ゆでたまごの読み切り作品一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項では、ゆでたまご読み切り漫画作品を時系列順に一覧・解説する。

収録された単行本などの詳細情報は#参考文献を参照。

キン肉マン(赤塚賞準入選作)[編集]

初出: 『週刊少年ジャンプ』(集英社、以下『WJ』)1979年2号(1978年12月)

モノクロ15P。1978年の第9回赤塚賞準入選作。同年12月『WJ』に掲載され、これがゆでたまごの漫画家デビュー作となった。掲載された本作は低学年の読者層からの支持が強く[1]、次の読み切りを経て『キン肉マン』連載へとつながる。後の収録ではタイトルを「オカマラスの巻」とされた。

本作は、円谷プロ特撮番組「ウルトラシリーズ」の設定を借用しており、主人公・キン肉マンウルトラの父の不義の子でウルトラ兄弟の腹違いの兄たちにいじめられて育った、という設定である。デビュー20周年時の収録からは、ウルトラ兄弟の公式設定とは異なること、円谷プロの許可を得て収録した旨が明記されるようになった[2][3]

収録:

  • 「ルーツをさぐれ!!初期名作集 (1) キン肉マン 赤塚賞準入選受賞作」『キン肉マン熱闘スペシャル』
  • 「赤塚賞準入選作 キン肉マン」『キン肉マン 闘将!!拉麵男 超人大名鑑』
  • 「オカマラスの巻」『キン肉マン 特盛』
  • 「幻の復刻漫画 (1) オカマラスの巻」『キン肉マン 第1回超人オリンピック編』

キン肉マン(読み切り2作目)[編集]

初出: 『WJ』1979年14号(同年3月)

モノクロ15P。連載前に『WJ』本誌に掲載されたもう1本の『キン肉マン』の読切作品。設定は赤塚賞準入選作と同じで、扉ページに記されたキン肉マンのプロフィールには好物が「牛丼」とある。後の収録ではタイトルを「エラギネスの巻」とされた。

一時期原稿を紛失し幻の作品と化していたが、『特盛』にて再び日の目を見ることになった[4]

収録:

  • 「エラギネスの巻」『キン肉マン 特盛』
  • 「幻の復刻漫画 (2) エラギネスの巻」『キン肉マン 第1回超人オリンピック編』

下町戦争[編集]

初出: 『WJ』1979年4月増刊

モノクロ15P。『キン肉マン』連載前の読み切り。『ゴッドファーザー』の舞台を下町に置き換えたパロディ[5]で、マフィア同士のコミカルな抗争を描いたギャグ漫画。本作の主人公「ドン・ピカデリカオーネ」は、『キン肉マン』などの他作品にスター・システム的に様々な役で登場する。

収録:

  • 「ルーツをさぐれ!!初期名作集 (2) 下町戦争」『キン肉マン熱闘スペシャル』
  • 「下町戦争」『お〜い!!マンガだよ〜ん』
  • 「下町戦争」『闘将!!ゆでたまご』

デスゲーム[編集]

初出: 『WJ』1980年16号(同年3月)

モノクロ43P。『WJ』誌内企画「愛読者賞」[6]第8回エントリー作品、投票結果は8位[7]ブルース・リーが撮影中断のまま急逝し他人の手で完成された映画『死亡遊戯』を、存命であったらどのような作品であったか、という想像から描かれたオマージュ作品[5][8]。冒頭に寄せて「この作品を今は亡きブルース・リーにささげる」とある。

ブルース・リーをモデルとした主人公が息子を人質に取られ、孤島にある七重の塔に眠る秘宝を持ち帰るよう脅迫される。塔の各階には拳法の達人がおりこれらを倒さないと上階に行けない。

この筋書きはそのまま『キン肉マン』の劇場版アニメ『キン肉マン 正義超人vs戦士超人』に転用された。『キン肉マン』のパロディ漫画『キン肉マンレディー』(小川雅史)でも本作のパロディが描かれている(単行本2巻「レディーのデスゲーム2009の巻」)[9]

収録:

  • 「デスゲーム」『キン肉マン熱闘スペシャル』
  • 「デスゲーム」『お〜い!!マンガだよ〜ん』
  • 「デスゲーム」『マッスル・リターンズ』
  • 「デスゲーム」『闘将!!ゆでたまご』

あすとろボーヤ (1)[編集]

初出: 『WJ』1981年1月増刊

モノクロ20P。宇宙人の少年「ボーヤ」が地球の小学校で生徒たちと友情を育む、低年齢向け[5]の作品。ゆでたまごに「熱血対決もの」を期待する読者からは評判が悪かった、と作者は語る[5]

