ボーン・アルティメイタム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボーン・アルティメイタム
The Bourne Ultimatum
監督 ポール・グリーングラス
脚本 トニー・ギルロイ
スコット・Z・バーンズ
ジョージ・ノルフィ
原案 トニー・ギルロイ
原作 ロバート・ラドラム
最後の暗殺者
製作 パトリック・クロウリー
フランク・マーシャル
ポール・L・サンドバーグ
製作総指揮 ダグ・リーマン
ジェフリー・M・ワイナー
ヘンリー・モリソン
出演者 マット・デイモン
音楽 ジョン・パウエル
主題歌 モービー「Extreme Ways ~Bourne's Ultimatum~」
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 クリストファー・ラウズ
製作会社 ケネディ/マーシャル
ラドラム・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年8月3日
日本の旗 2007年11月10日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン[1]
言語 英語
フランス語
アラビア語
ロシア語
スペイン語
製作費 $110,000,000[2]
興行収入 $442,824,138[2]
日本の旗 16.5億円[3]
前作 ボーン・スプレマシー
次作 ボーン・レガシー
テンプレートを表示

ボーン・アルティメイタム』(The Bourne Ultimatum)は、2007年アメリカ合衆国サスペンスアクション映画記憶を失った暗殺ジェイソン・ボーン(Jason Bourne)を主人公とした『ボーン』シリーズの3作目であり、『ボーン・スプレマシー』の続編。監督は前作に引き続きポール・グリーングラス、出演はマット・デイモンジョアン・アレンなど。原題はロバート・ラドラムの『最後の暗殺者』の原題と同じであるが、ストーリーはまったく異なり映画オリジナルである。CIAの秘密作戦を世間に知らせようとする内部関係者を巡って、過去の記憶を取り戻そうとするボーンとCIAが争う。なお、題名のアルティメイタムとは最後通牒のこと。

北アメリカでは2007年7月25日にプレミア上映されたのち、8月3日に3660館で公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年11月10日に日劇1ほかで公開された。全世界で4億4410万ドルを売り上げ、デイモンが主演した作品の中で当時最高の興行収入を記録した。批評家からも絶賛され、シリーズ最高傑作と評された。ナショナル・ボード・オブ・レビューでは 2007年のトップ10作品に選ばれ、第80回アカデミー賞では、編集賞録音賞音響効果賞を受賞した。

あらすじ[編集]

アメリカ合衆国の秘密プロジェクトとして、CIAが主宰した人間兵器作成計画「トレッド・ストーン作戦」の第1号として世へ送り出されたジェイソン・ボーンは、ある任務をきっかけに記憶を喪失してしまい、図らずも所属元のCIAから追われる。ボーンは記憶を取り戻す旅を続けながら、CIAと戦い、現場責任者であったコンクリンを追い詰めて恫喝して去る。しかし総責任者のアボットはコンクリンを暗殺、全ての責任を彼へ被せ「トレッド・ストーン作戦」を中止した。そして新たなプランとして「ブラックブライアー作戦」を開始する。しかし、イギリスの新聞記者サイモン・ロスが闇に葬られたはずの「トレッドストーン作戦」の存在を嗅ぎつけ内容を世間に暴露しようとする。ボーンは新聞記事を見てロスへ接触したが、ロスはCIAのスナイパーに射殺されてしまう。ボーンがロスの死の直前に聞いたのは「トレッド・ストーン作戦」の発展版「ブラック・ブライヤー(黒い荊棘)作戦」が進行中という情報だった。ロスへ接触した為、存在をCIAに察知されてしまったボーンは、またしてもCIAに命を狙われながら、自分を追う者の正体と自分が誰であるかを捜し求めて、再び動き始める。


キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
ジェイソン・ボーン マット・デイモン 平田広明 三木眞一郎
ニッキー・パーソンズ ジュリア・スタイルズ 沢海陽子 百々麻子
パメラ・ランディ ジョアン・アレン 小山茉美 山像かおり
ノア・ヴォーゼン デヴィッド・ストラザーン 小川真司 大塚芳忠
エズラ・クレイマーCIA長官 スコット・グレン 伊藤和晃 小林清志
アルバート・ハーシュ博士 アルバート・フィニー 大塚周夫 石田太郎
サイモン・ロス パディ・コンシダイン 田中完 横堀悦夫
ニール・ダニエルズ コリン・スティントン 岩崎ひろし
ウィリス(ヴォーゼンの部下) コーリイ・ジョンソン 楠大典
トム・クローニン(ランディの部下) トム・ギャロップ 古澤徹 相沢まさき
バズ エドガー・ラミレス 伊丸岡篤 竹田雅則
マーティン・クルーツ(マリーの兄) ダニエル・ブリュール 前野智昭 咲野俊介
ワード・アボット(自白の録音音声) ブライアン・コックス 糸博 富田耕生
日本語版その他出演 志村知幸
西前忠久
髙階俊嗣
白熊寛嗣
櫛田泰道
久嶋志帆
東條加那子
谷昌樹
赤城進
魚建
風間秀郎
堀川仁
加納千秋
小幡あけみ
斉藤次郎
広田みのる
丸山壮史
永木貴依子
小林美奈
藤本教子
榊原奈緒子
日本語版制作スタッフ
演出 神尾千春 高橋剛
翻訳 平田勝茂 栗原とみ子
調整 菊池悟史 栗林秀年
効果 渡辺基
プロデューサー 中島良明
小林裕幸(フジテレビ)
制作 ACクリエイト ニュージャパンフィルム
初回放送 2009年10月30日
土曜プレミアム
21:00-23:10

スタッフ[編集]

評価[編集]

レビュー・アグリゲーターRotten Tomatoesでは268件のレビューで支持率は92%、平均点は8.00/10となった[4]Metacriticでは38件のレビューを基に加重平均値が85/100となった[5]

主な受賞[編集]

続編[編集]

主演のマット・デイモンは、2007年に訪れたカンヌ国際映画祭にて「『ボーン』シリーズは3作目でラスト」とコメントしていたが、その後、続編の製作が決定した[6]。シリーズ4作目となる『ボーン・レガシー』では、グリーングラス監督の降板に伴い主演のマット・デイモンも出演しないことが決まっている。

原作小説[編集]

この映画シリーズは、ロバート・ラドラムによる長編小説『暗殺者』(The Bourne Identity、1980年)、『殺戮のオデッセイ』(The Bourne Supremacy、1986年)、『最後の暗殺者』(The Bourne Ultimatum、1990年)のボーン3部作を原作としている。

なお、ロバート・ラドラムの死後、エリック・ヴァン・ラストベーダーによって、続編『ボーン・レガシー』(2004年)、『ボーン・ビトレイヤル』(2007年)、『ボーン・サンクション』(2007年)が書かれている。

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Bourne Ultimatum”. IMDb. 2024年1月29日閲覧。
  2. ^ a b The Bourne Ultimatum (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月6日閲覧。
  3. ^ 2007年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  4. ^ "The Bourne Ultimatum". Rotten Tomatoes (英語). Fandango Media. 2023年1月24日閲覧
  5. ^ "The Bourne Ultimatum" (英語). Metacritic. Red Ventures. 2023年1月24日閲覧。
  6. ^ シネマ・トゥディ (2008年10月20日). “『ボーン・アイデンティティー』シリーズ4作目の脚本家決定”. 2009年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]