父母の誤算

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
父母の誤算
ジャンル テレビドラマ学園ドラマ
放送時間 金曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1981年5月8日〜1981年7月31日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 竹之下寛次、近藤邦勝
脚本 小山内美江子
プロデューサー 大山勝美、鈴木淳生
出演者 露口茂長山藍子利重剛 ほか
オープニング 作曲:松下誠
テンプレートを表示

父母の誤算』(ふぼのごさん)は、TBS系列金曜ドラマ(毎週金曜日22:00 - 22:54)の枠で、1981年昭和56年)5月8日から同年7月31日まで放送されていたテレビドラマ。全13話。

概要・内容[編集]

原作は、篠ノ井旭高等学校(現・長野俊英高等学校)の校長を務めた教育評論家・若林繁太の著書『教育は死なず』で、本作の脚本を手掛けた小山内美江子がこの原作に感銘し、自ら出版元に交渉して本作のドラマ化が実現したという[1]。本作の中心人物「中林繁雄」は、若林繁太をモデルとしている[2]

静岡県の私立高校「裾野朝日高等学校」に、高井洋二という転校生が東京からやって来て、2年C組に編入した。洋二の実家は総合病院を経営し、父親も医師。洋二は挨拶もきちんとして、一見礼儀正しいように見えるが、実は無感動で無表情、心も荒んでいるという一面があった。洋二は転校初日からタバコを吸い、教師の前で「タバコを吸ってない」、親の前では「タバコを使い走りされた」と嘘をつきまくり、反抗した。停学を言い渡されても平然とした態度で東京の実家に帰ってしまうほどだった。そんな洋二を、校長の中林繁雄は独断で、自宅で預かって住まわせることを決める。その後も、洋二が万引き事件を起こすなどして学校で何度か退学処分が検討されても、その度に繁雄はそれに反対して洋二を守ろうとし、繁雄の妻・せつ子も、タバコを炊飯器で炊いてタバコご飯を作るなどして(第11話)、洋二の不良行為を直すために協力するのだった。

洋二がなぜ不良行為に出て反抗的になったのか、家庭環境の問題を軸に描いた。脚本を務めた小山内美江子の実子・利重剛が本作でドラマデビューした。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

甲斐バンド漂泊者(アウトロー)』(作詞・作曲:甲斐よしひろ

  • オープニングテーマは、松下誠作曲のテーマ曲

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出
第1話 1981年5月8日 奇妙な非行少年 竹之下寛次
第2話 1981年5月15日 甘ったれた闖入者
第3話 1981年5月22日 いたずらの天才 近藤邦勝
第4話 1981年5月29日 天邪鬼めが走る
第5話 1981年6月5日 ある非常手段 竹之下寛次
第6話 1981年6月12日 脱走
第7話 1981年6月19日 したたかな改悛 近藤邦勝
第8話 1981年6月26日 親原病に罹る家庭[3]
第9話 1981年7月3日 女とバイクが怖い 竹之下寛次
第10話 1981年7月10日 少年は殺ったのか
第11話 1981年7月17日 タバコ飯禁煙法 近藤邦勝
第12話 1981年7月24日 少年の日が返ってきた
第13話 1981年7月31日 教育は死なず 竹之下寛次

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1981年5月8日 毎日新聞テレビ欄の本作の紹介記事より。
  2. ^ 1981年5月8日 読売新聞テレビ欄の本作の紹介記事より。
  3. ^ TBSチャンネルで再放送された時は、サブタイトルが『親原病の感染家庭』となっていた。
TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
もういちど春
(1981.1.30 - 1981.4.24)
父母の誤算
(1981.5.8 - 1981.7.31)
土曜日曜月曜
(1981.8.7 - 1981.9.11)