コンテンツにスキップ

久保帯人

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

くぼ たいと
久保 帯人
生誕 (1977-06-26) 1977年6月26日(47歳)
日本広島県
職業 漫画家
活動期間 1996年 -
ジャンル 少年漫画
代表作BLEACH[1]
BURN THE WITCH[2]
受賞
公式サイト 久保帯人公式ファンクラブサイト「Klub Outside」
テンプレートを表示

久保 帯人(くぼ たいと、1977年昭和52年〉6月26日[3] - )は、日本の男性[4]漫画家広島県安芸郡府中町出身[5]広島県立安芸府中高等学校卒業[5]。旧ペンネームは久保 宜章(くぼ のりあき)[4][6]

1996年に『週刊少年ジャンプ特別編集増刊Summer Special』(集英社)掲載の「ULTRA UNHOLY HEARTED MACHINE」でデビューし、1999年から『週刊少年ジャンプ』(同)にて連載を開始した『ZOMBIEPOWDER.』で連載デビュー[7]。2020年から同誌にて『BURN THE WITCH』をシリーズ連載している[8]。代表作は『BLEACH[1]、『BURN THE WITCH』ほか[2]

来歴

デビューまで

1977年6月26日広島県の片田舎に生まれる[7]。小学2年生のときに水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』を読み、漫画家を志した[9]。水木の画集を購入し[10]、同作に登場する妖怪を点描で模写するなど、絵を描くことが好きな少年であった[9]。その後しばらくして、「マンガの描き方の本」を頼りに初めての漫画を描き上げたという[9]。小学生時代は、車田正美の『聖闘士星矢』、ゆでたまごの『キン肉マン』、鳥山明の『ドラゴンボール』のほか[9]スズキコージ児童書『大千世界のなかまたち』を愛読していた[11]

高校3年生のとき、漫画家への憧れを再確認し、夏休み前の進路希望調査において希望進路を漫画家とする[12]。これを機に、夏休みにファンタジー作品「FIRE IN THE SKY」を描き上げ[12][13]、『週刊少年ジャンプ』のホップ☆ステップ賞に投稿した[4](走り幅跳B名義[14])。同誌しか漫画雑誌を読んでいなかったため、「他誌への投稿は想像できなかった」という[15]。同作は下読みで編集者・浅田貴典の目に留まり[16]、第126回(1995年8月期)ホップ☆ステップ賞(審査員:井上雄彦)において最終選考作となった[17]。浅田は同作を読んだ際の印象について、以下のように回想している。

当時「友情・勝利・努力」を体現するストレートな作品が多いなか、久保先生の作品は「情感」を感じられる稀な作品だったため、目に留まったんです。キャラも魅力的でしたし、何より「セリフの力」がすごかった。印象的な言葉を紡ぐ力、ですね。一気に引き寄せられました。 — 浅田貴典[16]

同年12月に浅田から電話があり、「もう1本描いてみないか」と持ちかけられたが、次の作品は高校卒業後に描こうと思っていたため、この誘いを断った[12]。翌1996年4月ごろに浅田から再び電話があり、すでに描き始めていた「ULTRA UNHOLY HEARTED MACHINE」を完成させて送ったところ、同作が『週刊少年ジャンプ特別編集増刊Summer Special』に掲載され、デビューを果たした[7][18][注 1](久保宜明名義[6])。同作は読者アンケートにおいて6位となった[16]

新人時代

続いて、自らの入れ墨から魔物を招喚する刻魔師の戦いを描いた作品「刻魔師 麗(こくまし うらら)」が『週刊少年ジャンプ』1996年36号に掲載された[20]。久保はのちに、「この頃から浅田さんも連載を意識した発言が多くなってきたから自分も意識し始めたし、マンガというものに対する考えが大きく変わったように思います」と自身のターニングポイントとなった同作について語っている[19][注 2]

翌1997年、久保は新人作家であったが、週刊少年ジャンプ編集部はコンペティションを通さずに本誌の45ページ枠を用意した[21]。これは前作の入稿後、新たな作品を描く意欲をなくしていた久保へ執筆を促すために取られた措置であった[21]。そのため、3本目の読み切り作品「BAD SHIELD UNITED」は、「とにかく時間が無くて、全くのゼロから3週間で完成させる」という苦しい制作状況の中で執筆され[21][22]、同誌1997年51号に掲載された[23]。同作の掲載後、久保は当時の編集長から呼び出しを受け、作品の内容について叱りつけられる[21]

まだ広島に住んでいたんですけど、東京に呼ばれて。集英社のでっかい会議室で編集長に『君の漫画はだめなんだ!』と怒られました。『DRAGON BALL』と『北斗の拳』の1巻をバーンと置かれて『こういうのを描け!』って(笑)。 — 久保帯人[21]

この件に対し「編集長の言う“だめ”が何なのかわからない」と反発した久保は、1年以上執筆から距離を置くこととなった[21]。「新人の頃は『編集の指摘通りに直したら負け』と思ってやってました」と述べている[24]

『ZOMBIEPOWDER.』の連載

浅田から「連載用のネームを1話分だけ出して、やる気があることを編集部に見せよう。連載会議では通さないから」と促された久保は、死者を蘇らせる粉末・ゾンビパウダーを巡るアクション作品『ZOMBIEPOWDER.』のネームを作成して提出する[12][21]。しかし、編集部では「この子はとにかく東京に呼んで、描かせないとだめだ」という話が進められ、同作は1話分のネームのみで連載会議を通過させる措置が取られることとなった[21][注 3]。初連載となった同作は『週刊少年ジャンプ』1999年34号から連載されたが[23]、「最後までペースがつかめないまま」[21]2000年11号をもって終了した[25](久保帯人名義)。

久保は中学生のときから実家の新聞屋で新聞配達をしており、高校卒業までに150万円を貯め、その貯金を元手に上京したと、のちに語っている[26]アシスタントの経験はなかった[27]

『BLEACH』の連載

2001年、『赤マルジャンプ』(集英社)2001 WINTERに読み切り版「BLEACH」を発表した[23][28]。同作は読者アンケートにおいて1位を獲得し[29]、『週刊少年ジャンプ』の連載会議を満場一致で通過する[30]

死神の力を持つ主人公と仲間たちの活躍を描いたバトルアクション作品『BLEACH』は、『週刊少年ジャンプ』2001年36・37合併号から連載され[31]、2000年代の同誌を代表する[32]看板作品のひとつとなった[30]。同作は2004年にテレビアニメ化されたほか、小説化、コンピュータゲーム化、ミュージカル化、アニメーション映画化といった多様なメディアミックスが展開された[33]。同作で2005年に第50回小学館漫画賞少年向け部門を[34]、2006年にジャパンエキスポアワード Prix Dessinを受賞[35]。2008年7月にはゲスト参加したサンディエゴ・コミコンにおいて[36][37]コミコン・インターナショナルよりインクポット賞が授与された[38]

同作は2016年38号まで15年にわたり連載され、久保の代表作となった[1][31]。同作の完結後、久保は長期連載を振り返り、「飽きっぽい体質なので、『BLEACH』をこんなに続けることになるとは、連載当初は思いませんでした」と語っている[39]。連載終盤には体調を崩し、心身ともに余裕のない状態が続いたが[10][40]、「最後までテンション高く描いていられた」という[39]

