阿散井恋次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿散井 恋次
BLEACHのキャラクター
作者 久保帯人
森山栄治
鯨井康介
伊藤健太郎
木内レイコ(少年期)
詳細情報
愛称 恋次
阿散井
阿散井くん
性別 男性
職業 死神
護廷十三隊六番隊副隊長

阿散井恋次(あばらい れんじ)は、久保帯人作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『BLEACH』に登場する架空の人物で死神。アニメの声優伊藤健太郎(少年期は木内レイコ)。ミュージカルでの俳優は森山栄治鯨井康介

プロフィール[編集]

  • 護廷十三隊六番隊副隊長
  • 身長:188cm
  • 体重:78kg
  • 誕生日:8月31日
  • テーマミュージック:刃頭(HAZU)feat.Ill-Bosstinoの”野良犬”/「The NEWBORN」収録

人物[編集]

南流魂街78地区「戌吊」出身。赤髪で眉毛から額、首から上半身にかけて大仰な刺青を入れている。性格はやや乱暴だが安定して落ち着きがあり、気配りや機転が利く。同僚や後輩達からの信頼は厚い。副隊長でありながら卍解を修得している隊長クラスに近い実力者。戦闘においての勝率は高くない。

甘党で、好物は鯛焼き。趣味はゴーグル収集。玉蹴り(フットサル)が大好き。ルキアが現世赴任を命じられた同じときに六番隊副隊長に任命され、それ以前は五番隊を経て十一番隊に在籍(六番隊副隊長任命時は第六席だった)し、斑目一角に戦い方を教わっていた。「殺す相手に名乗る」流儀は、一角から学び守っている。一角を尊敬・信頼している。

吉良や檜佐木と同じく給料はあっさり使ってしまうタイプであり、大前田の家でご馳走になる描写が「カラブリ+」で描かれた。

体中に入れ墨を入れており、額にもしている。また、一角と同じく褌を着用している。

六番隊副隊長任命には、銀銀次郎が副業で店主を務めている高級眼鏡屋「眼鏡の銀蜻蛉」が人気になったのを受け、眼鏡屋での商売に専念するため六番隊副隊長を辞職、その後任として任命された。「眼鏡の銀蜻蛉」は行きつけの店で、銀次郎とも馴染みであり、いくらか割り引いてもらっている(原価が結構なため、購入できないらしい)。夢は、自分でデザインしたゴーグルをかけること。初期では額にゴーグルをかけていたが戦う度に破壊され、最近は代わりに白い手ぬぐいを巻いている。死神代行消失篇では手ぬぐいの色は黒になり、知り合いの鍛冶屋に安価で作らせた鋼のかんざしを挿している。

檜佐木修兵は学院時代の先輩で、吉良イヅルと雛森桃とは学院時代の同期。優秀者の集められた特進クラスである1組に所属していた。2066期生。

ルキア・白哉との関係[編集]

ルキアとは、流魂街からの幼馴染。40年前まで「戌吊」で身を寄せ合って家族のように暮らしていた。共に真央霊術院で学ぶが、ルキアが朽木家の養子に求められ、彼女の幸せを願って心ならずも祝福することで勧めた。このことが後の恋次とルキアの関係の起点になっている。

名家令嬢となったルキアと対等に付き合えるようになるため、白哉を超える事のみを考えて鍛錬し続けたが、一度も勝てていない。ルキアの処刑是非を巡る騒動の中で白哉に戦いを挑むが、彼の鬼道と卍解を前に、自身の卍解も破壊され敗北する。最後まで戦士としての闘志を失わず戦い続けたため、白哉からは認められている。藍染の謀反後も、白哉を超えることを目標として仰いでいる。

尸魂界篇[編集]

ルキアが現世へ駐在する前に六番隊副隊長に任命された。その後、死神能力の譲渡を犯したルキアの捕縛命令を受け、当初は命令通りルキアを尸魂界へ連れて行くが、懺罪宮前での一護との戦闘後、ルキアを助ける事を決意。修得間近だった卍解の修行を終えて、ルキア救出に向けて行動する。前述の白哉との戦いで重傷を負うも花太郎の治療(アニメでは卯ノ花)で回復し再びルキア救出に向かい、一護と共に藍染に立ち向かうも一蹴される。真実を知った護廷十三隊の救援もあって、結果的にルキアを救うことができ、彼女と和解した。この頃から一護のことを信頼し「仲間」と認識する。

