うすた京介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うすた 京介
生誕 1974年5月25日(42歳)
日本の旗 日本愛知県
国籍 日本
活動期間 1990年 -
ジャンル ギャグ漫画
代表作 セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん
ピューと吹く!ジャガー
受賞 1990年 第2回GAGキング特別賞
1991年 第34回赤塚賞佳作
2008年 第1回ギャグ漫画家大喜利バトル優勝
公式サイト めくるめけ日々
うすた京介 (@k_usuta) - Twitter
テンプレートを表示

うすた 京介(うすた きょうすけ、1974年[1]5月25日[2] - )は、日本漫画家[3]愛知県生まれ[1][4]熊本県合志市育ち[5][6]熊本県立大津高等学校美術コース卒[4]。妻は漫画家の榊健滋[7]

主に『週刊少年ジャンプ』でギャグ漫画を発表。代表作に『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』、『ピューと吹く!ジャガー』。

経歴[編集]

1990年、「ザ★手ぬきくん対物酢御くん」で第2回GAGキング特別賞を受賞。同作品の「パート2」が『週刊少年ジャンプ』(集英社)1991年5号に掲載されてデビュー(なお、パート1はジャンプ・コミックスより刊行の短編集『チクサクコール』に掲載)。本人曰く、「白黒で描いたものが2色カラーになって掲載され、驚いた」という[2]1991年に「それゆけ!未確認飛行物体男」で第34回赤塚賞佳作を受賞し、『週刊少年ジャンプ増刊 サマースペシャル』(集英社)掲載。

1995年から1997年まで、『週刊少年ジャンプ』で「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」を連載。この作品は社会現象になる程の人気を獲得するも、連載終盤には「若さゆえ疲れ切り、原稿を放り出し逃げた」という噂があった(当時の『噂の眞相』で『少年ジャンプ』など人気漫画雑誌の現状を扱う記事として掲載 参考)。しかし、後にうすた本人がこの噂を否定している(実際は意図して落としたのではなく最後までやったが落ちた、との事)。

『週刊少年ジャンプ』1999年18号より「武士沢レシーブ」を連載するが同年40号で終了した。

2000年、「ピューと吹く!ジャガー」を『週刊少年ジャンプ』で連載開始。2010年第38号まで10年の長期に渡って連載した。

2015年、『少年ジャンプ+』(集英社)で『フードファイタータベル』を連載。すでに妻の榊健滋も同サイトで『ラブデスター』を連載していたので、夫婦そろっての連載となった[7]

2016年、『少年ジャンプルーキー』にて自身の名前を冠した新人賞「うすた京介漫画賞」が創設される[8]

人物[編集]

台所にあったウスターソースから名前をとって「うすた宗介」として賞に応募、ところが誌面での受賞発表では誤植で「うすた京介」になっていた[9]。「誤植でも受賞した名前だからといいか」ということで現在のペンネームになったという[10]

独特のセンスと描写で描くシュールギャグを得意とし、ギャグ漫画界の草分け的存在として高い評価を持つ。後のギャグ漫画に影響を与えた。「ボケとツッコミのパート構成のギャグ漫画の常識を覆した」とも評される[誰によって?]

叶恭弘によると「紳士」。かた焼きそばが大好物[11]。喫煙者。学生時代は剣道部美術部に入っていた。

『すごいよ!!マサルさん』のコミックス巻末では、声優椎名へきると対談をしているが、同作品のキャラクターである「田中・スーザン・ふ美子(さかきばらのぶゆき)」のシンボルの赤いマスクを被っていた。当時、本人は顔出しを控えていたが、後の『ピューと吹く!ジャガー』には節々で顔出しをしている。またジャンプリミックス版では、お笑いコンビさまぁ〜ず三村マサカズと対談している。

アニメ監督の大地丙太郎は、「すごいよマサルさん」のアニメ化の際、原作の作者のセリフの適当さに親近感を抱いていたが、実際に会ったら非常に真面目な性格で、演出内容の細かい訂正を要求され、困惑したと後述している[12]

パチンコが嫌いである[13]

趣味[編集]

