ウルトラの父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウルトラの父(ウルトラのちち、英表記:Father of Ultra[1])は、円谷プロ制作の特撮テレビドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」の作品に登場する、架空のキャラクター。

1972年放映の『ウルトラマンA』第27話「奇跡! ウルトラの父」で初登場。

概要[編集]

M78星雲光の国の宇宙警備隊の大隊長を務める[1]

ウルトラの母とは夫婦関係にあり[注釈 1]ウルトラマンタロウの実父である。さらに、ウルトラマンAの養父[注釈 2]でもある。ウルトラセブンは義理の甥[注釈 3]という設定も存在したが、現在は使用されていない[注釈 4]。また、ゾフィーの父とは親友同士であった[注釈 5]。ウルトラマンなどの他のウルトラ兄弟との血縁関係はないが、その偉大さや人柄から実父のように慕われている[1]

本名は2009年の映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』でウルトラマンケンと設定された[2][3]

ウルトラマンA』第27話で初登場。ヒッポリト星人にブロンズ像にされたウルトラ5兄弟の救出に現れ、ヒッポリト星人と戦って善戦したが、長旅の疲労で本来の力を出すことができず、残りの全エネルギーをエースに与えて復活させた後で力尽きる[注釈 6][注釈 7]。その後、第38話で復活してサンタクロースの姿で現れる[注釈 8]。『ウルトラマン80』第38話では空に映るイメージとして登場し、80を励ました。

その後のテレビシリーズでは長らく登場しなかったが、昭和ウルトラシリーズと世界観を共有する『ウルトラマンメビウス』では、メビウスを地球へ送り出す宇宙警備隊の大隊長として登場する。第37話ではジャシュラインによって黄金にされたメビウスを助けるが、作中では過去に地球を訪れた時期(現実では登場した放送回)が主にクリスマス前後だったことを記念して街でウルトラの父降臨祭が開かれていた時期での登場だったこともあり、人々から大声援を浴びている。

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』では、光の国を襲撃したウルトラマンベリアルを迎え撃つ。ベリアルとはウルトラ大戦争をともに戦った旧友であり、対峙した際は説得して平和的解決を試みていたが、結局は戦うことになって敗北し、光の国や他の戦士とともに氷結してしまう。その後、ウルトラマンゼロがベリアルを倒し、プラズマスパークエネルギーコアを取り戻したことで復活している。

なお、本来の役職「大隊長」と呼ばれるのは『メビウス』の劇中だけで、それ以前は「お父さん」などと呼ばれていた。ただし、「お父さん」と呼んだのは実子のタロウと、両親がおらずウルトラの父に育てられたエースの2人のみである。

登場作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

  1. ウルトラマンA』(1972年):第27話、第38話
  2. ウルトラマンタロウ』(1973年):第39話、第40話、第51話
  3. ウルトラマンレオ』(1974年):第38話・第39話
  4. ウルトラマン80』(1980年):第38話
  5. ウルトラマンメビウス』(2006年):オープニング、第1話、第27話、第29話、第37話、第49話・第50話
  6. ウルトラマンギンガ』(2013年):第6話、第11話
  7. ウルトラマンジード』(2017年):第24話、第25話

劇場版・オリジナルビデオなど[編集]

  1. ウルトラマン怪獣大決戦』(1979年
  2. ウルトラマン物語』(1984年
  3. ウルトラマングラフィティ おいでよ!ウルトラの国』(1990年
  4. ウルトラマン超闘士激伝』(1996年
  5. 新世紀ウルトラマン伝説』(2002年
  6. 新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE』(2003年
  7. 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009年
  8. ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』(2010年

ウルトラの父を演じた人物[編集]

人間体[編集]

声の出演[編集]

※『ウルトラマン80』第38話の声優は不明。

※初登場時の声は、初代ウルトラマンウルトラマンジャックの声のピッチを低くした物を使用。

※『ウルトラマンギンガ』第6話では台詞なし。

スーツアクター[編集]

  • 姫野昭二

データ[編集]