また、同作の連載と並行し、番外編カラー漫画『カラブリ!』を『Vジャンプ』(同)2005年1月号から2007年9月号まで連載した[41]

『BLEACH』完結後の活動

2016年11月、Twitterにて連載終了後の様子や読者への感謝を綴った漫画を数点発表した[40][42]。また、同月にはPlayStation 4用ゲーム『新サクラ大戦』のメインキャラクターデザインとしての仕事を開始した[43]。その一方で、連載疲れもあり、「今は休ませてもらってます」と話すこともあった[26]。久保はこの時期、フィギュアスケートをテーマにした新しい作品の構想について言及している[44]

健康上の理由により、2017年11月にイタリアのルッカにて開催されたルッカコミックス&ゲームズへの参加を見合わせ[45]、翌2018年1月にTwitterにて同コンベンション宛てに描き下ろした12枚のラフイラストを公開した[46]。また、同上の理由により、2018年2月にモナコにて開催されたMonaco Anime Game International Conferences (MAGIC) への参加も見合わせ[47][48]、同イベントの中で行われたマンガ・コンテストの審査委員長をリモートで務めた[48][49]。同年6月には出身地である広島県府中町から府中町PR大使を委嘱された[50]

2018年6月、『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念号にてロンドンを舞台に魔女やドラゴンを描くファンタジーアクション作品「BURN THE WITCH」を発表した[51][52]。同作を掲載後程なくしてアニメ化のオファーが来たこともあり、同作のシリーズ連載に向けた執筆を開始した[53]。同年7月には『BLEACH』が実写映画化[54]、翌2019年12月には前述のPlayStation 4用ゲーム『新サクラ大戦』が発売された[43]

『BLEACH』生誕20周年プロジェクト

2020年3月、「BLEACH20周年プロジェクト&久保帯人新作発表会」[注 4]にて『BLEACH』が連載開始から20周年を迎えることを記念したプロジェクトの発足が発表された[56]

同プロジェクトの一環として[57]、同年8月から『BURN THE WITCH』のシリーズ連載を開始[58]。「Season1」は『週刊少年ジャンプ』2020年38号から41号までの短期集中連載として連載され[58][59]、同年10月にはこれを原作とした劇場中編アニメが上映された[8]。久保はこの時期、「『好きなペースで漫画を描く』という長年憧れてきた生活スタイルを実現しつつあります」と述べている[60]

翌2021年1月に自身の公式ファンクラブサイト「Klub Outside」を開設し[61]、同年8月には『週刊少年ジャンプ』2021年36・37合併号にて『BLEACH』の新たなエピソードを描いた読み切り作品『BLEACH 獄頤鳴鳴篇(ごくいめいめいへん)』を発表した[62]。さらに、同年12月から同プロジェクトの中核である原画展「BLEACH EX.」を開催した[63][64]

また、『BLEACH』の最終章「千年血戦篇」をテレビアニメ化した『BLEACH 千年血戦篇』が2022年10月から放送開始された[65]。同作において久保は総監修を担当している[65]

年表

作風

久保の作風はしばしば「スタイリッシュ」という言葉で形容される[3][73]。アニメ版『BURN THE WITCH』の監督を務めた川野達朗や漫画家の芥見下々も、久保の作品には「スタイリッシュな印象」を受けたと語っている[73][74]。ライターのSYOは久保作品の魅力として、「デザイン性あふれる世界観や画面構成、卓越した画力によるアクションの見せ方」を挙げている[75]。また、SYOは『BURN THE WITCH』のSeason1を評し、「クリフハンガー的な“引き”の上手さ」も久保らしさを感じさせると表現している[75]

影響

久保に影響を与えた漫画作品として、水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』や車田正美の『聖闘士星矢』が挙げられる[76]。久保は自身の絵について、「両方が混ざって、『BLEACH』になっているんじゃないかなと自分は思っています[76]」「絵で影響を受けたのは間違いなく『聖闘士星矢』だと思います[77]」と語っている。また、漫画家の松井優征との対談では、『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する妖怪の「見えないんだけどいるかもしれない」という概念に惹かれたことを語り、松井はこの概念が一貫して久保の作品に反映されていると指摘している[11]。漫画家の荒木飛呂彦は、精神科医の斎藤環と社会学者の金田淳子との鼎談において、『BLEACH』からは「車田正美先生の影響を感じる」「極端に言うと、車田先生の同人誌を見て描いている感じ」と指摘している[78]

久保はデビュー当時、好きな漫画家として高河ゆんの名前を挙げていた[4][6]。高河は『聖闘士星矢』や『キャプテン翼』の同人を出身とする作家であり[78]、金田は高河を『聖闘士星矢』などから生まれた「〔少年ジャンプ〕の娘」[注 5]と位置付けたうえで、高河のファンである久保を「〔少年ジャンプ〕から生まれた娘から生まれた息子」と表現し、久保の登場を1990年代末から2000年代の同誌における「新しい展開」であると論じている[79]

音楽からのインスピレーションを作品に取り入れ、キャラクターごとにテーマミュージックを設定している[80][81]。また、絵を描く際には「必ず〔中略〕音楽を聴いて」おり、「描くシーンに合わせて」選曲を行っている[82]。作中における台詞はバッド・レリジョンの歌詞の内容から影響を受けたとしており[76]、同バンドの歌詞について、「ストレートに書いてあるように見える」が、「裏を読めば『こうもとれるな』みたいな“余白”」が多くあると語っている[83]。音楽雑誌『rockin'on』の編集者として久保を取材した小川は、『BLEACH』の「登場人物がやけに孤独なバックグラウンドを持っているところ」や「それを勢いと情熱でぶったぎっていくところ」を例に挙げ、「『BLEACH』という作品そのものもロックっぽい」と形容している[84]

構図やカメラワークで影響を受けた映画として、『300〈スリーハンドレッド〉』と『スナッチ』を挙げているが、「それは全部(『BLEACH』の)連載が始まってからなんで、初期から影響を受けてるかって言われると、ちょっとわからないですね」とも語っている[85]。また、久保は2008年のインタビューにおいて、MTVなどケーブルテレビのミュージックチャンネルをつけっぱなしにしていることが多く、中でも映像作家クリス・カニンガムによるミュージック・ビデオに刺激を受け、創作意欲をかきたてられたと語っている[82]

漫画制作

漫画制作において、久保は「何を描くかよりも何を描かないかのほうが大事」であると述べている[86]。また、作品には読者に「“解釈の余地を残す”」という感覚が反映されている[53][87]

全部言わないタイプの作品が好きなんです。終わったあとも自分の中で続くじゃないですか、物語は。〔中略〕そういう考える作品にしたいというのがあります。読者の理解度のレベルを分けると言いますか、ある部分は全員に分かってもらわないといけないけど、それに付随するこの部分は読者の中の10%ぐらいの人に分かってもらえればいい。さらに別の部分は世界中で1人くらいに分かってもらえればいい、というふうに。 — 久保帯人(2021年)[86]

