十津川警部シリーズ (渡瀬恒彦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西村京太郎サスペンス
十津川警部シリーズ
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 月曜 21:00 - 22:54(114分)
放送期間 1992年4月13日 - 2015年4月13日(54回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
監督 松本健(第54作)
原作 西村京太郎
脚本 山田耕大(第54作)
プロデューサー 森下和清
出演者 渡瀬恒彦
伊東四朗
音声 ステレオ放送(第4作 - 54作)
字幕 文字多重放送
外部リンク 月曜ゴールデン
テンプレートを表示

西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』(にしむらきょうたろうサスペンス とつがわけいぶシリーズ)は、TBS系の2時間ドラマ枠(月曜 21:00 - 22:54)で1992年から2015年まで放送された刑事ドラマシリーズ。全54回。主演は渡瀬恒彦

放送枠は、2001年の第21作まで「月曜ドラマスペシャル」で、2001年の第22作から2006年の第36作まで「月曜ミステリー劇場」、2006年の第37作から2015年の第54作は「月曜ゴールデン」。

原作は西村京太郎の推理小説シリーズ『十津川警部シリーズ』。

概要[編集]

制作当初は、まず3作品を放映する予定となっていたが[1]、以後、第1作放映から毎年新作を放映(2回の時間枠名の変更を挟んで)、2015年まで続いた全54作品の人気シリーズである。

同じ原作シリーズのドラマ化としては、テレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」で、1979年に開始された『西村京太郎トラベルミステリー』シリーズがあり、同シリーズが順調に新作を放映する一方、他局2時間ドラマ枠で『十津川警部シリーズ』がドラマ化・シリーズ化されても、放送枠自体が長続きせずに消えてしまう例が続いていたが[2]、この渡瀬主演版は原作の設定年齢に比較的近い配役だったことなどから好評を博し、「トラベルミステリー」シリーズに匹敵する第2の長期シリーズとして定着した。シリーズ開始以来、1995年・2003年はそれぞれ年間4作を放映するなど、年平均2作強というハイペースで新作を放映し続け、撮影・放映のペースにおいては「トラベルミステリー」シリーズを上回っていた。

渡瀬は2005年のシリーズ第35作「金沢加賀殺意の旅」で、日本で一番多く十津川警部を演じている俳優となり、第54作まで主演、記録を更新し続けた(渡瀬の新記録樹立前の記録保持者は「トラベルミステリー」シリーズで20年間・34作で、十津川警部を演じ続けてきた三橋達也)。

また、本シリーズの渡瀬恒彦と伊東四朗亀井刑事役)によるコンビは同一俳優コンビによる共演最多回数の記録を更新した[3]

本シリーズと同じドラマ枠で放映された山村美紗原作の『名探偵キャサリン』シリーズとは接点があり、十津川警部シリーズ第14作「海を渡った愛と殺意」(1997年)には希麻倫子(演:かたせ梨乃)が出演する(この作品放映にあたっては、西村が放映のために原作を準備している)一方、名探偵キャサリンシリーズ第15作「名探偵キャサリンvs十津川警部 京友禅の謎〜華の密室殺人事件〜」(2006年)には十津川省三(演:渡瀬恒彦)が出演している。このため、渡瀬が十津川を演じた作品の総合計は55作品となる(ただし渡瀬が招かれたものの「京友禅の謎」はあくまで山村作品であり、西村は関与しておらず、亀井刑事も登場しないため、TBS版「十津川警部シリーズ」では番外編としても扱われていない)。

2017年1月からは、題名を『西村京太郎サスペンス 新・十津川警部シリーズ』に変え、十津川警部は内藤剛志、亀井刑事は石丸謙二郎の新コンビに交代して新シリーズが開始された。新シリーズでは、制作会社もテレパックからオスカープロモーションに変わっている(プロデューサー・森下和清の移籍に伴う)。TBSはシリーズ衣替えの理由として、2016年4月から時間枠名が「月曜名作劇場」に変更されたことに伴うものと説明している。なお、新シリーズ開始から約3ヶ月後の同年3月14日に、渡瀬は急死している。それに伴う追悼企画として、同年3月27日に第42作「九州ひなの国殺人ルート」が再放送され[4]、冒頭では内藤による予定変更の告知とお悔やみの言葉が放送された。

キャスト[編集]

警視庁捜査一課 十津川班[編集]