収録:

  • 「あすとろボーヤ I」『お〜い!!マンガだよ〜ん』
  • 「あすとろボーヤ」『闘将!!ゆでたまご』

あすとろボーヤ (2)[編集]

初出: 『WJ』1981年4月増刊

モノクロ15P。前作の続編。

収録:

  • 「あすとろボーヤ II」『お〜い!!マンガだよ〜ん』

キン肉マン 特別編 キン肉フラッシュの巻[編集]

初出: WJ 1981年9月30日増刊『Dr.スランプSpecial』

2色カラー20P。初出の増刊号は低年齢層を意識して構成されており、本作はこのコンセプトに基づき描かれた『キン肉マン』の特別編[10]。キン肉マンの誕生と母星・キン肉星での小学校時代を描く。キン肉マンが生まれてまもなく地球に捨てられたという『キン肉マン』本編の設定とは関係なく描かれており、この読み切りの設定はその後本編には反映されていない。

収録:

  • 「キン肉マン キン肉フラッシュの巻」『キン肉マン熱闘スペシャル』
  • 「キン肉マン キン肉フラッシュの巻」『キン肉マン 闘将!!拉麵男 超人大名鑑』
  • 「キン肉フラッシュの巻」『キン肉マン 特盛』
  • 「キン肉マン幼年編」『マッスル・リターンズ』
  • 「幻の復刻漫画 (3) キン肉フラッシュの巻」『キン肉マン 第2回超人オリンピック編』

闘将!!拉麵男[編集]

初出: 『WJ』 1982年15号(同年3月)

モノクロ44P。「愛読者賞」第10回エントリー作品、投票結果は2位[11]。『キン肉マン』の登場キャラクター「ラーメンマン」を単独の主人公としたスピンオフで、その後『WJ』の姉妹誌『フレッシュジャンプ』で創刊号から休刊まで連載された。詳細は『闘将!!拉麵男』を参照。読み切りは第1話として単行本1巻に収録された。

勇者ビッグボディ[編集]

初出: 『WJ』1983年15号(同年3月)

45P(扉カラー、本文モノクロ)。「愛読者賞」第11回エントリー作品、投票結果は4位[12]。屈強な肉体を妖怪に奪われ、それを取り戻そうとする男の物語。ゆでたまごによる作品解説では、スケールの大きさに構成力が追いつかなかった失敗作であるとしている[5]

収録:

  • 「勇者ビッグボディ」『お〜い!!マンガだよ〜ん』

キン肉マン スペシャル編 ロビン・メモ!!の巻[編集]

初出: 週刊少年ジャンプ特別編集『キン肉マン熱闘スペシャル』1984年8月25日号

4色カラー8P。超人たちの弱点を記した「ロビン・メモ」が奪われ、ロビンマスクも誘拐されてしまう。助けに行ったキン肉マンら正義超人たちだが、メモにより弱点を知られて苦戦する。この読み切りを原作としてストーリーを膨らませ[5]、劇場版アニメ『キン肉マン 逆襲!宇宙かくれ超人』(1985年)が制作された。

収録:

  • 「キン肉マン スペシャル編ロビン・メモ!!の巻」『お〜い!!マンガだよ〜ん』
  • 「キン肉マン特別編 ロビン・メモの巻」『マッスル・リターンズ』

ゆうれい小僧がやってきた![編集]

初出: 『WJ』1987年19号(同年4月)

モノクロ45P。『キン肉マン』連載末期に描かれた読み切りで、1987年34号(同年8月)より連載開始した。詳細はゆうれい小僧がやってきた!を参照。この読み切りは第0話の扱いで単行本1巻に収録された。

喰いだおれ野郎[編集]

初出: 『フレッシュジャンプ』(集英社)1988年8月号(同年7月)

31P(扉カラー、本文モノクロ)。天才グルメ小学生が贅を尽くした弁当で技を競う。1994年から『月刊少年エース』で連載される『グルマンくん』の原型となる作品[13]

収録:

  • 「喰いだおれ野郎」『お〜い!!マンガだよ〜ん』

SCRAP三太夫[編集]

初出:

  1. 『WJ』1988年43号(同年10月)47P
  2. 『WJ』1989年5・6合併号(同年1月)31P

詳細は『SCRAP三太夫』を参照。連載前に2回掲載されたプロトタイプの読み切りで、主人公・三太夫のデザイン等が多少異なる。読み切りはそれぞれ、「特別編」として単行本の1・2巻の巻末に収録された。

Kick Boxer マモル[編集]

初出: 『WJ』1990年12号(同年2月)