制作工程については、「まずキャラクターがあって、そのキャラクターに付随する描きたいシーンが出てきてその間を埋めるイメージでストーリーを作るタイプ」であると説明している[83]。また、漫画を描く際に心がけていることとして、「多様性とバランス」を挙げている[24]

ネーム

門倉 (2010)によれば、久保はまず「原稿用紙サイズの紙に〔中略〕コマ割り、構図、キャラの表情までがしっかりと入った『ほぼ下描き』」のネームを作成する[88]。このネームは「いつもほぼ一発で仕上げ」られ、「前段階のラフもなければ、消しゴムで消して直すようなこともほとんどない」という[88]。久保は「1話分、最初から最後まで頭の中で映像を作ってから描くんです。〔中略〕断片的に浮かんでいたイメージをまとめて、映像にしていく感じですかね。」と説明し[89]、「映像作品の監督」との類似性を自ら言及している[90]。松井は『BLEACH』の構図やカメラワークについて、「本当に唯一無二」「どこを探しても僕は似た漫画を読んだことがない」と称賛している[85]

台詞・詩

漫画家・堀越耕平との対談では、「台詞を書きたくてシーンを描いていて、シーンを描きたいから漫画を描いている」と語っている[91]。一方で、台詞は削減することを重視しており、「ニュアンスを正確に伝えようと思ったら、言うべきことよりも、言わない方がいいことを見つけなくちゃいけない」と述べている[7]。台詞は「声に出した時にきれいな響きの音」になることを意識して書いている[92]。学生時代に愛読していた辞書が「言葉の組み立てやつなぎ方」を知るうえで役立ったのだと述べている[15][92]

コミックスの本扉には「キャラクターのイメージ」や「そのキャラクターが思っていることを遠回しに」表現した[注 6]が収録されている[94][95]。シンガーソングライターのキタニタツヤはこの詩について、「どこまでも考察できる奥深さがあります」と評している[96]

作画

速筆として知られ[1]、『BLEACH』の連載では1話分の人物のペン入れをほぼ1日というペースで完成させていた[27]。久保は半年あまりで終了した『ZOMBIEPOWDER.』の連載を振り返り、「この試行錯誤の経験があったから、絵を描くのが速くなったのかもしれません」と語っている[21]

『BLEACH』の連載において、主人公の「イメージカラーを“黒”に設定し、より画面上で映えさせるために“白”を効果的に使うように工夫をしはじめて以降、コントラストを特に意識するようになった」という[97]。また、「“余白”も作画には絶対に必要」であるとも述べている[97]

たとえば背景だったら、あえて描かずに白く見せることが大事だったりする。コマの中にキャラクターを描くことはもちろん大事なんだけど、じつは何も描かれていない、余白の部分こそが大事なんじゃないか、と最近思うようになってきた。〔中略〕何もないことが“溜め”になって次のコマに生きたりするんです — 久保帯人(2008年)[98]

漫画を描く道具については、「無くなったらテキトーなとこ行ってテキトーに買う[4]」、「どこのメーカー、とかそういうことにこだわりは全然ない。基本的に、使うものは、きれいかどうかで選んでいる[99]」と説明している。

2019年後半、新型コロナウイルス感染症の影響によって仕事場にアシスタントを呼ぶことが困難な状況となり、アナログからデジタルの作画へ段階的に移行した[100]

人物

趣味

音楽が好きであり、Twitter[注 7]では頻繁に「音楽ネタ」を投稿していた[84]。2011年には音楽雑誌の取材を受け、ボン・ジョヴィ北欧メタルパンクといった自身の音楽遍歴や漫画への影響について語った[84]。同年にはゴリラズ初のベスト・アルバム『ザ・シングルス・コレクション 2001-2011』の日本盤がリリースされたことを記念し、同バンドの日本オフィシャルサイトに描き下ろしイラストとコメントを寄稿した[102]

また、ゲーマーであり、『BLEACH』の連載後半では「ゲームを遊ぶために仕事を集中して早く終え,時間を作っていた」という[43]。2015年にはMMORPGドラゴンクエストX』の3周年を祝い、3種類の装備アイテムをデザインした[103]。「キャラの見た目をカスタマイズできるゲームが好きなのかもしれません」と自己分析しており、一番好きなゲームとして『どうぶつの森』シリーズを挙げている[43]。一方で、過激なゴア表現の含まれる描写に関しては、「自分で描くのはいいんですけど,見るのが得意じゃない」と語っている[43]。巨乳好きであり、「基本的にゲームのキャラクターは、巨乳かどうかだけで選ぶ」と明かしている[1]

公式ファンクラブ

『BLEACH』生誕20周年特別企画として[104]、2021年1月18日に久保帯人公式ファンクラブサイト「Klub Outside」が1年間の期間限定で開設された[61]。その後、同年12月17日に原画展「BLEACH EX.」の「Klub Outside」会員限定プレビューデイにおいて行われたトークショーの中で、2年目延長の決定が発表された[105]。また、台湾・韓国のファンに向けたサービス「Klub Outside Global」が2022年2月1日から開始され、繁體中文、韓国語、英語による翻訳に対応した[106]。2022年12月1日には3年目の延長が[107]、2023年12月4日には4年目の延長がそれぞれ発表された[108]

久保の肖像について

匿名掲示板やTwitter上で別人の写真を久保本人であるかのように紹介するコラージュ画像が広まり問題視されていた[109]。これを受け、週刊少年ジャンプ編集部は2015年9月4日に公式サイト上で以下のような警告を発した[110]

ご注意ください
まったく別人の肖像を、あたかも漫画家・久保帯人先生の肖像であるかのように思わせて紹介する行為が、ツイッターをはじめ、インターネット上に見受けられます。 こうした行為は久保帯人先生の人格権を侵害する行為であり、悪質な場合には、法的措置も含めて厳しく対処せざるをえませんので、ご注意ください。
週刊少年ジャンプ編集部[110]

