長谷川裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川 裕一
生誕 1961年4月25日(55歳)
千葉県佐原市(現・香取市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1983年 - 現在
ジャンル SF漫画少年漫画
代表作 マップス』、
マップス ネクストシート』、
機動戦士クロスボーン・ガンダム』、
轟世剣ダイ・ソード』、
クロノアイズ』、
すごい科学で守ります!』など
受賞 第32回(2001年) 星雲賞ノンフィクション部門『もっとすごい科学で守ります!
第34回(2003年) 星雲賞コミック部門『クロノアイズ
公式サイト スタジオ秘密基地[リンク切れ]
テンプレートを表示

長谷川 裕一(はせがわ ゆういち、1961年4月25日 - )は、日本漫画家・同人作家・特撮評論家。千葉県佐原市(現・香取市)出身。男性。少数ながら、長谷川 裕二(はせがわ ゆうじ)名義での活動も存在する(作品リストを参照)。なお、アニメ脚本家ライトノベル作家・スーツアクター長谷川勝己は実弟[1]

主な作品に『マップス』『轟世剣ダイ・ソード』『機動戦士クロスボーン・ガンダム』『飛べ!イサミ』『超獣機神ダンクーガBURN』『クロノアイズ』などの漫画作品や、東映特撮作品のSF考証本『すごい科学で守ります!』がある。

略歴[編集]

千葉県立千葉東高等学校在学中に自主制作アニメ『スタージャッジ』を制作(ただし完成したのは高校卒業後である)。高校卒業後に松田一輝に師事した後、秋田書店の『月刊少年チャンピオン1983年11月号掲載の「魔夏の戦士」で商業誌にデビュー。同誌などで数本の読み切り作品を発表した後、1985年学習研究社が『アニメディア』増刊として刊行した『SFアニメディア』(後の『月刊コミックNORA』)創刊号で「マップス」を発表。作者は読み切りのつもりで描いたのだが、送られてきた創刊号に次号へ続く旨が書かれており、なし崩し的に連載することとなる[2]。同作の連載で知られるようになり、以来現在に至るまで主に月刊少年漫画誌(あるいはマニア誌やメディアミックス漫画誌などと分類されることもある)で活動している。

デビューに前後して、人づてでテレビアニメ作品『超時空騎団サザンクロス』のデザイン(主に主人公達が着る甲冑、アーミング・ダブレットの足跡)を手伝っていたことや、タイムボカンシリーズの復活企画[3]用の主人公メカのデザインを手がけたことがある。同じ頃、小学館の依頼で『ドラえもん』の道具の内部図解をアルバイトで担当し、今ではそれがそのまま公式設定とされている。一番苦労したのはタイムふろしきの内部図解であったと後に述懐している(参考)。また、横山光輝が『元禄御畳奉行の日記』を漫画化した際にそのバックを手伝ったこともある。ちなみに長谷川が横山に会ったのはその時の一度だけで、後に手がけることになる「鉄人28号 皇帝の紋章」の連載中に横山が死去したため、再度会うことは叶わなかった。

なお2007年10月発売の『コミックボンボン』11月号に掲載された「MSV戦記 ジョニー・ライデン」以降、漫画雑誌ではなくウェブコミック誌にのみ作品が発表される状態が続いていたが、2010年5月発売の『月刊コミックラッシュ』7月号より「ゴッドバード」を連載開始し約2年半ぶりに漫画雑誌に作品が掲載された。

受賞歴[編集]

星雲賞を2度受賞している。

また、受賞には至らなかったが、1995年(第26回)に『マップス』、1998年(第29回)に『機動戦士クロスボーン・ガンダム』、2004年(第35回)に『クロノアイズ・グランサー』がそれぞれコミック部門の参考候補作に挙げられていた。ちなみに、2000年には第10回暗黒星雲賞の企画部門とゲスト部門を受賞している。

作風[編集]

漫画作品[編集]

