きくち正太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

きくち 正太(きくち しょうた、1961年1月8日 - )は、日本漫画家秋田県平鹿郡大森町(現・横手市)出身。

来歴[編集]

大学卒業後から1988年4月に、『獣王バイオ』にて『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)よりデビュー[1][2]

人物[編集]

漫画家の中でも非常に珍しいガラスペン愛用者[3][2][4]。デフォルメされた特徴的な絵により、色気とギャグ(時代遅れの親父ギャグを含む)、最近は「和」に対する傾倒と蘊蓄を前面に押し出した作風が特徴(ガラスペンを用いるようになったのはこの作画に適した描線を描くためである)。根底には「義理、人情、努力」等の古よりある価値観の存在が[誰によって?]感じられる。釣りに対する思い入れが大きい。

2008年、『おせん』が蒼井優主演により日本テレビ系でテレビドラマ化された。きくちはその余りの出来の悪さにショックを受け、一時活動を休止した事を後に語っている。

作者の嗜好のせいか、作品中に眼鏡をかけた大人の女性や少女が登場することが多い。『ブラック・ジャック』のカバー作品では、ヒロインのピノコまで眼鏡をかけている。

ギタリストとしても音楽活動を行っており、Acoustic Instrumental Trio「あらかぷ」を結成し、東京都内のライブハウスに出演している[3]

作品リスト[編集]

  • 獣王バイオ(1989年、秋田書店、週刊少年チャンピオン、全9巻) - デビュー作。この作品は『北斗の拳』を思わせる世紀末的な伝説世界を描いたもの。
  • 三四郎2(さんしろうのじじょう)(1990年、秋田書店、週刊少年チャンピオン、全20巻)
  • そばっかす!(1994年、秋田書店、週刊少年チャンピオン、全11巻) - 高校女子柔道を舞台にしたスポ根マンガ。アニメ化の企画があり絵コンテも描かれていたが、実現しなかった。
  • ブル田さん(原作:高橋三千綱、1997年、講談社、モーニング、全6巻) - 中断している作品。原作付きで、きくち本人の弁によれば「作画のみに専念した作品」。
  • Rioの黒船丸!(2000年、ソニーマガジンズ、バーズコミックス、全1巻) - 導入部だけで未完になった作品。
  • 太夫(だ・ゆう)(2000年、少年画報社、ヤングキングコミックス、全6巻) - 15歳の女子高校生にして色街の総元締めが主人公。
  • ダキニの九魔(2001年、秋田書店、全2巻) - 足掛け数年に渡り間隔を開けて掲載され、ようやく2巻で完結。きくちの絵の変遷が判る作品。
  • おせん(2001年、講談社、モーニング、イブニング、全16巻)
    • 一升庵大女将渡る世間にもの申す(2006年、講談社、イブニング、全2話) - おせんのスピンオフ作品。
  • きりきり亭のぶら雲先生(2002年、幻冬舎、バーズコミックス、全9巻)
    • 壺中堂二代目主人物語 天上の眼(2005年、幻冬舎、バーズコミックス、全1巻) - 『ぶら雲先生』の登場人物で、骨董屋・壺中堂の二代目、響幽庵を主人公にしたスピンオフ作品。
  • 私のアイザック(2005年、少年画報社、ヤングキングコミックス、1巻) - 釣りをテーマにした話。作者自身が体験した釣りの話をモチーフにしている。
  • おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ(2009年、講談社、イブニング、全11巻)
  • きりきり亭主人(2009年、日本文芸社、別冊漫画ゴラク、全2巻)
  • 俺たちのLASTWALTZ(2010年、日本文芸社、別冊漫画ゴラク2月号~(日本文芸社)、全14話、既刊1巻)
  • あたりまえのぜひたく(2015年、幻冬舎、plus Webマンガ、既刊2巻)
連載中
  • 瑠璃と料理の王様と (2015年、講談社、イブニング、既刊5巻)

脚注[編集]

  1. ^ おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ - イブニング公式
  2. ^ a b プロのマンガ家さんに聞く30の質問/きくち正太”. 漫画街. 2015年12月28日閲覧。
  3. ^ a b あたりまえのぜひたく:第一話 そばといったらカレーそば。”. 幻冬舎 (2014年10月5日). 2015年12月28日閲覧。 著者紹介項の記述より。
  4. ^ 本よみうり堂 書評 『あたりまえのぜひたく。』 きくち正太著” (2015年5月7日). 2015年12月28日閲覧。

関連項目[編集]