三村マサカズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三村 マサカズ
本名 三村 勝和(みむら まさかず)
生年月日 (1967-06-08) 1967年6月8日(51歳)
出身地 日本の旗 日本東京都墨田区
血液型 A型
身長 167cm
言語 日本語
最終学歴 東海大学付属高輪台高等学校
出身 ホリプロ
グループ名 さまぁ〜ず
相方 大竹一樹
芸風 漫才コントツッコミ
立ち位置
事務所 ホリプロ
活動時期 1988年 -
同期 月亭方正
東貴博
テンション
現在の代表番組 モヤモヤさまぁ〜ず2
さまぁ〜ず×さまぁ〜ず
トゥルルさまぁ〜ず
内村さまぁ〜ず
ポンコツおじさん旅に出る
鬼三村
過去の代表番組 金のA様×銀のA様
サンクチュアリ/大人の聖域
サカスさん
配偶者  既婚
受賞歴
2003年 ゴールデン・アロー賞芸能賞

三村 マサカズ(みむら マサカズ、1967年6月8日 - )は、日本お笑いタレントであり、お笑いコンビさまぁ〜ずツッコミ担当である。ホリプロ所属。相方は大竹一樹。本名は三村 勝和(読みは同じ)。1.6馬力。

東京都墨田区出身。ホリプロ所属。東海大学付属高輪台高等学校卒業。趣味・特技は、水泳野球サーフィン読書暗算

来歴[編集]

1988年7月、高校の同級生である大竹一樹とコンビ結成。翌年の1989年、コンビ名「バカルディ」として本名「三村勝和」名義で活動を始める。ホリプロのお笑いライブに出演し、デビュー後ほどなくして関東お笑い界期待のホープとして脚光を浴びるもその後低迷し、しばらく不遇の時期を過ごす。

1997年、第三者が読みづらいことから、本名から「三村マサカズ」に改名。

2000年、バラエティ番組『新ウンナンの気分は上々。』(TBS系)の企画で海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)と対決し敗北。罰ゲームとしてコンビ名を「さまぁ〜ず」に改名させられる。

2000年、バラエティ番組『ヒロスポ!』(テレビ東京系)で、ヒロミエジプトロケに行った際、夕食時に三村がウサギの肉を毒見の形で食べたが、そのリアクションに不満を持ったヒロミに強烈なダメ出しを食らった事、以前よりツッコミである自分への当たりの強さへの不満が相重なり、以降、三村はヒロミとの共演NGとしていたが(相方の大竹との関係は良好で、大竹と友人の木梨憲武が飲みに行く際はヒロミもいるが、三村がいる際はヒロミを呼ばないなど、木梨も気を使っていた)、事前にハワイで両者の共通の友人である木梨の仲介もあって、2014年3月31日に放送の「笑っていいとも!! グランドフィナーレ感謝の特大号」でのスピーチで、ヒロミの事が嫌いだった事を告白。更に2015年3月3日放送のロンドンハーツの企画「もしもこんな2人を飲ませたら?」で千原ジュニアと飲んだ際、前述の話を聞いた千原がヒロミを呼んで15年ぶりの共演、そこで三村の思いをヒロミは真摯に受け止め、最後に一緒に仕事をする事を約束して因縁は解消された[1]

2003年、第41回ゴールデン・アロー賞芸能賞を受賞。

2005年1月、放送された特別番組『笑いの祭典!! ザ・ドリームマッチ'05』(TBS系)では、田中直樹ココリコ)とのコンビで優勝し賞金500万円を獲得。

2006年1月、内村光良ウッチャンナンチャン)監督の映画『ピーナッツ』に出演。

2007年1月、特別番組『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ'07』(TBS系)に出演、志村けんザ・ドリフターズ)とのコンビで優勝。3回目の放送で、三村は2度目の優勝となった。

2010年12月、『ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP』に内村光良とのコンビ「三内芸」として出場し、100万円を獲得。

2015年9月、映画『内村さまぁ~ずTHE MOVIE エンジェル』に主演。

人物[編集]

時として後輩に対して大人気ない対応をすることもあり、ブラックマヨネーズからは「番組[2]の企画で吉田が強制的にパンチパーマになった」「小杉ルイ・ヴィトンのバッグに落書きをした」というエピソードが語られた[3]

中年太り気味であり、痛風持ち[4]大竹に「お盆ナス(精霊馬)みたいな体」「卵に楊枝刺したみたいな体」「ハンプティ・ダンプティ」と例えられる。[要出典]また、その様な体型なのに体を張って両膝の靭帯を損傷しているため「膝がぐっちゃぐちゃ」とも言われる[4]

