小林薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし かおる
小林 薫
本名 同じ
生年月日 (1951-09-04) 1951年9月4日(68歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市東山区(現・山科区
身長 175cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1970年代 -
配偶者 中村久美(1984年-1995年)
小梅(2009年-)
事務所 ニコフィルム
公式サイト 所属事務所 オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
峠の群像
ナニワ金融道
Dr.コトー診療所
深夜食堂
カーネーション
Woman
恋仲
天皇の料理番
おんな城主 直虎
ハゲタカ
映画
恋文
それから
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
歓喜の歌
休暇
舟を編む
バラエティー番組など
美の巨人たち
テンプレートを表示

小林 薫(こばやし かおる、本名:同じ、1951年9月4日[1] - )は、日本俳優馬主[2]。所属事務所はニコフイルム

京都府生まれ[1]京都府立洛東高等学校を卒業。1971年から1980年まで唐十郎が主宰する状況劇場に在籍[1]。退団の際、その才能を惜しんだ唐が説得のために包丁持参で小林の住むアパートを訪れるも、危機を感じた小林が先に逃げ出し説得は失敗、そのままうやむやのうちに退団を認めたというエピソードがある[3][出典無効]

1984年に女優の中村久美と結婚するが、1995年に離婚[4]。2009年12月に、女優・モデルの小梅と再婚し、2010年に第1子となる男児が誕生[4]

2000年からは『美の巨人たち』のナレーションを担当。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 美の巨人たち(2000年 - 2019年3月30日、テレビ東京) - ナレーション
    • 美の巨人たち放送700回記念「劇的空間!ローマ・ヴァチカン〜天才たちが鎬を削った美の饗宴」(2014年5月17日(前編)・5月24日(後編)、テレビ東京) - ナビゲーター
  • 報道発 ドキュメンタリ宣言(2008年、テレビ朝日) - ナレーション
  • 漂えど沈まず〜小説家・開高健の遺した言葉〜(BS-TBS、2012年12月30日) - ナビゲーター
  • 青の宇宙史〜フェルメールから北斎へ〜(2013年2月1日、BS朝日) - ナレーション
  • 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち 第4回(2014年7月26日、NHK Eテレ) - 朗読

舞台[編集]

状況劇場[編集]

※すべて唐十郎の作・演出。

  • 海の牙 黒髪海峡篇(1973年)
  • 唐十郎版 風の又三郎(1974年)
  • 夜叉綺想(1974年)
  • 腰巻おぼろ 妖鯨篇(1975年)
  • 糸姫(1975年)
  • 下町ホフマン(1976年)
  • おちょこの傘持つメリー・ポピンズ(1976年)
  • 蛇姫様(1977年)
  • 唐十郎版 俳優修行(1977年)
  • ユニコン物語 台東区篇(1978年)
  • 河童(1978年)
  • 犬狼都市(1979年)
  • 青頭巾(1979年)
  • 女シラノ(1980年)

その他[編集]

CM[編集]

吹き替え[編集]

受賞歴[編集]

主な所有馬[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 武田篤典 (2007年5月10日). “小林 薫ロングインタビュー”. Web R25. 2015年7月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  2. ^ 小林薫さんと、居酒屋ごはん。”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2010年7月9日). 2015年7月23日閲覧。
  3. ^ いつみても波瀾万丈2001年6月3日唐十郎出演回より
  4. ^ a b “小林薫、21歳下の小梅と再婚 既にパパ”. 日刊スポーツ. (2011年9月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110903-829890.html 
  5. ^ もののけ姫”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。
  6. ^ 海がきこえる/ゲド戦記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。
  7. ^ 有村架純、廣木隆一監督と再タッグ 映画『夏美のホタル』特報公開”. ORICON NEWS. オリコン (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  8. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」 妻役に綾瀬はるか”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590980.html 2015年11月28日閲覧。 
  9. ^ “前田敦子、柄本明、風吹ジュン、小林薫が綾野剛×熊切和嘉「武曲」に出演”. 映画ナタリー. (2016年12月19日). http://natalie.mu/eiga/news/213775 2016年12月19日閲覧。 
  10. ^ “松田龍平主演「泣き虫しょったんの奇跡」に永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら結集!”. 映画.com. (2018年3月16日). http://eiga.com/news/20180316/4/ 2018年3月16日閲覧。 
  11. ^ “柳楽優弥×小林薫、「夜明け」で映画初共演! 是枝裕和の愛弟子が監督デビュー”. 映画.com. (2018年5月11日). https://eiga.com/news/20180511/7/ 2018年12月18日閲覧。 
  12. ^ “映画『ねことじいちゃん』追加キャストに小林薫、田中裕子、柄本佑ら(クランクイン!) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00057042-crankinn-movi 2018年7月19日閲覧。 
  13. ^ 17年大河『おんな城主 直虎』新出演者14人発表 柴咲コウ父は杉本哲太、母は財前直見”. ORICON (2016年5月26日). 2016年5月27日閲覧。
  14. ^ 国際共同制作ドラマ ザ・ラストUボート”. NHKアーカイブス. 日本放送協会. 2018年4月11日閲覧。
  15. ^ “佐藤健、坊主頭で連ドラ主演 豪華共演陣も発表”. modelpress. (2014年12月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1451247 2014年12月5日閲覧。 
  16. ^ 本田翼、“月9”初ヒロイン 福士蒼汰と“恋仲”に”. ORICON (2015年6月2日). 2015年6月2日閲覧。
  17. ^ 玉山鉄二、現代の平成会社員に!連続ドラマW「誤断」”. シネマカフェ. イード (2015年9月22日). 2015年10月6日閲覧。
  18. ^ 又吉直樹&佐藤浩市ら豪華顔ぶれ! 二宮和也主演「坊っちゃん」”. シネマカフェ. イード (2015年12月24日). 2015年12月26日閲覧。
  19. ^ “市原隼人、嵐・櫻井と車椅子バスケに没頭 共演シーンで「涙が止まらなくなって…」”. ORICON STYLE. (2016年11月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2080792/full/ 2016年11月1日閲覧。 
  20. ^ “仲間由紀恵が主演務めるWOWOWドラマ「楽園」に黒木瞳、小林薫、夏帆ら出演”. 映画ナタリー. (2016年10月18日). http://natalie.mu/eiga/news/205763 2016年10月18日閲覧。 
  21. ^ 阿部サダヲ&深田恭子が夫婦役 家族で“下剋上”に奮闘<コメント到着>”. モデルプレス (2016年11月23日). 2016年11月23日閲覧。
  22. ^ “榮倉奈々、高橋一生と初共演 新ドラマ「僕らは奇跡でできている」追加キャスト発表”. モデルプレス. (2018年8月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1786256 2018年8月20日閲覧。 
  23. ^ ピース又吉原作ドラマ「火花」に染谷将太、小林薫、田口トモロヲ、山本彩が出演”. 映画ナタリー (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  24. ^ “フィレンツェ・ウフィツィ美術館が3D映画に!小林薫がナビゲート”. シネマトゥデイ. (2016年3月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0081419 2016年3月25日閲覧。 

外部リンク[編集]