突然の明日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
突然の明日
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1980年1月18日 - 4月11日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 大山勝美
演出 井下靖央
福田新一
市川哲夫
原作 阿木慎太郎「されど愛の日々に」
脚本 山田信夫
渋谷正行
黒土三男
プロデューサー 大山勝美
鈴木淳生
出演者 三浦友和
池上季実子
古手川祐子
南風洋子
矢崎滋
二谷英明
テンプレートを表示

突然の明日』(とつぜんのあした)は、1980年1月18日から4月11日までTBS系の金曜ドラマ枠で放送されたテレビドラマである。三浦友和主演。全13回。今日に至るまでVHS化もDVD化もされていない。

あらすじ[編集]

相馬圭太郎は美容院を経営する母の光子と二人暮らし。持ち前の才能は上司からも高く買われている上、阿南銀行の副頭取の娘・和子と婚約も決まり、出世街道まっしぐらの男である。圭太郎は間もなく本店の秘書室へ栄転することになっていたが、これまで勤務してきた南青山支店で残務の整理に追われる日々が続いていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル
1 1980年
1月18日
婚約の二人の前に
2 1月25日 極限抱擁
3 2月1日 血族の証拠を
4 2月8日 私を買って下さい
5 2月15日 父は必要ではない
6 2月22日 婚約破棄
7 2月29日 結婚できない女
8 3月7日 愛の前ぶれ
9 3月14日 彼の子供を生みます
10 3月21日 昨夜何もかも終わった
11 3月28日 君は一人ではない
12 4月4日 ついて行きます!
13 4月11日 三時・ここで待つ

エピソード[編集]

  • 前年10月20日に山口百恵との“恋人宣言”を発表した直後のテレビドラマの主演で、放映中の3月7日には婚約発表を行い、撮影スタジオやロケ先にはマスコミ取材陣が連日押しかけた。
  • ドラマのテーマ曲は歌のないインストで、音楽担当の安藤正容が率いるフュージョングループ、ザ・スクエア(現・T-SQUARE)の「Tomorrow's Affair」。当時書き下ろしのこの曲はシングルで発表され、スクエアの4枚目のアルバム『Rockoon』に収録されているが、番組のタイトルトラックとはエンディングのギターソロが若干異なる。他にもこのドラマの劇伴にスクエアの曲が多数使用されている。当時の音楽シーンはいわゆるフュージョンブームで、その影響下での抜擢であった。

参考[編集]

外部リンク[編集]

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
突然の明日