筆はかなり速いほうで、過去には連載2本に加えて1ヶ月に1巻というスピードで単行本1冊まるまる描き下ろすということをやってのけた時期もある(詳細は『飛べ!イサミ』を参照)。

漫画家の岡昌平[4]からは「宮崎駿藤子・F・不二雄に次いで日本で3番目にスケベな漫画家」と評された。また、岡田斗司夫は「日本で2番目にオタクの心が分かっている漫画家」と評した。

特撮評論[編集]

近年では特撮評論家としての活動も行っており、テレビ東京系列番組「TVチャンピオン2000年2月10日放送分「悪役怪獣・怪人王選手権」において優勝の栄冠を勝ち取っている。その活動の関連著作としてスーパー戦隊シリーズを始めとした東映特撮作品のSF考証をテーマとした『すごい科学で守ります!(通称「すごかが」)』シリーズがある。こちらでも漫画作品におけるそれ同様、様々な作品のクロスオーバーに成功しており、前述の通り星雲賞も受賞している。1997年から毎年日本SF大会(長谷川裕一は常連参加者の一人である)にて同名のトーク企画も開いている。

作品リスト[編集]

連載[編集]

連載中[編集]

連載終了[編集]

読み切り[編集]

書籍[編集]

漫画単行本[編集]

各巻の詳細は該当記事を参照。

「すごい科学で守ります!」シリーズ[編集]

いずれも日本放送出版協会刊。詳細は『すごい科学で守ります!』の項を参照。

  • 『すごい科学で守ります!』1998年3月1日第1刷発行 ISBN 4-14-080364-9
  • 『もっとすごい科学で守ります!』2000年8月5日第1刷発行 ISBN 4-14-080503-X - 星雲賞受賞作。
  • 『さらにすごい科学で守ります!』2005年11月30日第1刷発行 ISBN 4-14-080801-2

共著[編集]

単行本未収録の漫画作品が掲載された版権付きアンソロジーコミックのみ記載。

小説挿絵[編集]

その他[編集]

アニメ関係[編集]

ゲームソフト関係[編集]

イラスト・コラム等[編集]

イラスト

など多数。この他、時期・タイトル共に不明だが、学習研究社の『学習』に掲載されていた水沢蝶児の小説の挿絵を担当したこともある。

コラム等

など。

同人関連[編集]

その他デザイン[編集]

  • マジンガーエンジェル
    新名昭彦漫画作品。作中に登場しているアフロダイAの漫画版オリジナルO.P.M「オッパイロケットパンチ」のアイデアを読者に混じって応募して採用されている。
  • 武者烈伝・零
    ホビージャパン誌上で、クロスボーン・ガンダムX-1をモチーフとする武者尖駆琥狼主のデザインが募集された際も投稿。誌面に掲載されるがその後決着はつかぬまま企画の音沙汰が無くなる。琥狼主は後年、武者烈伝・零のムックが刊行された際に先にデザインが発表されていた武者鋭駆主(クロスボーン・ガンダムX-2モチーフ)のバリエーション的姿として登場する。この企画に参加した一般読者の中にはこの結果に不満を持つ者もいた。
  • 四街道市ご当地ヒーローヨツカイダー
    長谷川裕一が四街道市在住という縁でデザインしたヒーロー。プロレス団体「KAIENTAI-DOJO2009年9月20日の興行にてデビューした。

テレビ・ラジオ・イベント等への出演[編集]

飛べ!イサミ』本放送時に放送された正月特番。この中で作画中の風景が取材されている。
1997年以降『すごい科学で守ります!』トークショーを毎年講演。

など。

関連書籍[編集]

稲葉振一郎による長谷川裕一の漫画をテーマにしたSF評論本。長谷川裕一へのインタビューと筆者による分析によって長谷川漫画の持つSF性について考察している。

補足事項[編集]