  • 身長:45メートル[5][1][2][注釈 9]
  • 体重:5万トン[5][1][注釈 10]
  • 年齢:16万歳
  • 飛行速度:マッハ15[5]
  • 走行速度:時速1000キロメートル
  • 水中速度:200ノット
  • ジャンプ力:500メートル
  • パンチ力:直径100キロメートルの小惑星も砕く。
  • キック力:ジャンプキックは原子爆弾10発分の威力。
ウルトラホーン
頭の角はウルトラの父の家系のみに伝わるもので、宇宙の情報をキャッチするアンテナの役目を果たしており、14万年かけて現在の長さになった。
髭はウルトラ族のうち4万歳以上の者にしか生えず、2018年現在に登場済みのウルトラ戦士で生やしているのは、ウルトラの父とウルトラマンキング、そしてウルトラマンチャックのみである。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で登場した「ウルトラマンケン」としての姿は、角がやや小ぶりで髭はなく、バックルの形状も異なっていた。ウルティメイトウォーズのエンペラ星人戦で真の力に目覚めることにより、現在の姿に転身したとされる。その後の「ベリアルの乱」では、かつての戦友に真の力を使う決意ができずケンの姿のままで戦っていたが、当時の後悔から元の姿に戻ることを自ら封印し、以後はずっと現在の姿で活動している[2][3]

技・能力[編集]

ファザーショット[6][5](ファザー光線)
両手をL字型に組んで放つ光線。『A』第38話でナマハゲを倒したほか、漫画『ウルトラマン超闘士激伝』でもメフィラス大魔王に使用した。
クレッセントショット(クレセントショット[6][5]、ファザー光線[1]
手先から発射する三日月状光弾。『A』第27話でヒッポリト星人にダメージを与えた。
ウルトラシャワー[1][6]
両手先を合わせて水を噴射する技。火を消すほか、ヒッポリト星人のヒッポリトタールを洗い流すことも可能。TACを囲む炎を消し、ブロンズ像にされたエースを元の姿に戻した。
エネルギービーム[6]
『A』第38話で使った右手から放つ回復光線。
パワービーム[6]
ウルトラホーンから放射するエネルギー光線。映画『ウルトラマン物語』で、タロウのウルトラホーンにエネルギーを集める特訓の際に使用した。5万年前にジュダが現れた際、父自身も自分の父親(タロウの祖父)から同じ特訓を受けていたという。
ファザーチョップ[6]
相手の喉元に叩き込む、強力な水平チョップ。『A』第27話のヒッポリト星人との戦いで披露した。
ファザーキック
すべてのパワーを足に集中して放つ、メガトンキック。ヒッポリト星人戦では、眼前でジャンプして顔面に蹴り込んだ。また、ジャシュライン戦では、腹部めがけて回し蹴りを繰り出した。
ファザー投げ[6]
敵を正面に投げ飛ばす技で、ヒッポリト星人戦やジャシュライン戦で使用してダメージを与えた。
ファザーバリヤー[6]
キングザウルス三世のカーテン状バリヤーを再現したもの。映画『ウルトラマン物語』で、タロウの特訓のために使った。
カラータイマーによるエネルギー回復(名称不明)
自分のカラータイマーを外して投げて仲間のウルトラ戦士を回復させることができるが自分は倒れてしまう。長旅の疲労でヒッポリト星人に苦戦し、まだ動けないAにカラータイマーを投げ、エネルギーを回復させて倒れた。
ファントムファイヤー
念力で相手の足元に炎を発生させる。映画『ウルトラマン物語』で、タロウの特訓のために使った。
テレパシー光線(名称不明)
映画『ウルトラマン物語』で使った技。頭から光線を放ち、幼少時のタロウの心にミクラスエレキングの戦いを映し出した。
ウルトラチャージ
『メビウス』第37話でカラータイマーから放った光線。黄金像にされたメビウスの壊れかけたカラータイマーを直し、メビウスを復活させた。
チェインジング・フラッシャー
前方に突き出した右手先から赤色の光線を発射する。映画『ウルトラマン物語』で、タロウを地球へ派遣する際に使用した。
タイマーシュート(本編未使用)
カラータイマーから発射する光線。
ビッグ光線(本編未使用)
ゾフィーのM87光線によって塗り替えられる以前、光の国公認世界記録の80万度を記録していた光線。
ウルトラコクーン[7]
『ジード』第25話で使用された半球状のバリア。ベリアル アトロシアスとの戦いで窮地に陥ったジードの前に現れて撤退を命じ、自分とベリアルを包み込む光の繭[注釈 11]を張ることでべリアルを一時的に封じ込め、ジードに再変身までの時間的猶予(20時間以上)を与えたが、ベリアルを抑え込み続けることは叶わず、破られてしまった。

道具・武器[編集]

