ワンダーウーマン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワンダーウーマン
Wonder Woman
監督 パティ・ジェンキンス
脚本 アラン・ハインバーグ
原案 ザック・スナイダー
アラン・ハインバーグ
ジェイソン・フュークス英語版
原作 DCコミックス
製作 チャールズ・ローヴェン
デボラ・スナイダー
ザック・スナイダー
リチャード・サックル
製作総指揮 スティーヴン・ジョーンズ
ジェフ・ジョンズ
ジョン・バーグ
ウェスリー・カラー
レベッカ・スティール・ローヴェン
出演者 ガル・ガドット
クリス・パイン
ロビン・ライト
ダニー・ヒューストン
デヴィッド・シューリス
コニー・ニールセン
エレナ・アナヤ
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ英語版
撮影 マシュー・ジェンセン
編集 マーティン・ウォルシュ
制作会社 DCフィルムズ
ラットパック・エンターテインメント
アトラスエンターテイメント英語版
クルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズ
テンセント・ピクチャーズ
ワンダ・メディア英語版
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗2017年6月2日
日本の旗2017年8月25日[1][2]
上映時間 141分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $149,000,000[4]
興行収入 世界の旗 $816,301,584[4]
アメリカ合衆国の旗 410,501,584 [4]
前作 スーサイド・スクワッドDCエクステンデッド・ユニバース前作)
次作 ワンダーウーマン2(シリーズ次作)
ジャスティス・リーグ(DCエクステンデッド・ユニバース次作)
テンプレートを表示

ワンダーウーマン』(Wonder Woman)は、2017年公開のスーパーヒーロー映画

DCコミックス」のアメリカン・コミックワンダーウーマン』の実写映画作品。また、様々な「DCコミックス」の実写化映画作品を、同一の世界観のクロスオーバー作品群として扱う『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズとしては第4作品目の映画でもある。

概要[編集]

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で初登場したワンダーウーマンの第一次世界大戦中の活躍を描く[5]

当初監督はミシェル・マクラーレンが予定されていたが「創作上の意見の相違」により降板し、パティ・ジェンキンスが選ばれた。この結果、アメリカン・コミック原作の映画としては、初めて女性が監督を務めることとなった[6]

世界各国で高く評価され、初週の興行収入は1億50万ドル(約111億円)、累計でも全米とそれ以外の上映国で各4億ドル以上となる大ヒットとなり、女性監督作品および女性が主役のアクション映画として初週・累計収入ともに歴代1位となった[6][7][8]

主演ガル・ガドット、監督パティ・ジェンキンスが続投する続編『ワンダーウーマン2』の製作が発表されており、全米公開日は2019年12月13日が予定されている[9]

あらすじ[編集]

女性だけが住む島、セミッシラで育ったアマゾン族の王女ダイアナは、幼い頃から戦士になることを夢見ていた。母親であるヒッポリタ女王はダイアナの身を案じ、戦い方を学ぶことを禁止していたが、ヒッポリタの妹で史上最強の将軍と呼ばれたアンティオペの説得もあり、誰よりも過酷な修行を繰り返し、アンティオペに勝るとも劣らない強さを得る。

ある日、成長したダイアナは偶然「外の世界」から舞い込み、海岸で墜落事故を起こしたスティーブ・トレバーを救出する。真実の投げ縄を使って彼からドクター・ポイズンマスタードガスの新兵器を開発していることを聞き出し、ダイアナは「外の世界」の悲惨さにショックを受ける。戦いを引き起こす首謀者・ルーデンドルフ総監こそが戦いの神アレスと確信したダイアナは、トレバーとともに「外の世界」へ旅立ち、戦争の早期終結のためロンドンへ向かう。

