おおひなたごう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおひなた ごう
本名 大日向 豪
生誕 (1969-08-04) 1969年8月4日(51歳)
日本の旗 日本 秋田県
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1991年 -
ジャンル ギャグ漫画
代表作 『俺に血まなこ』
『おやつ』
犬のジュース屋さん
フェイスガード虜
特殊能力アビル
目玉焼きの黄身 いつつぶす?
公式サイト blog.goo.ne.jp/rock-a-billy
テンプレートを表示

おおひなた ごう(本名・大日向 豪1969年8月4日 - )は、日本漫画家秋田県羽後町出身。東京都世田谷区在住。男性。東京デザイナー学院卒業。代表作に『おやつ』『俺に血まなこ』『フェイスガード虜』、『犬のジュース屋さん』、『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』。

デザイン会社に勤めた後退社、若林健次髙橋ツトム、戸田敦夫(現姓・二ノ宮 漫画家二ノ宮知子の夫)とバンドを組んでいた時期もある。マンガ家のタナカカツキ(タナカ塾)からマンガの通信教育を受けていた時期がある。

1991年、『心はマリン』(『コミックギガ』別冊・まんが動物園)でデビュー。そのサイケデリックな作風から多方面から支持を集める。タイタンとも関わりがあり、爆笑問題らと共演したこともある。

『コミックキュー』に掲載された『天使のわけまえ』では、親交のある漫画家髙橋ツトムとのコラボレーションを果たした。

2008年から「ギャグ漫画家大喜利バトル」を主催している[1][2]

2013年から京都精華大学マンガ学部ギャグマンガコース特任教員。

作品[編集]

漫画[編集]

  • 「俺に血まなこ」シリーズ テレビブロス連載
    • 『俺に血まなこ』(1996年、イースト・プレス) ISBN 4-87719-314-6
    • 『俺に血まなこグレート』(1997年、イースト・プレス)
    • 『俺に血まなこの花』(1999年、イースト・プレス)
    • 『さらば俺に血まなこ』(2002年、イースト・プレス) ISBN 4-87257-304-8
  • 『カステラショック』(1996年、白泉社)
    • のちに『カステラショックre‐mix』(2001年、イースト・プレス)
  • 『ヨーデル王子』(1997年、イースト・プレス) ISBN 4-87257-119-3
  • 『おやつ』(1997年-2001年、週刊少年チャンピオン連載、全5巻)
  • 『新・河原崎超一郎』(1998年-2000年、月刊少年チャンピオン連載、全2巻)
  • フェイスガード虜』(2002年-2005年、週刊少年チャンピオン連載、全6巻)
  • 犬のジュース屋さん』(2002年、週刊ヤングジャンプ連載、全1巻)
  • 『バクマン!』(2002年、幻冬舎) - 爆笑問題と共作
  • 『遺伝子レベル剣』(2003年、イースト・プレス)
  • 特殊能力アビル』(2003年、テレビブロス連載)
    • 単行本:エンターブレイン (2011/7/25)
  • 『エキサイトな事件』(2004年、秋田書店) - とり・みきとの共作
  • 『銀河宅配便マグロ』(2005年-2008年、月刊コミックビーム連載、全3巻)
  • 『空飛べ! プッチ』(2005年-2006年、月刊プリンセス連載)
  • ドリル園児』(2006年、週刊少年チャンピオン連載、全1巻)
    • のちに『ドリル園児 完全版』(2010年、エンターブレイン)
  • 犬のジュース屋さんZ』(2007年-2009年、週刊ヤングジャンプ連載 全6巻)
  • 『まほう少女トメ』(2011年、月刊コミックビーム連載、エンターブレイン) ISBN 978-4-04-727407-5
  • 『ラティーノ♥』(2012年-2014年、モーニング連載、全3巻)
  • 目玉焼きの黄身 いつつぶす?』(2012年-2019年、月刊コミックビーム連載、全12巻)
  • 『コアソビー』(2013年、集英社クリエイティブ)ISBN 978-4-420-22059-0
  • 『ひなごう! おおひなたごう Extra Works』(2016年、エンターブレイン)ISBN 978-4-04-734266-8

挿絵[編集]

テレビ番組などの美術[編集]

関連項目[編集]

  • タイタン
  • 藤子不二雄 - タッチを似せているキャラクターや作品が多い。藤子ファンにしかわからないようなネタ(ノスタル爺ある日…等。)をふんだんに使用することも多い。
  • きくち正太 - おおひなたごうと同じ秋田出身の漫画家、「ミスター渋い先輩」。「サンマのハラワタ 食べる?」(『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』コミックス6巻収録)にて、「サンマのハラワタを肴においしそう酒を呑む先輩」のモデルとして登場。前述の「ミスター」の表現は、コミックスの著者中書きに拠る。

脚注[編集]

外部リンク[編集]