鴨下信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鴨下 信一(かもした しんいち、1935年3月17日[1] - )は、日本テレビプロデューサー演出家TBSテレビ相談役[2][3]・エッセイスト。東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)竹町出身[3][4]

来歴・人物[編集]

開成学園を経て[5][3]1958年東京大学文学部美学科卒業[1][2][3]ラジオ東京へ入社[3]。『岸辺のアルバム』や『ふぞろいの林檎たち』といったテレビドラマを演出した[3]。『ふぞろいの林檎たち』に出演していた柳沢慎吾は鴨下の演出に鍛えられたと語っている。文学通・戦後の庶民史に精通した文筆家としても知られ[3]、『忘れられた名文たち』など日本語の文章に関する著作がある。同時期のTBSから飯島敏宏実相寺昭雄久世光彦ら名物演出家が多く誕生した中では唯一管理職として局に残り続け、60歳前に常務取締役まで昇進したが、TBSビデオ問題の管理責任を取って社長らとともに退職。

2010年にはTBSの競合局であるフジテレビ自己批評番組新・週刊フジテレビ批評』に出演し、現在のドラマに見受けられる「"前回のあらすじ"がない」、「出演者の"年齢ギャップ"」、「"自閉的"キャスティング」、「"貧弱する"脚本」という4つの問題点を挙げ、「原点に返って、対立がちゃんとあって、テーマがハッキリしているドラマらしいドラマを作らなければダメ。各局だけで考えず、ドラマを作っている人たち全員で考えないといけない。」と語った[6]

息子の鴨下潔TBSビジョン(TBSグループの制作会社)の社員であり、現在はディレクターとして鴨下の古巣であるTBSの番組(『Take Me Out』『情報7days ニュースキャスター』等)を数多く担当している。

テレビドラマ[編集]

TBS時代[編集]

ほか

舞台演出[編集]

著作[編集]

  • 忘れられた名文たち(文藝春秋、後に文庫化、1994年)
  • 忘れられた名文たち其ノ2(文藝春秋、後に文庫化、1998年)
  • 面白すぎる日記たち(文藝春秋(文春新書)、1999年)
  • 日本語の呼吸(筑摩書房、2004年)
  • 誰も「戦後」を覚えていない(文藝春秋(文春新書)2005年)
  • 誰も「戦後」を覚えていない 昭和20年代後半編(文藝春秋(文春新書)、2006年)

ほか

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『映像メディア作家人名辞典』1991年、p178
  2. ^ a b 葛飾ゆかりの人 2013年3月 葛飾区立図書館
  3. ^ a b c d e f g 『昭和十年のカーテンコール』p.302著者紹介
  4. ^ 『植木等ショー! クレージーTV大全』p.81
  5. ^ 『植木等ショー! クレージーTV大全』p.84
  6. ^ 新・週刊フジテレビ批評「今のテレビドラマが抱える問題点」(2010年10月30日(土)放送) フジテレビ