コントロール (2007年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コントロール
Control
監督 アントン・コービン
脚本 マット・グリーンハルシュ
製作 アントン・コービン他
製作総指揮 イアン・カニング他
出演者 サム・ライリー
サマンサ・モートン
音楽 イアン・ニール
撮影 マーティン・ルーエ
編集 アンドリュー・ヒューム
配給 イギリスの旗 Momentum
日本の旗 スタイルジャム[1]
公開 フランスの旗 2007年5月17日
イギリスの旗 2007年10月5日
日本の旗 2008年3月15日[1]
上映時間 119分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア[1]
言語 英語
製作費 $6,400,000[2]
興行収入 世界の旗$8,159,508[3]
テンプレートを表示

コントロール』(原題:Control)は、2007年に公開されたイギリスアメリカの合作映画。ジョイ・ディヴィジョンのボーカル、イアン・カーティスの半生を描いた伝記映画[1]

概要[編集]

本作はイギリスロックバンド"ニュー・オーダー"の前進"ジョイ・ディヴィジョン"のボーカルで、23歳の若さで自殺したイアン・カーティスの半生を描いた伝記映画である[1]。写真家アントン・コービンの長編監督デビュー作品で、全編モノクロ仕様[1]

第60回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(特別表彰)、第61回英国アカデミー賞新人賞を始めとする数々の映画賞を受賞した。

ストーリー[編集]

イングランド北東部のある田舎町。19歳のイアンは恋人デボラと結婚し家庭を築く。イアンは地元の職業安定所で働きながら、バンド活動も精力的に行っていた。1978年ロンドンで初めてのライブを行うが、イアンは原因不明の発作を起こす。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サウンドトラック[編集]

2007年10月1日、ワーナー・ブラザースから『Control』のタイトルで発売された[4]。日本盤は2008年3月5日、ワーナーミュージック・ジャパンから『コントロール』のタイトルで発売された[5]

なお音楽監修に協力したニュー・オーダーは、特別にExitHypnosisGet Outインストゥルメンタル・トラックを収録している[6]

  1. ニュー・オーダー : : Exit
  2. ヴェルヴェット・アンダーグラウンド : : What Goes On
  3. ザ・キラーズ : : Shadowplay
  4. バズコックス : : Boredom(ライヴ)
  5. ジョイ・ディヴィジョン : : Dead Souls
  6. スーパーシスター : : She Was Naked
  7. イギー・ポップ : : Sister Midnight
  8. ジョイ・ディヴィジョン : : Love Will Tear Us Apart
  9. セックス・ピストルズ : : Problems(ライヴ)
  10. ニュー・オーダー : : Hypnosis
  11. デヴィッド・ボウイ : : Drive-In Saturday
  12. ジョン・クーパー・クラーク英語版 : : Evidently Chickentown
  13. ロキシー・ミュージック : : 2HB
  14. ジョイ・ディヴィジョン : : Transmission(キャスト・ヴァージョン)
  15. クラフトワーク : : Autobahn
  16. ジョイ・ディヴィジョン : : Atmosphere
  17. デヴィッド・ボウイ : : Warszawa
  18. ニュー・オーダー : : Get Out

評価[編集]

批評家の反応

映画批評サイトのRotten Tomatoesは、111件のレビューに基づき87%の指示を示し、評価の平均を7.4/10としている。また批評家の総意として「この映画は、白黒映像とサム・ライリーとサマンサ・モートンの驚異的なパフォーマンスによる芸術作品であり、ジョイ・ディビジョンに精通していない人でも、映画の美しさに感謝することができる」としている[7]

批評家のロジャー・エバートは「この映画の功績は、音楽的な伝記と人生の物語を同時に描いたことだ」とし、4つ星満点中3.5つ星の評価を付けた[8]

受賞

英国インディペンデント映画賞で最優秀作品に選ばれ、監督のアントン・コービンが最優秀監督賞と監督デビュー賞を受賞した[9]。また、本作で抜擢されるまで倉庫で働いていたという、主人公カーティスを演じたサム・ライリーは最優秀新人賞を獲得し、ジョイ・ディヴィジョンのマネージャーで、ファクトリー・レコーズの共同経営者でもあったロブ・グレットンを演じたトビー・ケベルが助演男優賞を受賞した[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]