詳細は『蹴撃手マモル』を参照。同作の原型となる読み切りで、マモルの年齢やムエタイの師匠となるキャラクターなどが異なる。単行本4巻の巻末に収録された。

ライオンハート[編集]

初出: 『WJ』1991年11月増刊「Autumn Special」(同年10月)

詳細は『ライオンハート』を参照。1993年より『月刊少年ガンガン』(エニックス、当時)で連載される同名作品の原型となる読み切り。

収録:

  • 「ライオンハート」『闘将!!ゆでたまご』

マッスル・リターンズ[編集]

初出: 『格闘エース』(角川書店、1996年1月)

60P(2色カラー16P、モノクロ44P)。『キン肉マン』の物語終了から5年後の世界を描いたリバイバル漫画。戦いの日々に疲れて隠遁生活を送っていたキン肉マンが、仲間の危機にふたたび立ち上がる。1998年より連載される『キン肉マン』の続編『キン肉マンII世』では本作の設定は無視されている。『II世』連載開始後の収録では若干設定の擦り合わせがあり、青年の姿のミートがジェロニモに描き変えられるなどされた。

収録:

  • 「マッスル・リターンズ」『マッスル・リターンズ』
  • 「マッスル・リターンズ」『闘将!!ゆでたまご』
  • 「マッスル・リターンズ」『キン肉マン ダメ超人VS怪獣激闘編』
  • 「マッスル・リターンズ」『キン肉マン』37巻

〜パンクラチオンの星〜ハダカーン[編集]

初出: 『Rintama』No.3(ワニマガジン社)1996年12月

モノクロ7P。全裸のプロレスラー「ハダカーン」の活躍を描く。どんどんショーアップされて、本当に強いレスラーが居なくなっているという現在のプロレス界を皮肉った作品だと作者は語っている[14]。名前こそ出ていないが、外見だけで実力の無いレスラーとして天山広吉などが描かれている。元々は連載予定だったが掲載雑誌が休刊したため、1話のみで終了。

ゆでたまごによると「ギャラを払ってくれたのは1年後」「原稿が1ページも戻ってこなかった」とのこと[15]

収録:

  • 「〜パンクラチオンの星〜ハダカーン」『キン肉マン 特盛』

こちら葛飾区亀有公園前派出所×キン肉マン 正義超人亀有大集結!!の巻[編集]

初出: 『超こち亀』(集英社、2006年9月)

『WJ』で長期連載を続ける『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(秋本治)の連載30周年記念ムックに掲載された、『こち亀』と『キン肉マン』のキャラクターを競演させる合作。「秋本治・アトリエびーだま×ゆでたまご」名義。

週刊少年ジャンプ40周年記念特別読み切り キン肉マン[編集]

初出: 『WJ』2008年29号(同年6月)

『WJ』40周年企画の一環として掲載された。『キン肉マン』の物語終了から半年後、キン肉マンとビビンバの結婚式前日を描く。単行本収録時は「キン肉マンの結婚式!!の巻」とされた。

収録:

  • 「キン肉マンの結婚式!!の巻」『肉萬〜キン肉マン萬之書〜』

ウォーズマンビギンズ 仮面の告白!の巻[編集]

初出: 『肉萬〜キン肉マン萬之書〜』(集英社、2008年8月29日)

『キン肉マン』29周年記念のムックに描き下ろされた、ウォーズマンの過去を描いた読み切り。『キン肉マン』と『II世』のあいだで生じていた設定の齟齬を一部解消している。2010年1月29日に刊行された『キン肉マン 37巻』では加筆されて再掲載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『さらば、わが青春の『少年ジャンプ』』285頁。
  2. ^ TEAM MUSCLE編「幻の「キン肉マン」復刻について・・・」『キン肉マン 特盛』集英社〈ジャンプ・コミックス・セレクション〉、1999年8月24日、ISBN 978-4-8342-1679-0、28頁。
  3. ^ 「作品解説」『キン肉マン 第1回超人オリンピック編』352頁。
  4. ^ TEAM MUSCLE編「作者は語る!!(1)」『キン肉マン 特盛』44頁。
  5. ^ a b c d e f ゆでたまご「作品解説」『お〜い!!マンガだよ〜ん』集英社〈ジャンプコミックス〉、1984年9月15日、ISBN 4-08-871269-2、186-187頁。
  6. ^ 読者アンケートで選出される10名の漫画家が競作する企画。各作品はさらに読者投票で順位付けされる。1973年から1983年まで。
  7. ^ 第7回('79)〜第8回('80)
  8. ^ 「作品解説」『闘将!!ゆでたまご』88頁。
  9. ^ 時系列はそれぞれ、『正義超人vs戦士超人』は「夢の超人タッグ編」後の話、『キン肉マンレディー』は「アメリカ遠征編」後の話となっている。
  10. ^ 「作品解説」『キン肉マン 第2回超人オリンピック編』450頁。
  11. ^ 第9回('81)〜第10回('82)
  12. ^ 第11回('83)
  13. ^ 「ゆでたまご作品年表」『肉萬』324頁。
  14. ^ TEAM MUSCLE編「作者は語る!!(2)」『キン肉マン 特盛』44頁。
  15. ^ ゆでたまご(嶋田隆司、中井義則)「苦難のとき〜10年間のスランプ期に突入〜」『生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録』エンターブレイン、2009年7月1日、ISBN 978-4-7577-5005-0、334-335・351-352頁。