作品リスト

漫画

  • 各作品の詳細などについてはリンク先の各記事を参照。
  • デフォルトでの表示は発表順。
  • 〉連載か読切かで2種に大別。
  • 掲載〉初出を記載。雑誌の場合は掲載誌名と号数、書籍の場合は『書名』と発行年を記載。
  • 〉収録単行本を「略号-x」の形で示す。「x」は収録巻を示す。
    • :『BLEACH OFFICIAL CHARACTER BOOK SOULs.』、:『そして龍太はニャーと鳴く』、:単行本未収録、このほかの漫画単行本の略号対応は#漫画単行本を参照。
連載作品 読切作品
作品名 発行 掲載 備考
1 ふあいあいんさすかいFIRE IN THE SKY 読切 集英社 月例賞への投稿作[4]。『週刊少年ジャンプ』1995年45号においてあらすじと2頁の原稿が講評とともに紹介された[111]。走り幅跳B名義[14]
2 うるとらあんほおりいはあてつとましいんULTRA UNHOLY HEARTED MACHINE 読切 集英社 しゆうかんしようねんしやんふとくへつへんしゆうそうかん1週刊少年ジャンプ特別編集増刊Summer Special(1996年) ソ-2 デビュー作[7]。久保宜章名義[6]
3 こくましうらら刻魔師 麗こくまし うらら 読切 集英社 しゆうかんしようねんしやんふ週刊少年ジャンプ 1996年36号 ソ-3 久保宜章名義[4]
4 はつとしいるとゆないてつとBAD SHIELD UNITED 読切 集英社 しゆうかんしようねんしやんふ週刊少年ジャンプ 1997年51号 ソ-4 久保宜章名義[112]
5 そんひはうたあZOMBIEPOWDER. 連載 集英社 しゆうかんしようねんしやんふ週刊少年ジャンプ 1999年34号 - 2000年11号 連載デビュー作[7]
6 ふりいち1BLEACH 読切 集英社 しゆうかんしようねんしやんふそうかん2赤マルジャンプ 2001 WINTER 連載版の前身[23]
7 ふりいち2BLEACH 連載 集英社 しゆうかんしようねんしやんふ週刊少年ジャンプ 2001年36・37合併号 - 2016年38号 代表作[1][10]
8 よるのはなし 読切 集英社 『そして龍太はニャーと鳴く』(2002年) 原作:松原真琴。スペシャル・コミックとして収録された短編作品[113]
9 からふりカラブリ! 連載 集英社 ふいしやんふVジャンプ 2005年01号 - 2007年09号 『BLEACH』の番外編カラー漫画[41]
10 はあんさういつち1BURN THE WITCH 読切 集英社 しゆうかんしようねんしやんふ週刊少年ジャンプ 2018年33号 ハ-1[注 8] 連載版の前日譚[56]
11 はあんさういつち2BURN THE WITCH 連載 集英社 しゆうかんしようねんしやんふ週刊少年ジャンプ 2020年38号 - 41号 Season1[59]。全4回の短期集中連載[58]
12 ふりいちこくいめいめいへんBLEACH 獄頤鳴鳴篇ごくいめいめいへん 読切 集英社 しゆうかんしようねんしやんふ週刊少年ジャンプ 2021年36・37合併号 2021年12月にジャンプコミックスDIGITALより電子書籍限定として発売された[115]

書籍

漫画単行本

オリジナル 再出版
書名 発行 レーベル 発行年 備考
1 そんひはうたあZOMBIEPOWDER. しゆうえいしやあ集英社 JC 2000年 02新書 4
2 ふりいち1BLEACH【JC】 しゆうえいしやあ集英社 JC 2002年 - 2016年 02新書 74
3 ふりいち2BLEACH【SJR】 しゆうえいしやあ集英社 SJR 2016年 - 2017年 05B6 26 廉価軽装版
4 ふりいちおふいしやるふうとれくからふりふらすBLEACH OFFICIAL BOOTLEG カラブリ+ しゆうえいしやあ集英社 JC 2007年 02新書 1
5 はあんさういつちBURN THE WITCH しゆうえいしやあ集英社 JC 2020年 - 02新書 1[注 9]

画集

  • 『BLEACHイラスト集 All Colour But The BLACK』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2006年12月9日第1刷発行(12月4日発売[116])、ISBN 4-08-874173-0、A4判 - 初のイラスト集。
  • 『BLEACHイラスト集 JET』集英社〈愛蔵版コミックス〉、2018年12月9日第1刷発行(12月4日発売[117])、ISBN 978-4-08-792525-8、A4判 - 完全受注生産、35,700部の予約受注数を記録した[117]。ハードケース入り2冊組、特典として限定コミックが付属する[114]

イラスト

雑誌掲載

挿絵・装画

その他

アニメ

ゲーム


関連人物

週刊少年ジャンプ編集部

浅田貴典
元担当編集者[16]。久保が高校在学中に投稿した読み切り作品に目を留め、初代担当となる[16]。新人時代の久保を鼓舞し[4]、『ZOMBIEPOWDER.』『BLEACH』の連載を立ち上げた[129][130]。浅田は当時を振り返り、「久保先生の場合、作品というより、作家として成長していくプロセスが特に印象に残っています。久保先生は、読切が何本かあって連載企画があって、各フェーズの課題を恐ろしい勘の良さでクリアしていった。1ページ見るだけで明らかにキャラもあるし、言葉もあるので、相手に伝えるための漫画の技術の基本を言い続けただけだと思います。」と語っている[131]
中野博之
元担当編集者[64]。浅田から『BLEACH』の担当を引き継いだ[64]。中野にとって同作は2本目の担当作であり[132]、同作が完結した際には「ファンの皆と同じく、編集人生の青春でした」とコメントを寄せた[133]。のちに週刊少年ジャンプ編集長となり、BLEACH20周年プロジェクトに携わる[134]

その他の関連人物

工藤昌史
アニメーターであり、テレビアニメ『BLEACH』のキャラクターデザインを担当した[135]。久保は折に触れて工藤の絵を高く評価しており[90][136]、工藤との打ち合わせの中で生み出されたアニメオリジナルのキャラクターを自身の作品に登場させたこともある[137]。また、工藤は久保がメインキャラクターデザインを担当したPlayStation 4用ゲーム『新サクラ大戦』にも、久保からのお墨付きを受けキャラクタービジュアル設定として参加した[138]
松原真琴
小説家であり、『BLEACH』のノベライズ作品を数多く手がけている[139]。久保とは松原が集英社主催の新人賞を受賞する前からの友人であり、松原のテビュー作『そして龍太はニャーと鳴く』の挿絵を久保が引き受けている[121]。夫は久保の友人でもある漫画家・地獄のミサワ[140][141]

脚注

注釈

  1. ^ 久保は同作の制作背景について、以下のように回想している。「最初に描いたときは31ページだったんですが、浅田さんから“ページを増やせるよ”と言われたんで追加のアイデアを山ほど考えたんですよ。ところが後で増やせるのはたった5ページだとわかって、考えたアイデアが全然入らないじゃないか、と内心怒ったことを覚えています(笑)」[19]
  2. ^ 当時の様子を、浅田は以下のように述懐している。「本誌デビューの『刻魔師 麗』ではかなり苦労をしたはずです。45ページのネーム募集に募集に『麗』のプロトタイプの31ページのネームを回しましたので、時間のない中直してもらいました。締切がギリギリになってしまい広島から東京に出てきて旅館で描いてもらったんですが、その旅館はカンヅメ用の場所でして…まあ古くてシャワーの出も悪くて、臭いは古い家の臭いで…。原稿UP後、二度と原稿を遅らせない、と先生は言ってました。」[16]
  3. ^ 通常、『週刊少年ジャンプ』の連載会議には、開始から3話分のネームを提出し、連載に値する作品かどうかの判断材料とする[21]
  4. ^ 当初2020年3月21日から東京国際展示場にて開催が予定されていた「AnimeJapan 2020」の中で行われる予定であったが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためイベントが開催中止になったことを受け、予定していたイベント開催日時と同日同時刻にYouTube LivePeriscopeにて生配信された[55]
  5. ^ 金田は一部の女性読者が「男性キャラクターどうしの関係を、恋愛や性愛として読解するための〈=「やおい」のための〉有力なネタ元として、〔少年ジャンプ〕を主に参照するという関係」を、「女子と〔少年ジャンプ〕の奇妙な結婚」と表現している[79]
  6. ^ 芥見は久保との対談においてこの詩のことを「巻頭歌」と呼称した[93]
  7. ^ 2015年9月3日にアカウントを削除した[101]
  8. ^ 『BLEACHイラスト集 JET』付属の限定コミックに初収録された[114]
  9. ^ 2020年10月20日現在。
  10. ^ 第1クール(2022年)、第2クール『-訣別譚-』(2023年)、第3クール『-相剋譚-』(2024年)

