とり・みき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とり・みき
本名 鳥越 幹雄
生誕 1958年2月23日(57歳)
熊本県人吉市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1979年 -
ジャンル ギャグ漫画
代表作 クルクルくりん
受賞 #受賞歴参照
テンプレートを表示

とり・みきMickey Bird、本名・鳥越幹雄[1] 1958年2月23日[1] - )は、日本漫画家[1]熊本県人吉市出身。男性。血液型O型[1]。ペンネームは、姓名おのおのの上2文字を合せたもの。日本SF作家クラブ所属。

経歴[編集]

明治大学文学部英文学科を4年で中退[1]。大学では落語研究会に所属していた時期があり、在学中の先輩に渡辺正行小宮孝泰らがいる[1]。同時期の漫画研究会在籍者に片山まさゆきらがいるが、在学中全く面識はなかった[1]。また同時期にサークル『小松左京研究会』に加入している[1]

「第12回週刊少年チャンピオン新人まんが賞」において、投稿作『ぼくの宇宙人』が佳作になり、1979年デビュー[1]。以後、ギャグ漫画作品をメインに活動。代表作に『クルクルくりん』や、『遠くへいきたい』(テレビブロス)など。

短編集『犬家の一族』には、半生記マンガ「あしたのために」が収録。熊本に生まれた少年が、SFマニアになって漫画家デビューするまでの経緯がギャグタッチで描かれている。

人物とエピソード[編集]

漫画関連[編集]

  • 漫画表現そのものをギャグとして追求する作風は「理数系ギャグ」と呼ばれ、内容の無い表層的な作品として批判されることもある。しかし、とり自身はそれこそ自らが描きたいものだと語っている。とり自身があげるこの路線の作家に唐沢なをきがいる。
  • ペン入れにはサインペン型の細い油性マーカーゼブラハイマッキー極細など)を使用。紙ににじみが出ることから、硬質でいながら少しふにゃふにゃとした感じのある独特の描線が生まれている。
  • 吾妻ひでおのファンとしても有名。「デビュー当時は、絵もギャグも吾妻のエピゴーネンという感じだった」と著書『マンガ家のひみつ』で述べている。
  • 背景の細かい書き込みは大友克洋の影響と自ら述べている[1]
  • 手塚治虫が新人賞の審査員だったことを『少年チャンピオン』でデビューした理由の一つにあげており、手塚や吾妻と同様にスター・システムを採用(関連項目に出ている人物をモデルにした者もレギュラーとなっている)しているほか、「デカ足派」の継承者を自負している。
  • エゴサーチで自身に関するTwitterをリツイートするが、初期作品『バラの進さま』に触れられると「そんなマンガは存在しない」などと韜晦する。

趣味[編集]