破面篇[編集]

ルキア救出後、空座町に破面襲来の報を受け、ルキアらと共に現世へ派遣され一護と再合流。破面の2度目の襲来時にはイールフォルト・グランツとの戦いに勝利し、グリムジョーに負けたとする一護を「生きていたら勝ち」だと慰めていた。その後浦原商店で厄介になり、浦原に聞きたいことがあったためそれを聞く条件としてチャドの修行を手伝う。

その後、織姫救出のため、ルキアと共に虚圏に入り再び一護達と合流した。虚夜宮では第8十刃のザエルアポロ・グランツと交戦、助っ人として現れた石田もろとも窮地に立たされるが、虚圏にやってきた涅マユリにその窮地を救われる。虚圏に幽閉される事となり、傷の治療を受けた後、再び連れ去られた織姫の救出に向かう一護の援護を行い、そのまま葬討部隊や巨大虚と戦うが、解放状態のヤミーに倒される。一連の終結後は、尸魂界で一護が無月を使用した反動で気絶するのを目撃した。

死神代行消失篇[編集]

一護に死神の力を取り戻させるための刀に隊長格の死神達と共に霊圧を与え、ルキアや他の隊長格と共に完現術者達との決戦に参戦。空座町決戦から17ヶ月の間、藍染と戦えるようになるために鍛錬を積んでおり、自身が交戦したジャッキーを剣を抜くことなく圧倒するほどの力の差を見せつけた。

千年血戦篇[編集]

白哉と共に尸魂界に攻め込んできた星十字騎士団(シュテルンリッター)のエス・ノトと交戦するが、エス・ノトが白哉の卍解を奪って白哉を攻撃し続けるのを見かねて卍解しようとした所を、星十字騎士団の一人であるマスク・ド・マスキュリンが卍解できることを知らずにドロップキックを仕掛けてきたため重傷を負い、卍解は運良く奪われなかった。その後、零番隊によって一護・白哉・ルキアと共に霊王宮へ連れて行かれ、『麒麟殿』の白骨地獄と血の池地獄で治療を受けて、麒麟寺天示郎の拳を受けても吹き飛ばされない位まで回復し、一護と共に次の『零番離殿』である『臥豚殿』へ向かった。

『臥豚殿』では一護と共に食事し、次の『鳳凰殿』では一護と共に人の形をした『浅打』と戦闘を行い、恋次は二枚屋王悦に合格と認められるが一護は失格し現世に追い返された。その後、兵主部一兵衛の『零番離殿』でルキアと共に修行を行っていた。修多羅千手丸には、衣装を新調してもらった。そして修行を完了し、ルキアと共に瀞霊廷へ到着する。

斬魄刀[編集]

斬魄刀の名は『蛇尾丸(ざびまる)』。直接攻撃系に分類される。

始解[編集]

能力解放と共に刀身にいくつもの節を持ち、伸びて蛇のようにしなる蛇腹剣の形状に変化する。伸縮自在であるため直接的な遠距離攻撃も可能。ただし、伸ばしながらの攻撃は最大3回まででそれ以降は一度縮める必要がある。また、縮めた状態での大きさは黒崎一護の斬月とほぼ同程度。

解号は「咆えろ『蛇尾丸』(ほえろ『~』)」

卍解[編集]

【卍解】の名は『狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)』。

能力解放と共に巨大な蛇の骨の様な形状に変化し、恋次自身は狒狒の骨と毛皮を身に纏う。戦闘方法は始解時と殆ど変わらないが、斬魄刀そのものによる一撃一撃が強力になり、ギリアン級大虚の破面の斬魄刀も容易に打ち砕く。また、巨体に関わらず動作も素早く、隊長格の瞬歩にも充分に対応可能。始解時同様に複数のパーツで構成されているが、各パーツは形を持った霊体ではなく恋次自身の霊圧で繋がれているため、斬魄刀などで連結を断ち切る事は不可能。蛇尾丸本体への負担が掛かることもあるようだが、分離や再結合は自由自在に行う事ができる。アニメでは、その特性を活かし「狒牙絶咬」を使用していた。

