金田淳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金田 淳子
人物情報
生誕 1973年????
富山県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部文学部
東京大学大学院人文社会系研究科
学問
研究分野 社会学
研究機関 東京大学
公式サイト
金田淳子(kaneda_bl)のブログ
脚注
テンプレートを表示

金田 淳子(かねだ じゅんこ、1973年〈昭和48年〉 - )は、日本社会学者やおいボーイズラブ同人誌研究家[1]富山県生まれ[2]。愛称は「カネジュン」。

経歴[編集]

1973年(昭和48年)富山県生まれ[2]富山県立富山高等学校卒。東京大学法学部を卒業後、文学部学士入学して卒業する[2]東京大学では上野千鶴子に師事[3]東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学(社会学[2]ジェンダー論、社会学の視点から、やおいを研究している[4]。かつて、法政大学で非常勤講師をしていた[5]。詩と批評の雑誌『ユリイカ』での3回のBL特集および『美術手帖』のBL特集に編集協力、執筆するほか、朝日新聞読売新聞などに女性のオタク文化の専門家としてコメントを寄せている[6][7][8]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』河出書房新社 (原著2019年11月)。ISBN 978-4309028439 

共著[編集]

単独執筆[編集]

  • 「やおい論, 明日のためにその1」『波状言論』20号, 2004年。
  • 「ヤオイ・イズ・アライヴ――わかりたいあなたのための, やおいマンガ・マップ」『ユリイカ青土社2006年1月号38巻1号「特集 マンガ批評の最前線」166-178頁、9784791701421。
  • 「やおい論、明日のために(その2)」『ユリイカ青土社2007年12月臨時増刊号39巻16号「総特集 BLスタディーズ」48-54頁、9784791701728。
  • 「いまさら聞けない用語もわかる! ボーイズラブの歴史」『美術手帖美術出版社2014年12月号66巻1016号「特集 ボーイズラブ “関係性”の表現をほどく」78-81頁。
  • 「来たれ、入門者! 必ず読みたい BLマンガ20」『美術手帖美術出版社2014年12月号66巻1016号「特集 ボーイズラブ “関係性”の表現をほどく」124-130頁。

分担執筆[編集]