音楽
  • 音楽好き(主に邦楽)であり、漫画家になってなかったらミュージシャンになっていたという。『ジャンプ』の巻末コメントでは音楽関係の話題が多い。
  • 友人の店などで「宇宙軒」というバンドに参加しているが、基本的には適当に笛を吹いたり後ろで絵を描いたりしているだけ(本人談)。
  • またコミックスでもギターメーカーのパロディ(ギバサン)やSUPER BUTTER DOG(イーアルファンキー烏龍茶)、くるり(ずるり)、中村一義(中村かずよし・ひろしの新世界紀行)など音楽アーティストのパロディが登場する。また『マサルさん』では、野村義男Winkなどが実名で登場し、扉絵にBLANKEY JET CITYのアルバムの名前がさりげなく刻まれていたりする。『マサルさん』などのコミックスにおいては音楽・芸術関係の個人的な知人の作品やコメントなどを載せていたこともある。
  • RIZEKenKenと交流がある。Perfumeのファンである[15]。一時期、甲本ヒロトと交流があると記されていたが、2012年7月22日、twitter上での質問に「事実無根」と回答している[1]

影響[編集]

メディア出演など[編集]

  • 『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』にカメオ出演、同じく『ピューと吹く!ジャガー いま、吹きにゆきます』では声優として出演している。
  • 2008年7月30日、おおひなたごう主催の『第1回ギャグ漫画家大喜利バトル』に出演し優勝した[16]
  • HINTOのミニアルバム「チェーンサマー」の収録曲「バブルなラブ」のビデオクリップに『漫画家』として本人が顔出し出演している[2]
  • 2013年3月公開の映画『鎌倉物語・黒い桜』(葉山陽一郎監督作品)では、主人公の夢に登場する不思議なキャラクターの“竹男”を演じている(なお、本作品は20年前に葉山監督が自主製作映画として撮影したもの。出演の経緯は、デビュー前に俳優志望の友人のツテでエキストラとしてワンシーン出演したものである)[17]

作品リスト[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール」『めくるめけ日々』(公式個人サイト)
  2. ^ a b c d ウィキペディア前の日記、2006年10月13日。
  3. ^ twitterでの自己紹介欄
  4. ^ a b まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、61頁
  5. ^ うすた京介、熊本の野外ステージでフリートークライブ - コミックナタリー 2009年3月3日 2014年5月10日閲覧
  6. ^ 熊本出身有名人 - 東京熊本県人会 2014年5月10日閲覧
  7. ^ a b 公式Twitter 2015年9月5日
  8. ^ “『うすた京介漫画賞』創設、次世代の才能を発掘へ 10・31まで作品募集”. ORICON STYLE. (2016年7月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2075909/full/ 2016年7月29日閲覧。 
  9. ^ Twitter/うすた京介:ペンネーム適当に台所にあるやつから付けちゃえってこと ...
  10. ^ Twitter/うすた京介:もともとそれ以前の投稿作もペンネーム適当につけてて、 ...
  11. ^ かた焼きそば前の日記、2006年9月24日。
  12. ^ 『これが「演出」なのだっ 天才アニメ監督のノウハウ』大地丙太郎
  13. ^ 漫画家うすた京介さんのパチンコ業界へのTwitter発言がネット掲示板で話題に ライブドアnews 2012年2月27日
  14. ^ 週刊少年ジャンプ2008年17号巻末コメント
  15. ^ パフュームうすた日記、2008年6月30日。
  16. ^ おおひなたごうPresents:ギャグ漫画家大喜利バトル - Web YOUNG JUMP週刊ヤングジャンプ公式サイト
  17. ^ 2013年3月22日 twitter公式アカウントの発言より
  18. ^ “うすた京介さん5年ぶりの新刊「フードファイタータベル」1巻発売! 特別企画で「マサルさん」がジャンプに18年ぶりの登場”. ねとらぼ. (2016年1月4日). http://nihombashi.keizai.biz/headline/214/ 2016年4月8日閲覧。 
  19. ^ すごいよ!!マサルさん ウ元ハ王版

外部リンク[編集]