出典

  1. ^ a b c d e f 久保帯人(インタビュー)「【特別企画】『新サクラ大戦』メインキャラクターデザイン・久保帯人氏が新生・花組を語る! “リブート”に感じた難しさ、楽しさとは?」『ファミ通.com』、KADOKAWA Game Linkage、2019年12月12日https://s.famitsu.com/matome/shin-sakura/special05.html2024年2月27日閲覧 
  2. ^ a b 稲垣理一郎村田雄介『21st Anniversary down アイシールド21 BRAIN×BRAVE』ジャンプ・コミック出版編集部特別編集、集英社〈愛蔵版コミックス〉、2024年7月9日、39頁。ISBN 978-4-08-792619-4 
  3. ^ a b 堀越 (2019), p. 264.
  4. ^ a b c d e f g h 週刊少年ジャンプ (1996), p. 184.
  5. ^ a b c d e 久保 帯人(くぼ たいと)さん”. 府中町公式サイト. 府中町役場 (2018年6月29日). 2024年2月24日閲覧。
  6. ^ a b c d 週刊少年ジャンプ特別編集増刊Summer Special (1996), p. 260.
  7. ^ a b c d e f g h i 門倉 (2010), p. 160.
  8. ^ a b c d “劇場中編アニメ「BURN THE WITCH」特集”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年10月2日). https://natalie.mu/comic/pp/burn-the-witch 2024年2月1日閲覧。 
  9. ^ a b c d ジャンプ流 (2016), p. 4.
  10. ^ a b c ジャンプGIGA (2017), p. 213.
  11. ^ a b ジャンプGIGA (2017), p. 214.
  12. ^ a b c d ジャンプ流 (2016), p. 5.
  13. ^ 週刊少年ジャンプ (1995), p. 111.
  14. ^ a b 週刊少年ジャンプ (1995), p. 108.
  15. ^ a b ジャンプ流 (2016), pp. 4–5.
  16. ^ a b c d e f ジャンプ流 (2016), p. 17.
  17. ^ a b 週刊少年ジャンプ (1995), pp. 108–109.
  18. ^ ジャンプ流 (2016), pp. 5–6.
  19. ^ a b ジャンプ流 (2016), p. 6.
  20. ^ ジャンプ流 (2016), pp. 2, 5.
  21. ^ a b c d e f g h i j k 週刊少年ジャンプ編集部 & ジャンプ・コミック出版編集部 (2018), p. 192.
  22. ^ 久保 (2000), p. 138.
  23. ^ a b c d e ジャンプ流 (2016), p. 2.
  24. ^ a b 週刊少年ジャンプ編集部 & 齊藤 (2021), p. 82.
  25. ^ 久保 (2000), そで.
  26. ^ a b ジャンプGIGA (2017), p. 217.
  27. ^ a b 門倉 (2010), p. 159.
  28. ^ 週刊少年ジャンプ (2018), pp. 292–293.
  29. ^ 週刊少年ジャンプ (2018), p. 293.
  30. ^ a b 鳥嶋和彦(インタビュアー:山田薫)「伝説のジャンプ編集者が見誤った傑作 漫画サバイバル(1)」『日本経済新聞電子版』、日本経済新聞社、2019年2月12日https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40658940Q9A130C1CR8000/?n_cid=DSREA0012024年2月27日閲覧 
  31. ^ a b c 仲瀬コウタロウ (2021年8月2日). “「BLEACH」連載開始20周年記念! 新作読切が「ジャンプ」36・37 合併号に掲載”. アニメ!アニメ! (イード). https://animeanime.jp/article/2021/08/02/62952.html 2024年2月24日閲覧。 
  32. ^ 駒村遼(インタビュアー:南沢奈央)「『ONE PIECE』も『NARUTO-ナルト-』も!『週刊少年ジャンプ展 VOL.3』の見どころ」『J-WAVE NEWS』、J-WAVE、2018年8月29日https://news.j-wave.co.jp/2018/08/823-ok-vol3.html2024年2月27日閲覧 
  33. ^ ジャンプ流 (2016), pp. 2, 6.
  34. ^ a b 『2006 出版指標 年報』全国出版協会出版科学研究所、2006年4月25日、354頁。ISBN 4-9901618-3-1 
  35. ^ a b Japan expo awards 2006” (フランス語). BDfugue. 2024年2月24日閲覧。
  36. ^ a b “「BLEACH」久保帯人 全米最大のコミック・コンベンション登場”. アニメ!アニメ! (イード). (2008年5月22日). https://animeanime.jp/article/2008/05/22/3188.html 2024年2月24日閲覧。 
  37. ^ a b “「BLEACH」原作・久保帯人、米ファンと熱烈初交流”. VARIETY JAPAN (リード・ビジネス・インフォメーション). (2008年7月27日). オリジナルの2009年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090207162146/http://www.varietyjapan.com/news/animation/2k1u7d0000071txu.html 2024年2月24日閲覧。 
  38. ^ a b Inkpot Award” (英語). Comic-Con International: San Diego. The SAN DIEGO COMIC CONVENTION (Comic-Con International). 2024年2月24日閲覧。
  39. ^ a b 週刊少年ジャンプ (2018), p. 213.
  40. ^ a b 宮澤諒 (2016年11月17日). “「どんな情報でも構いません」―― 「BLEACH」久保帯人、ファンレターの差出人を探すため11ページの漫画を公開”. ねとらぼ (アイティメディア). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1611/17/news149.html 2024年2月24日閲覧。 
  41. ^ a b c 高塔琳子 (2022年10月22日). “『BLEACH』こんなにあるの?「カラブリ」「キャラブック」「映画特典」コミックスでは読めない久保帯人の世界”. 双葉社. 2024年2月24日閲覧。
  42. ^ コダック川口 (2016年11月8日). “『BLEACH』久保帯人先生がマユリコスプレ裏話を披露 制作は2時間!”. KAI-YOU.net (カイユウ). https://kai-you.net/article/35216 2024年2月24日閲覧。 
  43. ^ a b c d e f g 久保帯人(インタビュアー:箭本進一)「久保帯人氏が語る「新サクラ大戦」キャラクターデザイン制作秘話。新生・花組はどのようにして生まれたのか」『4Gamer.net』、Aetas、2019年12月12日https://www.4gamer.net/games/416/G041646/20191204003/2024年2月27日閲覧 
  44. ^ ジャンプGIGA (2017), p. 218.
  45. ^ Tite Kubo assente” (イタリア語). Lucca Comics & Games. Lucca Crea srl. 2024年2月24日閲覧。
  46. ^ “グリムジョーにギンも!久保帯人先生が『BLEACH』キャラの描き下ろしラフイラストを続々アップ!”. にじめん (kusuguru). (2018年1月16日). https://nijimen.net/topics/15394 2024年2月24日閲覧。 
  47. ^ Monaco Anime Game International Conferences” (フランス語). Monaco Anime Game International Conferences. モナコ政府観光会議局. 2024年2月24日閲覧。
  48. ^ a b Communiqué concernant Tite Kubo” (フランス語). Monaco Anime Game International Conferences. MAGIC. 2024年2月24日閲覧。
  49. ^ “久保帯人が審査委員長務めたモナコでのマンガコンテスト、大賞受賞作を公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年3月25日). https://natalie.mu/comic/news/275059 2024年2月24日閲覧。 
  50. ^ a b 広報ふちゅう2018年7月1日(No.1053)”. 府中町公式サイト. 府中町役場 (2018年6月29日). 2024年2月24日閲覧。
  51. ^ “BURN THE WITCH:久保帯人が「BLEACH」以来2年ぶり新作 「ジャンプ」で「ラブコメ描いたよ」”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年6月28日). https://mantan-web.jp/article/20180627dog00m200036000c.html 2024年2月24日閲覧。 
  52. ^ 久保帯人; 川野達朗(インタビュアー:宮津友徳)「劇場中編アニメ「BURN THE WITCH」特集 久保帯人(原作者)×川野達朗(監督)対談」『コミックナタリー』、ナターシャ、1頁、2020年11月13日https://natalie.mu/comic/pp/burn-the-witch032024年2月27日閲覧 
  53. ^ a b 久保帯人; 川野達朗(インタビュアー:宮津友徳)「劇場中編アニメ「BURN THE WITCH」特集 久保帯人(原作者)×川野達朗(監督)対談」『コミックナタリー』、ナターシャ、2頁、2020年11月13日https://natalie.mu/comic/pp/burn-the-witch03/page/22024年2月27日閲覧 
