三村マサカズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三村 マサカズ
本名 三村 勝和(みむら まさかず)
ニックネーム みむ、三村っち、玉職人
生年月日 1967年6月8日(48歳)
出身地 日本の旗 日本東京都墨田区
血液型 A型
身長 166cm
方言 なし(共通語
最終学歴 東海大学付属高輪台高等学校
出身 ホリプロ
グループ名 さまぁ〜ず
相方 大竹一樹
芸風 漫才コントツッコミ
立ち位置
事務所 ホリプロ
活動時期 1988年 -
同期 月亭方正東貴博テンション
現在の代表番組 モヤモヤさまぁ〜ず2
さまぁ〜ず×さまぁ〜ず
トゥルルさまぁ〜ず
内村さまぁ〜ず
過去の代表番組 金のA様×銀のA様
サンクチュアリ/大人の聖域
サカスさん
配偶者 既婚
弟子 なし
受賞歴
2003年 ゴールデン・アロー賞芸能賞

三村 マサカズ(みむら まさかず、1967年6月8日 - )は、日本お笑い芸人であり、お笑いコンビさまぁ〜ずツッコミ担当。本名、三村 勝和

東京都墨田区出身。ホリプロ所属。東海大学付属高輪台高等学校卒業。趣味・特技は、女性タレントへのセクハラ及び水泳野球サーフィン読書暗算

来歴[編集]

1988年7月、高校の同級生である大竹一樹とコンビ結成。翌年の1989年、コンビ名「バカルディ」として本名「三村勝和」名義で活動を始める。ホリプロのお笑いライブに出演し、デビュー後ほどなくして関東お笑い界期待のホープとして脚光を浴びるもその後低迷し、しばらく不遇の時期を過ごす。

1997年、本名から「三村マサカズ」に改名。

2000年、バラエティ番組『新ウンナンの気分は上々。』(TBS系)の企画で海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)と対決し敗北。罰ゲームとしてコンビ名を「さまぁ〜ず」に改名させられる。

2000年、バラエティ番組『ヒロスポ!』(テレビ東京系)で、ヒロミとエジプトロケに行った際、夕食時に三村がウサギの肉を毒見の形で食べたが、そのリアクションに不満を持ったヒロミに強烈なダメ出しを食らった事、以前よりツッコミである自分への当たりの強さへの不満が相重なり、以降、三村はヒロミとの共演NGとしていたが(相方の大竹との関係は良好で、大竹と友人の木梨憲武が飲みに行く際はヒロミもいるが、三村がいる際はヒロミを呼ばないなど、木梨も気を使っていた)、事前にハワイで両者の共通の友人である木梨の仲介もあって、2014年3月31に放送の「笑っていいとも!! グランドフィナーレ感謝の特大号」でのスピーチで、ヒロミの事が嫌いだった事を告白。更に2015年3月3日放送のロンドンハーツの企画「もしもこんな2人を飲ませたら?」で千原ジュニアと飲んだ際、前述の話を聞いた千原がヒロミを呼んで15年ぶりの共演、そこで三村の思いをヒロミは真摯に受け止め、最後に一緒に仕事をする事を約束して因縁は解消された。[1]

2003年、第41回ゴールデン・アロー賞芸能賞を受賞。

2005年1月、放送された特別番組『笑いの祭典!! ザ・ドリームマッチ'05』(TBS系)では、田中直樹ココリコ)とのコンビで優勝し賞金500万円を獲得。

2006年1月、内村光良ウッチャンナンチャン)監督の映画『ピーナッツ』に出演。

2007年1月、特別番組『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ'07』(TBS系)に出演、志村けんザ・ドリフターズ)とのコンビで優勝。3回目の放送で、三村は2度目の優勝となった。

2010年12月、『ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP』に内村光良とのコンビ「三内芸」として出場し、100万円を獲得。

人物[編集]

時として後輩に対して大人気ない対応をすることもあり、ブラックマヨネーズからは「番組[2]の企画で吉田が強制的にパンチパーマになった」「小杉ルイ・ヴィトンのバッグに落書きをした」というエピソードが語られた[3]

中年太り気味であり、痛風持ち。大竹に「お盆のナス(精霊馬)みたいな体」「ハンプティダンプティ」と例えられる。また、その様な体型なのに体を張って両膝の靭帯を損傷しているため「膝がぐっちゃぐちゃ」とも言われる。

映画『ピーナッツ』の監督であった内村光良は、「三村はテイクの度に演技がオーバーになっていき、最初は『野球やりてーなー』としんみり語る台詞だったのが、最終的にはいつものツッコミのテンションで『野球やりてっ!』と叫んでいた」というエピソードを語り「一本の映画の中で演技が成長していく珍しいタイプ」と話している[4]。一方で、ドラマ『和田アキ子殺人事件』ではドラマでは異例となるカンペでのセリフ提示が行われたなど、セリフ覚えが悪い面もある[5]。1998年春のオールスター感謝祭で優勝したことがある[6]

テレビ番組の企画でTwitterを始め、2014年現在も1日に数度更新している。仕事や私生活についての書き込みがほとんどだが、世相を嘆いたり、同業者を励ますコメントがときおりニュースサイトで取り上げられている[7]

ヒロミが嫌いだったが、仲直りした[8]

学生時代[編集]

小学校の卒業文集に書いた将来の夢はプロ野球選手で、それを対外的な志望にしていたが、内心では漫画家になることを更に強く志向していた。その理由から自ら4コマ漫画を手掛けた『RUN!DOG!RUN! さまぁーずの紙コント』が出版された際には夢がかなったと後書きで記している。

芸風[編集]

『内P』の司会者内村光良は三村の魅力について聞かれた際、「三村は“関東一のツッコミ”とか言われているけど、実はボケなんじゃないか?と思う」と語っている[9]

主な出演作品[編集]

以下はすべて三村単独出演のもの。コンビとしての出演番組はさまぁ〜ずの記事を参照。

バラエティ番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

報道・スポーツ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

  • es(2001年、セガ) 向井敬一役

CM[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]