ウルトラアレイ[1][6][5]
腰のウルトラバックルに隠された鉄アレイ形の道具。特殊な閃光エネルギーをはじめ、さまざまな能力を発揮する。『ウルトラマンA』では、一時的にヒッポリト星人の動きを止めた。『ウルトラマンメビウス』では、光の国を発つ直前のメビウスにメビウスブレスを装備させるために使ったほか、自らが地球を訪れた際にジャシュラインの光線(ゴールデンジャシュラー)を弾き返したうえ、額のランプを一撃で破壊した。
ウルトラフェザー[6]
投げつけて敵に突き刺す孔雀の羽のような形状の武器。刺さると同時に衝撃波を放ち、敵を粉砕する。『ウルトラマンタロウ』第51話では、リンドンを一撃で完全死に至らしめた。
ウルトラクラウン[6]
『タロウ』第51話で使った花の冠のような道具。生命エネルギーを発生させ、死んだ人間を甦らせることができる。リンドンの襲撃で死亡した女性・珠子を甦らせた。
ウルティメイトブレード
3万年前のエンペラ星人との戦いで使った剣。『メビウス』第49話の回想シーンで登場。
ウルトラキー
光の国のエネルギーをコントロールする鍵。第2ウルトラタワーに隠されており、これを失うとウルトラの星は闇に包まれて軌道を外れ、宇宙をさまよってしまう。光線銃としても使用でき、一発で惑星を粉砕するほどの威力を備えている。セブンは幼少時、光の国に接近した悪魔の星デモス一等星をウルトラの父がキーを使って粉砕した様子を見ている(ダンの回想シーンで登場)。

劇中での活躍[編集]

『ウルトラマンA』[編集]

第26話では声のみだが、北斗星司と南夕子にテレパシーで「エースに変身してはいけない」と警告。続く第27話では、ブロンズ像にされたウルトラ5兄弟を助けるために登場。エースを元の姿に戻してヒッポリト星人と戦い序盤は善戦するも宇宙での長旅の疲れが出てしまい、次第に劣勢となりエースに自分のカラータイマーを渡した後で倒れるが、光の国へと運ばれた。

第38話では復活を遂げ、サンタクロースの姿で登場。飄々とした言動で北斗に正体を明かしそうになっている。スノーギランにダウンしたエースを助け、スノーギランを操るナマハゲを倒した。その後、スノーギランの閃光で失明した人々は、夕子を呼んで夕子が放った虹状の光線で回復させた。

放送当時に連載された内山まもるの漫画版ではテレビ登場前のため黒いシルエットでの登場で、エネルギーを使い果たし死亡する展開は同じだが、ヒッポリト星人をそのまま倒している。

『ウルトラマンタロウ』[編集]

第39話、第40話、第51話に登場。

第39話ではタロウとモチロンの戦いに割って入り、餅を食い荒らすモチロンを叱責して月への帰還を命じた。タロウと夕子がモチロンを臼にして餅を付くのを見届けた後、夕子とともにモチロンを月に連れていった。第40話では、火星でタイラントと戦うエースを見守った。第51話ではウルトラフェザーでリンドンを倒し、リンドンの犠牲となった南原隊員の許婚・珠子をウルトラクラウンで蘇らせた。

  • スーツは新規造形[8]。第51話での手袋とブーツは赤ではなく、銀色になっている。
  • 第40話の登場映像は第39話の流用[8]
  • 『A』第38話での「魂だけの存在」という発言が活かされているように演出されている[注釈 12]

『ウルトラマンレオ』[編集]

第38・39話に登場[注釈 13]。第38話ではモロボシ・ダンの回想シーンにのみ登場し、ウルトラキーで悪魔の星・デモス一等星を破壊した。第39話では、ウルトラ兄弟に仲間入りしたウルトラマンレオアストラを見守っていた[注釈 14]

  • 『小学三年生』(小学館)の1974年9月号では、宇宙警備隊にマグマ星人の捕虜になっているアストラの探索を命じたと紹介されている。当初、第22話の脚本ではウルトラの父に救出されたアストラが、レオとの再会を果たす流れの予定だったが、番組のテコ入れのため、「ウルトラマンキングに助けられた」という設定に変更された。
  • ウルトラの父がウルトラキーを持ってゾフィー、初代ウルトラマン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエースとともにウルトラの星で立っているスチール写真が存在し、これが掲載されている書籍類[9][10]が多く存在する。

『ウルトラマン80』[編集]

第38話に登場。空に映るイメージとして登場し、ゴースドンの攻撃を喰らった矢的猛 / ウルトラマン80を励ました。

映画『ウルトラマン物語』[編集]

