大亜門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大 亜門
生誕 (1977-05-29) 1977年5月29日(40歳)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
ジャンル ギャグ漫画
代表作 無敵鉄姫スピンちゃん
太臓もて王サーガ
わたしはキャワワワ!!
テンプレートを表示

大 亜門(だい あもん、1977年5月29日 - )は、日本漫画家、同人作家。代表作に『無敵鉄姫スピンちゃん』『太臓もて王サーガ』『わたしはキャワワワ!!』がある。

人物[編集]

  • 男性。埼玉県出身。埼玉県立春日部高等学校[1]。両利き。血液型B型
  • 既婚者で[2]2人の息子がいる。また、ツイッターにて妻も漫画家であることを明かしているが、その名義は公表していない(大亜門の漫画に関わるときの名義は「Mi.」)。
  • おじは声優・ナレーターの伊藤栄次[3]

略歴[編集]

プロデビュー前から「MAD COMPANY」という同人サークルで、大亜悶名義でパロディ同人漫画を製作・販売している。

春日部高校卒業後に週刊少年ジャンプに持込を始める。

作風[編集]

他作品のパロディを使用するのが特徴。また下ネタのギャグ、皮肉等を多用するのも大きな特徴である。

人体デッサンの特徴としては、人物の肉付きが横に太い造形がある。男性の体は特に、男性的な要素を強調して描いている。

中学生の頃からのファンだったという柴田亜美の影響が強い。

作品リスト[編集]

連載[編集]

読切・短編集[編集]

その他[編集]

エピソード[編集]

  • 他作品をパロディする場合、パロディ元には気を遣い、ジャンプ作品の場合には担当編集の目を通したり、人によっては漫画家本人にネームを見せているという。他誌の場合にはジャンプ本誌以上に気を遣い、最終的には編集長の判断による。際どいものは、描き上げてからボツになり、お蔵入りすることもある。しかし本人の話(『太臓もて王サーガ』第8巻の「こども電波相談室」)では、商業誌ではパロディを行うつもりはなかったという。
  • 漫画家をネタにする場合では、単行本のおまけマンガにおいて荒木飛呂彦を引き合いに出すくらいで、描いたとしてもほとんどの人物が特定できないようになっている。
  • 2007年7月 - 『太臓もて王サーガ』の元ネタ解説サイトを運営していたファンと対談[9]
  • 2011年12月 - 『ジョジョの奇妙な冒険』ファンの集うイベント「ジョジョの奇妙なクリスマス&大忘年会 第3部」に出演。
    トークショーと「ジョジョ立ちトーナメント」という企画の審査員を頼まれた[10]
  • 2014年5月 - 『ジョジョの奇妙な冒険』に出てくる食事を実際に食べてみるイベント「大冒険!漫画飯!!vol.1 グルメロマンホラー〜深紅の秘食会伝説〜」に出演[11]
    他の出演者は、ジョジョバー「JUJO」マスターのDOR[12]石坂啓[13][14]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]