星野之宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
星野 之宣
生誕 (1954-01-29) 1954年1月29日(68歳)
日本の旗 日本北海道帯広市[1]または釧路市[2]
職業 漫画家
活動期間 1975年 -
ジャンル SF漫画
代表作2001夜物語
ヤマタイカ
宗像教授伝奇考』など
受賞 手塚賞入選
星雲賞コミック部門(2回)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
※詳細は本文参照
テンプレートを表示

星野 之宣(ほしの ゆきのぶ、1954年1月29日 - )は、日本SF漫画家

北海道出身。愛知県立芸術大学美術学部日本画科中退[1]1975年に『鋼鉄のクイーン』でデビュー。代表作に『ブルーシティー』『2001夜物語』『ヤマタイカ』『宗像教授伝奇考』など[1]。『2001夜物語』はOVA化、『宗像教授伝奇考』はTVドラマ化されている。

来歴[編集]

1975年、大学中退後に上京し『鋼鉄のクイーン』で漫画家デビューを果たす[1]。同年『はるかなる朝』で第九回手塚賞に入選。『週刊少年ジャンプ』で『ブルーシティー』を連載開始し[3]、本格的な作家活動に入る。

翌1976年に『葬送船団』で月例ヤングジャンプ賞入賞。以後『巨人たちの伝説』『妖女伝説』(初の青年漫画誌連載)を発表。

1983年に『ヤマトの火』を発表。以後、『2001夜物語』『ヤマタイカ』と代表作となる作品群を発表する。

1992年には『ヤマタイカ』が星雲賞コミック部門を受賞。2008年には『宗像教授異考録』が文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に選ばれた。他作家のSF小説コミカライズを担当することもあり、ジェイムズ・P・ホーガン星を継ぐもの』で2013年に星雲賞コミック部門を再受賞した[3]

2009年末から2010年初めにかけて、大英博物館での初の原画展・講演会が実施された。2015年には大英博物館の展示会「Manga Now: Three Generations」でちばてつや中村光とともに作品が展示された[3]

2020年には、デビュー45周年を記念して、インタビューや表紙イラストなどが掲載された『文藝別冊 総特集星野之宣』(河出書房新社)が刊行された[4]

人物・作風[編集]

文学者の伊藤整は大叔父にあたる。

星野と同じく手塚賞を受賞して『週刊少年ジャンプ』でデビューした諸星大二郎と親交が深い。SF作品が続いた後、一時期創作の方向性に思い悩んだが、日本神話世界を題材にした作品『ヤマトの火』を手がけるにあたって、先駆者たる諸星大二郎の『暗黒神話』を「これ以外に頼るよすががなかった」と参考にしたという[5]。『ヤマトの火』は完結を見ることなく中断したものの、のちに代表作『ヤマタイカ』や『宗像教授シリーズ』が生まれた。

緻密な構成と卓越した画力による、スケールの大きなハードSF的ストーリーを得意とする。初期のタッチはアシスタント経験からか竜崎遼児風や望月三起也風であったが、次第に劇画タッチに変遷し、欧米のハードSF小説をベースとした大胆なアイデアを緻密な作画で描くことで荒唐無稽に陥らないリアリスティックな作風を確立する。

SFだけでなく歴史にも関心があり、古代史や民俗学の世界に関する作品のほか超古代史系の伝奇作品を描いている[1]

受賞歴[編集]

展覧会[編集]

作品[編集]

漫画[編集]

長編[編集]

短編[編集]