  • スーツは新規造形[11]

映画『新世紀ウルトラマン伝説』[編集]

他のウルトラ戦士とともに天空魔と戦った。

映画『新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE』[編集]

ウルトラマンキングの誕生日を他のウルトラ戦士とともに祝福した。

『ウルトラマンメビウス』[編集]

第1話、第27話、第29話、第37話、第49・50話、『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』SAGA3に、ファザーマントを纏った姿で登場。

以下、時系列順に解説。

第1話でメビウスにメビウスブレスを授け、地球に派遣した。

第27話で途方もない脅威が迫っていることを察知[注釈 15]。第29話でメビウスに光の国への帰還を命じる一方、タロウを再び地球防衛に向かわせた。

『ヒカリサーガ』SAGA3で、ウルトラマンヒカリが途方もない脅威の調査を志願した際に難色を示したが、ゾフィーに説得されて承諾し、ババルウ星人と戦うヒカリを見守った。

第37話でジャシュラインによって黄金像にされたメビウスを救うため、久々に地球に降臨。ジャシュラインを軽々といなしつつ、メビウスを元の姿に戻した。ジャシュラインを倒した後、自分の力不足を痛感するメビウスを励まし、「ウルトラマンとして戦う事は、地球人達の希望であり続ける事」であると説いた。

第49話ではエンペラ星人の回想シーンにのみ登場し、ウルティメイトブレードでエンペラ星人の腹部に傷を負わせたのと同時に自身の腹部に傷を負ってしまう。第50話で、光の国からエンペラ星人に光を闇で消すことはできないと告げた。

  • マントのデザインは丸山浩により新規に描き起こされている[12]
  • 第37話監督のアベユーイチは、過去の作品では明確でなかったウルトラの父の強さや格好良さを見せることで戦士として尊敬される存在であることを描写し、人間と戦士であるウルトラマンとで父子のあり方の違いを描くことをテーマとしている[13]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』[編集]

プラズマスパークタワーのエネルギーコアが示した異常な反応を見て、ゾフィー、初代マン、セブン、メビウスに警告した。やがて、光の国に侵入したかつての戦友でもあるウルトラマンベリアルに一度は説得を試みるが、完全にウルトラ戦士の心を捨てたベリアルと戦う。一度は優位に立ったが、エンペラ星人との相打ちで負った傷を直撃されて敗北。ベリアルにプラズマスパークタワーを奪われて凍り付いてしまうが、ウルトラマンゼロによってプラズマスパークタワーが光の国に戻ると復活した。

  • 当初は過去の姿を登場させる予定はなく、造型の品田冬樹からの提案により制作された[14]

映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』[編集]

ゼロが謎の敵(カイザーベリアル)の調査を志願した際、難色を示したセブンとは対称的に「それが運命かもしれない」と容認。「ウルトラマンゼロに我らの光を!」という掛け声と同時に、ゼロにマルチバースを超えるためのエネルギーを他のウルトラマンたちとともに注いだ。

『ウルトラマンギンガ』[編集]

第6話でタロウの回想シーンに登場。自分のようになりたいと言ったタロウを父を超えてほしいという思いから叱り付けた。

ダークスパークウォーズでウルトラの母やウルトラ5兄弟とともにタロウを庇ってスパークドールズに変えられたが、第11話でタロウを光の中から激励した。

『ウルトラマンジード』[編集]

第24話「キボウノカケラ」・第25話「GEEDの証」に登場。

第24話では光の国からベリアル アトロシアスのエネルギーを感じ取り、ウルトラの母と共に不安な表情を浮かべた。第25話では苦戦するジードの前に駆け付け、ウルトラコクーンを用いてアトロシアスを閉じ込めて時間を稼ぎ、ジードたちの態勢の立て直しに貢献する。戦いが終わった後は肉体が復活したキングとともにジードを労いつつ、テレポーテーションで光の国に帰還した。

  • 当初はラストに光の国でウルトラの父がジードを新たな戦士として認めるという展開が構想されており、地球への登場はその名残である[15]。第17話でベリアルがウルトラマンジード マグニフィセントをケンと見間違えることが、登場への伏線となっていた[15]。第24話・第25話の監督を務めた坂本浩一は、救援のウルトラ戦士が突然登場する展開は第2期ウルトラシリーズを意識したものであることを述べている[15]

関連する力を持つ戦士[編集]