  • 佐藤健二吉見俊哉編著「第7章 マンガ同人誌 解釈共同体のポリティクス」『文化の社会学』有斐閣アルマ、有斐閣、2007年2月、163-190頁、ISBN 978-4-641-12242-0
  • 三浦しをん、金田淳子「「攻め×受け」のめくるめく世界――男性身体の魅力を求めて」『ユリイカ青土社2007年6月臨時増刊号39巻7号「総特集 腐女子マンガ大系」8-29頁、9784791701636。
  • 野火ノビタ、金田淳子「人間未満の季節――BLと美少女萌えのはざまで」『ユリイカ青土社2007年6月臨時増刊号39巻7号「総特集 腐女子マンガ大系」8-29頁、9784791701636。
  • 九州男児、金田淳子「"御法度"からすべては始まった――九州男児誕生秘話!? 」『ユリイカ青土社2007年6月臨時増刊号39巻7号「総特集 腐女子マンガ大系」113-122頁、9784791701636。
  • 三浦しをん、金田淳子、斎藤みつ、山本文子「二〇〇七年のBL界をめぐって――そして"腐女子"とは誰か」『ユリイカ青土社2007年12月臨時増刊号39巻16号「総特集 BLスタディーズ」8-25頁、9784791701728。
  • 草間さかえ、金田淳子「それは技術上の理由で……――草間さかえの奇妙な注目」『ユリイカ青土社2007年12月臨時増刊号39巻16号「総特集 BLスタディーズ」105-113頁、9784791701728。
  • 鈴木ツタ、金田淳子「恋愛の非対称性と魔性の中高年」『ユリイカ青土社2007年12月臨時増刊号39巻16号「総特集 BLスタディーズ」142-150頁、9784791701728。
  • トジツキハジメ、金田淳子「ロボと人外を BLに! 」『ユリイカ青土社2007年12月臨時増刊号39巻16号「総特集 BLスタディーズ」151-160頁、9784791701728。
  • アユヤマネ、金田淳子「すべてが"絵になる"マンガを求めて」『ユリイカ青土社2007年12月臨時増刊号39巻16号「総特集 BLスタディーズ」161-169頁、9784791701728。
  • 金田淳子(マンガ)ながくぼようこ(小説)「このBLがすごい! '07」『ユリイカ青土社2007年12月臨時増刊号39巻16号「総特集 BLスタディーズ」205-269頁、9784791701728。
  • 雲田はるこ、金田淳子「インタビュー すべての男性は受けである!? くもはる流 BLスタディーズのススメ」『ユリイカ青土社2012年12月号44巻12号「総特集 BLオン・ザ・ラン!」77-87頁、9784791702473。
  • 金田淳子、永久保陽子「対談 BLの浸透と拡散をめぐって」『ユリイカ青土社2012年12月号44巻12号「総特集 BLオン・ザ・ラン!」145-158頁、9784791702473。
  • 金田淳子、永久保陽子「2012必読BLガイド」『ユリイカ青土社2012年12月号44巻12号「総特集 BLオン・ザ・ラン!」216-229頁、9784791702473。
  • 金田淳子、永久保陽子「2012必読BLガイド」『ユリイカ青土社2012年12月号44巻12号「総特集 BLオン・ザ・ラン!」216-229頁、9784791702473。
  • 金田淳子、福田里香、山本文子「熱きボーイズラブの表現を語る! 萌える座談会 」『美術手帖美術出版社2014年12月号66巻1016号「特集 ボーイズラブ “関係性”の表現をほどく」69-77頁。
  • はらだ、金田淳子「Interview はらだ 彗星のごとく現れたエロファンタジスタ! (10人のマンガ家が語る! ボーイズラブとマンガ表現)」『美術手帖美術出版社2014年12月号66巻1016号「特集 ボーイズラブ “関係性”の表現をほどく」108-113頁。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • 「真夜中のニャーゴ」(ホウドウキョク、2015年4月3日 - 2017年3月31日)※金曜MC

ラジオ番組[編集]

  • ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ
    • 2014年1月18日「サタデーナイトラボ」特集「<宇多丸よ、おまえは本当のB-BOYを知らない!>本当の"B-BOY"とは何か?そして、"ボーイズ・ラブ"とはいったい何か?男のための、よく分かるボーイズラブ入門!!」[10]
    • 2014年12月20日「サタデーナイトラボ」特集「輝け!2014年、タマフル・オールジャンル何でもアワード大賞グランプリ・ベスト3」[11]
    • 2015年3月14日「サタデーナイトラボ」特集「<祝・北陸新幹線>開業!宇多丸よ、もう外堀は完全に埋まったのだから、いますぐ富山に移住しなさい特集。もしくは、『富山最高』特集!」[12]
    • 2015年5月9日「サタデーナイトラボ」特集「<人間交差点>前夜祭、及び、GW終了対策。ビジネスパーソンよ、五月病に悩まされるその前に、マンガ『島耕作』から処世術を学ぼう!特集」[13]
    • 2016年9月17日 緊急放課後クラウド[14]
    • 2016年10月15日「サタデーナイトラボ」特集「応援上映」[15]
    • 2017年10月14日「サタデーナイトラボ」特集「古代ギリシャ特集 〜古代ギリシャの民主制を学ぶ編」[16]
  • アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)
    • 2018年6月11日「ビヨンド・ザ・カルチャー」特集「ビジネスマナーとして知っておきたい三国志エピソード」[17]
    • 2018年7月3日「ビヨンド・ザ・カルチャー」特集「宇多丸よ!前から知りたがっていた『ファイブスター物語』のことを教えにわざわざNYから来たぞ特集 &ファティマ総選挙2018結果発表! feat.岡田育・金田淳子」[18]
    • 2019年9月30日「ビヨンド・ザ・カルチャー」特集「映画『HiGH & LOW THE WORST』公開記念!「HiGH & LOW THE 総選挙」結果発表!!」[19]
    • 2019年12月2日「宇多丸よ!お前はなぜあの名作『グラップラー刃牙』を読んでいないのかッ!? 競うな、持ち味をイカせッッ! ボーイズラブ視点で読む『グラップラー刃牙』特集 by 金田淳子」[20]

