萩原一至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
萩原 一至
生誕 1963年4月4日(51歳)[1]
日本の旗 日本東京都中野区白鷺[1][2]
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1987年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 BASTARD!! -暗黒の破壊神-
テンプレートを表示

萩原 一至(はぎわら かずし)は、日本漫画家血液型はO型[2]。代表作は『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』等。

来歴[編集]

東京都中野区白鷺に生まれ、千葉県千葉市に転居。高校1年生を3回繰り返し(留年、退学、再入学、留年)、17歳で家出。アパートを借りてアルバイト生活。同年のひと夏、50ccバイクで北海道を半周する一人旅に出、高校を中退。

数年後実家に戻り東京デザイナー学院デザイン科に入学、後にアニメーション科に編入。学内向けに募集されたダーティ・松本のアシスタントに応募。学校に通いながら約2年間のアシスタント修行を始める。東デ2年生の時、アニメーション科のクラスメートであった鶴田洋久、由美もりおと共に合作マンガ企画「MADE GENIUS」を始め、最初の漫画を描く[3]

東京デザイナー学院を卒業したのち22歳の時、『週刊少年ジャンプ 』(以下、WJと表記)の募集広告を見てまつもと泉のアシスタントとなる。同じアシスタントとして本田将岡崎武士、当時まつもと泉の担当で後に『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』(以下、BASTARD!!と表記)の初代担当として同作品に多大な影響を与える事となる高橋俊昌と出会う。この時、まつもとが倒れた週にアシスタント達だけでまるまる作画してしまったという逸話を残す[4]

24歳の時、アシスタントの仕事の合間をぬって『パロディーコミック プロジェクトA子 2』(1987年8月・ラポート株式会社刊)に、『プロジェクトA子』のパロディー漫画「GOOD WEATHER」(全14ページ)を執筆[5]。『プロジェクトA子』とほぼ同時期、『週刊少年ジャンプ Summer Special』(週刊少年ジャンプ増刊、1987年)に公式的なデビュー作品となる「微熱口紅(びねつるーじゅ)」を掲載。同作は読者アンケートにて好評を博し、ジャンプ本誌で2作目の読み切りを描くことが決定する。この切のため直近に迫っていた『きまぐれオレンジ☆ロード』の最終回に参加する事なく、まつもと泉のスタジオを退所した。

『WJ』1987年47号に2作目の読切「WIZARD!!〜爆炎の征服者〜」[6]発表。『週刊少年ジャンプ Winter Special』(週刊少年ジャンプ増刊、1988年・年初)に掲載された読切「VIRGIN・TYRANT(ヴァージン・タイラント)」をはさんで、『WJ』1988年14号より『BASTARD!!』の連載を開始。

活動[編集]

左利きで、作画に非常にこだわりを持ち高いクオリティと緻密な画面を好む漫画家。スクリーントーンを多用したその作風は、1980年代から1990年なかばにかけて日本のコミック業界に影響を与え、今でも現在の角川・電撃系列のコミックにその影響を見ることが出来る。

制作にこだわるあまり、遅筆なことで知られる。1988年~1989年の『WJ』の『BASTARD!!』の連載にて、週刊連載を経験しているが、その当時から休載することがしばしばあった。現在は不定期にて『ウルトラジャンプ』(以下、UJと表記)で同作を連載しているが、そこでも未完成原稿が掲載されることが目立っている。

また商業誌で連載を持つプロの漫画家でありながら、定期的に同人活動を行うことも知られている。

過去から現在を通して、描いている連載作品は『BASTARD!!』のみである。

冨樫義博との関係[編集]

同じく『WJ』連載漫画家であった冨樫義博に対しさまざまな影響を与えている。萩原の絵の巧さが冨樫に自信を失わせたり(新人時代に萩原の生原稿を見ての事)[7]、萩原による漫画家を集めたパーティーで武内直子を紹介されて結婚していること、少年ジャンプ誌上に不定期連載という礎を作った末に冨樫が同じ様に不定期連載を行っていた等。少年ジャンプ誌上で、病気や事故などの特別の理由もなく、雑誌掲載時に未完成原稿のままで発表(単行本化の際には加筆して原稿を完成させる)しながら、継続的に連載することが許されていたのは萩原と冨樫だけであるため、両者ともにこの類の話題の例として上がることも多い。

『BASTARD!!』連載をめぐる変遷[編集]

BASTARD!! -暗黒の破壊神-も参照)

1988年より『WJ』で連載されていた『BASTARD!!』は幾度かの休載が続いた後、連載開始翌年の1989年、作者腰痛を理由に突然連載が中断された。しかし、さらにその翌年の1990年に、季刊(年に4回発行)の『週刊少年ジャンプ増刊』へと連載が移動され再開される。季刊は掲載ページ数がまとまっていること(60~80ページ)や制作作業過程のスパンが長いことが幸いしたのか、より作画のクオリティを追求する傾向となりつつも、ストーリーの展開は滞らず話数が重ねられた。また連載時にラフ原稿で掲載されることはあったものの、加筆修正を施した単行本のおよそ年2冊のペースでの出版は保たれていた。それは『週刊少年ジャンプ増刊』での連載期間の1990年~1996年、単行本9巻~18巻が出版された約6年に亘っている。