十津川省三
演 - 渡瀬恒彦
警視庁捜査一課係長。階級は警部。
西本功
演 - 西守正樹(第3作)、滝川晋平(第5作)、若山騎一郎(第6作)、堤大二郎(第8作・第10作 - 第13作・第15作 - 第19作・第21作 - 第40作・第42作・第44作・第46作・第47作・第49作・第50作・第52作 - 第54作)
警視庁捜査一課の刑事。
安原美知子
演 - 山村紅葉(第4作・第9作・第13作・第14作・第17作 - 第19作・第21作 - 第53作)、越智静香(第8作)
警視庁捜査一課の刑事。
小西淳平
演 - 中西良太(第20作 - 第54作)
警視庁捜査一課の刑事。
村川留美
演 - 古川りか[5](第22作 - 第46作・第48作 - 第54作)
警視庁捜査一課の刑事。
山下智志
演 - 山田アキラ(第20作 - 第54作)
警視庁捜査一課の刑事。
小林雅人
演 - 内山翔人(第42作 - 第54作)
警視庁捜査一課の刑事。
清水滋
演 - あかつ(第51作 - 第54作)
警視庁捜査一課の刑事。
亀井定雄[6][7]
演 - 伊東四朗
警視庁捜査一課主任。階級は警部補。

警察関係者[編集]

本多時孝[8]
演 - 小沢象(第2作)、小野ヤスシ(第6作・第8作・第11作 - 第36作・第38作 - 第40作・第45作・第46作)、勝部演之(第9作・第10作)、中原丈雄(第50作・第53作)
警視庁捜査一課長。階級は警視。
三上
演 - 高橋明(第5作)、小沢象(第17作・第18作)、小野武彦(第19作 - 第24作・第26作 - 第34作・第36作・第37作・第40作・第42作)、鶴田忍(第48作)
警視庁刑事部長。階級は警視監。

十津川班の親族[編集]

十津川直子
演 - かたせ梨乃(第7作・第10作・第20作〈写真〉・第51作)
十津川省三の妻。

スタッフ[編集]

※第1作から第22作までを掲載。

放送一覧[編集]