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 男だってBLが好き! やおい研究家・金田淳子さんに、「男子に勧めたいBL」を聞いた!”. ダ・ヴィンチニュース. 2019年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d 金田淳子”. ダ・ヴィンチニュース. 2022年3月12日閲覧。
  3. ^ フェミニスト両手ぶらり旅round.5 平成31年度東京大学学部入学式 祝辞(上野千鶴子)”. webちくま. 2019年9月29日閲覧。
  4. ^ 二村ヒトシ、金田淳子、岡田育 『オトコのカラダはキモチいい』KADOKAWA、2015年2月、著者紹介頁。ISBN 9784040674209 
  5. ^ 2007年度 第7回Sense of Gender賞 講評”. ジェンダーSF研究会. 2019年9月29日閲覧。
  6. ^ 『はぐれDJ道』「2017年07月21日 第35回「金田淳子インタビュー」”. DJイオ. 2019年9月29日閲覧。
  7. ^ 金田淳子「女性のオタク」『朝日新聞』2007年12月8日朝刊be週末b2、p. 2。
  8. ^ 「「喪女マンガ」に熱い視線 「モテない主人公」に共感」『読売新聞』2012年6月25日東京夕刊、p. 7。
  9. ^ "松本穂香、WOWOWドラマ初主演決定 『グラップラー刃牙』をBLとして読み解く腐女子役に". Real Sound. blueprint. 21 May 2021. 2021年6月23日閲覧
  10. ^ 1/18 サタデーナイトラボ「ボーイズラブ入門」”. ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル (2014年1月20日). 2019年11月6日閲覧。
  11. ^ 12/20 サタデーナイトラボ「タマフルなんでもベスト3」”. ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル (2014年12月22日). 2019年11月6日閲覧。
  12. ^ 放送後記 第414回(2015年3月14日放送)”. ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル (2015年3月14日). 2019年11月6日閲覧。
  13. ^ 5/9 サタデーナイトラボ「島耕作特集 by 金田淳子」”. ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル (2015年5月11日). 2019年11月6日閲覧。
  14. ^ 【放送後記】「来週から僕のこと、琥珀って呼んでもらえます?」2016年9月17日放送”. TBSラジオ (2016年9月22日). 2019年11月6日閲覧。
  15. ^ 【放送後記】「『力及ばずですいません……』からの!」 2016年10月15日放送”. TBSラジオ (2016年10月20日). 2019年11月6日閲覧。
  16. ^ 神慮めでたく! 古代ギリシャ民主制を学んで選挙に行こう特集”. TBSラジオ (2017年10月20日). 2019年11月6日閲覧。
  17. ^ 三国志の有名エピソードがビジネスに有効だったとは”. TBSラジオ. 2019年9月29日閲覧。
  18. ^ 1986年から続く漫画「ファイブスター物語」を今から読むならまず最新刊でいい理由とは【岡田育が断言】”. TBSrajio (2018年7月3日). 2019年11月6日閲覧。
  19. ^ どうしちまったんすか! 琥珀さん!! 「HIGH&LOW THE 総選挙」は、波乱の結果に!!”. TBSラジオ (2019年9月30日). 2019年11月6日閲覧。
  20. ^ グラップラー刃牙を「ボーイズラブ」で読む試みは…「競うな、持ち味をイカせッッ!」の境地だった”. TBSラジオ (2019年12月2日). 2020年3月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]