だが1997年頃当時、少年誌のうちで発行部数のトップを独走していた『WJ』が、発行部数2位であった『週刊少年マガジン』に肉薄される[8]。危機感を抱いた集英社編集部は、テコ入れのため「黄金期」と呼ばれた時代の他の作家陣への様々な働きかけの一つとして、『BASTARD!!』を『週刊少年ジャンプ増刊』から『WJ』に呼び戻した。

再度の『BASTARD!!』の『WJ』における連載は、週刊誌上でありながら月1回の掲載[9](24~30ページ)、という異例の措置が取られた。当作にとっては週刊本誌である『WJ』への返り咲きともなったが、『週刊少年ジャンプ増刊』での連載は「罪と罰編」のクライマックスを前にして中断、ストーリーが途切れることとなる。

『WJ』で再開された連載は、作中での時間が「罪と罰編」から4年経過した「背徳の掟編」を新規にスタートするという形を取った[10]。しかし連載2回目にして8ページ(すべて見開きの作画)が未完成の原稿で掲載される。その後もストーリーの展開は間延びを見せ始め、作画も未完成の原稿で埋められる号が続くなど破綻をきたす事となり、2000年より掲載はしばらくの間途絶えた[11]。また同時期に萩原は、自身の公式ホームページの質問掲示板において読者から休載の多さについて指摘された際、別名義のハンドルネームを用いて別人を装い反論。口論となった上、本人ということが発覚し、萩原は一切掲示板上から姿を消す、といった事件も起こっている[12]

2001年、『UJ』での連載再開のニュースとともに『BASTARD!! -暗黒の破壊神- 完全版』(以下、完全版と表記)の刊行が告知された。が、『UJ』での連載は休載が連続し、鉛筆描きのままの原稿がそのまま掲載される事が続くなど、最も不安定なものとなる。またコンピューターを導入してのデジタル作画へと移行したこともあり[13]、作画環境の大幅な変化は更なる作品制作の遅延をもたらした。

2013年現在、『UJ』での『BASTARD!!』の連載は不定期連載とされている。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

画集[編集]

  • BASTARD!!GUARDRESS 萩原一至 ILLUSTRATIONS(1995年)
『BASTARD!!』関連のイラストレーションと、作品の設定集や、長期連載以前に書かれた読切2作品が収録されている。
  • 萩原一至第二画集 裸2(2011年)
とらのあな専売による同人画集、『BASTARD!!』関連、ゲーム用イラスト等が収録されている。

キャラクターデザイン[編集]

関連人物[編集]

師匠[編集]

  • ダーティ・松本[14]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、293頁
  2. ^ a b 『BASTARD!!GUARDRESS 萩原一至 ILLUSTRATIONS』
  3. ^ 後に未完成のまま1990年冬コミにて同人誌として頒布。
  4. ^ きまぐれオレンジ☆ロード』の終盤は萩原一至が描いていたという噂は、この話が一人歩きしたものと思われる。
  5. ^ ほぼ完成した原稿が没となった全18ページの第一稿「見つけて壊せ!!」は同年冬コミにて同人誌『激バカとろろいも』に収録。
  6. ^ 後に『BASTARD!!』の序章としてコミックス1巻の巻頭に収録。
  7. ^ 冨樫義博『幽遊白書終了記念 ヨシりんでポン!』同人誌、1994年
  8. ^ 1997年49号にて逆転。2002年再逆転している。
  9. ^ 4週に一度のペースで掲載。『WJ』では「月イチ連載」と表記された。
  10. ^ 当初「背徳の掟編」に2、3回で区切りをつけた後「罪と罰編」の続きに戻ることが予定されていた。
  11. ^ 単行本21巻までの収録。
  12. ^ 単行本のあとがきでは「ネット上でマジギレしてました(笑)と」説明されていた。
  13. ^ 『完全版』の2巻より導入。同巻は大幅な加筆・修正(ほぼ全面描き直し)がなされている。
  14. ^ ダーティのアシスタントをした時の背景画を『背景画の進化の過程』としてダーティ・松本のサークルであるDCプロジェクトの同人誌「FUCK OFF!3」に収録した際、自ら当時のエピソード(パースが下手、汚しのテクニックがイマイチなどの}をコメントとして書き込んだ。マンガの背景画の資料としてかなり貴重な記録である。 またバスタードの初期の冒頭のコマ外に書いた「竜騎兵さん」という名前は、ダーティも参加したレモンピープルに印象的な竜の漫画を書いた竜騎兵氏で、萩原の描く竜にその影響が伺える。
  15. ^ 『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』13巻
  16. ^ 『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』15巻
  17. ^ 『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』19巻
  18. ^ 『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』21巻

外部リンク[編集]