乱舞のメロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
乱舞のメロディ
シドシングル
初出アルバム『dead stock
B面 暖炉
ホソイコエ(Live from 『SID Summer Festa 2010』)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル キューンレコード
(KSCL-1695〜KSCL-1699)
作詞・作曲 マオ(作詞)
御恵明希(作曲)
チャート最高順位
シド シングル 年表
cosmetic
(2010年)
乱舞のメロディ
(2010年)
いつか
2011年
テンプレートを表示

乱舞のメロディ」(らんぶのメロディ)は、シドの楽曲。同グループメジャー8枚目、通算19枚目のシングルとして2010年12月1日キューンレコードから発売された。

概要[編集]

初回限定盤A、Bと通常盤の3つの仕様でリリースされ、初回限定盤2種には2010年7月31日さいたまスーパーアリーナで行われた『SID Summer Festa 2010 〜SAITAMA SUPER LIVE〜』の模様と、ツアー『いちばん好きな場所2010』の密着映像がそれぞれ収録されている。通常盤には、特典としてオリジナル描き下ろし・BLEACHキャラクターカレンダー封入が封入されている。

ジャケットイラストは、初回限定盤Aが鷲、初回限定盤Bが狼、通常盤が虎をあしらったものになっている。そのほか、初回限定盤Aの「BLEACH アナザージャケット Ver.A」には死神サイドの黒崎一護朽木ルキア朽木白哉日番谷冬獅郎阿散井恋次、初回限定盤Bの「BLEACH アナザージャケット Ver.B」には仮面の軍勢の平子真子、愛川羅武、矢胴丸リサ、猿柿ひよ里、久南白、鳳橋楼十郎、六車拳西、宇昭田鉢玄が描かれた裏面ジャケットが封入されている。

プロモーション映像では映像の随所にカポエイラによる格闘技の演武を挿入、セットに本物のバッファローの骨を使用しており、タイムストレッチでの撮影にも挑戦している。また、PV内のマオの足だけが映るシーンと同じ構成の映像が、東京ドーム公演のオープニング映像に採用されている。

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. 乱舞のメロディ [3:53]
    作詞:マオ、作曲:御恵明希、編曲:シド・Takayuki Kato
    東京ドーム公演より前に書いた詞で、「今しか書けないものを書くことを考えた」(マオ談)もの。ライブやファンに対する思い、またオープニングとして採用されたBLEACHの内容に対してなどと、様々なものに向けて歌詞が書かれている。
    一部のファンがこの楽曲の事を、""ランプのメロディ""と間違えて覚えてしまっており、ライブで披露する際にはマオは必ず、ランプではなく乱舞であると発言している
  2. 暖炉 [3:21]
    作詞:マオ、作曲:Shinji、編曲:シド・西平彰
    この曲自体は「夏恋」の頃にデモが完成しており、以降毎回アレンジを替えて案に出し続け、今回やっと採用された。
  3. ホソイコエ(Live from 『SID Summer Festa 2010』) [5:14]
    作詞:マオ、作曲:Shinji、編曲:シド・西平彰

DVD[編集]

初回限定盤A
  1. SID Summer Festa 2010 ライブ映像+いちばん好きな場所2010 未公開映像 Ver.A
初回限定盤B
  1. SID Summer Festa 2010 ライブ映像+いちばん好きな場所2010 未公開映像 Ver.B

収録アルバム[編集]

外部リンク[編集]