参考文献[編集]

短編を収録した書籍[編集]

  • 週刊少年ジャンプ特別編集『キン肉マン熱闘スペシャル』集英社、1984年8月25日、雑誌29936-8/25
    • キン肉マン スペシャル編 ロビン・メモ!!の巻
    • キン肉マン キン肉フラッシュの巻
    • ルーツをさぐれ!!初期名作集 (1) キン肉マン 赤塚賞準入選受賞作(オカマラスの巻)
    • ルーツをさぐれ!!初期名作集 (2) 下町戦争
    • デスゲーム
  • ゆでたまご『キン肉マン 闘将!!拉麵男 超人大名鑑』集英社〈ジャンプ・コミックス・デラックス〉、1985年7月15日、ISBN 978-4-08-858125-5
    • キン肉フラッシュの巻
    • 赤塚賞準入選作 キン肉マン(オカマラスの巻)
  • ゆでたまご『お〜い!!マンガだよ〜ん ゆでたまご短編集1』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年、ISBN 978-4-08-871269-7 - 短編集として発行された、2008年現在唯一の単行本。巻末にゆでたまごによる各作品の解説。
    • 喰いだおれ野郎
    • あすとろボーヤI
    • あすとろボーヤII
    • キン肉マン スペシャル編ロビン・メモ!!の巻
    • デスゲーム
    • 勇者ビッグボディ
    • 下町戦争
  • ゆでたまご『マッスル・リターンズ』角川書店〈角川コミックス・エース・エクストラ〉、1997年7月10日、ISBN 978-4-04-713191-0
    • マッスル・リターンズ
    • キン肉マン幼年編(キン肉フラッシュの巻)
    • キン肉マン特別編 ロビン・メモの巻
    • デスゲーム
  • TEAM MUSCLE編『キン肉マン 特盛』集英社〈ジャンプ・コミックス・セレクション〉、1999年8月24日、ISBN 978-4-8342-1679-0
    • オカマラスの巻
    • エラギネスの巻
    • キン肉フラッシュの巻
    • 〜パンクラチオンの星〜ハダカーン
  • ゆでたまご『キン肉マン 第1回超人オリンピック編』集英社〈ジャンプリミックス ワイド版〉、2005年7月9日、ISBN 978-4-08-106898-2
    • 幻の復刻漫画 (1) オカマラスの巻
    • 幻の復刻漫画 (2) エラギネスの巻
  • ゆでたまご『キン肉マン 第2回超人オリンピック編』集英社〈ジャンプリミックス ワイド版〉、2005年8月6日、ISBN 978-4-08-109016-7
    • 幻の復刻漫画 (3) キン肉フラッシュの巻
  • ゆでたまご『闘将!!ゆでたまご』集英社〈ジャンプリミックス ワイド版〉、2004年9月13日、ISBN 978-4-08-106729-9
    • マッスル・リターンズ
    • 下町戦争
    • デスゲーム
    • あすとろボーヤ
    • ゆうれい小僧がやってきた!
    • Kick Boxer マモル
    • ライオンハート
  • ゆでたまご『肉萬〜キン肉マン萬之書〜』集英社、2008年8月29日、ISBN 978-4-08-908081-8
    • キン肉マンの結婚式!!の巻
    • ウォーズマンビギンズ 仮面の告白!の巻
  • ゆでたまご『キン肉マン ダメ超人VS怪獣激闘編』集英社〈ジャンプリミックス ワイド版〉、2009年6月6日、ISBN 978-4-08-109777-7
    • マッスル・リターンズ

その他参考文献[編集]

  • 西村繁男『さらば、わが青春の『少年ジャンプ』』幻冬舎〈幻冬舎文庫〉、1997年11月25日、ISBN 978-4-87728-525-8