TBS木曜7時30分枠の連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TBS木曜7時30分枠の連続ドラマ(ティービーエスもくようしちじさんじっぷんわくのれんぞくドラマ)は、1956年7月から1984年3月、ならびに1987年10月から1988年3月までTBS系列が毎週木曜 19時30分 - 20時00分(日本標準時)に編成していたラジオ東京テレビ (KR) → 東京放送 (TBS) 製作のテレビドラマ放送枠である[独自研究?]

歴史[編集]

当初はフランキー堺主演の『わが輩ははなばな氏』を、後に『スーパーマン』をはじめとする海外ドラマを放送。1960年代後半からは、17年8か月にわたってチャコちゃんシリーズケンちゃんシリーズを放送した。そしてこれらのシリーズから、四方晴美、宮脇康之(後の宮脇健)、岡浩也といった子役が人気スターとなった。

だが末期になると、1982年10月からは竹本孝之主演の青春ドラマ『だんなさまは18歳』を放送するも振るわず、『ちびっ子かあちゃん』でファミリードラマを復活したが失敗。再び青春ドラマを登場させたが往年の面影は無く、1984年4月開始のクイズ番組『わかるかな?ワールドジェスチャー』に枠を譲って一旦ドラマは中断。ドラマ枠は水曜19:30枠へ移動し、宮川一朗太大沢逸美主演の『ぼくたちの疾走』を放送する。

JNNニュースコープ』拡大による40分番組が終了した1987年10月からは、吉幾三主演のコメディドラマ『ヨーシいくぞ!』を開始し、ドラマを再開させるも4か月弱で打ち切り。キョンシーブームに因んだ海外ドラマ(ただし日本向けに製作されたドラマであり、仕上げ演出の飯田譲治光学合成など日本サイドで制作した部分も多い)『来来!キョンシーズ』を2か月強放送し、この枠でのドラマの放送は終了した。

なおケンちゃんシリーズは、1975年3月開始の『おそば屋ケンちゃん』継続中に腸捻転解消が行われたため、同年4月からは朝日放送から毎日放送にネットが変更された。また『ケンちゃんトコちゃん』継続中の1971年4月からは、20時21時(当初は30分2本立て)・22時(木下恵介・人間の歌シリーズ)と、3時間半に亘ってドラマが放送、この体制は1976年9月まで続いた。特に『すし屋のケンちゃん』継続中の1972年4月から9月の間は、これらの他、19時でも『1・2・3と4・5・ロク』が放送され、4時間にわたってドラマが放送されていた。

放送番組一覧[編集]

第1期[編集]

第2期[編集]

関連項目[編集]

  • ライオン - ライオン歯磨とライオン油脂とに分社していた当時、本枠放送番組のスポンサーを務めていた。『スーパーマン』からライオン歯磨のみがスポンサーに付いた後、『レストレス・ガン』からライオン油脂も参入した。以来、『ケンにいちゃん』まで同グループ2社による提供が行われていたが、『おそば屋ケンちゃん』でライオン歯磨と明治製菓の提供へと移行した。
KR系列 → TBS系列 木曜 19:30 - 20:00
前番組 番組名 次番組
似てるでショー
TBS木曜7時30分枠の連続ドラマ
(1956年7月 - 1984年3月29日)
わかるかな?ワールドジェスチャー
(1984年4月12日 - 1984年9月27日)
TBS系列 木曜 19:30 - 20:00
パパ大好き!
(1987年4月9日 - 1987年9月24日)
※19:20 - 19:58
TBS木曜7時30分枠の連続ドラマ
(1987年10月8日 - 1988年3月24日)
クイズ日本昔がおもしろい
(1988年4月7日 - 1991年3月28日)