半保護されたページ

キングスマン:ファースト・エージェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キングスマン:
ファースト・エージェント
The King's Man
監督 マシュー・ヴォーン
脚本 カール・ガイダシェク
原作 マーク・ミラー
デイヴ・ギボンズ英語版
製作 マシュー・ヴォーン
出演者 レイフ・ファインズ
ジェマ・アータートン
リス・エヴァンス
マシュー・グッド
トム・ホランダー
ハリス・ディキンソン
アーロン・テイラー=ジョンソン
ダニエル・ブリュール
ジャイモン・フンスー
チャールズ・ダンス
音楽 ヘンリー・ジャックマン
撮影 ベン・デイヴィス
編集 ジョン・ハリス
製作会社 20世紀スタジオ
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 20世紀スタジオ
日本の旗 ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 2021年12月22日
日本の旗 2021年12月24日
上映時間 131分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 キングスマン:ゴールデン・サークル
テンプレートを表示

キングスマン:ファースト・エージェント』(原題: The King's Man)は、2021年公開のイギリスアメリカ合衆国アクションスパイ映画。監督はマシュー・ヴォーン、脚本はヴォーンとカール・ガイダシェクが務め、レイフ・ファインズジェマ・アータートンリス・エヴァンスハリス・ディキンソンジャイモン・フンスーらが出演する。マーク・ミラーとデイヴ・ギボンズのコミック『ザ・シークレット・サービス』を原作とする映画「キングスマン」シリーズの3作目。『キングスマン』(2014年)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017年)の前日譚で、第一次世界大戦前夜の時代を舞台に、英国ロンドンサヴィル・ロウの高級テーラーに本部を置く独立スパイ機関「キングスマン」の誕生の秘話を描く。

ストーリー

本作の主役となる英国の名門貴族、オーランド・オックスフォード公[1]レイフ・ファインズ)は英国軍人であったが、英国という国家の国外における欺瞞と戦場の殺戮に嫌気が差し、軍隊を退役後、世界の戦地に救援物資を届ける赤十字の活動を行っていた。

時は20世紀初頭、1902年の南アフリカにさかのぼる。英国は南アフリカの領有権を巡り、ボーア人(アフリカーナー)との激しい戦い・第二次ボーア戦争を繰り広げていた。オックスフォード公は妻のエミリーアレクサンドラ・マリア・ララ)、息子のコンラッド(幼年期:アレクサンダー・ショウ)、執事のショーラジャイモン・フンスー)とともに赤十字活動で英国軍の基地を訪問。オックスフォード公は盟友の指揮官・キッチナーチャールズ・ダンス)と、彼の右腕となる副官のモートンマシュー・グード[1])と基地内で面会するが、ボーア人兵士が放ったライフルの凶弾により、エミリーは命を落としてしまう。

時は流れ、1914年。「羊飼い」を名乗る謎の男が、世界に混乱を巻き起こすべく、とある断崖絶壁の小屋で秘密会議を開いていた。そこにいるのはロシアの怪僧、ラスプーチンリス・エヴァンス)、女スパイ、マタ・ハリ(ヴァレリー・パフナー)、セルビアのテロリスト、ガヴリロ・プリンツィプ(ジョエル・バスマン)、ロシアの革命家、レーニンアウグスト・ディール)、ドイツのニセ預言者、エリック・ヤン・ハヌッセンダニエル・ブリュール)など、後に世界を揺り動かすことになるキーパーソンたちで構成される「闇の狂団[1][2]であった。「羊飼い」は彼らに「闇の狂団」のメンバー証である動物の絵柄入りの指輪を渡す。指輪の中には、自決用の青酸カリが封入されていた。「羊飼い」の目的は、いとこ同士となるイギリス国王のジョージ5世、ドイツ皇帝のヴィルヘルム2世、ロシア皇帝のニコライ2世トム・ホランダーの1人3役)を反目させ、世界に破滅的な戦争を起こすことであった。

オックスフォード公はキッチナーの依頼を受け、成人したコンラッド(ハリス・ディキンソン)とともにオーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者であるフランツ・フェルディナンド大公(ロン・クック)を護衛する。しかし、オックスフォード公の努力も虚しく、大公はプリンツィプに射殺されてしまう。

そこで、オックスフォード公は女執事のポリー・ワトキンズジェマ・アータートン)に命じて、国家権力に頼らない諜報網の構築を開始した。独自の諜報網から得られた情報により、ロシアのラスプーチンが世界大戦の元凶になることを察知したオックスフォード公、コンラッド、ポリー、ショーラの4名はロシアの宮殿に潜入。激しい戦闘の末、ラスプーチンは絶命する。その後、キッチナーが乗船していた装甲巡洋艦ハンプシャー魚雷を発射され[注 1]、沈没するなどの不穏な事件が次々と発生する。