  54. ^ a b “実写映画『BLEACH』の特報映像が解禁! ルキアが一護に力を渡すシーンの一部を公開”. ファミ通.com (KADOKAWA Game Linkage). (2018年2月21日). https://www.famitsu.com/news/201802/21152260.html 2024年2月24日閲覧。 
  55. ^ 小林優介 (2020年3月6日). “『BLEACH』20周年プロジェクトをYouTubeで生配信 謎の文字が意味するものとは”. KAI-YOU.net (カイユウ). https://kai-you.net/article/72610 2024年2月24日閲覧。 
  56. ^ a b “BLEACH20周年で千年血戦篇アニメ化!原画展やジャンプ50周年読切の映画化も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年3月21日). https://natalie.mu/comic/news/372139 2024年2月24日閲覧。 
  57. ^ 久保 (2021), p. 36.
  58. ^ a b c “久保帯人「BURN THE WITCH」連載スタート、魔女と竜を描くアクション”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月24日). https://natalie.mu/comic/news/393305 2024年2月24日閲覧。 
  59. ^ a b “久保帯人「BURN THE WITCH」単行本の発売&Season2の制作が決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年9月14日). https://natalie.mu/comic/news/396268 2024年2月24日閲覧。 
  60. ^ 久保帯人『BURN THE WITCH』 1巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2020年10月7日。ISBN 978-4-08-882428-4 そで。
  61. ^ a b c “久保帯人の公式ファンクラブ本日本オープン!秘蔵資料の一部もお披露目”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/news/412777 2024年2月24日閲覧。 
  62. ^ “「BLEACH」計73Pの新作読切がジャンプに、原画展の情報も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年8月10日). https://natalie.mu/comic/news/440192 2024年2月24日閲覧。 
  63. ^ 久保 (2021), p. 29.
  64. ^ a b c d “『BLEACH』作者、完結後「続きは?」の一言に恐怖 歴代担当集結で秘話「才能が破格」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年12月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2218127/full/ 2024年2月23日閲覧。 
  65. ^ a b c d e “アニメ『BLEACH 千年血戦篇』が10月10日より放送決定! PV第2弾や放送情報、追加キャストなどが解禁。主題歌となるOPはキタニタツヤ、EDではSennaRinが担当に!”. ファミ通.com (KADOKAWA Game Linkage). (2022年9月11日). https://www.famitsu.com/news/202209/11275452.html 2024年2月24日閲覧。 
  66. ^ “Finalists for the American Anime Awards” (英語). ICv2 (GCO). (2007年2月7日). https://icv2.com/articles/comics/view/10043/finalists-american-anime-awards 2024年2月24日閲覧。 
  67. ^ “American Anime Award Winners” (英語). ICv2 (GCO). (2007年2月25日). https://icv2.com/articles/comics/view/10138/american-anime-award-winners 2024年2月24日閲覧。 
  68. ^ a b 劇場版BLEACH 地獄篇 MOVIE GUIDE (2011), p. 29.
  69. ^ 福田麗 (2012年12月22日). “「BLEACH」漫画家・久保帯人、結婚を発表”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). https://www.cinematoday.jp/news/N0048901 2024年2月24日閲覧。 
  70. ^ Japanische Starzeichner auf der Leipziger Buchmesse” (ドイツ語). Leipziger Buchmesse. 2013年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月24日閲覧。
  71. ^ 「CONTENTS」『週刊少年ジャンプ』2013年18号、集英社、2013年4月15日、ASIN B00C94KNXE 目次コメント。
  72. ^ “『BURN THE WITCH #0.8』地上波一挙放送&全世界同時配信決定! 新キャラクター・セルビー役は木村昴さんが担当|本PV&キービジュアルなど解禁”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2023年10月23日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1698055862 2023年10月28日閲覧。 
  73. ^ a b 川野達朗(インタビュアー:志田英邦)「劇場中編アニメーション公開!『BLEACH』の久保帯人が描く最新作『BURN THE WITCH』」『アニメ ダ・ヴィンチ』、KADOKAWA、2020年10月6日https://ddnavi.com/interview/678684/a/2024年2月27日閲覧 
  74. ^ 芥見 (2021), p. 223.
  75. ^ a b SYO (2020年10月4日). “アニメーション制作は 「teamヤマヒツヂ/スタジオコロリド」”. blueprint. 2024年2月24日閲覧。
  76. ^ a b c “原画展「BLEACH EX.」開幕、一護らの死闘を久保帯人のコメント付きで振り返る”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年12月20日). https://natalie.mu/comic/news/458046 2024年2月24日閲覧。 
  77. ^ 村上麗奈 (2021年12月19日). “『BLEACH EX.』プレビューデーにキタニタツヤが登場 久保帯人『BLEACH』の20周年を祝福”. リアルサウンド (blueprint). https://realsound.jp/2021/12/post-929394.html 2024年2月24日閲覧。 
  78. ^ a b 荒木, 斎藤 & 金田 (2007), p. 34.
  79. ^ a b 金田 (2008), p. 49.
  80. ^ 劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸 MOVIE GUIDE (2008), p. 31.
  81. ^ 久保帯人『ZOMBIEPOWDER.』 2巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2000年4月9日、180頁。ISBN 4-08-872852-1 
  82. ^ a b 門倉 (2010), p. 158.
  83. ^ a b 久保 (2021), p. 35.
  84. ^ a b c 小川 (2011年3月10日). “久保帯人さん”. rockin'on.com. ロッキング・オン. 2024年2月24日閲覧。
  85. ^ a b ジャンプGIGA (2017), p. 215.
  86. ^ a b 久保 (2021), p. 34.
  87. ^ 久保 (2021), pp. 34–35.
  88. ^ a b 門倉 (2010), p. 156.
  89. ^ 門倉 (2010), p. 157.
  90. ^ a b 劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸 MOVIE GUIDE (2008), p. 30.
  91. ^ 堀越 (2019), p. 265.
  92. ^ a b 第4回 言葉選びを磨いてみよう!”. 集英社『少年ジャンプ漫画賞ポータル』. 集英社. 2024年2月24日閲覧。
  93. ^ 芥見 (2021), pp. 226–227.
  94. ^ 久保 (2006), p. 244.
  95. ^ 『BLEACH』の久保帯人による新連載! 各話サブタイトルにこめられた意味は?”. BOOKウォッチ. ジェイ・キャスト (2020年10月10日). 2024年2月24日閲覧。
  96. ^ キタニタツヤ(インタビュー)「キタニタツヤインタビュー」『TVアニメ「BLEACH 千年血戦篇」公式サイト』、アニプレックスhttps://bleach-anime.com/special/interview/02.html2024年2月27日閲覧 
  97. ^ a b ジャンプ流 (2016), p. 9.
  98. ^ 門倉 (2010), pp. 158, 160.
  99. ^ 門倉 (2010), p. 152.
  100. ^ 久保帯人; 川野達朗(インタビュアー:宮津友徳)「劇場中編アニメ「BURN THE WITCH」特集 久保帯人(原作者)×川野達朗(監督)対談」『コミックナタリー』、ナターシャ、4頁、2020年11月13日https://natalie.mu/comic/pp/burn-the-witch03/page/42024年2月27日閲覧 