  • このシリーズはドラマとしてはかなり早い時期にハイビジョン撮影への移行が行われていて、第17作以降、ハイビジョン撮影での制作となっている。
  • 第42作は20時00分から22時54分までの拡大放送。
話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率
[要出典]
1 1992年04月13日 札幌駅殺人事件 「札幌駅殺人事件」 竹山洋 脇田時三 15.9%
2 1993年01月18日 西鹿児島駅殺人事件 「西鹿児島駅殺人事件」 18.5%
3 10月04日 上野駅殺人事件 上野駅殺人事件 16.8%
4 1994年03月28日 函館駅殺人事件 「函館駅殺人事件」 14.9%
5 8月01日 会津高原殺人事件 「会津高原殺人事件」 長坂秀佳 14.0%
6 10月17日 萩・津和野に消えた女 「萩・津和野に消えた女」 竹山洋 18.8%
7 1995年01月02日 豪華特急トワイライト殺人事件 「豪華特急トワイライト殺人事件」 16.0%
8 3月27日 伊豆海岸殺人ルート 「伊豆海岸殺人ルート」 竹山洋
加瀬豪
19.5%
9 10月09日 松島・蔵王殺人事件 「松島・蔵王殺人事件」 佐伯俊道
いずみ玲
14.3%
10 12月25日 ミステリー列車が消えた! ミステリー列車が消えた 竹山洋
加瀬豪
山本和夫
11 1996年07月08日 南伊豆高原殺人事件 「南伊豆高原殺人事件」 長坂秀佳 脇田時三 25.2%
12 1997年03月24日 丹後殺人迷路 丹後殺人迷路 18.3%
13 9月29日 特急しなの21号殺人事件 「特急『しなの21号』殺人事件」 佐伯俊道 山内宗信 13.8%
14 12月29日 海を渡った愛と殺意 「海を渡った愛と殺意」
「ひかり62号の殺意」
脇田時三 15.5%
15 1998年09月28日 尾道・倉敷殺人ルート 「尾道・倉敷殺人ルート」 長坂秀佳 15.3%
16 1999年01月04日 寝台急行「銀河」殺人事件 寝台急行『銀河』殺人事件 鈴木貴子 16.7%
17 7月05日 越後・会津殺人ルート 越後・会津殺人ルート―追いつめられた十津川警部」 安本莞二 20.5%
18 12月27日 シベリア鉄道殺人事件 「シベリア鉄道殺人事件」 藤尾隆 16.8%
19 2000年04月03日 伊豆・七滝殺人事件 「桜の下殺人事件」 水谷龍二 脇田時三 19.5%
20 10月02日 寝台特急カシオペアを追え 「寝台特急カシオペアを追え」 竹山洋 16.4%
21 2001年01月08日 西伊豆・美しき殺意 「西伊豆 美しき殺意」 安本莞二 15.9%
22 4月02日 京都・恋と裏切りの嵯峨野 「京都 恋と裏切りの嵯峨野」 中村金太 18.0%
23 10月01日 終着駅殺人事件 終着駅〈ターミナル〉殺人事件 藤尾隆 20.5%
24 2002年01月08日 伊豆の海に消えた女 「伊豆の海に消えた女」 佐伯俊道 脇田時三 19.5%
25 3月25日 南紀白浜殺人ルート 「南紀白浜殺人事件」 安本莞二 15.9%
26 9月30日 特急おおぞら殺人事件 「特急『おおぞら』〈ハイデッカー・エクスプレス〉殺人事件」 水谷龍二 18.9%
27 2003年01月03日 九州特急つばめ殺人事件 「九州新特急『つばめ』殺人事件」 安本莞二 山内宗信 14.4%
28 3月24日 陸中海岸殺意の旅 「陸中海岸殺意の旅」 脇田時三 19.3%
29 9月22日 松山・道後十七文字の殺人 「松山・道後十七文字の殺人」 水谷龍二 水谷俊之 17.1%
30 12月29日 パリ・東京殺人ルート 「パリ・東京殺人ルート」 安本莞二 脇田時三 13.1%
31 2004年03月29日 四国連絡特急殺人事件 「四国連絡特急殺人事件」 長坂秀佳 15.7%
32 9月27日 愛の伝説・釧路湿原 「愛の伝説・釧路湿原」 安本莞二 池澤辰也 15.1%
33 12月27日 東北新幹線「はやて」殺人事件 「東北新幹線『はやて』殺人事件」 村田忍 14.3%
34 2005年03月28日 寝台特急あさかぜ殺人事件 「寝台特急『あさかぜ1号』殺人事件」 長坂秀佳 脇田時三 15.4%
35 7月04日 金沢加賀殺意の旅 「金沢加賀殺意の旅」 15.2%
36 2006年01月09日 河津・天城連続殺人事件 「河津・天城連続殺人事件」 橋本以蔵 油谷誠至 14.8%
37 10月02日 特急あずさ殺人事件 「特急『あずさ』〈アリバイ・トレイン〉殺人事件」 脇田時三 16.4%
38 2007年04月02日 愛と悲しみの墓標[9] 「愛と悲しみの墓標」 長坂秀佳 松原信吾 15.6%
39 2008年01月07日 飛騨高山に消えた女 「飛騨高山に消えた女」 安本莞二 油谷誠至 16.8%
40 10月13日 生命〜ベールに包まれた誕生の秘密〜 「十津川警部『生命〈いのち〉』」
〈上巻・下巻〉
長坂秀佳 村田忍 14.4%
41 2009年04月13日 寝台特急殺人事件〜さよならブルートレイン〜 寝台特急〈ブルートレイン〉殺人事件 安本莞二 油谷誠至 16.0%
42 9月28日 九州ひなの国殺人ルート 「イヴが死んだ夜」 池澤辰也 12.7%
43 2010年03月29日 伊勢志摩殺人迷路〜円空の謎〜 「近鉄特急 伊勢志摩ライナーの罠」 土屋保文 13.8%
44 2011年04月11日 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜 「十年目の真実」 横沢丈二 12.8%
45 10月10日 志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜 志賀高原殺人事件 水谷龍二 13.1%
46 2012年01月09日 特急『草津』殺人迷路 「草津逃避行」 長坂秀佳 舩橋淳 16.2%
47 4月16日 熱海・湯河原殺人事件 「熱海・湯河原殺人事件」 丸茂周 松本健 13.4%
48 10月22日 江ノ電に消えた女〜十津川警部への挑戦状〜 湘南アイデンティティ 土屋保文 新村良二 10.0%
49 2013年01月21日 特急「しらさぎ」殺人迷路〜越前竹人形の謎〜 「恐怖の海、東尋坊」 平林幸恵 山内宗信 14.1%
50 9月09日 消えたタンカー[10][11] 消えたタンカー 佐伯俊道 池澤辰也 14.3%
51 2014年01月13日 京都〜小浜殺人迷路〜八百比丘尼伝説の怪〜 「十津川警部 小浜線に椿咲く頃、貴女は死んだ」 平林幸恵 舩橋淳 11.9%
52 5月12日 小田原城殺人事件〜一期一会の証言〜 「一期一会の証言」 水谷龍二 池澤辰也 13.1%[12]
53 10月20日 伊豆・踊り子号殺人ルート〜消えた一億円の謎〜 「伊豆誘拐行」 平林幸恵 12.9%[13]
54 2015年04月13日 サンライズ出雲の女 消えた似顔絵の女 「夜行列車の女」 山田耕大 松本健 10.2%[14]

