ゴッサム市警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴッサム市警察(ゴッサムしけいさつ、英:Gotham City Police Department、略称:GCPD)は、DCコミックスのアメコミ『バットマン』などに登場する架空の都市「ゴッサム・シティ」の警察組織。

概要[編集]

バットマンが守る「ゴッサム・シティ」の警察組織だが、バットマンは警察の人間ではなく、また法の番人というわけでもないため、彼ら全員がバットマンの味方というわけではない。

バットマン』シリーズではバットマンやそのサイドキック、もしくはヴィランたちに注目が集まるが、『ゴッサム・セントラル』(en:Gotham Central)では、メインキャラクターとして描かれている。

また、ヴィラン事件が多い町のためか、ヒーローになる者も少なくない。

警察関係者一覧[編集]

ジェームズ・ゴードン
サラ・エッセン
初出:Batman #405[1](1987年)
ゴッサム市警察の元職員で、ジェームズ・ゴードンの妻。ジョーカーによって殺されてしまう。
GOTHAM/ゴッサム』では、ジェームズ・ゴードンの上司として登場。演じるのはザブリナ・ゲバラ(吹き替えは土井真理)。
ハーベイ・ブロック
初出:Detective Comics #441[2](1974年)
ゴードンの警察内部のライバルキャラクター(対比用のキャラクター)として登場する事が多い[3]
GOTHAM/ゴッサム』では、ジェームズ・ゴードンとコンビを組むベテラン刑事として登場。演じるのはドナル・ローグ(吹き替えは仲野裕)。
マイケル・ワシントン・レーン
初出:Batman #666[4]
ゴッサム市警察の元職員。息子や妻を失い、精神疾患により警察を辞める。その後、二代目アズラエルとなる[5]
レニー・マリア・モントーヤ
初出:Batman #475[6](1992年)
ゴッサム市警察の元職員。後に二代目クエスチョンとなる。
元はアニメ『バットマン』のキャラクター。
『GOTHAM/ゴッサム』にも登場。演じるのはヴィクトリア・カルタヘナ(吹き替えは志田有彩)。
ケルヴィン・マオ
ゴッサム市警察の元特殊部隊員。後にバリスティックとなる。
クリスパス・アレン
初出:Detective Comics #742[7](2000年)
ゴッサム市警察の職員。
『GOTHAM/ゴッサム』にも登場。演じるのはアンドリュー・スチュワート=ジョーンズ(吹き替えは綿貫竜之介)。
ギリアン・B・ローブ
初出:Batman #404[8](1987年)
『GOTHAM/ゴッサム』では、当時のゴッサム市警察の本部長として登場。演じるのはピーター・スコラーリ
バットマン ビギンズ』『ダークナイト』でも、当時のゴッサム市警察の本部長として登場。演じるのはコリン・マクファーレン
イーサン・ベネット
ザ・バットマン』に登場。ゴッサム市警察の元職員。クレイフェイスとなる。
エレン・イン
ザ・バットマン』に登場。ゴッサム市警察の女性刑事。
ジョン・ブレイク
ダークナイト ライジング』に登場。ゴッサム市警察の職員。演じるのはジョセフ・ゴードン=レヴィット(吹き替えは土田大)。
エドワード・ニグマ
『GOTHAM/ゴッサム』ではゴッサム市警察の検死官として登場。演じるのはコーリー・マイケル・スミス(吹き替えは稲垣拓哉)。
レスリー・トンプキンス
『GOTHAM/ゴッサム』ではゴッサム市警察の監察医として登場。演じるのはモリーナ・バッカリン(吹き替えは松谷彼哉)。

脚注[編集]

  1. ^ Batman #405
  2. ^ Detective Comics #441
  3. ^ Batman(vol.1) #397
  4. ^ Batman #666
  5. ^ Azrael: Death's Dark Knight
  6. ^ Batman #475
  7. ^ Detective Comics #742
  8. ^ Batman #404