ダイアナは「外の世界」の異文化に戸惑いながらも、スティーブが集めた仲間の力を借りつつ、戦場の最前線や要人の祝賀会へ赴いてルーデンドルフを探し、ついに倒すことに成功する。しかしその後も戦争は終結せず、それが世界に平和をもたらす唯一の方法だと信じていたダイアナは、現実に打ちのめされてしまう。その時パトリック卿に成り代わっていたアレスがダイアナの前に姿を現し、「戦争こそ人間の本性だ」とその愚かさを説き、協力して人間を一掃し世界を再創造するよう迫る。人間の「悪」に失望していたダイアナはその言葉に籠絡されかけるが、トレバーとの会話を思い出し、人間の「善」の部分を思い直す。人間の愚かさを受け入れ、与えられた力を守るために使う決心をしたダイアナは、真の力を解放してアレスとの戦いに決着をつける。やがてロンドンで休戦協定が締結され、戦争は終わりを迎えた。

それから時は流れ、現代のダイアナは、ブルース・ウェインから送られた当時の写真を眺めながらトレバーとの約束を再確認する。

キャスト[編集]

ダイアナ / ワンダーウーマン
演 - ガル・ガドット[10] / リリー・アスペル(8歳時) / エミリー・キャリー英語版(12歳時)、日本語吹替 - 甲斐田裕子[11][12] / 新井美羽(8歳時)[11][12] / 佐々木りお(12歳時)[12]
アマゾン族の王女。高い戦闘能力と人間離れした身体能力、美貌を有している。外界から隠されたセミッシラ島で育ったが世界の知識は非常に豊富で、古代語を含めた世界中の数百の言語を話せる他、化学式を読み解く事ができる。一方で、外界から遮断されたセミッシラで育ったために世間一般の常識には非常に疎く、外界では戦わない女性が着けているドレスや下着を鎧と勘違いする。外界に出て以降はトレバーがとっさに思い付いたダイアナ・プリンスと名乗る。
ガドットはキャラクターについて「大きな力を持っているが最終的には様々な感情を抱える女性になる[13]」と述べた。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の時との違いについてガドットは「彼女がまだ世間知らずな100年前に遡る。若い理想主義者で純真。みんなが見てきたような経験豊富で思慮深い成熟した女性戦士とは異なる[14]」と述べた。『BvS』での衣装は黒と茶で統一されたダークなものだったが、本作では原作に近い赤・青・金の派手なカラーリングとなっている(ただし星条旗は描かれていない)。強靭な肉体だが、銃弾を受ければ傷つくので盾や銀の腕輪で防ぐ描写が多い。跳躍力も高いが飛行能力はない。
スティーブ・トレバー英語版
演 - クリス・パイン[10]、日本語吹替 - 小野大輔[11][12]
アメリカ陸軍航空部英語版のパイロット、アメリカ外征軍大尉。イギリス軍諜報部に協力し、連合国側のスパイをしている。ドイツ軍から新兵器の情報の描かれたノートを奪って逃走したが追撃に遇い、セミッシラに不時着したところをダイアナに助けられる。
ドイツの新兵器による大量虐殺を阻止する為、ダイアナの協力を得ながら新兵器の秘匿基地破壊をイギリスに進言するも講和が近い為に無下に扱われた。ドイツの新兵器の使用を阻止する為にダイアナや傭兵達と共に敵地へ赴く。
アンティオペ英語版将軍
演 - ロビン・ライト[10]、日本語吹替 - 深見梨加[11][12]
ヒッポリタ女王の妹でありダイアナの叔母。アマゾン族の将軍。幼い頃よりダイアナの才能を見抜き、最強の戦士にするべく厳しい訓練を行う。
エーリヒ・ルーデンドルフ総監
演 - ダニー・ヒューストン[10]、日本語吹替 - 菅生隆之[12]
ドイツ軍の独裁的な総監。戦争狂で、講和に傾く情勢を苦々しく思っており、戦争継続の為にイザベル・マル博士にガス兵器を開発を命じる。
パトリック・モーガン卿
演 - デヴィッド・シューリス[10]、日本語吹替 - 岩崎ひろし[12]
イギリス人の政治家、貴族。講和に傾いて、波風を立てたくない事から新兵器の破壊作戦に乗り気でないイギリスに代わり、スティーブの新兵器破壊作戦を非公式に支援する。
ヒッポリタ英語版女王
演 - コニー・ニールセン[10]、日本語吹替 - 榊原良子[11][12]
セミッシラを治める女王でありダイアナの母。ダイアナの身を案じるあまり戦士になることを許さなかったが、アンティオペの説得を受け入れ、訓練を許可する。
イザベル・マル博士 / ドクター・ポイズン英語版
演 - エレナ・アナヤ[10]、日本語吹替 - よのひかり[12]
毒物の専門家であるマッドサイエンティスト。顔の左半分から喉にかけて火傷の痕があり、それを隠す為に陶器で出来た肌色のマスクを付けている。ルーデンドルフの命令で、防毒マスクが効かない新型の毒ガスの開発を行なっている。
エッタ・キャンディ英語版
演 - ルーシー・デイヴィス、日本語吹替 - 高橋里枝[12]
スティーブ・トレバーの秘書。
サミーア
演 - サイード・タグマウイ、日本語吹替 - 多田野曜平[12]
フランス領モロッコ英語版の諜報員。潜入を得意とし、多数の言語を操る。役者志望だったが人種差別で断念して兵役についた。
チャーリー
演 - ユエン・ブレムナー[10]、日本語吹替 - 佐々木睦[12]
スコットランド人の狙撃手。トラウマを抱えている。
酋長
演 - ユージーン・ブレイブ・ロック英語版、日本語吹替 - 山岸治雄[12]
ネイティブ・アメリカンであり、戦地で物資の横流しをする密輸業者。前線の兵士たちに信望がある。
メナリッペ
演 - リーサ・ローヴェン・コングスリ英語版、日本語吹替 - 行成とあ[12]
アマゾン族の一人。アンティオペの副官。
アレス英語版
ゼウスの息子であり戦争を糧とする軍神。ギリシア神話アレースが元となっている。 過去にゼウスとの戦いに敗れて地上へ落ちたが、人間がゼウスの創造物の出来損ないである事を証明するために歴史の裏で人間を扇動して戦争の原因を振りまいた。

