ダニエル・ブリュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエル・ブリュール
Daniel Brühl
Daniel Brühl
『青い棘』のプレミアにて、共演のアンナ・マリア・ミューエ
本名 Daniel César Martín Brühl González Domingo
生年月日 1978年6月16日(38歳)
出生地 スペインの旗 スペイン バルセロナ
国籍 ドイツの旗 ドイツ
主な作品
グッバイ、レーニン!
ベルリン、僕らの革命
ラッシュ/プライドと友情
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

ダニエル・ブリュール: Daniel Brühl[1]1978年6月16日 - )はスペイン生まれのドイツ俳優

来歴[編集]

ドイツ人舞台演出家の父親[2]と、カタルーニャ人の母親の間にバルセロナに生まれる[3]。生まれてすぐにドイツのケルンに移り、そこで育った。スペイン語・英語を流暢に話す。10代よりテレビなどで端役で出始めた。

2003年の『グッバイ、レーニン!』が世界的にヒットし、ドイツ映画賞も受賞して知られるようになった。2004年にはイギリス映画『ラヴェンダーの咲く庭で』にも出演。2006年にはスペイン映画『サルバドールの朝』、2007年にはハリウッド映画『ボーン・アルティメイタム』と、幅広く活躍している。

2009年からは映画製作会社Film1を立ち上げ、制作にも携わっている[4]

出演作品[編集]

公開年 日本語題
原題
役名 備考
2003 グッバイ、レーニン!
Good bye, Lenin!
アレックス ヨーロッパ映画賞男優賞 受賞
2004 ラヴェンダーの咲く庭で
Ladies in Lavender
アンドレア
ベルリン、僕らの革命
Die fetten Jahre sind vorbei
ヤン
青い棘
Was nützt die Liebe in Gedanken
パウル・クランツ
2005 戦場のアリア
joyeux noel
ホルストマイヤー中尉
2006 僕の友達
Ein Freund von mir
カール
サルバドールの朝
Salvador
サルバドール・プッチ・アンティック
2007 ボーン・アルティメイタム
The Bourne Ultimatum
マーティン・クルーツ
パリ、恋人たちの2日間
2 Days in Paris
ルーカス
2008 ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所
In Tranzit
クラウス
クラバート 闇の魔法学校
Krabat
トンダ
2009 ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜
John Rabe
ゲオルク・ローゼン博士
血の伯爵夫人
The Countess
イシュトヴァン・トゥルゾ
イングロリアス・バスターズ
Inglourious Basterds
フレデリック・ツォラー
2011 コッホ先生と僕らの革命
Der ganz große Traum
コンラート・コッホ
みんなで一緒に暮らしたら
Et si on vivait tous ensemble?
ディルク
EVA〈エヴァ〉
Eva
アレックス・ガレル
イントルーダーズ
Intruders
アントニオ牧師
2012 ニューヨーク、恋人たちの2日間
2 Days in New York
The Oak Fairy
ウイニング・ストリーク 絶対にカジノで勝つ方法
Winning Streak
イヴァン
セブン・デイズ・イン・ハバナ
7 Days in Havana
レオナルド
2013 ラッシュ/プライドと友情
Rush
ニキ・ラウダ 英国アカデミー賞 助演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート
全米映画俳優組合賞 助演男優賞ノミネート
サンタバーバラ国際映画祭ヴァーチュオソス賞 受賞
フィフス・エステート/世界から狙われた男
The Fifth Estate
ダニエル・ベルク
2014 誰よりも狙われた男
A Most Wanted Man
マキシミリアン
天使が消えた街
The Face of an Angel
トーマス・ラング
2015 黄金のアデーレ 名画の帰還
Woman in Gold
フーバータス・チェルニン
二ツ星の料理人
Burnt
トニー
コロニア
Colonia
ダニエル
2016 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
Captain America: Civil War
ヘルムート・ジモ大佐

脚注[編集]

  1. ^ De-Daniel Brühl.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]
  2. ^ Filmportal.de (2012年4月5日). “Daniel Brühl”. Filmportal.de. 2012年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月5日閲覧。
  3. ^ Daniel Bruhl > Novedades DVD, Blu-ray y alquiler|Videoclub Madison
  4. ^ Meza, Ed (2009年5月16日). “Daniel Bruehl launches fouronfilm”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118003791.html?categoryid=3628&cs=1&nid=2562 2009年7月14日閲覧。 

外部リンク[編集]