スーパーウーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スーパーウーマン』(: Superwoman)は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミックスのタイトル、または架空のスーパーヒロイン/スーパーヴィランの名称。ジェリー・シーゲルとジョージ・ラソスによって創造され、1943年の"Action Comics #60"で初登場した。

概要[編集]

最初のスーパーウーマンは1943年に登場した。1964年に善悪が逆転した並行世界「アース3」のスーパーウーマンが登場する。その他には性別が逆転した世界のスーパーマン、ローレル・ケント、クリスティン・ウェルズ、ダナ・ディアーデン、ルーシ―・レインがスーパーウーマンとして登場した。

2016年から2018年にかけてラナ・ラングがスーパーウーマンとなり、『Superwoman』のタイトルで個人誌が刊行された[1]

スーパーヒロイン[編集]

スーパーウーマン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Action Comics #60 (1943年5月)
クリエイター ジェリー・シーゲル
ジョージ・ラソス
作中の情報
本名 ロイス・レイン
ラナ・ラング
種族 地球人
所属チーム スーパーマン・ファミリー
能力
  • 超人的な身体能力
  • 飛行能力
  • ヒートビジョン

ロイス・レイン[編集]

1943年にロイス・レインスーパーマンから輸血されたことで超人的な力を得て活躍する、というロイスが見た夢で初登場した後[2]、1947年に詐欺師に魔法をかけられたと思い込みスーパーウーマンになるが、実際は全てスーパーマンが手助けしていたという形で再登場する[3]レックス・ルーサーの作った機械の効果を実証しようとした結果、超人的な力を得てスーパーウーマンになったこともあった[4]。2005年のミニシリーズ『All-Star Superman』ではスーパーマンが作った薬品で24時間の間だけ超人的な力を得ている。

1963年の「もし地球が崩壊して、ロイス・レインがロケットに乗せられクリプトン星に飛来したら?」というエピソードでは、クリプトン星でロイス・レインはキャンディー・カーンとして育てられ、超人的な力を身につけて活躍するというものだった[5]

2016年のDC Rebirthの『Superwoman』ではスーパーマンの放った太陽エネルギーに巻き込まれ、超人的な力に目覚めスーパーウーマンになる。

ラナ・ラング[編集]

2016年のDC Rebirthの『Superwoman』ではラナ・ラングが主人公となっており、ロイス・レインと同様にスーパーマンの放った太陽エネルギーに巻き込まれ超人的な力に目覚め、電磁気を操るスーパーウーマンとなる。

スーパーヴィラン[編集]

スーパーウーマン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Justice League of America #29 (1964年8月)
クリエイター ガードナー・フォックス
マイク・セコウスキー
作中の情報
本名 ダイアナ/ロイス・レイン
種族 アマゾン族
所属チーム クライム・シンジケート・オブ・アメリカ英語版
パートナー ウルトラマン
オウルマン
ジョニー・クイック
能力
  • 超人的な身体能力
  • 飛行能力
  • ヒートビジョン

スーパーヴィランのスーパーウーマンは善悪が逆転した並行世界アース-3英語版」のワンダーウーマン、「クライム・シンジケート・オブ・アメリカ」のメンバーとして登場した[6]

2000年に出版された『JLA:逆転世界』では反物質宇宙の地球に存在するスーパーウーマンが登場した。このスーパーウーマンはアマゾン族として生まれたロイス・レインで、デイリー・プラネット新聞社の編集長に上り詰めている。クライム・シンジケートのメンバーの1人。

スーパーウーマンが使う魔法の投げ縄も捕縛することで真実を告白させ、武器として使うことができるが、有刺鉄線の形状をしている。

性反転[編集]

1980年には登場人物全員が性反転した世界のスーパーウーマンが登場した[7]。クララ・ケントがスーパーウーマンとして活躍し、それ以外ではスーパーガールがスーパーボーイ、バットマンがバットウーマン、ワンダーウーマンがワンダーウォリアー、ブラックキャナリーがブラックコンドルとなっている。

その他の人々も同様でジミー・オルセンがジェニー・オルセン、ペリー・ホワイトがペニー・ホワイトになっていた。

書誌情報[編集]

タイトル 収録内容 刊行日 ISBN
Superwoman Vol.1: Who Killed Superwoman? Superwoman #1-7 2017年5月 978-1401267803
Superwoman Vol.2: Rediscovery Superwoman #8-13 2017年12月 978-1401274733
Superwoman Vol.3: The Midnight Hour Superwoman #13-18 2018年5月 978-1401278526

その他のメディア[編集]

ドラマ[編集]

LOIS&CLARK/新スーパーマン
演 - テリー・ハッチャー

アニメ[編集]

ジャスティス・リーグ Crisis On Two Earths
声 - ジーナ・トーレス
オールスター・スーパーマン
声 - クリスティーナ・ヘンドリックス

ゲーム[編集]

レゴ®DCスーパーヴィランズ
声 - ジーナ・トーレス

脚注[編集]

  1. ^ SUPERWOMAN 2016”. 2018年2月25日閲覧。
  2. ^ Jerry Siegel (w), George Roussos (p). "Lois Lane -- Superwoman" Action Comics vol. 1, #60 (1943年5月), DC Cmics
  3. ^ Alvin Schwartz (w), John Sikela (p). "Lois Lane, Superwoman!" Superman vol. 1, #45 (1947年3月), DC Comics
  4. ^ Al Plastino (p)"Lois Lane, Superwoman!" Action Comics vol. 1, #156 (1951年5月), DC Comics
  5. ^ Edmond Hamilton (w), Curt Swan (p). "Lois Lane, Superwoman!" Superman vol. 1, #159 (1963年2月), DC Comics
  6. ^ スコット・ビーティほか 赤塚京子ほか訳 (2011). 『DCキャラクター大事典』. 小学館集英社プロダクション. p. 89. ISBN 978-4796870795. 
  7. ^ Martin Pasko (w), Curt Swan (p). "The Turnabout Trap!" Superman vol. 1, #349 (1980年7月), DC Comics