叶恭弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
叶 恭弘
生誕 (1970-12-16) 1970年12月16日(47歳)
日本の旗 日本北海道十勝地方
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1990年代 -
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作 プリティフェイス』、『エム×ゼロ
テンプレートを表示

叶 恭弘(かのう やすひろ、1970年12月16日[1] - )は、北海道十勝地方出身[2]日本の漫画家

1992年(平成4年)に『週刊少年ジャンプ増刊・1992年オータムスペシャル』に読切作品「BLACK CITY」が掲載された後、『週刊少年ジャンプ』およびその増刊号で作品発表を続け、2002年(平成14年)『プリティフェイス』、2006年(平成18年)『エム×ゼロ』、2011年(平成23年)『鏡の国の針栖川』、2014年(平成26年)『KISS×DEATH』をそれぞれ連載。

経歴[編集]

高校時代までを北海道で過ごす。投稿作「BLACK CITY」が1992年(平成4年)1月期第83回ホップ☆ステップ賞にて入選、同作がそのまま『週刊少年ジャンプ増刊・1992年オータムスペシャル』に掲載され、好評を博す[3]。それ以降、『週刊少年ジャンプ (WJ)』本誌や増刊誌で読切作品を発表し続け、1996年(平成8年)には短編集『BLACK CITY』を発刊。その他、夢幻原作の『MIDNIGHT MAGIC』の読切漫画と小説の挿絵を担当。

その後、叶自身が「年平均一本というノロノロペース」[4]と述べる執筆間隔で読み切り作品の発表を続け、2002年(平成14年)『週刊少年ジャンプ』24号より『プリティフェイス』を連載開始(2003年28号で連載終了)。

2003年(平成15年)に短編集第2弾となる『TOKYO ANTS』を発刊した後、いくつかの読切を発表する。2006年(平成18年)『週刊少年ジャンプ』23号より、『エム×ゼロ』を連載開始(2008年25号で連載終了)。また、同作連載中に3作目の短編集『Snow in the Dark』を発刊。その後も、『赤マルジャンプ』や『ジャンプスクエア』などで新作読切を発表。2011年(平成23年)『週刊少年ジャンプ』31号より、『鏡の国の針栖川』を連載開始(2012年10号で連載終了)。 2013年(平成25年)『週刊ヤングジャンプ』 7号に初の青年雑誌向けとなる『ヴェツノバ』、同年『週刊少年ジャンプ』21号に『ぶらんにゅー SCHOOL DAY』、2014年(平成26年)デジタル増刊号『ジャンプLIVE』2号に『WHITE東京』等、読切作品を中心に活動を続ける。2014年(平成26年)9月より、PC&スマートフォン向け電子書籍サービス『少年ジャンプ+』にて無料連載『KISS×DEATH』を開始。

作風[編集]

ラブコメ的な要素の強い作品を多く手がけているが作者自身は描いていて楽しかった読切作品として(シリアスなストーリーの)「PROTO ONE」「Snow in the Dark」を挙げており「基本的に暗い話を描くのが好きなようだ」とのこと[5]。『エム×ゼロ』『鏡の国の針栖川』など連載作品を中心に、どちらかといえば非科学的な題材が多いが、本人は非科学的なものは信じないタイプ。ただ、映画や漫画ではそういうジャンルは大好きで「そういう(非科学的な)題材でないとなかなか見ようとは思わないくらい」と語る[6]。「仕事の遅い僕としては週刊連載というのはほとんど不可能に近い」[7]と自評するほどゆっくりとした執筆ペースであり、作業時間短縮のために中期作品から3DCGやデジタル作画も積極的に取り入れている。しかし便利さは認めつつも自身の手描きへのこだわりから「作画の快感が創作活動のエネルギーの一部なので(『鏡の国の針栖川』で完全デジタル作画化したことを)少々後悔している」とコメントしている[8]

作品リスト[編集]

すべて2015年現在。

漫画作品[編集]

