幸福 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幸福
ジャンル テレビドラマ
脚本 向田邦子
演出 鴨下信一浅生憲章
出演者 竹脇無我岸本加世子岸恵子中田喜子山崎努 ほか
オープニング アン・マレー「辛い別れ」
製作
プロデューサー 大山勝美、片島謙二
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年7月25日〜1980年10月17日
放送時間 金曜日22:00〜22:54
放送枠 金曜ドラマ (TBS)
放送分 54分
回数 13
テンプレートを表示

幸福』(こうふく)は、1980年7月25日から同年10月17日までTBS系列の「金曜ドラマ」(毎週金曜日22:00 - 22:54)の枠で放送されていた日本テレビドラマ

概要・内容[編集]

殿村数夫は、大学受験に挫折して以降は日々を何となく無気力気味に過ごし、年の離れた妹の踏子と暮らしつつ、羽田空港の川向かい隣にある野田鉄工所に勤めている。数夫の兄・太一郎はエリート会社員で、数夫とは対照的な存在。ある時、数夫に倉田素子という付き合う女が出来て、そのまま結婚の方向へも行こうとするが、以前に数夫が一度だけ関係を持ったことがあった素子の姉・組子とも再会、組子は太一郎の元恋人でも会った。そこで数夫は恋の選択を迫られることになる。そのような日常、暮らしの中で本当の幸福を探しながら描いていったドラマ[1]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

視聴率[編集]

第1回12.9%、第2回9.2%、第3回6.9%、第4回7.7%、第5回7.0%、第6回6.4%、第7回7.4%、第8回9.0%、第9回7.7%、第10回10.7%、第11回9.1%、第12回8.8%、最終回9.4%[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(それぞれ1980年7月〜1980年10月)、『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)
  2. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ

外部リンク[編集]

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
幸福