イメージソング[編集]

『乃木坂46 - 女は一人じゃ眠れない』 - YouTube
『Sia - To Be Human feat. Labrinth』 - YouTube
  • 2WEI「Catapult
『2WEI - Catapult (Escape Velocity) (Official "Wonder Woman" Trailer)』 - YouTube

コラボ企画[編集]

ジュエリー
フェスタリアとのコラボレーション製品とイベントが展開された[17]
フェスタリア公式サイト
アート展
「ワンダーウーマンクリエイターズ コラボ」と題して2017年7月28日(金)から2017年8月6日(日)までルミネエスト新宿でアート展が開催された[18][19][20]
クリエイターズコラボ公式サイト

評価[編集]

『ワンダーウーマン』は専門家や各メディアから多くの賞賛を得た。

  • 「Variety」のAndrew Baker「パティ・ジェンキンス監督の『ワンダーウーマン』は、ダークで陰惨なDCの世界において歓迎すべき息抜きとなっている。陽気で誠実、時にずさんな部分もあるが、本作は常に喜びを提供してくれる。「ワンダーウーマン」は女性が監督した初めての大手スタジオによるスーパーヒーロー映画だ。そして、そのことは捉えがたいが、重要な方法で作品に表れている。例えば、ガドットの衣装は露出度が高いが、ジェンキンスのカメラは決してそれをいやらしく映したり、意味もなくアップにしたりしない。ダイアナは何かに所有されるものではなく、自らの力をもった存在として描かれている。」
  • 「Business Insider」のJason Guerrasio「『ワンダーウーマン』は昨今のスーパーヒーロー映画なら決定的な落とし穴となりそうな問題(弱いプロット、つまらない悪役、精彩を欠いた第三幕)をカバーしているだけでなく、女性にフォーカスを置いたスーパーヒーロー映画が男性主人公の映画と同じくらい強く、英雄的で、スリリングかつ笑える映画になりうるということを見事に証明してくれた。」
  • 「Entertainment Weekly」のChris Nashawaty「英雄的なエディターが最後の30分をカットしてくれればよかったとは思うが、これまでに見たことがなかったようなワンダーウーマンを演じたガル・ガドットを含め、このように多くの点で成功している映画に対し、欠点をあげつらうのは難しい。」
  • 「Hollywood Reporter」のSheri Linden「伝統を破り、上映時間を2時間以下に納めることができたなら、『ワンダーウーマン』は人々を完全に圧倒するような映画になり得ただろう。だが、エキゾチックでかっこよく、同時に親近感が持てるガル・ガドットとカリスマ的なクリス・パインの間で起きるユーモラスな瞬間とロマンスを含め、本作は断続的に輝きを見せている。熱心なファンが映画が長すぎると言って嘆くことは考えにくく、『ワンダーウーマン』は全世界のファンの心を掴むだろう。」