各作品の詳細などについてはリンク先の各記事を参照。

  • 掲載誌は全て集英社の発行。
  • 週刊少年ジャンプ』の増刊については「WJ増刊 《個別誌名》」の形で記載。
  • 掲載誌のソートは刊行頻度(週刊)を除いた名称で行う。また、『週刊少年ジャンプ』の増刊号については個別の誌名を無視し、「少年ジャンプの増刊号」としてソートする。
  • 「収」欄は収録単行本を「略号x-y」の形で記載。略号対応は#単行本を参照。「x」は収録巻、「y」は各単行本内での収録順を示す。
連載作品 読切作品
タイトル 掲載誌 備考
01 ふらつくしていいBLACK CITY 2読切 3WJ増刊 1992年オータムスペシャル 短1-1 ジャンプデビュー作。超能力者達の戦いを描く。
02 けいたふたり恵太二人 2読切 2週刊少年ジャンプ 1993年12号 短1-2 二重人格を持った暗殺者を描いた作品。
03 みつとないとましつくMIDNIGHT MAGIC 2読切 2週刊少年ジャンプ 1994年49号 原作:夢幻。吸血鬼探偵の物語。
04 ふろとわんPROTO ONE 2読切 3WJ増刊 1995年オータムスペシャル 短1-3 クローン人間の悲劇を描いた作品。
05 しゆえるおふらふJEWEL OF LOVE 2読切 3WJ増刊 1996年WINTER 短1-4 現実化したゲームキャラを描いた作品。
06 すわろうている蝶 -swallow tail- 2読切 4WJ増刊赤マルジャンプ 1998WINTER 短2-4 絵柄を大きく変えたホラー漫画。
07 えんま1ENMA 2読切 4WJ増刊赤マルジャンプ 1999SUMMER 短2-2 嘘を見抜く能力を持った刑事の活躍を描く。
08 えんま2enma 2読切 2週刊少年ジャンプ 2000年25号 短2-3 原作:大河原遁、「ENMA」の前日談。
09 とおきよおあんつTOKYO ANTS 2読切 4WJ増刊赤マルジャンプ 2001WINTER 短2-1 超巨大企業の裏で暗躍するエージェント達「ANTS(蟻)」を描いた作品。
10 ふりていふえいす1プリティフェイス 1連載 2週刊少年ジャンプ 2002年24号 - 2003年28号 P 交通事故と整形手術と誤解の結果、ヒロインの双子の姉と入れ替わり生活を送る事になってしまった少年の物語。
11 ふりていふえいす2プリティフェイス番外編 逃げて走って修学旅行 2読切 4WJ増刊赤マルジャンプ 2003SUMMER P6 後日談。修学旅行中の那須温泉での話。
12 きりのさあことなかまたち桐野佐亜子と仲間たち 2読切 2週刊少年ジャンプ 2004年19・20号 短3-4 原作:二戸原太輔。超能力「天啓」を悪用する犯罪者達と、それと対決する個人事務所の物語。
13 しいもんきいし〜もんき〜 2読切 4WJ増刊赤マルジャンプ 2004SUMMER 短3-2 孤島の研究所を舞台にしたラブコメディ。
14 すのういんさたあくSnow in the Dark 2読切 4WJ増刊赤マルジャンプ 2004WINTER 短3-3 童話『白雪姫』を元にしたダークファンタジー。
15 えむひいせろMP0 2読切 2週刊少年ジャンプ 2005年03・04合併号 短3-1 エム×ゼロ」のプロトタイプ作品。
16 えむせろエム×ゼロ 1連載 2週刊少年ジャンプ 2006年23号 - 2008年25号 M 魔法が使えない事を隠し、魔法学校に通う主人公の奮闘を描いた学園コメディ。
17 ときときさまあひいちドキドキSUMMER BEACH 2読切 4WJ増刊赤マルジャンプ 2008SUMMER 沖縄へ修学旅行に来た男女のラブコメディ。袋とじオールカラー8P。
18 あかすきんえりいさ赤ずきんエリーザ 2読切 4WJ増刊赤マルジャンプ 2009SPRING 童話『赤ずきん』を元にした艶笑コメディ。
19 るうふL∞P 2読切 1ジャンプスクエア 2009年8月号 同じ運命を繰り返す男の奇妙な物語。
20 こおすとしむゴースト・ジム 2読切 5WJ増刊ジャンプNEXT! 2010SUMMER 19世紀を舞台にしたマッド・サイエンティストとメイドのドタバタコメディ。
21 かかみのくにのはりすかわ鏡の国の針栖川 1連載 2週刊少年ジャンプ 2011年31号 - 2012年10号 呪いの鏡に閉じ込められてしまった男の不思議な恋愛物語。連載終了直後に番外編が掲載されたが作者判断[9]により単行本未収録。
22 うえつのはヴェツノバ 2読切 5週刊ヤングジャンプ 2013年7号 初の青年誌向け作品。SNSをモチーフにしたVR漫画。
23 ふらんにゅうすくうるてい ぶらんにゅー SCHOOL DAY 2読切 5週刊少年ジャンプ2013年21号 中学時代までモテなかった男女2人の「高校デビュー」物語。
24 ほわいととうきよう WHITE東京 2読切 5ジャンプLIVE』2014年2号 記録的な豪雪に見舞われた東京を舞台にしたラブコメディ。
25 きすてすKISS×DEATH 1連載 2少年ジャンプ+ 2014年1号 - K 地球人に寄生し潜伏する宇宙犯罪者との戦いを描くSFラブサスペンス。

