あおきてつお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

あおきてつお1957年[1] - )は、日本漫画家東京都出身、千葉県千葉市在住。近年は主に集英社リイド社、小学館の青年誌などで執筆活動をしている。

概要[編集]

18歳の頃よりマンガ研究会を設立して同人活動を行っており、1980年小学館の『少年ビッグコミック』にて「10月のメモリー」でデビュー[2]

少年誌や少女誌などで、短編読み切り作品やオムニバス形式での短期シリーズ連載などを経て、1982年『少年ビッグコミック』で連載開始された『気ままにウルフ』が計8巻発行され、本人にとって初の長期連載作品となる。以降、1990年頃までは、少年誌を中心に、1992年以降は主に青年誌などで執筆活動をしている。また、企業や組合・業界誌コミックの企画制作する有限会社「ピエゾコミックコーポレーション」を設立。『法律の抜け穴』シリーズなどを始め、企業コミックやイラスト・挿絵などを執筆。1993年からは三省堂中学英語教科書「New Crown」の編集委員として10年間イラストを担当。マンガ形式の教科書の先駆けとして話題になる。

代表作の1つである『緋が走る』は、1999年NHKにてテレビドラマ化され、田中美里主人公を担当して全6回放映された。また、『島根の弁護士』は2007年フジテレビ系列の土曜プレミアム枠にて、仲間由紀恵主演にて2時間ドラマが放映された。

作品リスト[編集]

主な単行本リスト[編集]

単行本化されていない作品[編集]

イラスト他担当作品リスト[編集]

  • 英会話コミック(アルク)全2巻
  • 高脂血症のアプローチ(ライフ・サイエンス出版)全1巻
  • 透析療法とエリスロポエチン(ライフ・サイエンス出版)全1巻
  • マンガから考える法と社会(新日本出版社)全1巻 ※原作:矢野達雄
  • マンガでわかる刑法と裁判(自由国民社)全1巻
    • その他自由国民社より発行されていた『法律の抜け穴』シリーズの漫画の原画などを多数手がけている。

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P6
  2. ^ 単行本『あおきてつお選集』に収録。ただし本人HPには、それ以前に同社の『別冊少女コミック』で少女漫画家としてデビューしたという表記もある。

外部リンク[編集]