コンラッドは英国への愛国心から第一次世界大戦への従軍を強く希望するが、国家の欺瞞を知っている父親のオックスフォード公は乗り気ではなかった。結局、コンラッドは父親の反対を振り切り英国軍に入隊、ドイツ軍との戦闘の最前線に従軍する。コンラッドは英国軍の上官から帰還を命じられるが、下士官のアーチー・リードアーロン・テイラー=ジョンソン)と入れ替わり、最前線への従軍を続ける。現場で勇敢な活躍を見せるコンラッドだったが、アーチーと入れ替わったことが仇となり、別の英国軍上官からドイツ軍のスパイと誤認され、射殺されてしまう。

妻エミリーに続き、息子のコンラッドにも先立たれてしまったオックスフォード公は悲嘆に暮れ、酒に溺れる日々を送っていた。しかし、「闇の狂団」が動き続けていることに気づいたオックスフォード公は立ち直るとともに、執事のポリーに命じて世界中の諜報ネットワークを駆使してドイツ軍の暗号を読み解く。オックスフォード公はアメリカにドイツの陰謀を伝えるが、アメリカのウィルソン大統領は「闇の狂団」メンバーのマタ・ハリのハニートラップにより淫行フィルムを盗撮されたことで弱みを握られ、動きが取れなくなっていた。オックスフォード公は盗撮フィルムを取り返すべく、ポリー、ショーラとともに3人で断崖絶壁にある「闇の狂団」の本部に乗り込む。しかし、黒幕の「羊飼い」は驚くほど意外な人物であった。

凶悪な「羊飼い」との死闘を終えたオックスフォード公は、英国国王ジョージ5世との協力の下、ポリー、ショーラ、アーチーらとともに、ロンドン・サヴィル・ロウ11番地にある高級テーラーに、国家権力から独立した諜報機関を新たに設立する。それが「Kingsman」であった。

しかし、恐ろしいことに「羊飼い」亡き後も「闇の狂団」は死に絶えてはいなかった。「闇の狂団」メンバーの生き残りである偽預言者ハヌッセンは、世界の混乱を継続すべく、左のレーニンに対抗する「右」の存在として、ある若者を新規メンバーとして連れてくる。キングスマンの闘いは終わらない…。

キャスト

※括弧内は日本語吹替[3][4]

製作

2018年6月、マシュー・ヴォーンは『Kingsman: The Great Game』と題した前日譚映画の製作を発表した。前日譚の舞台は1900年代初頭で、諜報機関「キングスマン」の誕生秘話を描く内容となっており、「時系列上の『キングスマン』第3作」と合わせて撮影することが明かされた[7][8]。同年9月にはレイフ・ファインズハリス・ディキンソンの出演が発表され、ファインズは製作総指揮も務めることが明かされた[9]。同年11月にはダニエル・ブリュールチャールズ・ダンスリス・エヴァンスマシュー・グッドの起用が報じられた[10]

2019年2月にはアーロン・テイラー=ジョンソンジェマ・アータートントム・ホランダージャイモン・フンスーアリソン・ステッドマン英語版スタンリー・トゥッチジョエル・バスマン英語版ニール・ジャクソン英語版の出演が報じられた[11][12][13]。同年4月にアレクサンドラ・マリア・ララの出演が報じられ[14]、同年5月にはジョエル・バスマン英語版の起用が決まった[15][16]。また、同月にヴォーンは「リーアム・ニーソンが出演する」という報道は誤報であるとコメントし[17][18]、「The Great Game」はワーキングタイトルであり、正式なタイトルではないことも明かした[17]

2019年1月22日からイギリスで主要撮影が始まり[19]、同年4月からはトリノヴェナリーア・レアーレセルビア王国のシーンの撮影が行われた[20]。当初の撮影監督はベン・デイヴィスだったが、彼は『エターナルズ』に参加するために本作の再撮影中に製作から離脱している[21]

公開

当初は2019年11月8日の全米公開を予定していたが、ウォルト・ディズニー・カンパニーによる20世紀フォックス買収の影響で延期[22]、その後2020年9月18日公開に設定されたが[23][24]新型コロナウイルスのパンデミックによる影響で2021年2月26日に再延期となった[22]日本についても2020年9月25日に劇場公開する予定だったが、アメリカでの公開延期を受けて、2021年2月26日の世界同時公開に変更となった[25]。さらにその後、全米公開が2021年2月12日に繰り上げられることが発表されると、日本公開は同年2月11日になったことが発表された[26]。しかし、再度延期となり、今度は同年3月12日に日米同時公開予定とされ、同日に公開が予定されていた同じディズニーグループの映画である『ラーヤと龍の王国』の公開日が1週間前倒しになる影響が発生した[27][28]。その後、アメリカでの公開が同年8月20日に再度延期されたため、日本での公開も再び延期となった[29]。2021年2月12日、日本での公開も同年8月20日と発表し、世界同時公開となる予定であった[30]