と評価し[21]、「Rotten Tomatoes」では94%の高評価となった[22]

難点として第三幕の戦闘シーン、上映時間の長さ、悪役のパンチの弱さが挙げられている[21]。また、ジェームズ・キャメロンによる「男性優位のハリウッドが昔からしてきたことを再びやっているだけ」「映画業界は自画自賛しすぎで、ワンダーウーマンは物としてみなされる女性を象徴しており、ハリウッドにとっては『後退』を意味する」との発言は物議をかもした。これに対して、パティ・ジェンキンス監督は

「ワンダーウーマンが全世界の女性にとってどういう存在であるのか、何を象徴しているのかをジェームズ・キャメロンが理解できないというのは、驚くべきことではありません。彼は素晴らしい映画制作者ですが、女性ではないのですから。強い女性は素晴らしいです。彼が私の作品の「モンスター」や、問題を抱えている強い女性の描き方を賞賛してくれたことは、とても感謝しています。ですが、女性が強くあるためには常に頑強で、タフで、問題を抱えていなければならず、多面性を持つことが許されず、魅力的で慈愛にあふれているからという理由で女性にとっての象徴になれないのだとしたら、我々は大して進歩しているとは言えないのではないでしょうか? 男性キャラクターと同じように、女性は何にだってなれますし、そうあるべきだと私は信じています。パワフルな女性に正しいタイプも間違ったタイプもないのです。そして、本作をヒットさせてくれた大勢の女性観客の皆さんには、自分にとっての“進歩の象徴”を選び、評価する自由があるはずです。」

とコメントした[23]

騒動[編集]

レバノンでは2014年にガル・ガドットが自身のFacebookに投稿した文章[24]が、イスラエル軍を称賛しハマスを批判する内容であると問題視した人々によって上映のボイコット運動が起き、運動の影響を受けてレバノンの政府当局は2017年5月31日に本作の上映を禁止する通達を出したと報じられた[25][26]。レバノンでは『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が公開されたときにも同様の運動が起きたが、公開中止に至ることはなかった。

チュニジアではイスラエル出身のガル・ガドットが「ワンダーウーマン」という名のキャラクターを演じることはシオニズムであると訴える運動が発生し、本作の劇場公開が延期されることとなった[27]。また、理由は明かされていないものの2017年の外交危機によって国交断絶されているカタールの2つの映画館が本作の公開を取りやめている[28]

参考文献[編集]