単行本[編集]

書誌情報の詳細などについてはリンク先の各記事を参照。

  • いずれも集英社の〈ジャンプ・コミックス〉より新書判で発行。
  • デフォルトでの表記は初巻の発行順とし、短編集については最後にまとめた。
  • 「略」欄は上記#漫画作品の収録欄で用いている略号を示す。
連載作品 短編集
書名 発行年 注記
1 ふりていふえいすプリティフェイス 2002年 - 2003年 6 P
2 えむせろエム×ゼロ 2006年 - 2008年 10 M
3 かかみのくにのはりすかわ鏡の国の針栖川 2011年 - 2012年 3
4 きすてすKISS×DEATH 2015年 - 5 K
5 ふらつくしていBLACK CITY 叶恭弘短編集 1996年 1 短編集。初の単行本。 短1
6 とおきよおあんつTOKYO ANTS 叶恭弘短編集II 2003年 1 短編集。 短2
7 すのういんさたあくSnow in the Dark 叶恭弘短編集III 2007年 1 短編集。 短3

その他[編集]

関連人物[編集]

友人[編集]

  • 藤崎竜 - 道元と共に藤崎の読切「DIGITALIAN」の制作を手伝った[10]。『WJ』2002年34号の巻末コメントでは叶が藤崎の作品について言及していた。
  • 道元宗紀 - 共に藤崎の読切「DIGITALIAN」の制作を手伝った[10]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、106頁
  2. ^ 『エム×ゼロ』第4巻p.187
  3. ^ 『BLACK CITY 叶恭弘短編集』p.36。掲載後の高評価だけでなく、掲載前からファンレターが届くなど本人や編集部も驚くほどの反響だったという。
  4. ^ 『TOKYO ANTS 叶恭弘短編集II』作者コメント
  5. ^ 『Snow in the Dark 叶恭弘短編集III』p.147
  6. ^ 『プリティフェイス』第4巻作者コメント
  7. ^ 『プリティフェイス』第1巻作者コメント
  8. ^ 『鏡の国の針栖川』第2巻作者コメント
  9. ^ 週刊少年ジャンプ2012年11号『鏡の国の針栖川 番外編 玉造リターンズ』p445。連載時よりもコメディとお色気を強調した内容で「他と毛色が違う」と作者が判断したため。
  10. ^ a b 藤崎竜『PSYCHO+ 2 DRIVE B GAME OVER』p.207
  11. ^ a b 『プリティフェイス』第6巻p.206
  12. ^ 『BLACK CITY 叶恭弘短編集』p.207