椎名高志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
椎名 高志
本名 非公開
生誕 1965年6月24日(48歳)
日本の旗 日本大阪府
国籍 日本
活動期間 1989年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 GS美神 極楽大作戦!!
MISTERジパング
絶対可憐チルドレン
受賞 第38回小学館漫画賞少年部門
(『GS美神 極楽大作戦!!』)
テンプレートを表示

椎名 高志(しいな たかし、1965年6月24日 - )は、日本漫画家

大阪府出身。大阪府立箕面高等学校京都市立芸術大学卒業。血液型O型。妻は高橋留美子の元アシスタントである清水彩。

経歴[編集]

高校時代に「小学館新人コミック大賞」佳作受賞(作品名は非公表)、また、アニメーションを製作していた。そのときのメンバーに吉松孝博がいる[注 1]1989年、『週刊少年サンデー』(小学館)に掲載の「Dr.椎名の教育的指導!!」でデビュー。主に『週刊少年サンデー』などで活動する。

デビュー直後は4コマ漫画や読みきりを描いており、『(有)椎名百貨店』にまとめられた。パロディも多用され、その元ネタ探しも面白さの1つである。

後に『GS(ゴーストスイーパー)美神 極楽大作戦』で長編連載を持つようになった。アニメ『GS美神』では鶴ひろみが美神令子を演じたが、椎名は鶴のデビュー作『ペリーヌ物語』を少年期に見ており、それ以来のファンだったという[注 2]。また、自身の結婚式では鶴に司会を依頼した結果、鶴と横島忠夫役の堀川亮が司会を担当することになったという。

現在『週刊少年サンデー』にて「絶対可憐チルドレン」を連載中である。更に途中から毎週4コマ2つまでもプラスしている。流石にネタ出しがきつく、ある時期『サンデー』での入稿は一番遅かったらしい。また数か月または数週間に1回の休載という事態も増えてきている。アニメ第13話とOVAでは、自身も声優として参加している。2014年13号で中学生編が完結したため休載し、同年夏から高校生編が最終章として再開予定。

年譜[編集]

  • 1989年 - 「Dr.椎名の教育的指導!!」によりデビュー。
  • 1992年 - 第38回小学館漫画賞少年部門受賞。(『GS美神極楽大作戦!!』)
  • 1993年 - 『GS美神 極楽大作戦!!』がTVアニメ化される。
  • 1994年 - 『GS美神 極楽大作戦!!』の劇場版アニメが公開される。
  • 2008年 - 『絶対可憐チルドレン』がTVアニメ化される。
  • 2010年 - 『絶対可憐チルドレン』がOVA化される。

作品一覧[編集]

キャラクターデザイン[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その縁か、2007年には吉松がキャラクターデザインを務めるアニメ『大江戸ロケット』ではみなもと太郎内藤泰弘らと共に一部のキャラクターデザインを手掛けている。また『絶対可憐チルドレン』のアニメ版では吉松がオープニングの原画を担当している。
  2. ^ その後、鶴は『絶対可憐チルドレン』でも明石秋江役で椎名作品への再出演を果たしている

出典[編集]

  1. ^ 『絶対可憐チルドレン〈解禁〉ガイドブック』 小学館2008年4月18日ISBN 978-4-09-121330-3

外部リンク[編集]