地獄のミサワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地獄のミサワ
本名 松原 大気(まつばら たいき)
旧姓 三澤 (みさわ)
生誕 (1984-04-05) 1984年4月5日(32歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2008年 -
ジャンル ギャグ漫画
代表作 カッコカワイイ宣言!
受賞 第68回赤塚賞準入選(『俳優伝説』)
公式サイト http://jigokuno.com/
テンプレートを表示

地獄のミサワ(じごくのミサワ、1984年4月5日 - )は、日本男性漫画家。『俳優伝説』で第68回赤塚賞に準入選しデビュー。妻は小説家松原真琴。 また、諸事情により『しこくのミサワ』名義を使用する場合もある[1][2]

来歴[編集]

中学生の時からインターネット上でネタ投稿を行っていた。また太田プロダクションの『ウェブ大喜利』などにも盛んに投稿を重ね、その時に知り合った友人が放送作家になった縁でテレビ番組で使用される挿絵を描く仕事もしたという[3]。しかし基本的にはプロの漫画家として活動した経験はなかった。

中学校卒業後は「高校に行かずにお笑い芸人になる」と両親に打ち明け、大検(現在の高認)の科目免除のために通信制高校へ通学する一方、お笑い関係のスクールに通う日々を送った[4]。しかしお笑い芸人への道は途中で諦め、大検取得後も大学や専門学校に進学することも就職することもなくニートとして生活していたという(本人曰く「引きこもり、ニート、草食系男子といったトレンドには全て乗れた」)[4][3]。デビュー後のインタビューでも「(経済的に)今もニートです」と語っている[3]

2008年、松原真琴に誘われて参加した手塚賞・赤塚賞の懇親会でこれからの作家活動について熱い議論が交わされる中、気が付いたら場を仕切る立場になっており、周囲の漫画家からは「あいつは一体何者なんだ」と思われていたという[3]。居合わせていた松原から「来年、壇上に上がってたら面白い」と赤塚賞への応募を勧められ、翌年に『俳優伝説』で実際に第68回赤塚賞準入選となる[3]

ジャンプスクエア』2010年2月号にてギャグ漫画カッコカワイイ宣言!』を連載開始。同年11月にはテレビ東京において4話限定でアニメ化された。『週刊少年ジャンプ』2011年5・6合併号に「ニューイヤーギャグ伝」として『カッコカワイイ宣言!』が掲載された[5]

2011年8月30日に松原真琴と結婚していたことが、1年後の2012年8月30日に松原のブログによって公表された[6]。  

作風[編集]

影響を受けた漫画として尾田栄一郎の『ONE PIECE』を挙げている[7]。また『SLAM DUNK』にも影響を受けてバスケ漫画を描いたが、4ページ目で全てのチームメンバーが揃ってしまい話が続かなかったという。

目鼻口が顔の中心に寄っており、特に両目の間が非常に近いキャラクター画が特徴。その画風とあるある的な鬱陶しい台詞が相まって、シュールな作風となっている[8][9]。また、ほとんどのキャラクターが自意識過剰なナルシストである点も特徴。

作品[編集]

単行本[編集]

読み切り[編集]

  • 俳優伝説(ジャンプスクエア 2008年9月号、集英社[11]
  • 27歳シリーズ(ジャンプスクエア公式ホームページ GAG MANGA Grand Prix1stシーズン 2009年1月 - 3月、集英社)[12]
  • King of まりっぺ(ジャンプスクエア 2009年8月号、集英社)[11]
  • のり子、もう一度やり直さないか(ジャンプスクエア 2009年12月号、集英社)[11]

ブログ[編集]

女に惚れさす名言集」が2009年1月に開設、月曜から金曜まで毎日1日1回更新。ネット流行語大賞2010にノミネートされ、スマホ用無料アプリ「ミサワViewer」「iMisawa」として配信もされている。

その他[編集]

  • あやめ屋 地獄のミサワデザインパッケージラーメン・和風醤油3食入り(2011年2月) - 商品パッケージイラスト
  • エスビー食品 「ハピファミカレー」(2013年1月) - テレビCM「エスビーブラザーズ篇」・「エスビーブラザーズ+おじさん篇」キャラクターデザイン ※『しこくのミサワ』名義
  • リクナビ 「リクナビ2015」(2013年11月) - 公式サイト及びテレビCM、キャラクターデザイン。
  • 地獄のミサワのマンガ業界のことイマイチまだ分からないんですけど - ジャンプLIVE2号企画動画。
  • テレビアニメ「ローリング☆ガールズ」(2015年1月) - 結季奈が描いたイラスト監修。