特別番組[編集]

西村京太郎ミステリー紀行〜十津川警部が見た風景〜
BS-TBS開局10周年記念番組として2010年2月28日に『プレミアム6 西村京太郎ミステリー紀行〜十津川警部が見た風景〜』を放送。この番組では、原作者の西村京太郎と渡瀬恒彦、伊東四朗が初めて対談した。MCはTBSアナウンサーの竹内香苗。また、十津川シリーズの出演者たち4人が、ドラマの舞台となった地を訪れ、第1作「札幌駅殺人事件」の舞台である札幌を古川りか、第35作「金沢加賀殺意の旅」の舞台である金沢を山村紅葉、第29作「松山道後温泉十七文字の殺人」の舞台である松山を中西良太、第19作「河津七滝殺人事件」の舞台である伊豆を堤大二郎が旅した。
なお、2011年から2012年の年末年始に企画された「BS民放10周年5局共同特別編成番組(年末年始特別企画)」のBS-TBSでの放送番組の一つに編成され2011年12月26日に改めて放送された。このほかにも何度か再放送されている(2010年4月25日、2012年5月20日)。

DVDコレクション[編集]

株式会社東京ニュース通信社よりDVDマガジンが刊行
全50巻。
創刊号「終着駅殺人事件」(2001年)を収録。
発売日/2013年9月4日(水)
第2弾「寝台特急カシオペアを追え」(2000年)を収録。
発売日/2013年9月18日(水)
第3弾「越後・会津殺人ルート」を収録。
発売日/2013年10月2日(水)
第4弾「九州ひなの国殺人ルート」を収録。
発売日/2013年10月16日(水)
第5弾「特急「おおぞら」殺人事件」を収録。
発売日/2013年10月30日(水)
第6弾「南紀白浜殺人ルート」を収録。
発売日/2013年11月13日(水)
第7弾「陸中海岸殺意の旅」を収録。
発売日/2013年11月27日(水)
第8弾「京都・恋と裏切りの嵯峨野」を収録。
発売日/2013年12月11日(水)
第9弾「伊豆の海に消えた女」を収録。
発売日/2013年12月25日(水)
第10弾「四国連絡特急殺人事件」を収録。
発売日/2014年1月8日(水)
第11弾「丹後殺人迷路」を収録。
発売日/2014年1月22日(水)
第12弾「愛の伝説・釧路湿原」を収録。
発売日/2014年2月5日(水)
第13弾「南伊豆高原殺人事件」を収録。
発売日/2014年2月19日(水)
第14弾「寝台急行「銀河」殺人事件」を収録。
発売日/2014年3月5日(水)
第15弾「パリ 東京殺人ルート」を収録。
発売日/2014年3月19日(水)

放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西村京太郎ミステリー紀行〜十津川警部が見た風景〜(BS-TBS)
  2. ^ TBSでも本項のシリーズ以前に「ザ・サスペンス」で『十津川警部シリーズ』が放送されていたが、1982年から1984年まで、全5作で終わった。
  3. ^ 『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ50作記念作品「消えたタンカー」』 TBS
  4. ^ 通常より64分後拡大(20:00 - 22:54)。21:50の『JNNフラッシュニュース』は内包され、21:53の『好きか嫌いか言う時間』は休止。
  5. ^ 第22作から第36作は「古川理科」名義。
  6. ^ 「亀井正」だった回(第14作・第16作・第20作)、「亀井定夫」だった回(第29作)もある。
  7. ^ 元々、原作には亀井刑事の下の名前は無く、この作品によって名づけられた。
  8. ^ 本田だった回も有り(第8作・第14作・第16作)
  9. ^ 十津川警部シリーズ38作目に主演の渡瀬恒彦も感慨深げ”. ORICON STYLE (2007年4月2日). 2016年2月8日閲覧。
  10. ^ “『十津川警部』渡哲也・渡瀬恒彦兄弟初対決に至るまでの苦労”. NEWSポストセブン. (2013年9月8日). http://www.news-postseven.com/archives/20130908_209996.html 2015年5月13日閲覧。 
  11. ^ “50作目迎えた『十津川警部』 過去の撮影警察が来る騒ぎも”. NEWSポストセブン. (2013年9月9日). http://www.news-postseven.com/archives/20130909_210063.html 2015年5月13日閲覧。 
  12. ^ 週間高視聴率データ2014年5月12日~2014年5月18日”. ビデオリサーチ (2014年5月21日). 2014年11月25日閲覧。
  13. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2014年11月5日). 2016年2月8日閲覧。
  14. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2015年5月1日). 2016年2月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]