことはできない[4]。斧男によって大勢のルーダーが犠牲になった。
契約の儀式
ルーダーが15歳になった時に行う儀式。心臓を奪い血を啜ることで新たな魔のモノとなり、永遠の命を得る。
ハミルトン家
ルーダーの家系の1つ。アリッサの母ナンシー、祖母フランチェスカもルーダーとして戦ってきた。なお、ダンの妻であるネリーもハミルトン家である。
バロウズ家
400年続く家系。ダンは「残虐候」として知られていた。従来のシリーズにおけるバロウズ家とは、物語的に直接の関連性はない。
ブラウン家
ダン・バロウズ公爵夫人の息子であるビリーの姓。姓をブラウンと称して領民の反乱から逃れており、ディックの先祖となる。
魔のモノ
古代ローマの時代から人の世に居る魔性の存在。人間に忍び寄っては残虐な心を吹き込んで殺人を犯させ、その人間が死した後も不死身の存在として蘇生させ殺人を犯させ続ける[5]
自身に対抗する力を持つ唯一の存在であるルーダーと長きに渡り闘争を続けてきた。
魔のモノの配下
その身に宿した残虐性を見込まれ、魔のモノの王たる存在に不死の力を与えられた人間。殺した人間の数だけ力を得ている為、手に掛けた人数に比例する懲役年数がそのまま戦闘時のヒットポイントに変換される。不死ではあるが無敵ではなく、何らかの衝撃で案外簡単に気絶する事が多い(ゲーム中の回避ポイントなど)。

モデルとなった殺人鬼[編集]

硫酸男はかつてイギリスに実在した殺人鬼、ジョン・ヘイグがモデルとなっている。ただし実際のジョンは被害者を殺害してから遺体を硫酸で溶かしたのに対し、本作品のジョンは被害者を生きたまま硫酸漬けにしている。

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ITmedia SOFTBANK GAMES NEWS “豪華スタッフが生み出す「クロックタワー3」に期待せよ”
  2. ^ CDブクレットでは「岩崎征二」と誤記。
  3. ^ 至近距離に近接している場合、攻撃が空振りした場合でも上昇する。
  4. ^ 一度目の斧男戦やシザー兄妹戦では無条件に力を覚醒させている。
  5. ^ ただし、いずれの追跡者の場合も、魔のモノに魅入られたことが殺人のきっかけになったのかどうかは明確ではない。
  6. ^ サン電子創業40週年記念企画サイト”. サン電子. 2013年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  7. ^ サン電子株式会社(ナイトメア・プロジェクト)監修、『ナイトメア・プロジェクト公式ガイドブック』、PHP研究所、2015年12月8日。

外部リンク[編集]