ウォルト・ディズニー・カンパニーは2021年9月10日に同年公開予定作品のスケジュールを発表し、本作品について、2021年12月22日に公開することを明らかにした[31]。また、公開から45日間は劇場独占とする方針も発表した[31][32]。日本では同年12月24日の公開となる[33]。最終的にアメリカでは2021年12月22日、日本では12月24日に公開された。

2022年1月18日、ウォルト・ディズニー・スタジオは本作品を同年2月からディズニー傘下の定額制動画配信サービスにて見放題作品として追加することを発表した。同月9日の日本・イギリス・アイルランド韓国を皮切りに1か月の間にDisney+などのサービスを展開している国と地域にて順次配信を開始する。なお、アメリカではHuluの見放題作品として同月18日から、ラテンアメリカではスター+の見放題作品として同年3月2日から配信を開始する[34]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 史実では、ハンプシャーはドイツ帝国海軍が敷設した機雷に触れて沈没しているが、本作では「羊飼い」が操る人物が発射した魚雷によって沈没したことになっている。

出典

  1. ^ a b c d e f 映画公式パンフレット(株式会社ムービーウォーカー 『MOVIE WALKER PRESS 劇場パンフレットムック #2 『キングスマン:ファースト・エージェント』』 株式会社ムービーウォーカー、2021年12月24日。 )の翻訳による。
  2. ^ 原語では「The Shepherd's Flock(仮訳:羊飼いの群れ)」という名称になっている。
  3. ^ 市川遥 (2020年8月14日). “『キングスマン』新作、吹き替え声優は小澤征悦&梶裕貴!”. シネマトゥデイ. 2021年12月27日閲覧。
  4. ^ キングスマン:ファースト・エージェント”. ふきカエル (2021年12月24日). 2021年12月27日閲覧。
  5. ^ a b “ぺこぱ「キングスマン」最新作で日本語版声優、「これシュウペイ?」って思うくらいのイケボ”. ナターシャ. (2021年11月9日). https://natalie.mu/owarai/news/452670 2021年12月27日閲覧。 
  6. ^ The King's Man - IMDb(英語)
  7. ^ Travis, Ben; Hewitt, Chris (2018-06-08). “Kick-Ass Reboot and Kingsman Universe Coming from Matthew Vaughn's New Studio”. Empire. https://www.empireonline.com/movies/news/kick-ass-reboot-kingsman-universe-coming-matthew-vaughn-new-studio-exclusive/ 2018年12月2日閲覧。. 
  8. ^ Murphy, Charles (2018年8月9日). “EXCLUSIVE: Details on 'KINGSMAN 3'”. That Hashtag Show. 2018年12月2日閲覧。
  9. ^ Marc, Christopher (2018年9月28日). “WWI Era Prequel Movie 'Kingsman: The Great Game' Will Reportedly Star Ralph Fiennes and Harris Dickinson - GWW”. thegww.com. https://thegww.com/wwi-era-prequel-movie-kingsman-the-great-game-will-reportedly-star-ralph-fiennes-and-harris-dickinson/ 2018年12月2日閲覧。 
  10. ^ Sneider, Jeffrey (2018年11月29日). “Exclusive: 'Game of Thrones' Star Joins 'Kingsman' Prequel; Rhys Ifans in Talks”. https://collider.com/kingsman-prequel-rhys-ifans-daniel-bruhl-charles-dance/#images 2018年12月2日閲覧。 
  11. ^ Sneider, Jeffrey (2019年2月7日). “'Kingsman' Prequel: Matthew Vaughn Recruits 'Kick-Ass' Star Aaron Taylor-Johnson”. Collider. 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ Wiseman, Andreas (2019年2月8日). “'Kingsman' Prequel: Harris Dickinson, Gemma Arterton, Ralph Fiennes, Aaron Taylor-Johnson Among Confirmed Cast”. Deadline Hollywood. 2019年8月16日閲覧。
  13. ^ Boucher, Geoff (2019年2月22日). “'Stargirl' Final Four: Amy Smart, Three Others Round Out DC Series Cast”. Deadline Hollywood. 2019年8月16日閲覧。
  14. ^ Marc, Christopher (2019年4月29日). “EXCLUSIVE: 'Rush/Control' Actress Alexandra Maria Lara Joins The Cast of Matthew Vaughn's 'Kingsman: The Great Game'”. HN Entertainment. 2019年4月29日閲覧。