人物[編集]

  • 盲腸手術の際、腹部を切開したら石が出てきた。これには医者にも首をかしげられ[13]、「普段から石ころとか食べてる?」と質問された[13]
  • ちょっと高いところにある棒にかっこよくつかまろうとしたら、手首が折れた。
  • 自身がかつてニートであったことから、ニートに対して何かアドバイスはないですか、と問われて「ないですね」と即答した。
  • かつては『ファンタスティック・フォー』の岩男(ザ・シングもしくは初代アニメの日本語版(宇宙忍者ゴームズ)におけるガンロック)に似ていたが、その後痩せてジョニー・デップに似てきた[13]。好きでジョニー・デップに似ているわけではないと公言している。
  • 『カッコカワイイ宣言!』の単行本発売・アニメ化に際し、編集担当の林とニコニコ生放送に何度か出演し、テーマソングの制作活動などをしていた。
  • ASCIIとの対談時、ミサワが一人で取材を受けることに緊張や不安を覚え、いくたびか両親に「一緒に来て」と懇願し、同席してもらっている。ミサワの母は「ずっと家に引きこもっていた子だったので、外に出る機会が出来たのなら手助けをしたいと思った。それに、普段ほとんど会話がないので(ミサワの方から)話しかけてくれたことが嬉しくて、一緒に来ました」と述べている。両親との会話は常に「教えない」と答えていたという。
  • 2010年5月21日、『サキよみ ジャンBANG!』にゲスト出演。「(自身の)漫画のキャラに合わせた」という理由で、白いデニムのボトムを購入し、自らハサミでショートパンツ丈にカットしたものを着用して登場。緊張からか終始落ち着きのないテンションで他の出演者を圧倒した。
  • 2011年2月12日、アニメイト横浜店で開催されたトークショーで、110人程度入る会場に観客が35人しか集まらなかった。その様子はニコニコ動画で放送されることが決定していたので、ミサワは大恥をかかされたと言い、『ジャンプスクエア』編集長・茨木政彦およびアニメイト横浜店店長に謝罪を求めるという珍事があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ハピファミカレー」CM紹介|エスビー食品株式会社
  2. ^ 「ハピファミカレー」のCMに地獄のミサワ 描き下ろしキャラが無表情で踊る - ねとらぼ
  3. ^ a b c d e 地獄のミサワ (2010年10月1日). 中卒ニートで赤塚賞!「地獄のミサワ」のつかめない半生 「2時間しか寝てないから」. インタビュアー:広田稔、盛田諒. ASCII.. 東京都. http://ascii.jp/elem/000/000/557/557822/index-2.html 2011年3月15日閲覧。 
  4. ^ a b 地獄のミサワ (2010年3月8日). ジャンプスクエア マンガ家 直撃インタビュー[モノガタリ]」. インタビュアー:ジャンプSQ. 集英社.. 東京都. http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/m_int_jigoku/index2.html 2011年3月15日閲覧。 
  5. ^ “地獄のミサワがとうとう週刊少年ジャンプに初お目見え” (日本語). コミックナタリー. 東京都. (2011年1月4日). http://natalie.mu/comic/news/42915 2011年3月15日閲覧。 
  6. ^ 結婚しました | フミン・ブログ
  7. ^ 地獄のミサワ (2010年10月1日). 中卒ニートで赤塚賞!「地獄のミサワ」のつかめない半生 「あのウザさは「デリカシーのない子供」発祥」. インタビュアー:広田稔、盛田諒. ASCII.. 東京都. http://ascii.jp/elem/000/000/557/557822/index-4.html 2011年3月15日閲覧。 
  8. ^ 広田稔、盛田諒 (2010年10月1日). “中卒ニートで赤塚賞! 「地獄のミサワ」のつかめない半生” (日本語). ASCII. 2011年3月15日閲覧。
  9. ^ 自身の作風を意識してか、ミサワが審査員を務めた第2回SupremeGAG大賞(ジャンプSQ 集英社)では全ての作品に「目が離れすぎている」との評価コメントを残している。
  10. ^ ブログ「女に惚れさす名言集」に掲載された作品の一部をまとめたもの
  11. ^ a b c 『カッコカワイイ宣言!』1巻に収録。
  12. ^ 『カッコカワイイ宣言!』2巻と3巻に収録。
  13. ^ a b c プクリー 2007年7月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]