  101. ^ 中澤星児 (2016年11月2日). “『BLEACH』の久保帯人先生が Twitter を再開してエッセイマンガを投稿! ファンから喜びの声が挙がる一方、炎上の気配も”. ロケットニュース24 (ソシオコーポレーション). https://rocketnews24.com/2016/11/02/820590/ 2024年2月24日閲覧。 
  102. ^ “『BLEACH』作者、久保帯人がゴリラズを描いたイラストを公開。「GORILLAZマガジン」無料配布中”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2011年12月1日). https://rockinon.com/news/detail/60936 2024年2月24日閲覧。 
  103. ^ 『BLEACH』の久保帯人氏デザインの装備アイテムが手に入る! 『ドラゴンクエストX オンライン』の3周年を華やかに祝う、ファンブック第7弾(著:集英社Vジャンプ編集部)が7月31日(金)に発売!』(プレスリリース)株式会社 集英社・グローバルインデックス株式会社、2015年7月31日https://www.dreamnews.jp/press/0000116789/2021年6月12日閲覧 
  104. ^ 久保 (2021), p. 15.
  105. ^ 久保帯人&スタッフの2021年4月5日のツイート2024年2月24日閲覧。
  106. ^ 久保帯人&スタッフの2022年2月1日のツイート2024年2月24日閲覧。
  107. ^ 久保帯人&スタッフの2022年12月1日のツイート2024年2月24日閲覧。
  108. ^ 久保帯人&スタッフの2023年12月4日のツイート2024年2月24日閲覧。
  109. ^ “漫画家の久保帯人氏への悪ふざけに集英社が警告”. 日刊スポーツ. (2015年9月5日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1533680_m.html?mode=all 2024年2月24日閲覧。 
  110. ^ a b ご注意ください/漫画家・久保帯人先生の肖像について”. 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト. 集英社 (2015年9月4日). 2024年2月24日閲覧。
  111. ^ 週刊少年ジャンプ (1995), pp. 108, 111.
  112. ^ 「CONTENTS」『週刊少年ジャンプ』1997年51号、集英社、1997年12月1日。 目次。
  113. ^ 松原真琴、久保帯人『そして龍太はニャーと鳴く』集英社〈ジャンプ ジェイ ブックス〉、2002年12月21日、5頁。ISBN 4-08-703122-5 
  114. ^ a b “久保帯人が62Pの大ボリューム読切でジャンプ帰還!読切はイラスト集にも収録”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年7月14日). https://natalie.mu/comic/news/291123 2024年2月24日閲覧。 
  115. ^ “「BLEACH」連載開始20周年記念の読切が電子書籍に、キャラ設定画も収録”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年12月3日). https://natalie.mu/comic/news/456093 2024年2月24日閲覧。 
  116. ^ BLEACHイラスト集 All Colour But The Black”. 集英社マンガネット S-MANGA.net. 集英社. 2014年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月24日閲覧。
  117. ^ a b “「BLEACH」イラスト集発売で久保帯人が17年ぶり感謝のサイン会”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年12月4日). https://natalie.mu/comic/news/310682 2024年2月24日閲覧。 
  118. ^ 「CONTENTS」『週刊少年ジャンプ』2019年19号、集英社、2019年4月22日、ASIN B07PXRH1V1 目次。
  119. ^ “「久々の久保先生がポスターなんて胸アツすぎ!」『ジャンプ』19号、久保帯人が手がけた「新サクラ大戦」ポスターが大好評”. ダ・ヴィンチWeb (KADOKAWA). (2019年4月9日). https://ddnavi.com/news/530678/a/ 2024年2月25日閲覧。 
  120. ^ 松原真琴(インタビュー)「受賞作は「供養」のために小説賞へ送られた!?」『JUMP j BOOKS』、集英社、2018年7月3日https://j-books.shueisha.co.jp/ippuku/interview/matsubara01.html2024年5月17日閲覧 
  121. ^ a b 松原真琴(インタビュー)「デビュー作のイラストは久保帯人先生!そこには作家同士の友情があって…」『JUMP j BOOKS』、集英社、2018年7月10日https://j-books.shueisha.co.jp/ippuku/interview/matsubara02.html2024年5月17日閲覧 
  122. ^ a b “久保帯人&許斐剛、名作文学のカバーを描き下ろし”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年6月16日). https://natalie.mu/comic/news/17679 2024年2月24日閲覧。 
  123. ^ 学習まんが 日本の歴史(3)仏教の都 平城京”. 集英社. 2024年2月24日閲覧。
  124. ^ 集英社 コンパクト版 学習まんが 日本の歴史 3仏教の都 平城京”. 集英社. 2024年2月24日閲覧。
  125. ^ a b c “「青い文学」マッドハウス制作 マンガ家、若手クリエイターがコラボ”. アニメ!アニメ! (イード). (2009年9月23日). https://animeanime.jp/article/2009/09/23/5364.html 2024年2月24日閲覧。 
  126. ^ 『新サクラ大戦 the Animation』4月25日(土)深夜より、サンテレビ、KBS京都にて放送開始決定!”. サクラ大戦.com. SEGA (2020年4月22日). 2024年2月24日閲覧。
  127. ^ 久保帯人&スタッフの2022年11月22日のツイート2024年2月24日閲覧。
  128. ^ 【公式】TVアニメ『BLEACH』の2023年7月8日のツイート2024年2月24日閲覧。
  129. ^ 鷹野凌  (2017年2月2日). “ネット時代の編集者や出版社の価値は? 新人発掘と育成機能について敏腕編集者が対談”. INTERNET Watch (インプレス). https://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/1042096.html 2024年2月24日閲覧。 
  130. ^ 浅田貴典(インタビュアー:伊藤拓哉)「【第62回】累計6億部以上!『ONE PIECE』『BLEACH』など大ヒット作の立ち上げ編集・浅田貴典が語る漫画話」『ジャンプルーキー!』、集英社、2020年3月5日https://rookie.shonenjump.com/info/entry/202003_blog2024年2月27日閲覧 
  131. ^ 佐藤一哉; 浅田貴典; 吉田尚記(インタビュー)「「少年漫画編集と少女漫画編集」② 花とゆめ・佐藤編集長×集英社キャラクタービジネス室・浅田貴典氏×ニッポン放送・吉田尚記氏対談」『マンガラボ!ブログ』、白泉社、2020年3月28日https://info.manga-lab.net/?p=13172024年2月27日閲覧 
  132. ^ 中野博之(インタビュアー:トキワ荘プロジェクト 菊池、福間、川原)「週刊少年ジャンプ中野博之編集長②「血が通ったセリフが、キャラクターを立たせる」」『マンナビ』、セルシス、2017年10月16日https://mannavi.net/3562/2024年2月27日閲覧 
  133. ^ 少年ジャンプ編集部の2023年7月8日のツイート2024年2月24日閲覧。
  134. ^ 茶っプリン (2020年1月28日). “「BLEACH」20周年プロジェクト始動―― 久保帯人の新作発表も! 「AnimeJapan 2020」にて情報公開”. アニメ!アニメ! (イード). https://s.animeanime.jp/article/2020/01/28/51224.html 2024年2月24日閲覧。 
  135. ^ 赤マルジャンプ (2009), p. 14.
  136. ^ 劇場版BLEACH 地獄篇 MOVIE GUIDE (2011), pp. 29–30.
  137. ^ 赤マルジャンプ (2009), pp. 15–16.
  138. ^ 片野徹; 寺田貴治; 大坪鉄弥(インタビュアー:ギャルソン屋城)「『新サクラ大戦』開発者に徹底的に訊く! 「シリーズのキャラは?」「主人公の神山はどんな男?」 など疑問に答えまくるロングインタビュー!」『ファミ通.com』、KADOKAWA Game Linkage、1頁、2019年5月3日https://s.famitsu.com/news/201905/03174243.html2024年2月27日閲覧 
  139. ^ 松原真琴(インタビュー)「『BLEACH』ノベライズはこうして作られていた!」『JUMP j BOOKS』、集英社、2018年7月17日https://j-books.shueisha.co.jp/ippuku/interview/matsubara03.html2024年2月27日閲覧 
  140. ^ 地獄のミサワ; 林士平; 久保帯人(インタビュー)「地獄のミサワ「連載終了したのでお祝いのイラスト描いて下さい」久保帯人「いいですよ」←半強制的に描かせたイラストの画力がすごい」『ニコニコニュース』、ドワンゴ、1頁、2017年6月6日https://originalnews.nico/272562024年2月27日閲覧 
  141. ^ “地獄のミサワ、小説家の松原真琴と1年前に結婚してたわー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年8月30日). https://natalie.mu/comic/news/75622 2024年2月24日閲覧。 

