誰よりも狙われた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
誰よりも狙われた男
A Most Wanted Man
著者 ジョン・ル・カレ
訳者 加賀山卓朗
発行日 イギリスの旗 2008年10月2日
日本の旗 2013年12月5日
発行元 イギリスの旗 Hodder & Stoughton
日本の旗 早川書房
ジャンル スパイ小説、スリラー小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 ハードカバー
ページ数 336
前作 ミッション・ソング (2006年)
次作 われらが背きし者 (2010年)
コード ISBN 1-416-59488-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

誰よりも狙われた男』(A Most Wanted Man)は、イギリスの作家、ジョン・ル・カレが2008年に発表したスパイ小説、スリラー小説。および小説を原作とする2014年公開の映画。

概要[編集]

2006年、ル・カレはテレビのインタビューを受けるため訪れたハンブルクで、番組の調査員のカーラ・ホーンスタインから、グアンタナモ湾収容キャンプからまもなく24歳の男が解放されるという話を聞かされる。それがムラット・クルナズ(Murat Kurnaz)であった。ドイツで暮らしていたトルコ人のクルナズはパキスタン訪問中に逮捕され、収容所で4年半数々の拷問を受けていた。クルナズは同年4月24日に開放される。ル・カレがこの事件について書いてくれるかもしれないと期待したホーンスタインは、クルナズの自宅があるブレーメンで本人との面会を手配し、ル・カレは2日にわたってクルナズから話を聞いた[1][2]

この出会いがきっかけで、ル・カレはテロリストと疑われた逃亡者についての小説を書くことを決めた。クルナズの弁護士は男性だったが、彼はカーラ・ホーンスタインを思い描いて、良家出身で強情なところもある人権弁護士アナベル・リヒターを作り上げた。

2008年10月2日、本作品は世界同時発売された。イギリスとドイツではベストセラー1位に輝き、『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーリストでは4週にわたって4位にランクインした[3]

なおル・カレはムラット・クルナズの自叙伝『Fünf Jahre meines Lebens. Ein Bericht aus Guantánamo』に一文を寄せている[1]

日本語訳[編集]

  • ジョン・ル・カレ『誰よりも狙われた男』加賀山卓朗訳、早川書房、2013年12月5日。
  • ジョン・ル・カレ『誰よりも狙われた男』加賀山卓朗訳、ハヤカワ文庫、2014年9月19日。ISBN 978-4150413149

映画[編集]

誰よりも狙われた男
A Most Wanted Man
監督 アントン・コルベイン
脚本 アンドリュー・ボーヴェル英語版
原作 ジョン・ル・カレ
『誰よりも狙われた男』
製作 スティーヴン・コーンウェル
ゲイル・イーガン
マルテ・グルナート
サイモン・コーンウェル
アンドレア・カルダーウッド英語版
製作総指揮 ジョン・ル・カレ
テッサ・ロス
サム・イングルバート
ウィリアム・D・ジョンソン
出演者 フィリップ・シーモア・ホフマン
レイチェル・マクアダムス
ウィレム・デフォー
ダニエル・ブリュール
ニーナ・ホス
ロビン・ライト
グリゴリー・ドブリギン英語版
音楽 ヘルバート・グリューネマイヤー
撮影 ブノワ・ドゥローム
編集 クレア・シンプソン
製作会社 The Ink Factory
Potboiler Productions
Amusement Park Films
配給 イギリスの旗 エンターテインメント・ワン英語版
アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年1月19日
サンダンス映画祭
アメリカ合衆国の旗 2014年7月25日
イギリスの旗 2014年9月5日
日本の旗 2014年10月17日
上映時間 122分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $15,000,000[4]
興行収入 $31,554,855[5]
テンプレートを表示

2014年公開。イギリスアメリカ合衆国ドイツの合作。監督はアントン・コルベイン、脚本はアンドリュー・ボーヴェル英語版、主演はフィリップ・シーモア・ホフマンが務めた。ホフマンは本作品が遺作となった(2014年2月2日死去)。原作者のル・カレはカメオ出演している。

あらすじ[編集]

ドイツの港湾都市ハンブルク。同国の諜報機関でテロ対策チームを率いるベテラン捜査官ギュンター・バッハマンは、一人の青年が密入国したという情報を手に入れる。青年の名はイッサ・カルポフ。イスラム過激派組織の一員として国際指名手配されている人物だった。

政治亡命を訴えるイッサは、人権団体の若手弁護士アナベル・リヒターと知り合い、彼女を介して銀行家であるトミー・ブルーとの接触を図っていた。その後の調べで、イッサの目的はトミーの銀行にある秘密口座であると知ったドイツの諜報機関は、CIAの介入を得ることに成功し、いよいよイッサの逮捕に乗り出す。しかし、ギュンターはイッサをあえて泳がせて、更なる大物の逮捕を狙っていた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ a b アダム・シズマン『ジョン・ル・カレ伝 <下>』加賀山卓朗、鈴木和博訳、早川書房、2018年5月25日、369-373頁。
  2. ^ ジョン・ル・カレ『地下道の鳩─ジョン・ル・カレ回想録』加賀山卓朗訳、早川書房、2017年3月15日、77-82頁。
  3. ^ 『ジョン・ル・カレ伝 <下>』 前掲書、380頁。
  4. ^ A MOST WANTED MAN”. Movie Insider. 2014年11月7日閲覧。
  5. ^ A Most Wanted Man” (英語). Box Office Mojo. 2014年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]