  • 多趣味な人物として知られ、その範囲は多岐にわたる。中にはその分野の第一人者とされているものもある。
  • 「事件放送」の録画マニアであり、「大事件」が起きると、チャンネルを切り替えながら、その映像を録画する(仕事中に事件が起こると仕事そっちのけで録画していたこともある)。本人曰く、"事件直後の慌しい雰囲気が良い"とのこと。のちに、テレビ局関係者から「あの事件の映像は残っていませんか?」と尋ねられることもあった。
  • の研究など、日本の土着風俗や伝説に対しての興味も強く、これらをテーマにした作品もある。
  • 路上観察学会会員で、オジギビトの研究でも有名。
  • 小松左京のファンであり、SFファン活動に入ったのは大学時代に創設された「小松左京研究会」に参加したため。この際、彼の漫画の最多出演キャラ「たきたかんせい」のモデル(書店員)とも知合っている。のち、『小松左京マガジン』の設立同人の一人ともなる。親交もあり、テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」に小松の描いた漫画原稿を持って登場したことがある。単行本『しまった。』では、小松が解説を寄稿。
  • 松田優作のファン。松田と初対面の時、松田から当時連載していた『愛のさかあがり』を読んでいると言われ、感激した。
  • 山下達郎ファン。1991年、山下のコンサート・ツアー『PERFORMANCE '91-'92』のパンフレットに短編漫画[2]を依頼され、これが好評だったためオフィシャルファンクラブ会報誌『TATSURO MANIA』の4コマ漫画『タツローくん』を担当することとなる[3]。そうした縁もあり、2012年9月26日発売の山下の3枚組ベスト盤「OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜」ではデザインワークを担当。ファンクラブ以外では初めて「タツローくん」がお披露目されることとなった。ちなみに初期の代表作『るんるんカンパニー』の主人公の名前「葵達郎」は山下の名前が発想の元になっている。
  • 洋画の吹き替え分野にも造詣が深く、著作も執筆。市販ソフトへのテレビ用吹替の収録に大きく貢献し、それらの派生系吹替の帝王シリーズでは関係者へのインタビューの聞き手を引き受けている。
  • 出渕裕ゆうきまさみと交友が深い[1]。『クルクルくりん』連載当時、彼ら同様原田知世に傾倒し、彼女が登場するテレビ番組をすべて見ようとしていた(番組は勿論、CMも録画していた)。『TOMO16』という同人誌(非売品)を仲間内で作り、実際に原田知世や映画関係者に送ったこともある。また、後に彼女主演の『天国にいちばん近い島』にエキストラとして出演するに至る。また、ゆうきの漫画が原作の劇場用アニメ『WXIII 機動警察パトレイバー』の脚本も執筆している。
  • 1991年に金沢で行われた第30回日本SF大会(通称『i-CON』)において関智[4]と組んだフォークデュオ『あかね雲』で暗黒星雲賞(ルネス企画部門)を受賞している。

その他[編集]