父親によると、あだ名は「エースくん」で反抗期もなく、手のかからない子供だったという。実際に小学校・中学校とスポーツも得意で頭も良かったが、中2の時に急に成績が下がり、トップの常連だったが下から数えた方が早いほどになってしまい、行ける高校が無くなってしまい、教師から併願推薦ではなく単願推薦で受験するように言われた。それまでは当時進学校だった都立小岩高校を狙っていた。

急に頭が悪くなった理由が一切わからず「頭のネジが外れたとしか思えない」と語った。

それでも現在でも勉強や本を読むことが好きで暇な時間には読書したり、海外旅行に行っているのにプールサイドで本を読むほど。

109』内にあるレストランで大竹と共にバイトしていた頃に、大竹といい感じなバイト仲間の女の子を大竹から略奪したことがある。三村は「運命だったんですね…」と誤魔化したが、略奪した女の子とその後結婚し今の妻である事を速攻大竹にバラされた。

子供の頃から20代で結婚したかったため、20代で結婚。ブーム中であったが『大石恵三』で大コケし、結婚してから不遇の時期だったが、29歳の時に長女が誕生。「この子を守りたい」とがむしゃらにどんな下品な仕事でも引き受け、改名するなど散々だったが、改名後に『笑わず嫌い王』に出演したことがきっかけで再ブレイク。現在では冠番組を数本抱え、長寿番組も得ている。35歳の時には長女と6歳年下の長男が誕生している。三村はツイッターで、長女と長男の子育ての様子を伝えている。

バラエティで子供の名前や妻の名前を言うことがある。長女は高校から調理に関わる勉強をしており、大学でも学んでいる。長男は小学校6年間サッカーをしていた。

極度の方向音痴で、長年東京に住んでいながら東京の地理をわかっていない。トイレから楽屋にもすんなり帰る事が出来ず、時々すんなり帰れると大竹から「涙が出るほど感動する」と言われた。運転も下手であり、大竹曰く「家族とスーパーに言ってバック駐車してる間に家族が買い物を済ませて帰ってくる」と言われるほど。仕事は事務所の方針でマネージャーに運転してもらう事は禁じられており、自分で運転して仕事場へ行かなくてはならず、事務所の若手後輩芸人を付き人兼運転手として個人的に雇っている。

セクハラ紛いな行動でたびたび世間から批判を浴びるも、セクハラされた女性タレントはこぞって「三村さんにセクハラされても嫌とは思わない」と語っている。理由として「カメラが回っていないところでは良きパパで紳士的」という。Twitterにて女性タレントと写真を撮ったり、褒めたりすることを「奥さんに怒られますよ」と注意されたが「奥さんしか愛していない」と宣言した。

また、Twitterにあげた高3の長女が浴衣姿の後ろから撮影した「葡萄娘(サザンのアルバム「葡萄」のジャケットから)」はネットで「高3でこの色気はすごい」など話題となった。

娘は関ジャニ∞丸山隆平のファンであり、日常生活で常に関ジャニ∞のDVDを流しており、三村曰く「特典映像まで観てる」という。ただ、長女が14歳の時に調子に乗って家でKARAのダンスを披露したところ、ドン引きされたという。

食にこだわりがあり、調味料にうるさく、大竹から「下町の頑固オヤジ」と言われている。ナポリタンですぐにチーズをかけようとしたのを大竹が察知し「まず(普通に)食べなさい」と叱られた。『モヤモヤさまぁ〜ず2』にて大江がウスターソース醤油を間違えて渡した際に激しく注意した。その際に大江が「奥様が大変ですね」と心配すると、「調味料以外文句は言わないから大丈夫」と語った。また、食べた事がない未知の食べ物(変化球)には絶対手を出さない。

料理にうるさいが、本人は壊滅的に料理が出来ない。妻が友人たちとランチに行くために夕飯は「焼けば食べられる」状態にして出掛けた。しかしその日は娘がバイトで遅く、さらに妻は友人たちと久しぶりに会った勢いでお酒を飲んでフラフラだった。それでも妻を支えて料理を作らせた。大竹から「寝かせてやれよ」「バカが2人生き残っちゃった」と言われた。

大竹ほどではないが、意外とガサツな人が嫌いであり、大竹とは違う意味で神経質な部分がある。

子供の影響でONE PIECEが好きでフィギュアを集めている。また小島瑠璃子から勧められた『キングダム』が面白かったため、運転が下手なのにわざわざ1人で(大竹曰く「三村おじさんの大冒険」)買いに行った。