  15. ^ Marc, Christopher (2019年5月1日). “EXCLUSIVE: 'Hanna/Papillon' Actor Joel Basman Is Another Addition To The Cast of Matthew Vaughn's 'Kingsman: The Great Game'”. HN Entertainment. 2019年5月1日閲覧。
  16. ^ Haring, Bruce (2019年5月26日). “'Kingsman 3' Will Wrap The Eggsy/Harry Relationship, Says Director Matthew Vaughn”. HN Entertainment. 2019年5月28日閲覧。
  17. ^ a b Schiller, Griffin (2019年5月30日). “Kingsman: Matthew Vaughn Denies Liam Neeson's Involvement; Next Film Won't Be Called The Great Game [Exclusive]”. The Playlist. 2019年6月16日閲覧。
  18. ^ Marc, Christopher (2019年5月31日). “Matthew Vaughn Says Kingsman 3 Aiming For 2021 Release Date and There Could Be Two More Movies Coming – Debunks Report That Liam Neeson Is In Kingsman: The Great Game”. HN Entertainment. 2019年6月16日閲覧。
  19. ^ Kingsman prequel begins filming”. The Knowledge Online (2019年1月22日). 2019年11月30日閲覧。
  20. ^ Al via a Torino le riprese del film che racconta le "origini" dei Kingsman”. Film Commission Torino Piemonte (2019年4月24日). 2019年7月2日閲覧。
  21. ^ Marc, Christopher (2020年2月3日). “Matthew Vaughn's Kingsman Prequel The King's Man Undergoes Reshoots”. HN Entertainment. 2020年2月3日閲覧。
  22. ^ a b 『キングスマン』新作、全米公開が2021年2月に延期”. シネマトゥデイ (2020年8月28日). 2021年12月27日閲覧。
  23. ^ Jones, Marcus (2019-06-19). “The 'Kingsman' prequel is now known as 'The King's Man'” (英語). Entertainment Weekly (Meredith Corporation). https://ew.com/movies/2019/06/19/kingsman-prequel-title-kings-man/ 2021年12月27日閲覧。. 
  24. ^ 「キングスマン」最新作、7カ月公開延期に”. 映画.com (2019年11月19日). 2021年12月27日閲覧。
  25. ^ 阿部邦弘 (2020年9月1日). “映画「キングスマン:ファースト・エージェント」’21年2月に公開延期”. AV Watch. インプレス. 2021年12月27日閲覧。
  26. ^ 『キングスマン』新作、日本公開が早まる!”. シネマトゥデイ (2020年9月29日). 2021年12月27日閲覧。
  27. ^ 映画『キングスマン:ファースト・エージェント』公開日変更のお知らせ”. 20世紀スタジオ (2020年12月24日). 2020年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月1日閲覧。
  28. ^ ディズニー新作『ラーヤと龍の王国』映画館&Disney+プレミアアクセス同時公開”. シネマトゥデイ (2020年12月28日). 2021年12月27日閲覧。
  29. ^ 映画『キングスマン:ファースト・エージェント』『Ron’s Gone Wrong(原題)』 公開延期のお知らせ”. 20世紀スタジオ (2021年1月27日). 2021年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月1日閲覧。
  30. ^ 映画『キングスマン:ファースト・エージェント』『Ron’s Gone Wrong(原題)』 新公開日のお知らせ”. 20世紀スタジオ (2021年2月12日). 2021年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月12日閲覧。
  31. ^ a b Disney Announces Exclusive Theatrical Windows for Remaining 2021 Slate of Films” (英語). The Walt Disney Company (2021年9月10日). 2021年12月27日閲覧。
  32. ^ 稲垣貴俊 (2021年9月11日). “ディズニー、『エターナルズ』ほか6作品の劇場独占公開を決定 ─ 『キングスマン』『ウエスト・サイド・ストーリー』も”. THE RIVER. 2021年12月27日閲覧。
  33. ^ “映画『キングスマン:ファースト・エージェント』監督マシュー・ヴォーン、キングスマン誕生秘話描く第3弾”. ファッションプレス. (2021年8月27日). https://www.fashion-press.net/news/51052 2021年12月27日閲覧。 
  34. ^ 20th Century Studios' 'The King's Man' to Debut on Hulu in the U.S. February 18”. The Walt Disney Studios (2022年1月18日). 2022年1月20日閲覧。

外部リンク