  • 父親は医師。吉永小百合ファンクラブ会報の投稿常連であり、結婚報道の際は週刊誌から取材依頼があったほど。

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

(括弧内は、雑誌掲載年)
  • こまけんハレーション(1979年、『週刊少年チャンピオン』46-52号、秋田書店 単行本:『しまった。』収録 1984年、ジェッツコミックス、白泉社[1]
  • バラの進さま(1980年、『週刊少年チャンピオン』1-32号 単行本:1980年、少年チャンピオンコミックス、秋田書店)[1]
  • たまねぎパルコ(1981年-1982年、『月刊少年チャンピオン』1981年5月号-1982年4月号、秋田書店 単行本:1982年、少年チャンピオンコミックス)[1]
  • るんるんカンパニー(1980年-1982年、『週刊少年チャンピオン』1980年46号-1982年24号 単行本:1981年-1982年、少年チャンピオンコミックス:1990年、愛蔵版。いずれも秋田書店)
  • すけこまくん(1982年-1983年、『ヤングチャンピオン』1982年1号-1983年9号、秋田書店)(連載当初4回目までののタイトルは「バージンください」)[1]
  • クルクルくりん(1983年-1984年、『週刊少年チャンピオン』1983年13号-1984年30号 単行本:1983年-1984年、少年チャンピオンコミックス:ギャグの解説がついた新装版1990年、トクマコミックス、徳間書店 ※いずれも最終第6巻で『すけこまくん』も掲載)[1]
    岩井小百合主演、宍戸錠小倉久寛有森也実ら出演でテレビドラマ化された。主題歌の作詞も行っている[1]
  • とりみ菌!!(1983年-1984年 単行本:1984年、ジェッツコミックス、白泉社
  • しまった。(1979年-1984年 単行本:1984年、ジェッツコミックス)
  • ときめきブレーン(1984年、『月刊少年チャンピオン』 単行本:『裏とり』)
  • ポリタン(1985年、『月刊コミコミ』、白泉社 単行本:1985年、ジェッツコミックス)※読切作品『充血刑事』の続編[1]
  • 吉田さん危機一発(1983年-1986年、『ザ・まんが』・『コミコミスペシャル』・『月刊スーパーアクション』、双葉社 単行本:1986年、アクションコミックス、双葉社)※雑誌掲載時のタイトルは「吉田さん危機一髪」。[1]
  • 裏とり(1984年-1986年 単行本:1986年、CBS/SONY COMICS、CBSソニー出版)
  • 愛のさかあがり(1985年-1986年、『平凡パンチ』、マガジンハウス 単行本:1987年-1988年、角川書店:1995年、ちくま文庫筑摩書房
  • ひいびいじいびい a Heebie-jeebie(1986年-1987年、『コミコミ』 単行本:1987年、ジェッツコミックス)
  • だまって俺について来い(1985年-1986年 単行本:1987年、青林堂
  • とりのいち(1987年-1989年 単行本:1989年、青林堂)
  • 山の音(1988年、『SFマガジン』、早川書房 単行本:1989年、早川書房:1993年、ちくま文庫)
  • てりぶる少年団(1989年、『週刊少年サンデー』、小学館 単行本:1990年、少年サンデーコミックス スペシャル、小学館)
  • しゃりばり(1987年、『月刊スーパーアクション』 単行本:1991年、アクションコミックス)
  • とり・みきのキネコミカ(1989年-1992年 単行本:1992年、ソニーマガジンズ
  • 犬家の一族(1990年-1993年 1993年、少年キャプテンコミックススペシャル、徳間書店)
  • DAI-HONYA(原作:田北鑑生)(1992年-1993年、アスキーコミック、アスキー出版局 単行本:1993年、アスキーコミックス、アスキー出版局)
  • とり・みきのもう安心(1989年-1993年 単行本:1993年、青林堂)
  • レア・マスターズ(1982年-1994年 単行本:1994年、カワデ・パーソナル・コミックス、河出書房新社
  • 万延元年のラグビー(原作・筒井康隆 1995年実業之日本社『筒井漫画読本』収録)
  • 人達(1995年?、『まんがシャレダ!!』、ぶんか社 単行本:1995年、ぶんか社)
  • トマソンの罠(1994年-1995年、『文藝春秋』増刊『コミック'○○』、文藝春秋 単行本:1996年、文春コミックス、文藝春秋社)
  • 遠くへいきたい(1988年-2003年、『テレビブロス』、東京ニュース通信社 単行本:1997年-、河出書房新社)
  • SF大将(1994年-1996年、『SFマガジン』 単行本:1997年、早川書房)
  • 石神伝説(1995年-、『コミックビンゴ』、文藝春秋 単行本:1997年-、ビンゴコミックス、文藝春秋)-未完
  • 土曜ワイド殺人事件- ゆうきまさみと共著(1996年-1997年、『少年キャプテン』、徳間書店 単行本:1998年、SC COMICS、徳間書店)
  • とり・みきの事件の地平線(1993年-1997年、『創』、筑摩書房 1998年、筑摩書房)
  • 膨張する事件
  • 「御題頂戴」
  • THE LAST BOOK MAN(2002年、早川書房)
  • 猫田一金五郎の冒険(2003年、講談社)
  • エキサイトな事件 - おおひなたごうと共著
  • パシパエーの宴
  • 冷食捜査官(2008年、講談社)
  • とりから往復書簡 - 唐沢なをきと共著(2006年-2010、『月刊COMICリュウ』)
  • とりったー(2010年-2011、『月刊COMICリュウ』)
  • 消滅 VANISHING POINT(恩田陸作)の挿絵(2013年11月 - 『読売新聞朝刊』)
  • プリニウス- ヤマザキマリと共著

漫画以外の著作[編集]

  • とりの眼ひとの眼(筑摩書房)エッセイ集。
  • とり・みきのしりとり物語(角川書店)エッセイ集。
  • マンガ家のひみつ―とり・みき&人気作家9人の本音トーク(徳間書店、1997) - 永井豪ゆうきまさみ吉田戦車永野のりこ吾妻ひでおしりあがり寿といった、マンガ家9人との対談集。
  • 吹替映画大事典(吹替愛好会と共著)(三一書房)
  • とり・みきの映画吹替王(洋泉社MOOK)(単行本)
  • 街角のオジギビト(筑摩書房)

テレビ番組[編集]

元アシスタント[編集]

関連項目(*は作品に漫画俳優として登場)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『ぱふ 85年3月号』、1985年3月、雑草社、PP1-PP46。
  2. ^ 『いかにして私は心配するのをやめて山下達郎の音楽を愛するようになったか』
  3. ^ その後は、表紙イラストも手掛けている。
  4. ^ 徳間書店雑誌編集者(当時)。後にゲーム『とんでもクライシス!』を手がけた。

外部リンク[編集]