ウルトラマンジード
ジードは他のウルトラ戦士の力を借りて戦うことができる。
形態 もう一つの力 備考
マグニフィセント ウルトラマンゼロ
ダンディットトゥルース ウルトラマンベリアル

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 3万年前、光の国で繰り広げられた戦争でエンペラ星人率いる怪獣軍団を撃退し、負傷したところをウルトラの母と出会い、その看護を受けたことをきっかけとして恋愛関係になって結婚したとされている。
  2. ^ 詳細は不明だが、孤児だったエースはウルトラの父とウルトラの母に育てられたとされる。
  3. ^ 設定ではウルトラの母がセブンの実母の妹(すなわち叔母)とされている。よって、ウルトラの父とセブンには直接の血縁はない。
  4. ^ 『オールザット・ウルトラマンタロウ』(ネコパブリッシング・2016年)のp142より。
  5. ^ ゾフィーの父はウルトラの父の親友であったが、ゾフィーの幼少期に戦死したとされている。
  6. ^ 映画『ウルトラマン物語』では、「タロウの角にエネルギーを集める特訓でエネルギーを使い過ぎて敗北した」となっている。
  7. ^ 書籍では明確に「死んだ」とされ[4][5]、ナレーションも「夜空の星になるのです」と語っている。
  8. ^ ただし、本人は劇中終盤で「なにせわしは魂だけ」と語っている。『全怪獣怪人 上巻』では、霊体と記載している[4]
  9. ^ かつての姿では40メートル[2][3]
  10. ^ かつての姿では4万5千トン[2][3]
  11. ^ 作中ではAIBからフォースフィールドと呼称される。
  12. ^ 『ウルトラマンタロウ 俺たちの好きなタロウ。』(マガジンハウス・2017年)のp15より。
  13. ^ ともにノンクレジット。
  14. ^ 登場映像は『タロウ』第39話の流用。
  15. ^ この時、痛む古傷を抑えており、その原因たるエンペラ星人の登場の伏線となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 96, 「ウルトラの父」
  2. ^ a b c d e ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 28, 「ウルトラの父」
  3. ^ a b c d ウルトラ銀河伝説VisualFile 2010, pp. 38-39, 「ウルトラの父」
  4. ^ a b 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、271頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  5. ^ a b c d e f g 画報 上巻 2002, p. 125
  6. ^ a b c d e f g h i j k 超技全書 1990, pp. 100-101, 「ウルトラの父 全技」
  7. ^ ジード超全集 2018, p. 47, 「地球を見守るウルトラ戦士たち」.
  8. ^ a b 白書 1982, p. 78
  9. ^ 超技全書 1990, p. 99.
  10. ^ 『大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編』(マガジンハウスムック)p. 30頁
  11. ^ 「BonusColumn 銀幕で復活するTVヒーローたち」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、155頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  12. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 57, 「PRODUCT DESIGN ウルトラマンメビウス アートワークス」.
  13. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 77, 「ウルトラマンメビウス白書 アベユーイチ」.
  14. ^ ウルトラ銀河伝説VisualFile 2010, pp. 95-100, 「Cross Talk 造型」.
  15. ^ a b c ジードBDBOX II 2018, 「第25話「GEEDの証」」
  16. ^ 白石雅彦、萩野友大 『帰ってきたウルトラマン大全』 双葉社2003年1月15日、320頁。ISBN 978-4575294941
  17. ^ 白書 1982, p. 89.
  18. ^ ウルトラの母がパリジェンヌに! 「史上最大のメンズモデル」も初登場!? ウルトラの母「アミュプラザ博多」アニバーサリー広告でパリに登場! | 円谷ステーション - 2015年2月18日(2015年2月25日閲覧)
  19. ^ ウルトラの母が夏のヴァカンス! 父のバックハグに思わずドキッ。「アミュプラザ博多・アミュエスト」バーゲン広告にウルトラモデルと怪獣たちが登場! | 円谷ステーション - 2015年6月24日(2015年7月1日閲覧)
  20. ^ 育毛の父_ウルトラ育毛剤なら◆main-[チャップアップ(CHAPUP)公式ショップ]
  21. ^ ウルトラの父が1,200万人の悩めるヒトを応援!育毛剤「チャップアップ」の広告塔にウルトラマン起用|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】 2016年6月22日(2017年4月27日閲覧)
  22. ^ 織田信成、長男がフィギュア開始「才能ある」 『イクメン オブ ザ イヤー』で親ばか全開”. ORICON STYLE (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]