千年血戦篇後、卍解時による破損は直せないため、以前の白哉との戦いで破壊された刃節の一部が壊れたままだということがマユリの口から一護に語られた。

劇場版アニメでは度々その巨大さを生かし、他者を乗せて別場所へと移動させるために使用している。

[編集]

「狒牙絶咬(ひがぜっこう)」
節の途切れた蛇尾丸の刀身を一斉に相手に突き立てる、刀身を折られた時の非常用の技。折れた斬魄刀が突然攻撃を仕掛けてくる為、相手の意表を衝いたり隙を作り出すには効果的だが、傷ついた蛇尾丸に無理を強いるために斬魄刀本体への負担が大きく(アニメ版によれば、この技を使った直後はしばらく始解すら不可能になる)、連続しては使えない。
「狒骨大砲(ひこつたいほう)」
自身の霊圧を開放し、狒狒王蛇尾丸の口からレーザーのように巨大な霊圧の砲弾を発射する。

本体[編集]

声 - 古澤徹

の尾を持った白い体毛の狒狒。俗に言う。身体と尾で別々の人格を有しており、蛇のほうは少々口が悪い。一護との死闘の終、斬月との再戦を望んでいた。『カラブリ』によると、性別は雄だったが、斬魄刀異聞編で実体化した時は猿は女、蛇は男という風になっている。

アニメ『斬魄刀異聞篇』で実体化した蛇尾丸の詳細はBLEACH 斬魄刀異聞篇#実体化した斬魄刀を参照

鬼道[編集]

鬼道に関しては昔から苦手で、威力自体は申し分ないものの加減ができず、暴発することもあり、詠唱破棄もあまり得意ではないためルキア程うまく鬼道を扱うことはできない模様。

破道の三十一 赤火砲
炎系の霊撃を放つ鬼道。虚夜宮(ラス・ノーチェス)へ潜入した際、ランプ代わりに使用して格好をつけようとしたものの、詠唱破棄をしたため小さな光しか出せなかったせいで石田、ルキア、一護にイジられるなど散々だったが、ザエルアポロ戦では上手く制御できない事を利用して石田を援護した。アニメのバウント編では、無難に使っていた。

アニメ[編集]

バウント編では副隊長だが空座町の担当として派遣され一護達と共に戦う。浦原にバウント戦に伴い、チームプレーの大切さを教わった一方で、後述の宇柿戦の前には一角から教わった「勝負は一対一(タイマン)」という流儀を重んじる一面も見せている。またアニメでは原作以上に一護と喧嘩するシーンもある。

登場時には1970年代ファッションに身を包んで一護の前に現れる。赴任中は破面編より先に浦原商店メンバーと出会い、彼らの元に居候として身を寄せるが、居候としての身の上のため浦原商店メンバーに頭が上がらず、ジン太等に「居候」を連発されおかわりができなかったり、「死神図鑑ゴールデン」で、おかわりできないので夜中にこっそり起きてご飯を食べようとするも、浦原、ジン太に確信犯的な行動(輪ゴム鉄砲)で阻止されたりと扱いが酷かった。そのため、井上織姫の自宅アパートに行った際、行方不明になった織姫をみんなが心配する傍らで、留守中の他人の家の冷蔵庫を勝手に開けて食べ物をあさるシーンもあった。その後、バウント達の尸魂界進出に伴い尸魂界へ帰る前には浦原商店の掃除をしていっている。

現世の戦闘において狩矢が作り出したドール・ビットの進攻から一人の少年を守ろうと奮戦するがかなわず、少年が重傷を負ったことに対し責任を感じてしまう。そのためか人の命を奪ったうえに人間によるバウントに対する迫害の仕打ちを主張し自分達を哀れむ宇柿に対し怒りをぶつける一幕もあった。宇柿のドール・ゲゼルとの対戦に【卍解】で挑み勝利する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]