EVA〈エヴァ〉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
EVA〈エヴァ〉
Eva
監督 キケ・マイーリュ
脚本 セルジ・ベルベル
クリスティーナ・クレメンテ
マルティ・ロカ
アインツァ・セラ
製作総指揮 セルジ・カサミティアーナ
リタ・ロッジ
アインツァ・セラ
エリック・タヴィティアン
出演者 ダニエル・ブリュール
マルタ・エトゥラ
ルイス・オマール
クラウディア・ベガ
音楽 サーシャ・ガルペリン
エフゲニー・ガルペリン
撮影 アルナウ・バイス・コロメル
編集 エレーナ・ルイス
製作会社 Escándalo Films S.L.
Ran Entertainment
Canal+ España
Canal+
Saga-Productions
テレビシオン・エスパニョーラ
Wild Bunch
配給 スペインの旗 パラマウント映画
公開 スペインの旗 2011年10月28日
上映時間 94分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
製作費 €7,000,000[1]
テンプレートを表示

EVA〈エヴァ〉』(原題 : Eva)は2011年スペインSF映画。監督はキケ・マイーリュ。2011年9月7日に第68回ヴェネツィア国際映画祭で初上映された[2]

日本では、2012年9月30日に第9回ラテンビート映画祭にて初上映された[3][4]後、“シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクションにて2012年10月27日から東京・大阪・名古屋で限定公開され[5]、2013年1月12日にDVD/Blu-rayが発売された。

ストーリー[編集]

2041年、天才ロボット科学者であるアレックスは、故郷である雪深いサンタ・イレーネに10年ぶりに戻って来る。10年前に中断したままになっていた子供型ロボットの研究開発を再開するために、同地にある大学のロボット科学者フリアに呼び戻されたからである。しかし、故郷にはかつての恋人で今は兄ダヴィッドの妻となったラナがおり、ラナとアレックスの間には今でもわだかまりが残っていた。

アレックスは大学での仕事を嫌い、実家で研究をすることになる。フリアはロボットのモデルとなる少年の候補を何人か映像で見せるが、アレックスはいずれの少年も気に入らない。そんな中、アレックスは街中で個性的な少女エヴァと知り合い、彼女をロボットのモデルにしようと考えるが、実はエヴァはダヴィッドとラナの1人娘だった。

アレックスに興味を持ったエヴァが自ら叔父の家を訪れると、アレックスは早速彼女をモデルにロボットの「脳」を設計するが、ラナは「エヴァには普通の子供らしくあって欲しいから」として、これに反対する。

アレックスとエヴァが叔父と姪として親しくなる一方、アレックスとラナも急速に接近して行く。そんなアレックスに兄ダヴィッドは同じロボット科学者としての嫉妬も感じており、2人は殴り合いの喧嘩となる。

居たたまれなくなったアレックスは再び研究を放り出して町を出て行こうとするが、そこにラナが現れ、エヴァの秘密を明かす。実はエヴァは10年前にアレックスが手がけていた子供型ロボットで、未完成のままアレックスが去った後、ラナが完成させたものなのだ。2人の会話を偶然に聞いてしまったエヴァは、自分がロボットであることを初めて知り、取り乱して走り去る。それをラナは追いかけるが、エヴァともみ合ううちに崖から落ちて死んでしまう。

エヴァの秘密を知っていたフリアはアレックスにエヴァの解体を命じる。アレックスはエヴァと父娘のような時間を過ごすと、その夜、「私を解体しないよね?」と言うエヴァを愛おしげに抱きしめながら、ロボットを初期化するスイッチである「目を閉じて見えるものは?」との言葉をかける。エヴァはアレックスの腕の中で意識を失い、これまでの数々の記憶が次々に消去されて行く。

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

部門 対象 結果
ゴヤ賞英語版 主演男優賞 ダニエル・ブリュール ノミネート
助演男優賞 ルイス・オマール 受賞
オリジナル脚本賞 セルジ・ベルベル
クリスティーナ・クレメンテ
マルティ・ロカ
アインツァ・セラ
ノミネート
新人監督賞 キケ・マイーリュ 受賞
撮影賞 アルナウ・バイス・コロメル ノミネート
編集賞 エレーナ・ルイス
美術賞 ライア・コレット
製作監督賞 トニ・カリソーサ
音響賞 ジョルディ・ルシニョール・クルメー
オリオル・タラゴー
マーク・オーツ
特殊効果賞 アルトゥーロ・バルセイロ
リュイス・カステルス
受賞
メイキャップ&ヘアスタイル賞 コンチャ・ロドリゲス
ヘスス・マルトス
ノミネート
オリジナル作曲賞 サーシャ・ガルペリン
エフゲニー・ガルペリン
ガウディ賞英語版 作品賞 受賞
監督賞 キケ・マイーリュ ノミネート
脚本賞 セルジ・ベルベル
クリスティーナ・クレメンテ
マルティー・ロカ
アインツァ・セラ
主演女優賞 クラウディア・ベガ
主演男優賞 ダニエル・ブリュール
助演女優賞 アンヌ・カノヴァス
助演男優賞 ルイス・オマール 受賞
撮影賞 アルナウ・バイス・コロメル
作曲賞 サーシャ・ガルペリン
エフゲニー・ガルペリン
ノミネート
編集賞 エレーナ・ルイス
美術賞 ライア・コレット 受賞
特殊/視覚効果賞 アルトゥーロ・バルセイロ
リュイス・カステルス
ハビエル・ガルシア
音響賞 ジョルディ・ルシニョール・クルメー
オリオル・タラゴー
マーク・オーツ
ノミネート
衣裳デザイン賞 マリア・ヒル
メイキャップ&ヘアスタイル賞 コンチャ・ロドリゲス
ヘスス・マルトス
制作賞 トニ・カリソーサ

脚注[編集]

  1. ^ Eva (2011/I) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年8月9日閲覧。
  2. ^ Eva (2011) - Release Info” (英語). IMDb. 2013年8月8日閲覧。
  3. ^ EVA < エヴァ >”. 第9回 ラテンビート映画祭. 2013年8月8日閲覧。
  4. ^ スケジュール”. 第9回 ラテンビート映画祭. 2013年8月8日閲覧。
  5. ^ ラインナップ”. “シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション. 2013年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]