バナナマン設楽統と休暇中に家族同士でハワイで遭遇。夕食を家族で共にした。その際に三村は日焼け最中であり、設楽に「三村さんが定期的に日焼けするけど、その日焼け最中を見た」と話した。

『モヤモヤさまぁ〜ず2』のハワイロケで良かった場所をメモし、家族旅行で良いところを見せてやろうと思い、コーディネーターに場所を聞いたらホテルの目の前やすぐ隣の店で、その場にいない大竹にすら「目の前だよ」「そこだろ」と指摘され、結局パパの権限が余計なくなったという。

映画『ピーナッツ』の監督であった内村光良は、「三村はテイクの度に演技がオーバーになっていき、最初は『野球やりてーなー』としんみり語る台詞だったのが、最終的にはいつものツッコミのテンションで『野球やりてっ!』と叫んでいた」というエピソードを語り「一本の映画の中で演技が成長していく珍しいタイプ」と話している[5]。一方で、ドラマ『和田アキ子殺人事件』ではドラマでは異例となるカンペでのセリフ提示が行われたなど、セリフ覚えが悪い面もある[6]。1998年春のオールスター感謝祭で優勝したことがある[7]

テレビ番組の企画でTwitterを始め、現在も1日に数度更新している。仕事や私生活についての書き込みがほとんどだが、世相を嘆いたり、同業者を励ますコメントがときおりニュースサイトで取り上げられている[8]


芸風[編集]

『内P』の司会者内村光良は三村の魅力について聞かれた際、「三村は“関東一のツッコミ”とか言われているけど、実はボケなんじゃないか?と思う」と語っている[9]

大の下ネタ好きであり、あまりのひどさに夫人が出演番組の録画をやめたり、実家からクレームが来たりするという。しかし一方で自身のTwitterでは「打ち上げの席で全裸になった若手を叱った」と、下ネタの境界線が難しさを語る一面もある。[10]

出演[編集]

以下はすべて三村単独出演のもの。コンビとしての出演番組はさまぁ〜ずの記事を参照。

バラエティ番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

報道・スポーツ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

ネット配信[編集]

  • 三村マサカズのゼロにしちゃって!(2016年4月25日 - 、YouTube[11]
  • 鬼三村(2016年4月28日 - 、Hulu[12]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

  • es(2001年、セガ) 向井敬一役

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三村マサカズ、ヒロミNGの真相を告白「号泣した」「全部あの人を超える」 マイナビニュース 2015年3月4日配信
  2. ^ 神さまぁ〜ず』においての企画。
  3. ^ 2013年1月13日放送『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』”. TVでた蔵 (2013年1月13日). 2014年9月20日閲覧。
  4. ^ a b 【エンタがビタミン♪】三村マサカズが“フルマラソン完走”経験を告白。狩野アナを仰天させる。”. Techinsight. 2016年9月18日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報 2006年2月2日号 20ページ
  6. ^ キネマ旬報 2006年2月2日号 25ページ
  7. ^ Quick Japan』Vol.85
  8. ^ 三村 ヤジ問題に言及 名言が大反響呼ぶ - デイリースポーツ2014年6月25日、さまぁ~ず三村、ツイッターでローラを擁護「親の不祥事を背負うのはきつすぎる」 - ORICON STYLE 2013年6月26日
  9. ^ 2009年4月号『日経エンタテインメント!』インタビュー
  10. ^ 三村マサカズ「飲み会で全裸になった若手を叱った。下ネタの境界線は難しい」 - JCAST TVウォッチ 2015年7月10日
  11. ^ さまぁ~ず三村「極ZERO」Web動画で悩める父親たちのモヤモヤ解消 お笑いナタリー 2016年4月25日配信
  12. ^ さまぁ~ず三村「若手に足りないのは執着心」鬼となって後輩に笑い伝授 お笑いナタリー 2016年4月13日配信
  13. ^ “三村マサカズ「ONE PIECE」劇場版のゲスト声優に、竹中直人は7年ぶり参戦”. 映画ナタリー. (2016年6月29日). http://natalie.mu/eiga/news/192603 2016年6月29日閲覧。 
  14. ^ KETSUNOPOLIS 8』CMでさまぁ~ず三村吠える「ケツメイシなにやってんだよ!」 barks 2012年11月21日配信

外部リンク[編集]