超こち亀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

超こち亀』(ちょうこちかめ)は、秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下『こち亀』と表記)連載30周年を記念して発売された書籍。正式表記は『こちら葛飾区亀有公園前派出所連載30周年記念出版 超こち亀』。

2006年9月15日に発売されたが、多くの書店ですぐに完売し、同年10月に重版が発行された。

概要[編集]

後述する5つの合作、85組88名の漫画家による1ページトリビュート漫画、写真家大西みつぐの撮りおろし写真などが収録されている。2100円(税込み)。予約のみで販売された道楽BOXにはこの本に加えて、両津勘吉の胸像、ニューナンブ型テレビリモコン、縮小版『こち亀』第1話収録の週刊少年ジャンプ1976年42号、30周年記念腕時計、カタ屋のかた、高級ベーゴマ(金メッキ風)、超特製メンコ、両津家家系図巻物が特製BOXに入っていた。19800円(税込み)。コミックス150巻分(1435話分)の内容を検索可能な「超こち亀データベース」、登場人物593名を収録した「Kamedasキャラクター事典」などを収録したCD-ROM「デジ亀」。アリオ亀有内「こち亀ゲームぱ〜く」にある実在のモグラ叩きゲーム『両さんのボーナス争奪戦』を模した同名のミニゲームも収録している。

永六輔大沢在昌ラサール石井、漫画家では池沢さとし平松伸二江口寿史へのインタビューをそれぞれ収録。また、作者の秋本に対してはロングインタビューを行っており、この中のコラムとして質問コーナー「一問一答150連発!」を掲載している。

クロスオーバー[編集]

タイトル 作品・作者 登場人物 備考
走者の休日 ゴルゴ13』(さいとう・たかを [1]
両津勘吉VSルパン三世 ルパン三世』(モンキー・パンチ
正義超人亀有大集結!!の巻 キン肉マン』(ゆでたまご [2]
こちらナメック星ドラゴン公園前派出所 DRAGON BALL』(鳥山明 [3]
両津VS首領パッチ!!
〜Jギャグオールスターズ葛飾大騒動!!〜
真説ボボボーボ・ボーボボ』(澤井啓夫

[4][5]

ピューと吹く!ジャガー』(うすた京介
  • ジャガージュン市
  • 浜渡浩満
  • ハミィ
  • G子
太臓もて王サーガ』(大亜門
  • 百手太臓
メゾン・ド・ペンギン』(大石浩二
  • 管理Pさん
  • バカ彦くん

1ページトリビュート漫画[編集]

自分の作品に『こち亀』のキャラクターを登場させる1ページ漫画。作品を寄せた漫画家は次の通り。なお上記の『ゴルゴ13』や『ルパン三世』のように、集英社以外の出版社の漫画もある。

()内は、1ページトリビュート漫画の舞台となる作品。

以下は掲載順。

脚注[編集]

  1. ^ 『ゴルゴ13』は『こち亀』が連載1000回を迎えた1996年に特別企画として、ゴルゴ13と両津が対談を行ったことがある。
  2. ^ 本作の1ヵ月前に発売された『こち亀』単行本151巻のゆでたまごの巻末コメント欄には両津と中川がキン肉マンとテリーマンのザ・マシンガンズに彼らのツープラトンであるマッスル・ドッキングを掛けているイラストが掲載された。
  3. ^ 『こち亀』単行本69巻収録の「新たなる旅立ちの巻」の続編でもあり、同エピソードと同様ナメック星が舞台となっており、そこで両津とフリーザとが遣り取りしている。
  4. ^ 『週刊少年ジャンプ』に連載されていた以下の4作とのクロスオーバー漫画。ネームは澤井が制作し、それに各漫画家が自分のキャラクターにペンを入れ、最後に秋本が背景を追加して完成させた。秋本によると、5人での打合せはスケジュールの都合が付かず、担当編集者を通して何度か打合せをする形になったという。この際澤井や大石が同席することもあった。
  5. ^ 参加作品がどれもこの企画の前後に他のクロスオーバー企画をこなしている(ボボボーボ・ボーボボ#コラボレーションピューと吹く!ジャガー#その他太臓もて王サーガ#太臓もて王サーガ外伝メゾン・ド・ペンギン#コラボレーションなども参照)。

関連項目[編集]