ラナ・ラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラナ・ラング
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Superboy #10 (1950年9月)
クリエイター ビル・フィンガー英語版
ジョン・サイクラ
作中の情報
種族 人間
パートナー クラーク・ケント
スーパーガール
スティール
著名な別名 インセクト・クイーン
スーパーウーマン

ラナ・ラング: Lana Lang)は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミックススーパーマン』に登場する架空の人物。ビル・フィンガーとジョン・サイクラによって創造され、1950年の"Superboy #10"で初登場した。

概要[編集]

ラナ・ラングはスモールヴィルのクラーク・ケントの隣家に住み、スーパーボーイに想いを寄せる女の子として登場した[1]。虫型の宇宙人を助けた際、お礼に「バイオリング」という様々な昆虫に変身することができる指輪を譲り受け[2]、この指輪を使いリージョン・オブ・スーパーヒーローズと共に活躍する[3]

1960年代に出版されていた『Superman's Girl Friend, Lois Lane』にもロイス・レーンのライバルとして登場していた。1986年の『マン・オブ・スティール (コミック)』で設定がリブートされて以降は、「クラーク・ケントがスモールヴィルに住んでいた頃の初恋の相手」と位置付けられている。

2016年からラナ・ラングはスーパーウーマンとなり、『Superwoman』のタイトルで個人誌が刊行された[4]

書誌情報[編集]

タイトル 収録内容 刊行日 ISBN
Superwoman Vol.1: Who Killed Superwoman? Superwoman #1-7 2017年5月 978-1401267803
Superwoman Vol.2: Rediscovery Superwoman #8-13 2017年12月 978-1401274733
Superwoman Vol.3: The Midnight Hour Superwoman #13-18 2018年5月 978-1401278526

その他のメディア[編集]

映画[編集]

スーパーマン (1978年の映画) (1978年)
演 - ダイアン・シェリー英語版
スーパーマンIII/電子の要塞 (1983年)
演 - アネット・オトゥール
マン・オブ・スティール (2013年)
演 - ジェイディン・グールド英語版
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016年)
演 - エミリー・ピーターソン英語版

ドラマ[編集]

スーパーボーイ英語版 (1988年-1992年)
演 - ステイシー・ハイダック英語版
LOIS&CLARK/新スーパーマン (1993年-1997年)
演 - エミリー・プロクター
ヤング・スーパーマン (2001年-2011年)
演 -クリスティン・クルック

アニメ[編集]

スーパーマン (1988年のアニメ)英語版 (1988年)
声 - ルシー・テイラー
スーパーマン (アニメ) (1996年-2000年)
声 - ジョエリー・フィッシャー英語版
ジャスティス・リーグ (アニメ) (2001年-2004年)
第45話「消えた英雄 PART 1 (原題:Hereafter)」でカメオ出演。
バットマン:ブレイブ&ボールド (2009年-2011年)
第57話「Battle of the Superheroes!」でカメオ出演。
バットマン:ダークナイト・リターンズ (2012年)
声 - パジェット・ブリュースター

脚注[編集]

  1. ^ Bill Finger (w), John Sikela (p), Ed Dobrotka (i). "The Girl in Superboy's Life!" Superboy ##10 (1950年9月)
  2. ^ Otto Binder (w), George Papp (p), George Papp (i). "The Insect Queen of Smallville!" Superboy ##124 (1965年10月)
  3. ^ Jim Shooter (w), Curt Swan (p), George Klein (i). "The War of the Legions!" Adventure Comics ##355 (1967年4月)
  4. ^ SUPERWOMAN 2016”. 2018年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]