伊藤敏八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いとう びんぱち
伊藤 敏八
本名 伊藤 栄八[1]
生年月日 (1947-10-08) 1947年10月8日
没年月日 (2007-06-12) 2007年6月12日(59歳没)
出生地 日本の旗日本島根県平田市(現・出雲市
民族 日本人
身長 180cm
ジャンル 俳優
活動内容 テレビドラマ映画
テンプレートを表示

伊藤 敏八(いとう びんぱち、1947年10月8日[1][2] - 2007年6月12日)は日本俳優島根県平田市(現・出雲市)出身[1][2]。身長180cm(1983年時点)[2]

人物・略歴[編集]

中京大学体育学部卒業[1][2]。大学3年生の頃からモデルとして活動[1]。学生時代に100m走で11秒3、走幅跳で7mを記録している[1][2]

大学卒業後は教員を志望していたが採用が無く、知人の運動具店でアルバイトをしていた[2]。その後知人のカメラマンを頼って上京し、そのカメラマンの助手やモデルの仕事をした後、劇団四季演劇研究所入所[2]黒澤明監督映画『影武者』のオーディションに合格し、織田信長の使者役の他、スタンドイン要員として主演の仲代達矢の代役を何シーンか務めた[2]。これがきっかけで三船プロダクションに入り、芸名も三船敏郎の「敏」の字をもらって伊藤敏八と改めた[2]。その後東映俳優センターに移り所属していた。最初、芸名の「敏八」の読みは「としや[注釈 1]だったが、後に「びんぱち」に変えている。

1980年代当時、テニス乗馬が得意だった[2]

主に時代劇などの悪役で活躍していたが、2007年6月12日、病により死去。59歳没。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画・オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

  • 森永乳業 森永ビヒダスヨーグルト (1980年代に出演。生野菜をヨーグルトに浸けて食べるという食べ方が話題を呼んだ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1980年代前半当時[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 週刊テレビ番組(東京ポスト)1980年7月11日号 p.48「プロフィール」
  2. ^ a b c d e f g h i j k 河北新報 1983年1月31日 18面「登場」コーナー