月曜ドラマスペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月曜ドラマスペシャル
ジャンル 2時間ドラマ
オープニング オープニングテーマを参照
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年10月2日 - 2001年3月19日
放送時間 月曜日21:00 - 22:54
放送分 114分
テンプレートを表示

月曜ドラマスペシャル』(げつようドラマスペシャル)は、TBS系で1989年10月2日から2001年3月19日まで月曜日21:00 - 22:54に放送された長時間ドラマ番組。

概要[編集]

1989年9月まで「土曜ドラマスペシャル」が放送されていた土曜22時からの2時間ドラマ枠は、「ドラマ23」のコンセプトを継承した「ドラマチック22」としてリニューアルされた。そのため、「土曜-」などで放送されていたサスペンス等を取り扱う枠として新たに月曜21時台にドラマ枠を新設した[1]。後継番組は「月曜ミステリー劇場」→「月曜ゴールデン」→「月曜名作劇場」)で、現在までTBS系はこの時間帯に2時間枠のドラマ枠(「-ゴールデン」と「-名作劇場」はドラマに限らない)を続いた。

1999年4月以降はドラマ番組では珍しく途中入れ替えにおける提供コメントを一切行なわず、画面右下に表示するのみである。ただし、ネットセールスCMとローカルCM(またはその逆)の間の15秒間のあらすじ部分に表示されており、本編作品中に表示されることは一切ない。この体制は「月曜ミステリー劇場」→「月曜ゴールデン」→「月曜名作劇場」と続いていた。

シリーズ作品[編集]

向田邦子シリーズ[編集]

  • 向田邦子新春シリーズ・女正月(1991年、原案:向田邦子、主演:田中裕子
  • 向田邦子新春スペシャル・華燭(1992年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)
  • 向田邦子新春シリーズ・家族の肖像(1993年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)
  • 向田邦子新春シリーズ・いとこ同志(1994年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)
  • 向田邦子新春シリーズ・風を聴く日(1995年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)
  • 向田邦子終戦特別企画・いつか見た青い空(1995年、原案:向田邦子、主演:岸惠子
  • 向田邦子新春シリーズ・響子(1996年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)
  • 向田邦子終戦特別企画・言うなかれ、君よ、別れを(1996年、原案:向田邦子、主演:岸惠子)
  • 向田邦子新春シリーズ・空の羊(1997年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)
  • 向田邦子終戦特別企画・蛍の宿(1997年、原案:向田邦子、主演:岸惠子)
  • 向田邦子新春シリーズ・終わりのない童話(1998年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)
  • 向田邦子終戦特別企画・昭和のいのち(1998年、原案:向田邦子、主演:岸惠子)
  • 向田邦子新春スペシャル・小鳥のくる日(1999年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)
  • 向田邦子終戦特別企画・あさき夢見し(1999年、原案:向田邦子、主演:岸惠子)
  • さらば向田邦子・風立ちぬ(2001年、原案:向田邦子、主演:田中裕子)

松本清張シリーズ[編集]

単発作品[編集]

オープニングテーマ[編集]

ともに放送初期に使用。

TBSの2時間ドラマ枠[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ これまで月~金曜の22時枠には夜のニュース番組が編成されていたが、「筑紫哲也 NEWS23」の開始に伴い、23時台に移動したため21時からの2時間枠新設が可能になった。


TBS 水曜21:00 - 22:23枠
前番組 番組名 次番組
日立テレビシティ
※21:00 - 21:54
【土曜22時台に移動】
日本列島あしたのお天気
※21:54 - 22:00
やさしい闘魚たち
※22:00 - 22:54
(ここまでMBS制作
恋はミステリー劇場

水曜ドラマスペシャル
(1984.10 - 1987.9)
TBS系 水曜22:23 - 22:54枠
天気予報
※22:23 - 22:25
しゃれっぽクラブ
※22:25 - 22:54
水曜ドラマスペシャル
(1986.4 - 1987.9)
JNNニュース22プライムタイム
※22:00 - 22:54
TBS系 月曜21・22時台枠
ママハハ・ブギ
※21:00 - 21:54
(ここまで1時間ドラマ枠
あすの天気
※21:54 - 22:00
JNNニュースデスク'89
※22:00 - 22:54
月曜ドラマスペシャル
(1989.10.2 - 2001.3.19)
月曜ミステリー劇場
(2001.4.2 - 2006.3.20)