  1. ^ “DCコミック原作「ワンダーウーマン」が2017年夏に日本公開”. 映画ナタリー. (2016年9月8日). http://natalie.mu/eiga/news/200991 2016年9月8日閲覧。 
  2. ^ 2016年12月2日から12月4日までに開催された東京コミコンにて明らかにされた
  3. ^ http://www.imdb.com/title/tt0451279/
  4. ^ a b c Wonder Woman” (英語). Box Office Mojo. 2017年8月19日閲覧。
  5. ^ オトコマエすぎるオンナ!ワンダーウーマンってなにもの?” (2017年8月1日). 2017年9月23日閲覧。
  6. ^ a b “『ワンダーウーマン』、女性が監督した歴代実写映画興行収入で1位を記録”. (2017年6月26日). http://www.crank-in.net/movie/news/50391 2017年9月14日閲覧。 
  7. ^ “『ワンダーウーマン』、女性監督作品でオープニング興収歴代トップに!”. (2017年6月5日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/06/05/49978.html 2017年9月14日閲覧。 
  8. ^ Wonder Woman(2017)”. box office mojo. 2017年9月14日閲覧。
  9. ^ “「ワンダーウーマン」続編、パティ・ジェンキンス監督の続投が確定”. IGN JAPAN. (2017年9月12日). http://jp.ign.com/wonder-woman/17259/news/ 2017年9月14日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h CAST & STAFF”. 2017年7月21日閲覧。
  11. ^ a b c d e “「ワンダーウーマン」吹替版に甲斐田裕子、小野大輔、新井美羽ら参加”. 映画ナタリー. (2017年8月2日). http://natalie.mu/eiga/news/243122 2017年8月2日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n “話題のふきカエ ワンダーウーマン”. ふきカエル大作戦!!. (2017年8月19日). http://www.fukikaeru.com/?p=7770 2017年8月19日閲覧。 
  13. ^ http://www.ew.com/article/2016/03/07/gal-gadot-wonder-woman-batman-v-superman
  14. ^ Russell, Scarlett (2016年4月8日). “Wonder Woman star Gal Gadot says that her solo movie has "moments of humour"”. 2016年4月8日閲覧。
  15. ^ 乃木坂46、初の試みで“今までになかった力強さ” 新衣装のポイントは?<ワンダーウーマン> モデルプレス (2017年7月26日) 2017年8月3日閲覧
  16. ^ “Sia releases a powerful new anthem in Wonder Woman soundtrack song 'To Be Human'”. http://www.digitalspy.com/music/wonder-woman/news/a829237/sia-anthem-wonder-woman-soundtrack-to-be-human/ 2017年5月25日閲覧。 
  17. ^ "DEBUT WONDER WOMAN Limited Collection"”. 2017年7月12日閲覧。
  18. ^ “☆映画「ワンダーウーマン」クリエイターズコラボアート展開催!!☆”. http://www.lumine.ne.jp/est/topics/topics_details.php?article_no=3452 2017年7月7日閲覧。 
  19. ^ “「ワンダーウーマン」クリエイターズ コラボ 第1弾公開!”. 【ワーナー公式】ニュース. https://warnerbros.co.jp/c/news/2017/07/1196.html 2017年7月7日閲覧。 
  20. ^ “「ワンダーウーマン」 クリエイターズ コラボ 第2弾解禁!”. 【ワーナー公式】ニュース. https://warnerbros.co.jp/c/news/2017/07/1228.html 2017年7月28日閲覧。 
  21. ^ a b “期待の新作DC映画「ワンダーウーマン」のレビューが解禁 海外メディアの評価は?”. IGN JAPAN. (2017年6月1日). http://jp.ign.com/wonder-woman/14065/news/dc 2017年9月14日閲覧。 
  22. ^ “DC史上最高の映画!海外メディアが「ワンダーウーマン」を絶賛”. IGN JAPAN. (2017年5月20日). http://jp.ign.com/wonder-woman/13780/news/dc 2017年9月14日閲覧。 
  23. ^ “ジェームズ・キャメロン、「ワンダーウーマン」はハリウッドにとって“後退”――パティ・ジェンキンス監督が反論”. IGN JAPAN. (2017年8月26日). http://jp.ign.com/wonder-woman/16753/news/ 2017年9月14日閲覧。 
  24. ^ Gal Gadotの投稿 (10152522016708926) - Facebook
  25. ^ Lebanon bans the new ‘Wonder Woman’ movie”. 2017年6月1日閲覧。
  26. ^ Lebanon bans 'Wonder Woman' movie after campaign against Gal Gadot”. 2017年6月1日閲覧。
  27. ^ ‘Wonder Woman’ Screenings Suspended in Tunisia Amid Opposition to Gal Gadot”. 2017年7月2日閲覧。
  28. ^ Qatari cinemas quit airing ‘Wonder Woman’”. 2017年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]