つくみず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つくみず
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
代表作少女終末旅行
受賞 第50回星雲賞コミック部門(『少女終末旅行』)
公式サイト つくみず (@tkmiz) - Twitter
テンプレートを表示

つくみずは、日本漫画家男性[1]愛知教育大学卒業[2]。代表作は『少女終末旅行』。

経歴・人物[編集]

大学2年生の頃マンガを描き始め、大学の終わりごろに友人が作ったマンガサークルに誘われた。サークルで描いた作品をネットにアップしたところ、2014年に作品が新潮社の担当者の目に留まり、『少女終末旅行』で商業デビュー[3]。オリジナル作品としては『少女終末旅行』が処女作である。同作は2017年にテレビアニメ化し、アニメーションに興味を持っていたつくみず本人の希望で、鉛筆の線のエンディングアニメーションを全て単独で担当した[4]。原作の絵柄で400枚を超える原画を1ヶ月強で作画し、テレビアニメ少女終末旅行で監督を務めた尾崎隆晴はつくみずとの対談で「アニメーターの仕事とはちょっと違う、1本のアニメーションとして面白いものに仕上がっている」と評している。[5]

小学生の頃から多読家であり、高校生まで小説をよく読んでいた。村上春樹の『ノルウェイの森』『ダンス・ダンス・ダンス』、江國香織の『きらきらひかる』は何回も読み返し、『少女終末旅行』の暗喩的なメッセージ性はその影響を受けている。[3]

高校時代にアニメに熱中し、高校3年生の頃に萌えイラストを描き始めた。マンガを描き始めたのはその延長だという。大学では美術教師になるために絵を勉強し、漠然と絵の仕事をしたいと考えていたが、マンガを描いたのは気まぐれだった[6]。大学時代には戦争映画を愛好し、『少女終末旅行』に第二次世界大戦期にドイツで開発された半装軌車であるケッテンクラートが登場するのも、『プライベート・ライアン』を観たのがきっかけだという[7]

作風[編集]

シュールでときに詩的な作風と、フィーリングを重視した極端にデフォルメされたキャラクターデザインが特徴。

タッチが一番出るのは鉛筆だとしているが、ペンでの作画でも小刻みに震えているような線の表現はジブリなどの原画を担当しているアニメーター・大平晋也の影響だという。ストロークで線を引くと意識が途絶えるように思え、始点から終点までいかに均一な線で表現するかで正確な立体描写が生まれるとITmediaの取材で語っている[6]

アニメーションの表現に影響を受け、マンガを描く際は映像を意識しながらカメラポジションにこだわって作画している。また、ネーム・下描き・ペン入れがそれぞれ別物だと作業のテンションが変わってしまうため、ネームの段階からなるべく完成形のイメージに近づけている[5]

ネームから白黒の配分を考え、白黒/明暗のバランスを考えて作画しており、これらは大学時代の絵画の先生の教えだという[6]

受賞歴[編集]

作品一覧[編集]

同人作品[編集]

  • 『死にたいフラン』妹幻想自治区 2013年8月12日頒布
  • 『文学とはROCKである。 vol.3』密林社 2013年11月4日発売
  • 『文明の夜に焼く秋刀魚と電磁波測定器について』月水技研 2014年2月2日発売
  • 『アロワナ』月水技研 2014年12月23日発売
  • 『つくみずらくがき画集』2018年2月11日発売

商業作品[編集]

装画[編集]

イベントへの参加[編集]

  • 第九回博麗神社例大祭 2012年5月27日 「B54b」[12]
  • コミックマーケット83 2012年12月30日 「セ-34b」[13]
  • 第十回博麗神社例大祭 2013年5月26日 「お20b」[14]
  • コミティア107 2014年2月2日 「つ06a」[15]
  • コミティア110 2014年11月23日 「な54a」[16]
  • コミティア123 2018年2月11日 「の55a」[17]
  • トークショー『チトとユーリの旅行記』2018年3月11日 阿佐ヶ谷ロフトA[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ つくみずの2014年5月13日のツイート”. 2017年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月4日閲覧。
  2. ^ 愛知教育大学生協の2014年11月11日のツイート2018年1月16日閲覧。
  3. ^ a b 宮澤諒 (2015年7月24日). “どう生きるべきか 『少女終末旅行』つくみずは問い掛ける”. ITmedia (アイティメディア株式会社). http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1507/24/news016.html 2017年10月8日閲覧。 
  4. ^ (‪@shojoshumatsu)‬のツイート”. 2019年7月14日閲覧。
  5. ^ a b TVアニメ 少女終末旅行 公式設定資料集. KADOKAWA. (2018年3月28日). 
  6. ^ a b c どう生きるべきか 『少女終末旅行』つくみずは問い掛ける”. ITmedia. 2019年7月14日閲覧。
  7. ^ 少女終末旅行 アニメ通信 vol.03”. くらげバンチ. 新潮社. 2018年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月3日閲覧。
  8. ^ 2019年 第50回星雲賞”. 2019年7月30日閲覧。
  9. ^ 【新連載】つくみず先生による、詩的でシュールなほのぼの日常4コマ!『シメジ シミュレーション』が「コミックキューン3月号」より新連載スタート!”. コミックキューン 公式サイト. ニュース&フェア情報. 株式会社KADOKAWA (2019年1月26日). 2019年1月28日閲覧。
  10. ^ “「少女終末旅行」のつくみずが贈るほのぼの日常劇「シメジ シミュレーション」開幕”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年1月26日). https://natalie.mu/comic/news/317547 2019年1月28日閲覧。 
  11. ^ 新潮文庫nexのツイート”. Twitter. 2019年7月15日閲覧。
  12. ^ 博麗神社社務所『第九回 博麗神社例大祭 目録』
  13. ^ コミックマーケット『コミックマーケット 83 カタログ』コミケット
  14. ^ 博麗神社社務所『第十回 博麗神社例大祭 目録』
  15. ^ COMITIA実行委員会『ティアズマガジン107』
  16. ^ COMITIA実行委員会『ティアズマガジン110』
  17. ^ COMITIA実行委員会『ティアズマガジン123』
  18. ^ “「少女終末旅行」つくみず&尾崎隆晴監督が出演の“公開打ち上げ”、阿佐ヶ谷で”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月27日). https://natalie.mu/comic/news/271313 2018年2月28日閲覧。 

外部リンク[編集]