  • 名前の「裕一」を「ゆういち」と読ませるのは実はペンネームである。本名は同じく「裕一」と書いて「ひろかず」と読ませる[23]
  • 自画像は『マップス』連載終盤頃から同作に登場するニュウ・エイブが使われている[24]。『マップス』や『クロノアイズ』などに登場する侵略大帝も使用。
  • 轟世剣ダイ・ソード』のあとがきによれば、仕事中の雑談等で出たネタは「自分がやります」と宣言した者に優先権が生じる。
  • 宇宙作家クラブの会員である。
  • 21世紀のコミック作家の著作権を考える会に参加している。
  • 「悪役怪獣・怪人王選手権」に出場した際、アシスタントに自らを総統と呼ばせていた。
  • ベルセルク』の作者三浦建太郎は長谷川裕一作品のファンとしても知られており、アイデアの素晴らしさに中学時代から影響を受けていると同人誌のインタビューに答えたこともある。また『マップス ネクストシート』第9巻の帯コメントも担当している。
  • 機動新世紀ガンダムX』にカトキハジメとともに「設定協力」としてクレジットされているが、これは同作のタイトルが当時連載中だった『機動戦士クロスボーン・ガンダム』(機動戦士Xガンダム)とイメージ的にかぶるため、制作側が配慮したものである。したがって実際には同作には参加していない[25]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 兄のデビュー当初の頃にアシスタントを務めていたことがある。
  2. ^ 編集の連絡ミスが原因。
  3. ^ この企画は結局実現しなかった。
  4. ^ ダイ・ソード』単行本第1巻のあとがき漫画での本人のコメントや、『飛べ!イサミ ダッシュ』単行本第3巻の笹本祐一の寄稿には、評したのは漫画家のくら☆りっさであると書かれているが、実際には「くらが1990年夏のコミックマーケットで発行した『マップス』の同人誌の中で、岡昌平が評している」である。
  5. ^ 詳細はマップス#連載初期の背景を参照。
  6. ^ 発表当時は「長谷川裕一の弟」という名目だった(実在の弟である長谷川勝己とは無関係である)。
  7. ^ 富野本人が初めて原作を務めた漫画作品でもある。
  8. ^ エピソードによっては、原作・作画共をアシスタントが担当するなどしている。
  9. ^ 一部作画も担当。[1][リンク切れ]
  10. ^ 4コマサイドを「椎名かつゆき スタジオ秘密基地」名義、美形サイドを「長谷川裕一×大庭園 スタジオ秘密基地」名義にて執筆。この他、原案として「東北新社東映」もクレジットされている。
  11. ^ a b 単行本『BEMADER・P』に収録。
  12. ^ a b c d 短編集『マップス SUPER WIDE 長谷川裕一の世界』に収録。
  13. ^ a b c d 単行本『マップス外伝』第1巻に収録。
  14. ^ a b c 単行本『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』に収録。
  15. ^ 最終巻には『マップス外伝』2巻分を収録。
  16. ^ 第2巻より、発行:角川書店/発売:角川グループパブリッシング。
  17. ^ 著者が『轟世剣ダイ・ソード』文庫版第3巻に寄稿した解説によると、『スタージャッジ』に触発されて制作した自主アニメがルーツであるという作品。
  18. ^ 『オタクの遺伝子 長谷川裕一・SFまんがの世界』 太田出版、2005年3月3日、23頁。ISBN 4-87233-869-3
  19. ^ 『オタクの遺伝子 長谷川裕一・SFまんがの世界』 太田出版、2005年3月3日、137頁。ISBN 4-87233-869-3
  20. ^ SFオンライン40号(2000年6月26日発行) トピックス”. 2001年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月14日閲覧。
  21. ^ キミはスタジオSAGAを知っているか?”. 2001年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月14日閲覧。
  22. ^ サガ”. 2002年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月14日閲覧。
  23. ^ ぱふ』1994年12月号 長谷川裕一インタビュー
  24. ^ 長谷川裕一 『飛べ!イサミ』第5巻、日本放送出版協会〈テレビコミックス〉、1995年12月15日、第1刷、表紙折り返し。ISBN 4-14-454005-7
  25. ^ しかし劇中にクロスボーン・ガンダムに登場するMSとコンセプトが酷似したMSが登場する。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]