参考文献

記事中で参照した箇所の少ないものは#出典に記載した。

書籍

  • 門倉紫麻『『週刊少年ジャンプ』40周年記念出版 マンガ脳の鍛えかた-ジャンプ 人気作家37名、総計15万字激白インタビュー集』集英社〈愛蔵版コミックス〉、2010年3月24日、152,156-160頁。ISBN 978-4-08-782280-9 
  • 週刊少年ジャンプ編集部、ジャンプ・コミック出版編集部 編『創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 公式図録』門倉紫麻(インタビュー取材・執筆)、集英社、2018年7月22日、192頁。ASIN B07KRDWNL3 
  • 週刊少年ジャンプ編集部、齊藤優 編『描きたい!!を信じる-少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方』集英社、2021年4月10日、82頁。ISBN 978-4-08-790022-4 

雑誌

  • 『DVD付分冊マンガ講座 ジャンプ流! 秘伝ガイド vol.04 まるごと久保帯人』、集英社、2016年3月3日、2-17頁、ASIN B01BDUMCXI 
  • 『週刊少年ジャンプ2008年1月15日増刊 劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸 MOVIE GUIDE』、集英社、2008年1月15日、30-31頁。 
  • 『週刊少年ジャンプ2011年1月10日増刊 劇場版BLEACH 地獄篇 MOVIE GUIDE』、集英社、2011年1月10日、29-30頁、ASIN B004CMBAXI 
  • 「月例ホップ☆ステップ賞(8月期)選考結果大発表!!」『週刊少年ジャンプ』1995年45号、集英社、1995年10月23日、108-111頁。 
  • 「久保宜章先生大紹介」『週刊少年ジャンプ』1996年36号、集英社、1996年8月12日、184頁。 
  • 「ジャンプ展 久保帯人先生インタビュー」『週刊少年ジャンプ』2018年29号、集英社、2018年7月2日、292-293頁、ASIN B07DKMRM3C 
  • 「久保宜章先生紹介」『週刊少年ジャンプ特別編集増刊Summer Special』、集英社、1996年8月4日、260頁。 
  • 「BLEACH新シリーズ展望TOP対談」『赤マルジャンプ』2009 SPRING、集英社、2009年6月9日、14-16頁。 
  • 「ジャンプGIGA vol.2 久保帯人×松井優征 特別対談!! クリエイティブの秘訣お答えしますスペシャル」『ジャンプGIGA』2017 Vol.2、集英社、2017年6月20日、213-218頁、ASIN B071CMDZNL 
  • 金田淳子「女子と私と[少年ジャンプ]“奇妙な結婚”」『スタジオ・ボイス』第386号、INFASパブリケーションズ、2008年2月1日、49頁、ASIN B0011FDBA4 
  • 荒木飛呂彦斎藤環、金田淳子「男たちの奇妙な愛情!?-『ジョジョの奇妙な冒険』の並行世界」『ユリイカ』第39巻第14号、青土社、2007年11月25日、34頁、ISBN 978-4-7917-0170-4 

コミックス

  • 芥見下々『呪術廻戦 公式ファンブック』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2021年3月9日、223,226-227頁。ISBN 978-4-08-882636-3 
  • 久保帯人『ZOMBIEPOWDER.』 4巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2000年8月9日、そで,138頁。ISBN 4-08-872897-1 
  • 久保帯人『BLEACH OFFICIAL CHARACTER BOOK SOULs.』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2006年2月8日、241,244頁。ISBN 4-08-874079-3 
  • 堀越耕平『僕のヒーローアカデミア 公式キャラクターブック2 Ultra Analysis』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2019年10月9日、264-265頁。ISBN 978-4-08-882128-3 

パンフレット

  • 久保帯人 著、大日本株式会社 編『THE BRAND NEW BLACK BLEACH EX. OFFICIAL PAMPHLET』2021年12月17日、15,29,34-36頁。 

ウェブページ

外部リンク