  • 鋼鉄のクイーン(1975年、『少年ジャンプ増刊』、集英社)
  • はるかなる朝(1975年、『週刊少年ジャンプ』)
  • 四次元の爆撃機(1975年、『月刊少年ジャンプ』、集英社。1988年、「落雷」に改題し、集英社より発行の『イワン・デジャビュの一日』に収録)
  • 荒野への脱出(1975年、『週刊少年ジャンプ』)
  • 太陽惑星イカルス(1975年、『週刊少年ジャンプ』)
  • カルネアデス計画(1976年、『週刊少年ジャンプ』。内容はカルネアデスの板に由来)
  • 葬送船団(1976年、『月刊少年ジャンプ』)
  • 暁の狩人(1976年、『週刊少年ジャンプ』。1988年、集英社より発行の『イワン・デジャビュの一日』に収録。2000年、メディアファクトリーより発行の『残像』に収録)
  • 遠い呼び声(1978年、『少年ジャンプ増刊』。1988年、集英社より発行の『はるかなる朝』に収録。2000年、メディアファクトリーより発行の『残像』に収録)
  • 海の牙(1979年、『少年ジャンプ増刊』。1988年、集英社より発行の『イワン・デジャビュの一日』に収録。2000年、メディアファクトリーより発行の『残像』に収録)
  • サーベル・タイガー(1980年、『Weekly漫画アクション増刊スーパーフィクション』8月2日号、双葉社)
  • アダマスの宝石(原作:奥谷俊介、1980年11月1日、『少年/少女SFマンガ競作大全集』PART8 11月増刊、東京三世社)(加筆)
  • サージャント(1980年、『ポップコーン』、光文社)
  • ユニコーンの星(1980年、『月刊マンガ少年』11月号 - 12月号、朝日ソノラマ)(改稿)
  • タール・トラップ(1981年、『月刊コミックトム』4月号、潮出版社
  • 冬の惑星(1981年、『月刊スターログ』5月号 - 6月号、ツルモトルーム
  • 美神曲 APHRODITE INFERNO
    • 前編:ACT1 地獄-インフェルノ-(1981年、『週刊ヤングジャンプNo.7、集英社)
    • 後編:ACT2 浄火-プルガトーリオ-、ACT3 天堂-パラデイスオ-(1981年、『週刊ヤングジャンプ』No.10、集英社)
  • 残像 AN AFTER IMAGE(1980年、『週刊ヤングジャンプ』No.17、集英社。2001年、集英社より発行の『MIDWAY 宇宙編 自選短編集』に収録)
  • アガル(前編)(1990年8月、『月刊ベアーズクラブ』No.27、集英社)
  • アガル(後編)(1990年9月、『月刊ベアーズクラブ』No.28、集英社)
  • 最後の一葉(1980年9月1日、『少年/少女SFマンガ競作大全集』PART7盛夏の号、東京三世社)
  • 世界樹(1981年、『週刊ヤングジャンプ』No.41-45、集英社)
  • クォ ヴァディス - 1981年3月7日、『漫画アクション増刊スーパーフィクション・スペシャル』、双葉社
  • ウラシマ効果(1985年、『月刊ウィングス』、新書館)
  • WAR OF THE WORLDS(1987年、『月刊ウィングス』)
  • ターゲット(1984年、『月刊ウィングス』)
  • 大いなる回帰(1986年、『月刊ウィングス』)
  • 灼ける男(1986年、『SFマガジン1月臨時増刊 THE SF COMICS』、早川書房
  • 超新星メギド(1985年、『UTAN』、学研
  • 宇宙からのメッセージ((漫画ではなくグラフィック作品)1985年、『月刊アニメージュ』、徳間書店
  • 水のアマゾネス(1977年、『少年ジャンプ増刊』、集英社)
  • ホワイト・アウト(1979年、『漫画アクション増刊スーパーフィクション』、双葉社)
  • アリス(1985年、『月刊コミックトム』、潮出版社)
  • イワン・デジャビュの一日(1986年、『ビジネスジャンプ』、集英社。2000年、集英社より発行の『MIDWAY 歴史編 自選短編集』に収録)
  • 夜の大海の中で〈2001夜物語番外編〉(1987年、『月刊スーパーアクション』9月号、双葉社)
  • 歴史は夜つくられる(1988年8月23日、『ビッグコミック』増刊、小学館
  • メビウス生命体(1989年、『SFアドベンチャー』、徳間書店)
  • 巨人伝説(1990年、『コミックバーガー』)
  • 砂漠の嵐(1991年6月7日、『Men's Comic エクストラ』6/7増刊号)
  • 鯨鬼伝(1993年、『月刊コミックトム』)
  • レッドツェッペリン(1994年、『ミスターマガジン』)
  • アウトバースト(1995年、『コミックバーガー』、スコラ)
  • 罪の島(1996年、コミックバーガー)
  • 滅びし獣たちの海(1990年、『ビッグコミックオリジナル』、小学館)
  • エル・アラメインの神殿
  • 国辱漫画(1996年、『コミックビンゴ』、文藝春秋
  • 国辱漫画2 G.H.Q.(1998年、書き下ろし)
  • 土の女 - コミックトム 1993年1月号
  • マレビトの仮面 - 『ホラーM』1995年3月号
  • 星の町(1995年、『ウルトラジャンプ』、集英社)
  • 冬の帝王(1996年1月22日、『ヤングマガジン』No.7、講談社)
  • 鎖の国(1997年、『週刊ヤングサンデー』、小学館)
  • 怒りの器
  • フォボス・ダイモス
  • 霧の惑星
  • 美しい星(2002年、『スピリッツ増刊IKKI』、小学館)
  • 七都市物語 ペルー海峡攻防戦・外伝(1994年、早川書房)

