キングダム・カム (コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キングダム・カム
漫画
原作・原案など マーク・ウェイド
アレックス・ロス
作画 アレックス・ロス
出版社 DCコミックス
発表期間 1996年5月 - 1996年8月
巻数 全1巻
書籍情報
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

キングダム・カム』(: Kingdom Come) はマーク・ウェイド英語版原作、アレックス・ロス英語版作画によるアメリカン・コミックスである。1996年にDCコミックスからミニシリーズとして4冊が出版され、後に1巻にまとめられた。

あらすじ[編集]

スーパーマンを始めとするスーパーヒーローたちの引退から10年、新世代のヒーローたちが能力を持て余し、街を蹂躙する日々が続いていた。そんなヒーローたちを見かね、スーパーマン率いるジャスティス・リーグがついに復活し、新世代たちを鎮圧し、教育しようとする。そんなスーパーマンに対し、ゴッサム・シティの治安を陰で守っていたバットマンは協力を拒否するのであった。

登場人物[編集]

主人公[編集]

ノーマン・マッケイ (Norman McCay)
本作の狂言回しにあたる老牧師。新世代のヒーロー達がのさばる世界に失望を感じていたが、突如現れたスペクターに導かれて旧世代ヒーロー達の動向を影ながら見守ることになる。スペクターに同行している間は半透明となり、かつ世界各地を自由に移動できるため、本作全ての場面に居合わせている。モデルはアレックス・ロスの父クラーク・ノーマン・ロス。
スペクター (Spectre)
来るべきアルマゲドンを前に審判を下す一助となってもらうべく、ノーマン・マッケイの前に姿を現す。

ジャスティス・リーグ[編集]

スーパーマン/クラーク・ケント (Superman)
人間に絶望し、世捨て人になり一人畑を耕して暮らしている。ワンダーウーマンの説得により、旧世代ヒーロー「ジャスティス・リーグ」の代表として戦線に復帰する。少し白髪まじりになっている。
ワンダーウーマン/ダイアナ (Wonder Woman)
故郷のアマゾンからは追放されている身。全く年齢を感じさせない外見をしている。かつての戦友スーパーマンと恋仲になり…。
レッド・ロビン/ディック・グレイソン (Red Robin)
バットマンと袂を分かち、スーパーマンの側につく。
フラッシュ/ウォーリー・ウェスト (Wally West)
スピードフォースの影響で身体を構成する分子が不安定になっており、わずかに存在が認識できる状態になっている。
グリーンランタン/アラン・スコット (Alan Scott)
パワー・ウーマン/カレン・スター (Power Woman)
ホークマン/カーター・ホル (Hawkman)

アウトサイダーズ[編集]

バットマン/ブルース・ウェイン (Batman)
ベインとの戦いで脊椎を損傷しており、自分で開発した外骨格を装着している。バットマンとしては引退の身だが、量産したロボットを操ってゴッサムの治安を監視している。スーパーマンにリーグ復帰を誘われるが拒否し、逆にルーサーと手を組む。
スーパーマンとは本質的に相容れないことを自覚しているが、2人の友情は厚い。
グリーンアロー/オリバー・クイーン (Green Arrow)
ブラックキャナリー/ダイナ・クイーン (Black Canary)
マーシャン・マンハンター/ジョン・ジョーンズ (Martian Manhunter)
グリーンランタン/ジェニー・リン・ヘイデン (Jennifer-Lynn Hayden)
キッド・フラッシュ/アイリス・ウェスト (Iris West)

人類解放戦線[編集]

レックス・ルーサー (Lex Luthor)
人類解放戦線のリーダー。新旧世代ヒーローたちの衝突を画策する。
キャプテン・マーベル/ビリー・バットソン (Captain Marvel (DC Comics))
ルーサーに操られ、スーパーマンと死闘を繰り広げる。
イブン・アル・ズファッシュ (Ibn al Xu'ffasch)
バットマンとタリア・アル・グールの息子。
キャットウーマン/セリーナ・カイル (Catwoman)
リドラー/エドワード・ニグマ (Riddler)

ジャスティス・バタリオン[編集]

マゴッグ (Magog)
新世代ヒーローの代表。事件を起こしたジョーカーを殺害、それが市民から肯定されたことでスーパーマン引退のきっかけとなる。
キャプテン・アトム (Captain Atom)
核エネルギーで構成されたヒーロー。戦闘で傷を負い、爆発事故を起こしカンザス州を壊滅させてしまう。

書籍情報[編集]

『キングダム・カム 愛蔵版』 (ShoPro Books)
2010年10月29日発売[1]ISBN 9784796870788
訳者:秋友克也/依田光江
『KINGDOM COME - New edition』
2008年9月24日発売[2]ISBN 1401220347
『Absolute KINGDOM COME』
2012年2月25日発売[3]ISBN 1401207685
『KINGDOM COME 20th Anniversary Deluxe edition』
2016年5月11日発売[4]ISBN 1401260829

脚注[編集]

  1. ^ キングダム・カム 愛蔵版”. 2010年閲覧。...
  2. ^ KINGDOM COME - NEW EDITION”. 2011年閲覧。...
  3. ^ ABSOLUTE KINGDOM COME - NEW PRINTING”. 2012年閲覧。...
  4. ^ KINGDOM COME 20TH ANNIVERSARY DELUXE EDITION”. 2016年閲覧。...

外部リンク[編集]