画集[編集]

  • STAR FIELD(1986年、双葉社)
  • CHRONICLE(1996年、朝日ソノラマ)
  • Artworks(2016年、小学館)

作家論[編集]

  • KAWADEムック 星野之宣 総特集 デビュー45周年記念(2020年、河出書房新社)

表紙・挿絵[編集]

3DCGアニメ[編集]

  • 「TO(トゥー) 楕円軌道」「TO 共生惑星」 - 『2001夜物語』を原作として、平成21年10月2日より同時レンタル開始。

その他[編集]

  • 超こち亀 - 2006年9月に発売されたこの本の中で、作者が1Pの作品を寄稿しており、『ブルーシティー』『宗像教授シリーズ』のキャラクターを執筆している。
  • 大合作 - 『月刊アフタヌーン』創刊10周年記念作品。トニーたけざき総指揮。連載作家34人による合作漫画であり、『ブルーワールド』や他作家のキャラクターを描いている。
  • 美術誌『Bien(美庵)』Vol.26(ISBN 4-434-04390-0藝術出版社) 特集「MANGAの可能性」中の「知識の集積で切り結ぶ開かれた物語世界」
  • 諸星大二郎 デビュー50周年記念 トリビュート(2021年、河出書房新社) - 諸星のデビュー50周年を記念して刊行[8]。諸星をリスペクトする作家として参加し、「シン蝕惑星」を寄稿[8]

アシスタント[編集]

関連番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 優秀賞 - 宗像教授異考録|受賞作品|マンガ部門|第12回 2008年”. 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品. 文化庁 (2008年). 2015年1月27日閲覧。
  2. ^ 小説宗像教授伝奇考 / 星野 之宣【原作】/奥谷 俊介【著】”. 紀伊國屋書店ウェブストア. 2019年4月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 大森滋樹「わたしの星野之宣論」(上)『北海道新聞』夕刊2020年6月1日
  4. ^ KAWADEムック 星野之宣河出書房新社(2020年6月4日閲覧)
  5. ^ 「巻末対談」『宗像教授伝奇考』第30号、潮出版、2004年7月1日、 142-145頁、2015年1月27日閲覧。
  6. ^ Manga now three generationsBritish Museum, 3 September –15 November 2015
  7. ^ “和平か、徹底抗戦か、8・15をめぐる攻防が始まる!! 半藤一利の名作を巨匠・星野之宣が鮮烈コミカライズ。 『日本のいちばん長い日』が文春オンラインで連載開始” (プレスリリース), (2021年10月29日), https://www.atpress.ne.jp/news/282299 2022年5月13日閲覧。 
  8. ^ a b “浦沢直樹、萩尾望都、星野之宣、山岸凉子らが描き下ろし「諸星大二郎トリビュート」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年9月7日). https://natalie.mu/comic/news/444103 2021年9月7日閲覧。 

外部リンク[編集]